タイ旅行解禁。 【朗報】台湾旅行解禁!10月1日から海外からの旅行客受け入れ開始へ!

タイ・バンコク(パタヤ)で夜遊びしたい人向けおすすめガイドブックベスト5

タイ旅行解禁

タイ旅行というとお寺に行ったり、タイ料理を食べたり、タイマッサージを受けたり、という印象が強いのですが、タイは(特にバンコク)東南アジア有数の夜遊びスポットとしても有名です。 欧米だけでなく日本からも中国からも数多くの男が火遊びをしにバンコクに集まってきます。 中にはタイの夜遊びにハマりすぎてタイ移住を決意するなんていう話もよく聞きます。 バンコクの有名夜遊びスポットとしてはソイカウボーイやナナプラザなどがありますが、初めてタイに行くという人にとっては少々敷居が高く感じてしまいます。 そこで今回はそんな 悩める日本人男性のために厳選した「バンコク夜遊びガイドブック」を5つ紹介します。 現地であたふたすることなく夜遊びを楽しむためにも、最低一冊は事前に読んでおきましょう。 ちなみにほとんど全てのガイドブックはなら無料で読むことが出来ます。 今ならもやっているのでこの機会に試してみましょう。 いかにも風俗系な表紙です。 一見普通の雑誌と見せかけておいて実はあっちの情報がたくさん載っている….。 今回私が提案するのは、 「タイへ初めて遊びに行く」 もしくは 「何度か訪れたことはあるけど、夜遊びにまだ不慣れ」 な方々へ向けた 「タイ・バンコクの風俗、夜遊びジャンルを徹底解説」 という壮大な内容になります。 これを読めば、バンコクのナイトライフ各ジャンルの詳細、エリアなど、概要がつかめるように情報を掲載しました。 () 正直なところそこまでレビューは良くないのですが、「タイに一度も行ったことがないし、あっちの風俗について何も知らない」という人にとっては分かりやすい入門書という感じです。 こちらもkindle unlimitedなら無料で読むことができますので参考までに目を通してみてください。

次の

◆アフターコロナ:陰性証明書◆日本政府ビジネス渡航者優先発行検討

タイ旅行解禁

大麻解禁の流れがきてるけど、まさか今自分たちがいる国が解禁になるとは😂 日本でもそのうち解禁になると思うから、旅系ブロガーは今のうちにマリファナ特化サイトとか作って国別に比較したら面白いかも! — カサイミロク バンコク mirokurocloverZ 暫定議会で2018年12月25日火曜日、タイで医療用途および研究用マリファナを承認しました。 研究者、赤十字職員等に加えて薬用マリファナが必要な外国人も所持可能に 委員会の議長であるSomchai Sawangkarn氏は改正案の可決を 「 これは国会議会から政府およびタイ国民への新年の贈り物である」って言ってるんだけど、大麻解禁の発表はタイ王国民にとってのクリスマスプレゼントになったよね って言ってもタイでは大麻はとっくに普及しまくっていて、大麻目的に訪れる外国人観光客もかなりいる。 バンコクの高校では生徒がマリファナ売買してるとかしてないとか 改正案は議員166人の賛成多数で可決されたんだけど、なんと 反対票はゼロ! 誰も反対しなくて13人は棄権したんだって! タイの大麻、法律はいつ決まる? 法律発効日はまだ未定です 医療用目的で既に所持してる人は? 医療用目的で既に所持してる個人でも、 法律発効後90日以内に当局に届出ればオーケーみたいです タイは医療大国。 医療大麻が合法化されれば、ガンの終末医療とかをタイで受ける人も出てきて、タイ政府としてもメリットが多い タイの大麻、娯楽目的は? タイでの 娯楽目的の大麻使用は引き続き禁止されます タイではたびたび「クラトムの所持、売買で逮捕」というニュースを耳にするらしく、これからも 嗜好品としての大麻およびクラトムは許可されません タイの大麻、今後は? 今後、政府官報での公表を経て施行されます 東南アジアは麻薬に対する取り締まりがめっちゃ厳しくて、麻薬関連の犯罪には厳罰が定められているんだよね。 マリファナ売買してる業者とかは、マレーシア、インドネシア、シンガポールでは死刑を受ける可能性もあるほど タイ以外の国の大麻事情 今度はニュージーランドか 大麻合法化の流れは止まらないね! NZ、大麻合法化めぐり国民投票へ 2020年に実施 より — カサイミロク バンコク mirokurocloverZ ホントつい最近、 ニュージーランドが大麻合法化のための国民投票を発表したばかりだよね イギリスでも医療用大麻は今年に入って承認され、11月1日からはNHS 国民保健サービス を通じて処方薬として提供されるようになった。 他にもアイルランド、オーストラリア、ドイツは大麻を原料とする医薬品を合法化している アメリカでは30州が医療用大麻を合法化しているんだけど、認められる内容は州によって異なっている カナダからコロンビアの国々は医療用、娯楽用としてもマリファナを合法化している あとベトナムって草買えるんだね。 2,500円ぐらいからあるんだけどカンボジアから来てるやつだからクオリティは低いって言ってた。 どこのがいい?って聞いたらやっぱりカナダがベストなんだねえ ちなみにロシアでは違法。 英語も日本と同じぐらい通じないんだって😐 — カサイミロク バンコク mirokurocloverZ 東南アジアの大部分で麻薬は違法かつ禁忌のままなんだけど、どこの国もほとんど合法みたいなもので。 ベトナムでもタイでも普通に買えちゃう。 ただ東南アジアの大麻はほとんどがカンボジアのものだから質はあまり良くないそう。 やはり至高はカナダ 日本での大麻解禁はいつ?

次の

タイの規制緩和:外出禁止令解除、非常事態宣言継続、バーの再開は第5フェイズ?

タイ旅行解禁

対策本部で発言する安倍晋三氏(首相官邸Webサイトより) 安倍総理は6月18日、総理大臣官邸で「第38回新型コロナウイルス感染症対策本部」を実施、翌19日以降の段階的緩和ステップ2について言及した。 都道府県をまたぐ移動の解禁や、接待を伴う飲食店などの休業要請を撤廃。 一定の人数や収容率のもと、コンサートの実施なども解禁する。 また、19日からは「接触確認アプリ」を導入し、利用者同士が一定時間以上近距離にいると情報を記録、新型コロナウイルス陽性であることが分かると通知を送信する仕組みになっているという。 一方、海外からの旅行者受け入れについては、状況の落ち着いているベトナム、タイ、オーストラリア、ニュージーランドを対象に、入国前のPCR検査証明、アプリによる位置情報の確認、事前の活動計画書の提出などの条件を設けたうえで「例外的に人の往来を可能にする仕組みを試行する」ため調整を進めていく。 状況を見ながら、例外措置の対象になる国と地域を拡大していくという。 発言全文 5月25日に緊急事態措置を解除してから、3週間余りが経過いたしました。 この間、新たな感染は一部の自治体にとどまっており、東京都では新規陽性者数が増えていますが、これは、二次感染防止の観点から、これまで集団感染が確認された夜の街で積極的なPCR検査を行った結果であり、しっかりと対応できている状況です。 このため、先般改定した基本的対処方針にのっとり、明日、社会経済活動のレベルをもう一段引き上げます。 具体的には、都道府県をまたぐ移動については、一部の首都圏や北海道との間も含めて、制限がなくなります。 一定の人数や収容率の下で、コンサート等のイベントを開催していただけます。 また、接待を伴う飲食業等、これまで休業をお願いしてきた一定の業種についても、ガイドラインを守っていただくことを前提に、休業要請を撤廃いたします。 他方、新しい生活様式を定着させ、3密回避を始めとした感染防止策を徹底していただくことには変わりありません。 国民の皆様におかれましては、引き続きの御協力をよろしくお願いします。 加えて、明日からは、接触確認アプリを導入し、クラスター対策をもう一段強化してまいります。 アプリを持っている人同士が一定時間以上、近距離にいると、その情報が記録され、陽性者が発覚した場合、自動的に通知が送られます。 個人情報を全く取得しない、安心して使えるアプリですので、是非、多くの皆様に御活用していただきたいと思います。 また、国外からの新型コロナウイルスの流入防止に万全を期すべく、引き続き水際対策を徹底していきますが、同時に、経済を回復軌道に乗せていく上では、国際的な人の往来を部分的・段階的に再開していくことも必要です。 このため、まずは、入国拒否対象国・地域の中でも、感染状況が落ち着いているベトナム、タイ、豪州、ニュージーランドとの間で、現行の水際措置を維持しつつ、入国前のPCR検査証明や、アプリによる位置情報の保存、事前の活動計画書の提出等の追加的な防疫措置を講じることを条件に、例外的に人の往来を可能とする仕組みを試行するため、協議・調整を進めることといたしました。 その上で、我が国内外の感染状況等を総合的に勘案し、例外的な人の往来の対象となる国・地域を順次拡大し、合意に至った国・地域から同様の措置を講じてまいります。 追加的な防疫措置を講じていく上で、我が国の検査能力・体制の拡充は必要不可欠です。 厚生労働省を始めとした関係省庁が連携して、唾液PCR検査等の代替的な検査方法の導入や、海外渡航者のための新たなPCRセンターの設置等を進めてください。 コロナ時代の新たな日常に向かって、一歩一歩、私たちは、確実に前進しています。 各位にあっては、感染予防と両立しながら社会経済活動を回復させていく取組に、地方自治体と連携しながら、引き続き、全力で当たってください。

次の