イボ 液体 窒素 痛い。 イボは液体窒素療法で治らないのか!治療経過【期間・回数】は?

イボの液体窒素治療【ウイルス性疣贅が取れるまで】|大田区大森・大木皮膚科

イボ 液体 窒素 痛い

子供の足や指に黒い点が出来てイボやタコのように固くなっているなんてことはありませんか?じつはこれ『子供のウイルス性イボ(ミルメシア)』の可能性があります。 実は、うちの娘も足の側面に黒い点があり周りが固くなっていて皮膚科に行ったところウイルス性イボだと診断されました。 治療をしなくてもひどくならない人もいるし、大きくなっていく人もいるそうですが、少しでも早く治したいと、週1回液体窒素治療という痛みのある治療を嫌がらずに受けていました。 1回でくじけてしまう人もいる液体窒素治療を、もう5か月16回以上も。 通院している半年近く、痛い思いもしたし、液体窒素治療で本当に治るのかという疑問もありましありました。 窒素塗布してかさぶたになって取れると一回治ったように見えます。 でも、また黒い点が出てきます。 そしてまた液体窒素治療を受けます。 その繰り返し。 少しずつ奥のほうにあった黒い点 黒い芯 が手前に手前に浮き上がってきます。 しかし、半年通院しても治らず自宅で市販薬を使って除去。 1か月で治りました。 市販のイボコロリで皮膚を柔らかくして白くなった皮をポロリとめくります。 それを2回繰り返しました。 器具や傷口はしっかり消毒。 感染症に注意しながら自己責任でお願いします。 目で見て黒い点が見えなくなったので、念のためきちんと皮膚科の先生に診ていただきましたが完治していました。 同じ病気で悩んでる方の参考になればと。 本文下の方には写真もありますので苦手な人は閲覧しないようにお願いします。 完治には個人差があります。 Contents• 子供の手足になりやすい硬い皮膚に黒い点『ウイルス性イボ』ってなに? イボは手足や顔などの皮膚にできる小さな突起物。 医学的にはイボは「疣贅(ゆうぜい)」と呼ばれ、ウイルス感染によるものと、そうでないものがある。 東京女子医科大学八千代医療センター(千葉県八千代市)皮膚科でイボ外来を担当する三石剛准教授は「イボが大きくなったり、数が増えたり、市販薬で治らなかったりした場合は、悪化を防ぐためにも早めに皮膚科を受診して」と勧める。 ウイルス性のイボはいじったり、自分で取ったりすると、逆に増えることも。 「皮膚科で適切な治療を受ければ、早いと1カ月ほどできれいに治る」 ウイルス性イボで最も多いのが、手足などにできる尋常性疣贅だ。 丸みをおびた形で表面はザラザラしている。 多くは肌色や白色、褐色で、痛みはない。 原因はヒトパピローマウイルス(HPV)。 ひっかき傷やささくれなど、皮膚の小さな傷口からウイルスが入り込んで感染する。 長女の場合、足の付け根に皮膚が固くなっている箇所がありました。 イボというか、虫刺されの様な感じ。 でも、その皮膚が固くなってきて真ん中に黒い点が3つ。 本当にイボの様な感じではなかったんです。 小さかったし。 靴ずれみたいな。 でも、アトピーを見てもらうときに一緒に見てもらうと『ウイルス性イボ』という診断でした。 小さかったので液体窒素で治療をすればすぐに治るだろうということでした。 我が家で心配する必要があるのは接触感染です。 水に濡れてイボがふやけてしまうと感染力が上がるのでお風呂の後のタオルやバスマットには気をつけるよう指摘を受けました。 皮膚科で勧められた「治療液体窒素治療法」とは? いろいろな治療法が試みられていますが、皮膚科の診療で、多用されている方法は、液体窒素療法(凍結療法)というものです。 効果を上げるために角層を削る必要がある場合もあります。 綿棒で液体窒素をつけると、「イボ」は凍って白くなります。 白くなった「イボ」は、数分で元の色に戻ります。 ドライアイスを押しつけるようなものですから、処置中は冷たいという感覚を通り越して、結構痛いのです。 この痛みに耐えきれず、治療を中断してしまう患者様もいます。 こんな治療を毎週毎週受けています。 妹たちも連れて行くので窒素治療中は1人で頑張っています。 下の子が間違って触ってしまうと危険なので。 こんな治療を毎週毎週弱音も吐かずに頑張る長女の精神的な強さにはもう尊敬しかありません。 液体窒素の入ったボンベからシューっと白くて冷たい気体を噴射します。 窒素を当てている間は『ちくっとする感じが数秒続く』治療した後は歩くのも痛いそうです。 イボの場所にもよると思いますが、足の裏との境付近なので余計に歩きづらいようです。 ウイルス性イボと魚の目やタコとの違いは? ウオノメ、 タコ、 イボは混同されることが多い皮ふ疾患です。 確かに、 「足の裏によくできる硬い皮疹」という共通点があります。 イボについては、を参照してください。 ウオノメとタコは反応性の皮ふ病変ですが、イボはウイルスの感染症ですので、原因も治療も全く異なります。 ほとんどがイボと考えてよいいと思います。 頻度は同じくらいですので、部位と性状などで判断する必要があります。 ウオノメ、タコの頻度が圧倒的に高いです。 素人眼で見ると違いを見分けることは難しいようです。 黒い点があるとウイルス性イボですが、よく見ないとわからない事もあります。 ウイルス性イボだとうつって広がっていくので自分で勝手に判断せずに医師の診断を仰ぐようにしましょう。 大きくなったりほかの箇所に広がってしまってからだと治療はますます困難になります。 触ると広がったり移るので注意しましょう。 お風呂の後など、イボが柔らかくなっているときにうつりやすいそうで、バスマットには要注意だと言われました。 ウイルス性イボを週1回6カ月間窒素治療した結果。 広がることもなく、若干小さくなったのかな?という状態です。 もともと大きくなかったのに治らないことが本当にもどかしい。 点々がなくなったら治療終了なのでもうすぐ治るのかな?とはいえ、ウイルス性イボは再発することも多いので油断がなりません。 娘のイボは足の裏・小指の付け根の下です。 【閲覧注意・写真あり】足の裏のイボが治りにくい理由。 夏、初診でいった時は3. 4カ月で治ると言っていたウイルス性イボですが、治療は長引くようです。 その理由は『足の裏やその付近にあるウイルスは奥に入りやすい』とのこと。 地面を踏むので芯のようになっているウイルスがどんどん奥に入って取れないようです。 芯のような黒い点々わかりますか?このウイルスがポロリと取れたら治療は終わります。 しかし、何回窒素で焼いてもめくれる気配がありません。 【市販薬】お友達は薬局の薬とピンセットでイボの治療。 この記事を書いた後、友達から『うちの子も黒い芯のあるイボがあったんだ』という話を聞きました。 でも、 その子の場合はイボコロリという薬で硬くなった皮膚を柔らかくしてから機械で削ってピンセットで掘ったそうです。 器具は清潔なものを使用してしっかり消毒。 感染症には気をつけてください。 病院の先生に数回してもらったあとは自宅でピンセットを消毒・除菌して削ったというのですから驚きです。 その子の場合に2. 3カ月で治ったということなのでうちの娘よりも早い完治になりますが、 自分で削った箇所が化膿する恐れもあります。 窒素で焼くよりも早く直りそうなので病院でやっていただけると安心ですが、我が家のかかりつけの病院では窒素を勧めているのでその通りで治療を進めていこうと思っています。 お友達の通っていた病院も聞いたので、もし治らないと思ったらそちらを受診して削ってもらおうと思います。 6か月通院の結果、市販薬を使用。 黒い点が取れて完治の診断。

次の

尋常性疣贅(ウイルス性イボ)を液体窒素で治療した経過と結果!

イボ 液体 窒素 痛い

イボが1つから3つに増えてしまった。 こらあかんわとなったので、2年ほど前に10回ほど通った皮膚科の病院に再訪する。 イボ1つ治すのも大変やのに、3つになってしまい、困ったことになったなぁと頭を抱えた。 病院での治療は、以前と同じくである。 手術という手段もあるが、100%取り除けるとはいえず、すこしでもウイルスが残れば再発する。 したがってで地道にやっていくのが望ましいと医者が言い、私はその提案を受け入れた。 というか、こちらにイボについての知識などないから従うしかない。 攻撃箇所が3か所になったので、以前よりも痛い。 ただし治療代は、数が3か所以内であれば同料金。 ほったらかしていたら増えてしまい、完治させるには3か所も治さなければならない。 さらに増える可能性もある。 さすがにこれはヤバいと思った。 ブログを見ると、多くの人が自分でやれる治療法をいろいろとしている。 私が最初に試したのは、シールタイプの である。 これはで皮膚を溶かすことで、タコや魚の目やウイルス性イボを治すものだ。 私はとを併用しようと考えた。 を当ててもあまり効果がないのは、表面から焼いても皮膚の奥まで入り込んでいるウイルスに届いていないからだ、と考えた。 したがってで皮膚を溶かし、奥まで届く状態にしたうえでを当てれば効くのではないか。 下の写真は、一度だけの攻撃がうまくいき、皮膚の奥まで溶けた状態。 ウイルスが露出している。 2年物なので、大きい。 下は、治療の翌日の足。 激痛のため、血色が悪い。 で皮膚を溶かすと、白くなり、さらに溶かすとその部分がとれる。 この併用策を医者には言っていない。 言えば、余計なことはするなと言われる可能性がある。 ということで医者はそのことを知らないわけやが、診察のときに、でなくによって患部が溶けた状態の足裏を見せると、医者は瞬時に「いい!」と言った。 これはが効いている証拠だと、1年以上やってもウンともスンともならない人もいるのに、これはいいよと言われた。 皮膚科の医者が皮膚の病気の認識を間違えている。 私はこいつに不信感を抱いた。 イボ治療に関して調べ、知識が増えることでわかったことは、 を勧めてくる皮膚科の医者は、ダメな医者やということ。 では、おそらく90%ぐらいの確率で治らない。 激痛を伴うし、真面目に1年治療すると4万円ほどかかる。 医者からすれば、を当てるだけの作業である。 これほど楽な治療法などないだろう。 したがってを勧める医者は、患者のことなど一切考えない、己の金儲けしか考えていないクズ医者だ。 少なくとも私はそう考える。 治らんわ激痛でその日は歩けんわそれが毎週続くわで最悪だ。 何年も治療をして、まったく治らない不幸な人もいる。 例外として、のだめな点をきちんと説明したうえで、「自分の病院や他の病院で手術やレーザー治療もできるが、それでもで治療したいとあなたが判断するのであれば、うちでの治療はできますよ」と、そこまで説明するなら頭がまともな医者だ。 私の認識では、ほとんどの皮膚科の病院でウイルス性イボの治療はで治そうとするが、ほぼ治らないとわかっていてそれを勧めるのはどういうことか。 とはいえ、この間によいこともあった。 私が再通院を始めたのは5月で、との併用は6月からである。 ととの併用策は功を奏し、新しく増えた真ん中のイボは消滅し、治ったのである。 ただし客観的にみて、だけなら治らなかったと思う。 併用攻撃で表面の皮膚が剥けるが、 ウイルスはもっと奥にいる うれしかったが、まだ2つも残っている。 残っているが、このあたりからの痛みが嫌になってきた。 その日は痛みで満足に歩けなくなるのも厳しい。 それをして、いずれ治るのならば我慢するが、結局は治らない。 とどめは医者に、患部が白くふやけているのはのおかげと言われたこと。 それはまったくの勘違いで、で皮膚を溶かすことでこうなった。 これらの経験を経て思ったのは、「結局、医者からすれば自分の病気ではないので、こいつらにとっては患者の病気などどうでもいいのだろう」。 こんなもんあほらしいと思い、9回の通院でやめた。 自力で治そうと決めたのだった。 私の選んだ治療法は、とともに、 での治療である。 がイボに効くとのことで、これをガーゼのような物に染み込ませ、患部に当て、テープで止める。 早くて1時間、少なくても1日に数回は交換する。 あとになってわかったが、も皮膚を溶かす効果がある。 したがって患部にそれを当て続けると、徐々にではあるが皮膚が溶け、さらに皮膚の奥まで溶けていくと、沁みて痛みが出てくる。 しかしながらを何か月も真面目にやった結果、ある程度皮膚は溶けるが、イボに対しての効果はほぼなかった。 したがって治療はすべきでない。 私の経験上では、 でイボを治すのは無理やと考える。 次に試みたのは、「 患部を線香で焼く」。 今になって振り返るとバカやが、ネットで知り、当時はこれで治そうと本気で考えた。 、での治療もしつつ、である。 風呂上りの、皮膚が柔らかくなっている状態で線香を当てる。 欠点はもちろん、痛いこと。 ただし痛いからこそ、治りそうな気にもなる。 これも1か月半ほど試したが、効果なし。 線香で皮膚を焼けば激痛なので、夜がくるのが怖くなってくる。 そうこうしていると、(2016年の)10月ぐらいに、ウイルス性イボが無かった左足の薬指の側面に、イボが2つもできてしまった。 靴下か、家の床からウイルスが移ったのだろう。 これで計4つになり、なおかつ両足にできたことになる。 ここにきてやっと理解した、 自宅治療でイボを治すのは不可能であると。 私のイボ日記 suzaku-umenoya.

次の

足裏のウイルス性イボとの闘い② 液体窒素は無意味、自宅治療を試みる

イボ 液体 窒素 痛い

液体窒素による凍結治療 病院でのイボ治療、イボ除去法のうち、ここでは液体窒素による治療についてみていきましょう。 液体窒素によるイボ治療とは 「イボをとりたい」と病院へ行き、先生に診てもらいます。 そこでもっとも多く採用される治療方法が、液体窒素(LN2)による凍結治療。 液体窒素は液化窒素ともいわれ、窒素を超低温に冷却して液体化させたもの。 マイナス196度にもなり、生体に触れると瞬時に凍傷をおこさせます。 食品、電子機器、土木工事、低温工学など、さまざまな分野で活用されている液体です。 医療分野ではイボ治療以外にも、血液や精子・卵子の保存、がんの予備治療などで使われています。 液体窒素によるイボの治療方法は、まず、患部(イボ)の表面をあるていど削り、イボの中心を露出させる。 そして、液体窒素を付着させた綿棒を患部にあて、低温やけど(凍傷)をおこさせて皮ふ表面のイボウイルスを壊死させる、というもの。 やがて壊死した組織の下にある皮ふ細胞が細胞分裂をはじめ、新しい皮ふが生まれます。 皮ふの奥に潜んでいるイボウイルスを少しずつ表面まで持ち上げ、最終的にはイボの親玉を液体窒素で焼き殺す、という治療です。 わざと低温やけどをおこさせて傷をつくるとこで、免疫力を高める目的もあります。 治療は1週間から10日ごとに、何度か繰り返します。 1回では治りません。 はじめうちは、水ぶくれになることも。 しかし、そのぶん、少しずつ治していくので傷跡がのこらないという利点もあります。 保険診療で治療できるので、1回数百円から1千円以内の出費で治療できるところも液体窒素療法のいいところでしょうか。。 治療期間は場所によってまちまち。 手の甲側など、比較的圧力のかからない患部なら数週間~、治療回数にしても数回ですみます。 しかし、常に体重のかかる足の裏、それもかかと部分だと最低でも3か月~、治りにくい人だと1年ていどかかることも珍しくありません。 それから、この治療で忘れはいけないのが、痛み。 表皮を削って液体窒素をあてるため、ピリピリと相当な痛みがあります。 イボ治療で有名な皮膚科などは、1日中、子どもの鳴き声が響きわたるほど。 正直、大人でもけっこうがまんが必要です。 いー坊がいうのもなんですけど、見ててつらい…。 足の裏を治療したあとなどは、痛くて歩けないこともあるので、そのあたりは十分に覚悟しておいてください。 液体窒素治療のメリット・デメリット メリット• 保険適用で治療費が安い(~1千円以内)• 確実性は高め• 安全性が高い• 跡がのこらない デメリット• すぐには完治しない• 治療期間が長い(場所によっては数か月)• 傷みが激しい。 治療後、痛くて歩けないことも 液体窒素治療した人の声• 「子どもが治療しましたが、痛そうでした。 無事に完治はしましたが、他の治療方法も考えれば良かったかも」• 「水ぶくれになったし、けっこうな痛み。 先生の話も耳に入らなかったです…」• 「手の指はすぐ治ったけど、足の裏のイボが1年たってもまだなくなりません。 足の裏は他の方法で治療していきます」• 「足のイボが半年でなくなり、いまのところ再発もありません」.

次の