引越し料金 相場。 引越し費用の相場|時期ごとの平均費用・料金を安くするには?

クロネコヤマト引越し料金の見積もり相場はどのくらい?

引越し料金 相場

距離制運賃は、トラックで荷物を運ぶ距離をもとに計算され、100㎞を超える移動距離があるときに適用されます。 時間制運賃は、荷物を運ぶ距離が100㎞以内の引越しに適用されます。 通常、4時間と8時間の基礎時間が設定されていて、作業時間の超過とともに追加料金が発生します。 引越し相場は上記のどちらかを基本運賃として計算されます。 また、引越し料金の相場は、通常期と繁忙期によって大きく変動します。 一般的に最も引越し料金が高いのは、卒業や就職などで新しい土地に移り、生活を始める方が多い3月から4月です。 繁忙期である3月から4月は通常期に比べ、引越し料金の相場も高くなります。 距離・時期・引越し人数をポイントとして引越し費用のおおよその相場を説明します。 単身者の引越し料金の相場:3~4月 通常期の引越し料金に10,000円~100,000円が上乗せされた価格がおおよその相場です。 荷物が少なめで15km未満の引越しだと40,000円前後、500㎞を超える長距離になると60,000円程度です。 さらに、荷物が増えるにつれて引越しの費用は高くなり、15km未満の距離で50,000円前後、500㎞を超える長距離で80,000円程度です。 荷物の量に比例して相場も上がり、20km未満で35,000円前後、500㎞を超える長距離で60,000~70,000円程度です。 同じく親2人と子ども2人の4人家族の場合、移動距離15km未満で110,000~120,000円、500㎞を超える長距離で200,000円を超えることもあります。 作業員の人数は、部屋の数によって増減します。 また、休日は平日よりも人件費が1人につき、1,000~2,000円ほど高くなります。 一般的な部屋割りにおける人件費の目安は、下記の通りです。 2DKに2人の作業員・・・25,000円前後• 3LDKに3人の作業員・・・35,000~40,000円• 4LDKの部屋・・・50,000円前後 さらに、高層階への引越しは多くの作業人数が必要になるため、一般的な目安よりも人件費がかかる傾向にあります。 割増料金がかかるのはどんなとき? 引越し料金は、いろいろな条件によって割増料金が加算されることがあります。 よく確認しないで契約をしてしまうと、あとから予想以上の金額を請求され、驚いてしまうことになります。 業者によって多少の違いはありますが、どんなときに割増料金がかかるのかを把握しておきましょう。 3月、4月の引越しシーズン まず、卒業や就職などで引越しを考える人が多くなる、3月、4月です。 この時期は引越し業者の繁忙期にあたるため、年間でも高い料金設定がされています。 土日、祝日の引越しも料金がかかる 次に、土曜日、日曜日、祝日などの一般的な休日です。 やはり、平日よりも引越しをする人が多いので、割り増し料金がかかる場合があります。 午前中の引越しは需要高め 引越しを予定している時間帯によっても割増料金が設定されていることもあります。 一番割増料金がかかりやすい時間帯は、午前中です。 荷物の搬出入はもちろん、引越し後の片づけにも、とても時間がかかるため、早めの開始を希望する人が多くなります。 そのため、需要が高く割増料金が設定されているのです。 引越し相場の内訳は? 引越し業者に依頼した場合に必ず発生する料金です。 料金構成は、 基本運賃 + 割増料金 + 実費 + オプション が一般的です。 引越し先までの距離や荷物の量などによって決められた基本運賃をもとに、引越しを行う曜日・時期により発生する割増料金、作業員の人件費や梱包費用、車両 トラック 代や運賃などの引越し作業に対して発生する実費、さらにピアノ、エアコン、自動車やバイクの輸送・運搬する場合などに発生するオプション料金の合計金額を業者に支払います。 オプションにかかる料金の例 一般的なオプション金額をご紹介します。 あくまでも料金の目安ですので、必ず以下の料金に当てはまっているわけではありません。 オプションを利用するときは、依頼する業者に確認しましょう。 オプション 料金 不用品の処分 5,000~10,000円 処分するものによって変動 荷物の荷造りや荷ほどき 単身者で10,000~30,000円家族で50,000~90,000円 段ボールの数や作業人数によって変動 洗濯機の取り外し、設置 3,000~8,000円 全自動か、ドラム式かによって変動 エアコンの取り外し、設置 エアコンの取り外し・・・7,000~10,000円エアコンの設置・・・10,000~15,000円 ピアノの輸送 アップライトピアノ・・・20,000円前後グランドピアノ・・・30,000~40,000円 自転車やバイクの輸送 自動車・・・近距離30,000~長距離200,000円中型バイク・・・近距離30,000~長距離100,000円大型バイク・・・近距離60,000~長距離120,000円 特殊な運搬方法 10,000~30,000円 手吊りやクレーンなどを使用 引越し料金を安く抑える方法|見積もりを必ず取ろう 引越し業者を決めるときは、数社に見積もりをお願いし、料金や内容を比較してから決めるのが基本です。 同じ条件で見積もりを取っても、業者ごとに料金やサービス内容に差があるからです。 業者によって見積額に差が出る理由は、経営規模や提供しているサービス内容などによります。 例えば、全国で展開されている大手の引越し業者は、見積料金が高くなる傾向にあります。 しかしその分、基本的なサービスが充実していたり、無料オプションなどが利用できたりします。 地域に密着した小規模の引越し業者は、周辺の地理に詳しく交通状況を理解しているため、スムーズな移動が可能であったり、細かな要望にも対応してくれたりする業者が多く、引越し料金は安くなる傾向にあります。 しかし、大手に比べると基本的なサービスが少ないこともあります。 引越し業者を決めるときは、見積金額だけで決めてしまわずに、サービス内容やオプションについてしっかりと確認してから決めましょう。 ほかにも事前に引越し代を安くできるポイントがあります。 引越しをするにあたり、知っておいて損はない情報なので、こちらの記事も併せて読むことをおすすめします。 引越し業者の一括見積もりならコレ! リクルートが運営する知名度抜群の住宅情報サイトのSUUMO スーモ の引越し見積りサービスです。 SUUMOだけの特典やプランが充実しており、大手はもちろん地域密着型まで一番安い引越し業者が簡単に見つかります。 電話番号の入力が必要なく、引越し業者とのやりとりをメールのみで済ませることも可能です。 電話がたくさんかかってくる煩わしさがありません。 見積もりは無料なのでぜひ利用してみてください。 自分で運んで引越しをした場合の料金相場は? 現在お住まいの同県内などの近隣に引っ越す場合、引越し業者を使わずに自分で荷物を運ぶことを検討されることもいると思います。 一見自分で運搬をしたほうが引越し代を安く抑えられると考える方もいると思いますが、事前にどのくらいの費用が必要なのか知っておくと、引越し業者を利用する場合と、費用と作業が見合うかなど検討することができますよ。 実際に自分や友人などの協力を得て引越しをする場合、単身であればおおよそ30,000円、家族であればおおよそ60,000円が相場です。 レンタカーや段ボール、テープなどが主な内訳です。 家族の車を借りたり、不要な段ボールをもらったりと工夫することでさらに安く抑えることができますよ。 まとめ 引越し費用には、引越し業者に支払う料金だけでなくさまざまな費用が必要になります。 引越しには、2月から5月の通常期と3月から4月の繁忙期があり、繁忙期になると引越し費用の相場が高くなります。 また、土日・祝日や午前中の引越しには割増料金が必要になることが多いです。 なるべく引越しの費用を抑えたい場合は、繁忙期を避ける、時間指定をしない、お得なプランを利用するなどの方法があります。 そして、です。 見積金額やサービス内容は業者によって異なるため、複数社の業者で見積もりを出してから自分の理想や要望に近いおすすめの業者を選びましょう。

次の

2tトラックの引越し料金の相場は?積載量や荷物はどれくらい乗る?

引越し料金 相場

繁忙期(2月~4月) 価格帯 平均費用 単身 (荷物少) 20,000~190,000円 67,202円 単身 (荷物多) 30,000~300,000円 111,650円 2人 60,000~500,000円 200,266円 3人 90,000~600,000円 265,826円 4人 100,000~530,000円 297,437円 5人以上 100,000~700,000円 370,137円 あくまでも参考ですので、この表の価格を鵜呑みにしないよう注意してください。 大体このくらいだろうという程度に抑えておいてくださいね。 価格帯を見てもらえれば分かる通り、引越し料金の差は非常に大きいです。 これは、 業者選びによるところが最も重要なポイントとなります。 引越し料金は、業者選びがとても大切です。 料金プランや無料サービスなどを確認して、最適な業者を選びましょう。 実際の料金はいくら?一括見積もりで確実に最安値を知ろう 実際の引越し料金を知るには、業者へ見積もり依頼をする必要があります。 そこでおすすめしたいのが、 引越し料金一括見積もりサイトです。 最大10社へ同時に見積もり依頼を出せるので、色んな業者の金額を比較し、 最も安い金額をすぐに知ることができます。 また、 業者同士が値引き競争をしてくれるので、確実に相場料金よりも安い金額で引越しをすることが可能です。 一括見積もりをするだけで、ライバルとなる他社に負けないように値引き交渉にも積極的に対応してくれます。 一括見積もりサイトなら、「 SUUMO引越し」がおすすめ。 SUUMO引越しの大きな特徴は、電話番号の入力が不要な唯一のサイトであること。 見積もり時に電話番号の入力が必要ないので、電話番号を知られずに見積もりができます。 営業電話や勧誘電話などの心配もなく、引越し業者とのやり取りもメールだけで完結できます。 土日よりも平日を選ぶ!• 午前よりも午後を選ぶ!• 時間帯を指定しないが最安!• 3月と4月は引越しをしない! 特に、上の3つについては必須です。 土日ではなく平日を、午前よりも午後を選ぶのが鉄則です。 そして、もし時間に余裕があるのなら時間指定をしないフリープランを選びましょう。 フリープランを選ぶだけで料金が通常の半額になる業者もあります。 時期については、3月と4月に引越しをしないのが一番良いですが、それは無理だという人も多いでしょう。 3月や4月などの繁忙期に引越しをする場合でも、平日・午後、もしくは時間指定なしのプランを選ぶというポイントを抑えるだけでかなり安くすることは出来ます。 安くなるプラン・条件を選ぶ 引越し料金を安くするためには、料金プランをしっかりと考える必要があります。 それぞれの業者には色んなプランがありますが、料金を安くするために絶対外せないプラン・条件があります。 引越し当日、荷物の受取日に時間の余裕がある場合は、必ず時間指定をしない「フリー便」や「フリープラン」を選びましょう。 基本的には、通常のパックプランと併用して利用できるので、見積もり時に必ず確認してみてください。 各業者には、荷造りも業者が行うプランや、すべての作業を業者が行ってくれるプランなどが用意されています。 どうしても忙しくて荷造りを頼まなければいけない場合などを除き、基本的には 業者に依頼する作業は最低限になるようにしましょう。 サカイ引越センターならば、「せつやくプラン」、アート引越センターなら「基本コース」、日通なら「セルフプラン」などがそれに当たります。 各業者によって名称は変わりますがサービス内容は同じになっています。 荷物の量を減らしても料金はほとんど変わりません! 荷物を減らせば料金が安くなると思っていませんか?多くの業者は、荷物の量そのものではなく、トラックやカーゴなどの個体数によって料金を決めています。 ですから、 トラック1台分を使う引越しをする場合、トラックが一杯でもトラックがほとんど空っぽでも料金は同じというわけです。 ごく少数ですが、荷物の積載面積で料金を算出する業者もあります。 この場合は、少しでも荷物を減らせば料金が安くなるかもしれません。 しかし、苦労して荷物を処分したり売ったりして少なくした割には、引越し料金はさほど変わらないのが現状です。 荷物を減らす努力をするくらいなら、 一番安い見積もり金額を出してくれる業者探しをしたり、スケジュールを調整して安くなる時期やタイミングを優先する方が良いでしょう。 一括見積りサイトを使うことで料金が安くなるのは、広く知られていますが、その理由を、単なる比較が出来ることだと思っている人がたくさんいます。 実は、一括見積りサイトを使う本当のメリットは、もっと別の部分にあるのです。 投稿者:40代 男性• 人数:家族3人• 距離:山梨県内• 時期:通常期• 料金:47,000円 当初の予算としては、10万円くらいを予想していました。 最初は有名だからという理由でアート引越センターにお願いしようと何となく思っていたのですが、ネットで料金相場を調べていると一括見積りサイトがあることを知り、早速使ってみました。 私が比較したのは計8社。 アート引越センターもそこに含まれていましたが、金額は一番高くて驚きました。 逆に一番安くしてくれたのは、同じ大手のアリさんマークの引越社でした。 10万円の予算が半額以下になったので大変満足しています。 業者によってはちょっと強引なところもありましたが、丁寧な対応をしてくれる業者さんは、比較するための時間も待ってくれますし、こちらの値引きにも快く応じてくれました。 単なる比較じゃなくて、 業者同士のライバル関係があるから料金が安くなるっていうのがポイントだなと気付きました。 投稿者:30代 女性• 人数:単身1人• 距離:石川県内• 時期:通常期• 料金:24,000円 とにかく引越し費用を安く抑えたかったので一括見積りを利用しました。 事情があり会社を辞めたばかりだったので資金もあまりなかったため、 最安値の業者さんを簡単に見つけることができて良かったです。 3万円くらいで済めばいいなと思っていたのですが、ハート引越センターさんは24,000円で見積もりを出してくれました。 それ以外の業者さんは皆3万円以上だったので、ハート引越センターさんに即決でした。 ズバット引越比較という一括見積りサイトは、 水道や電気などの住所変更も無料で依頼できるので、そちらも非常に便利で助かりました。 投稿者:40代 女性• 人数:夫婦2人• 距離:東京都内• 時期:通常期• 料金:37,800円 初めて一括見積りサイトを使いました。 夫が出張でしばらく居なかったので、私が業者選びをすることになり、なるべく料金は安くしたかったので一括見積りサイトを使うことにしました。 見積もりフォームに情報を入力して依頼スタートのボタンを押したのですが、10分もしないうちに最初の業者から電話がかかってきてびっくりしました。 結局 1時間以内に5社から連絡があり、最初に訪問見積もりをしてくれたアーク引越センターさんに決めました。 料金は、 予想していた6万円よりも遥かに安い37,800円。 こんなに安くて大丈夫かなと思いましたが、プランや時間、日程などの説明を丁寧にしてくれたので安心できました。 おかげで旦那のいない間に業者選びが簡単に終わってホッとしています。 ただ、電話がバンバン掛かってくるので、心構えはしっかりとしておいた方が良いと思います。 利用者数400万人突破• 住所変更も無料で出来る唯一のサイト• 提携業者は220社以上 ズバット引越し比較は、 累計利用者が400万人を超える、「引越し料金一括見積りサイト」の最大手です。 引越し前後の面倒な手続きを少しでも減らせる人気のサービスです。 らくらく引越し手続きとは? 【らくらく引越し手続き】とは、 水道・ガス・電気・新聞などの公共料金等の住所変更手続きを無料で行ってくれるサービスです。 引越し前後には、たくさんの住所変更手続きがあります。 その中でも、まず最初に手続きしておきたい公共料金の住所変更をあらかじめ依頼しておくことができる便利なサービスが、「らくらく引越し手続き」です。 住所変更を無料で依頼できるのは、 【ズバット引越し比較】にしかない唯一のサービスです。 ただでさえ大変な引越し前後の手続き作業は、「らくらく引越し手続き」に任せましょう。

次の

単身(一人暮らし)の引越料金相場と費用を安くするコツ

引越し料金 相場

ジャーナリスト/株式会社タンクフル 代表取締役 日本の引越し市場において、最も件数が多いのが「単身・一人暮らし」の引越しです。 進学や就職、転勤や単身赴任といった外部要因による引越しをはじめ、「もっと通勤を便利にしたい」「給料が良くなったので、より質の高い住居に住みたい」「恋人と一緒に暮らしたい」といった自発的な引越しまで、その理由もさまざま。 単身・一人暮らしの人は、生活環境を変えることに対するハードルが低いため、転居そのものが容易なのです。 その結果、各引越し業者も単身者・一人暮らしの引越しには、非常に力を入れている状況となっています。 多くの引越し業者が荷物の量を一定量に限定する単身用の格安プランを用意しているほか、テレビCMも単身向けものを中心の放映。 激しい顧客獲得競争を繰り広げています。 競争が激しい市場環境では、価格を安く抑えることで他社との差別化を図るのが普通です。 荷物量が少ないため、もともと引越し料金が安く、画一的になりやすい単身・一人暮らしの引越しですが、複数の引越し業者の見積もりを比較することで、引越し料金を節約できる可能性は高まるでしょう。 実際の引越し料金は個別条件によって異なります。 上のグラフと表は、「ズバット 引越し比較」ユーザーのアンケートをもとに割り出した、「単身・一人暮らし」タイプの引越しの、「月別 引越し料金相場と引越し件数の推移」「時期・距離別 引越し料金相場」です。 「月別 引越し料金相場と引越し件数の推移」のグラフで、特に注目したいのが3月の引越し件数の多さ。 他の月に比べて3倍近い数が集中しており、それに合わせて平均引越し料金も50,000円台後半まで高騰しています。 また、3月に次いで引越し件数の多い4月の引越し料金も50,000円前後と高めの金額になっています。 一方、「通常期」と呼ばれる5~2月の平均引越し料金は40,000円前後で推移しました。 続いて、「時期・距離別 引越し料金相場」の表を見てみましょう。 移動距離が50km未満の同一もしくは近隣の市町村・都道府県などに転居する場合の平均引越し料金は、どの時期でも30,000円前後であることがわかります。 移動距離が50~200kmの引越しは40,000円台が相場。 こちらは他地方への引越しが想定されます。 移動距離200km以上の遠隔地への引越しでは、60,000円以上のお金が必要になることも覚悟しておいたほうがよさそうです。 ただし、時期・距離による平均引越し料金の変動幅は最大でも70,000円程度に収まっています。 これは他のタイプに比べて非常に小さな幅。 単身・一人暮らしの人は荷物の量やオプション作業の有無が画一的になりがちなので、案件ごとに引越し料金の差は生まれにくいのでしょう。 新生活&住み替えの理由別 引越し料金相場と引越し件数(単身・一人暮らしタイプ) 上に掲載したのは、「ズバット 引越し比較」のユーザーアンケートから算出した「単身・一人暮らし」タイプの「新生活・住替えの理由別 引越し料金相場と引越し件数」のグラフです。 単身・一人暮らしの人が引越しをする理由は、「進学・就職」「転勤・転職」といった外部要因が大きな割合を占めるのが特徴。 それぞれ全体の10%、30%を占めており、実に4割が他者に転居を強いられた結果としての引越しなのです。 平均引越し料金は「進学・就職」で52,387円、「転勤・転職」で62,183円。 これらの理由による引越しは、繁忙期に集中しがちなほか、移動距離も長くなりやすいので、引越し料金も高くなります。 平均引越し料金はそれぞれ34,504円、39,450円となっています。 これらを理由とする引越しは、時期を自分で選ぶことができる上に、生活のベースとなる場所に大きな変動がないケースがほとんど。 そのため、引越し料金が安く抑えられています。 徹底的な見積もり比較が、「単身・一人暮らし」の引越しを格安にする秘訣 引越しマーケットの半数以上を占める「単身・一人暮らし」の引越し。 引越し業者にとっては非常に魅力的な市場です。 しかし、引越し料金自体は、単身用の格安プランの存在や、荷物の少なさから、一定レベルで下げ止まりしてしまっているという一面も。 一方で、3月に引越し件数・料金ともに跳ね上がるなど、シーズン要素には強い影響を受けることがわかりました。 このような状況で引越し料金をより安く抑えたいと考えるなら、引越し業者の選定がとても重要になってきます。 「似たような価格帯の単身用プランでも、相見積もりを取って比較する」「候補となる引越し業者を増やし、最安値の業者を探し出す」といった工夫をすることで、引越し業者同士に競争が生まれ、より安い金額で引越しが実現する可能性があります。

次の