にゃん パク 宣言。 【2019年】【話題】「にゃんぱく宣言」【絶賛】【適正飼育】【動物愛護】【問題提起】

さだまさしさん作詞作曲の「にゃんぱく宣言」が素敵!元ネタ「関白宣言」の歌詞とも比較してみました!

にゃん パク 宣言

にゃんぱく宣言は、1979年にリリースされたさだ まさしさんの名曲「関白宣言」を、替え歌として仕上げたものです。 曲中で歌われる亭主から妻へ向けた愛ある小言を、猫から飼い主へのメッセージに置き換え、「にゃんぱく宣言」として猫の適正飼育を訴えます。 何と作詞作曲はさださんご本人が手掛けており、具体的な適正飼育の内容を歌い上げることで、飼い主がかけがえのないパートナーとして猫の一生に添い遂げてあげることの大切さを伝えていますね。 具体的な歌詞の全貌は以下のACジャパン公式サイトにて詳細が紹介されていますので、是非見てみて下さい。 なお、以下サイトではお馴染みのCM動画も公開されています。 テレビやラジオCMで歌を担当するのも、もちろんさださんですよ^^ スポンサーリンク? それゆえ「ポスターが欲しい」との声が相次いでいるものの、ACジャパンからの販売や無料配布等は実施されていないようです。 掲載を行っている鉄道会社等に譲渡をお願いするのも一案でしょうが、調べてみたところ厳しそうに感じたので、余り期待はできないでしょう。 やはり広告は権利関係の縛りが結構厳しいみたいです。 ことACジャパンは広告掲載先に厳密なルールを課しているため、「個人の善意でポスターを掲示したいので、分けてもらえないか」といった申し出も、おそらく受け入れられないものと推察します。 ただにゃんぱく宣言のポスターは新聞広告に大きく掲載されていますから、紙質や色合いは良くありませんが、手元に置いておきたい方はこちらをピックアップしておきましょう。

次の

AC「にゃんぱく宣言」CM、オンエア急増で注目 震災時の「ポポポポーン」と比較する声も: J

にゃん パク 宣言

猫の体調管理• 室内飼い推進• 多頭飼育崩壊の懸念 を注意した上で、飼い主しか頼れないからしっかり頼むよ!と言った内容で締めてくれます。 体調管理、完全室内飼育は出来るかぎりやるつもりなので私達は大丈夫なはず! 多頭飼育は・・・またあめ&つゆのようにのたれ死にそうな子猫と出会ってしまったら・・・出会った以上無視出来ないからなぁ・・・ 死にかけちゃうような不幸な子猫が居ない事を祈るのみです。 「にゃんぱく宣言」はテレビCM、ラジオCM、新聞広告の3メディアに登場し微妙に内容にも違いが有ります。 ACジャパンのサイトで3種類とも確認出来ますので、気になる人は是非確認してみて下さい! 関白宣言 「にゃんぱく宣言」の元ネタとなった「関白宣言」は41年前の1978年07月に発表となった曲です。 まずは「にゃんぱく宣言」の歌詞がこちら お前を飼い主にする前に言っておきたい事がある かなり厳しい話もするが俺の話を聞いておけ お前、俺の飼い主ならば 俺の体、俺より管理しろ。 家の外に、出してはいけない。 飼えない数を、飼ってはいけない。 忘れてくれるな 俺の頼れる飼い主は 生涯、お前ただ一人 引用: お前を 飼い主にする 嫁に貰う前に言っておきたい事がある かなり厳しい話もするが俺の 話 本音を聞いておけ お前、俺の飼い主ならば 俺の体、俺より管理しろ。 家の外に、出してはいけない。 飼えない数を、飼ってはいけない。 忘れてくれるな 俺の 頼れる飼い主 愛する女は 生涯、お前ただ一人 メイン(?)の部分は全然違うので 歌詞の比較とか無理でした笑 比べてみると「飼えない数を、飼ってはいけない〜」とか「俺の頼れる飼い主は 生涯、お前ただ一人」は 原曲とはまたちょっと違いました。

次の

AC「にゃんぱく宣言」CM、オンエア急増で注目 震災時の「ポポポポーン」と比較する声も: J

にゃん パク 宣言

3月末に放送ラッシュ起こる CMは「にゃんぱく宣言!」というタイトルコールの後、歌手・さだまさしさんが歌うCMソングが流れる。 歌は同氏の代表曲「関白宣言」を意識させるようなフォークソングで、実際の猫の映像とともに「家の外に出してはいけない」「飼えない数を飼ってはいけない」と呼びかけている。 CMは19年7月1日から放送が始まった。 J-CASTニュースの4月8日の取材に対し、ACの広報担当者は『適正飼育の大切さを伝えるいい内容だ』という声を頂いている」と語る。 またCM総合研究所が1都6県在住の3000人を対象に行った20年3月度の「CM好感度調査」によれば、「にゃんぱく宣言」は「小学生男子や40代の男女などから好感を集めている」とのことだった。 ツイッターでも近頃「なんだか耳に残る」「かわいいから好き」とCMを支持する声が広がっているが、要因の一つに考えられるのが「放送回数の増加」だ。 CM総合研究所が在京民放5局を対象に行ったCMの放送回数調査(4月5日現在)によれば、ACのCMは政府による小・中・高への一斉休校要請、北海道で緊急事態宣言が出た2月末頃から放送回数が急増。 4月1日には111回、4月2日には今年最多の118回を記録した。 20年に入ってから1日の放送回数が0回という日も頻繁にあった「にゃんぱく宣言」も、ACのCM増加に伴い2月末以降は最低でも1日3回は放送されるように。 3月26日〜29日にかけては4日連続で放送回数が10回を突破し、東京都などで外出自粛要請が出された3月29日は今年最多の15回を数えた。 「第2のポポポポーンになりそう」 「にゃんぱく宣言」を過去のACのCMと比較する声もある。 10年7月〜11年6月にかけて放送された「あいさつの魔法。 同CMは男の子が挨拶をするたびに「ありがとウサギ」「こんばんワニ」などのキャラクターたちが登場し、友達が増えていくというストーリー。 CMは11年3月11日の東日本大震災の発生で企業によるCM放送が自粛となった際に、その穴埋めとして頻繁に放送された。 CM中に登場するワード「ポポポポーン」は2011年の「ネット流行語大賞」で金賞を受賞するなど反響を呼んだ。 今回の「コロナショック」では震災時と違い、民間企業のCMも比較的放送されている。 ただ、ACのCMを見る機会が相対的に増えたこと、中でも「にゃんぱく宣言」のインパクトが強いこともあり、ツイッター上では、 「震災の時がポポポポーンなら、今回はにゃんぱく宣言だな」 「第2のポポポポーンになりそう」 など、作品の「人気定着」を予想する声が聞かれている。

次の