気に入っていただけたら嬉しいです 敬語。 贈り物(プレゼント・手土産)などを渡す時の言葉・文例

電話応対の敬語一覧|頻出のフレーズ30選の言い換えと例文【尊敬語&謙譲語】

気に入っていただけたら嬉しいです 敬語

タオルアドバイザーのタオルマニアです。 粗品を贈ったり、贈られたりで、贈り物のやり取りだけではなく、言葉も交わすのが「ビジネス」です。 普段話している言葉と、まったく違った言葉遣いをしなくてはならないので、言葉には気をつけておかないとなりません。 今回は、敬語とフランクな言葉遣いとの違いや使い方をお伝えしたいと思います。 <関連記事> お礼文章の作り方~敬語の使い方~ 相手へ贈り物を贈るときの謙遜の言葉で、お茶のことを「粗茶」、お菓子のことを「粗菓」、お酒のことを「粗酒」といいます。 贈り物を贈るときに使うフレーズ• 「大したものではないですが、お祝いさせてください」• 粗末な品ですが、ご就職祝いおしるしまでにお送り申し上げます。 *「粗末なもの」という表現は最近ではタブーとされているので使わない方がベターです。 「ささやかですが、気に入っていただけると嬉しいです。 ささやかですが、お祝いの品をお送りいたします。 お気に召していただければ幸甚です。 「ほんのきもちですが、受け取ってください!」• 心ばかりのお祝いの品をお送りいたしましたので、ご笑納くださいますようお願い申し上げます。 「お祝いの気持ちを込めて、本の気持ちですけどプレゼントを贈ります」• お祝いの気持ちを込めまして、心ばかりの品を拝贈させていただきました。 「気に入っていただけたら嬉しいです」• お気に召していただければ、幸甚に存じます。 贈り物をいただいたときに使うフレーズ 「食べました」• 賞味させていただきました。 「素敵なものをもらいました~」• 大変結構なお品を頂きまして(頂戴しまして)、誠にありがとうございました。 心ばかりの意味 「心ばかりの〜」というフレーズがよく出てきますが、「心許り」とかきます。 この許りは、「だけ」「のみ」という意味です。 心(気持ち)のみ込めた品という意味です。 ほんの気持ちですがと同じ意味です。 相手へのねぎらいの言葉 相手がどんな立場の方であってもねぎらいの言葉は入れます。 「どうぞご自愛くださいませ。 」が定番の言葉がけですが、ほかにも様々なシチュエーションに合わせて言葉を変えていくと良いでしょう。 <その他の表現>• 益々のご活躍とご健康を心よりお祈り申し上げます。 ご自愛のほどお祈り申し上げます。 いつもご心配をいただき、ありがとうございます。 ご健康をお祈り申し上げます。 <相手の容態を心配するとき>• しばらくご無沙汰してますが、お変わりございませんか。 十分にご療養ください。 一日も早いご回復を、心よりお祈り申し上げます。 陰ながら案じておりました。 取り急ぎ、お見舞いまで。 <季節に合わせて>• 季節の変わり目ですから、どうか風邪など召しませぬよう。 くれぐれもお体にご留意くださいませ。 天候不順の折、ご自愛のほどお祈り申し上げます。 寒さの折、どうかお身体を大切になさってください。 まずは書中をもってお見舞い申し上げます。 丁寧な言葉遣いと相手への労いの気持ちが伝わるように心がけて文章を作るようにしましょう。 頂き物のお礼のお返事もなるべくその日のうちに贈るのが鉄則! 遅れる場合はメールで取り急ぎ報告を。

次の

「気に入っていただけて」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例

気に入っていただけたら嬉しいです 敬語

簡単に言えば「いただく」と「幸い」を足して丁寧な敬語表現へと変換した言葉が「頂けると幸いです」になります。 「いただく」にはくれる、もらうという意味があります。 ここでの「いただく」は謙譲語になりますので、もらうを謙譲語にしたものが「いただく」という形になります。 「幸いです」はお願いの意味で使用しています。 相手がそれをしてくれたら嬉しい、ということですね。 相手に贈り物をした際にも使用しますので、相手の役に立つことを期待する気持ちを表現することもあります今回の場合ですと、「お願い」という意味合いが当てはまります。 これらの2つの意味を足すことによって「いただけると幸いです」になりますので、ざっくりといえば「してくれると嬉しいです」といった意味を敬語表現にしたもの、ということになります。 使うときは相手に丁寧にお願いをするとき 「幸いです」は上記で説明した通りの嬉しいという意味になりますので、「幸甚(こうじん)」についての説明をしていきたいと思います。 しかし、この幸甚という言葉はなかなか見ませんよね。 日常的にはまず使うことがありませんので、ビジネスシーンなどのお堅い場面で使うことが多い言葉になります。 意味は「幸い」をより丁寧にしたものになり、訓読みをすると「甚だ幸せ」という意味になります。 砕いていうならば「非常にありがたい」や「この上もない幸せ」という感じですね。 ここまでくると丁寧にしすぎている感もありますので、基本的にはかなり目上の方に対してでない限りは「幸甚」ではなく、「幸いです」で問題ありません。 「幸いです」はあいまいな表現になることも 「いただけると幸いです」という言葉はとても丁寧ですし、良い印象を与える言葉でもあります。 しかし、場合によっては「幸いです」がとてもあいまいな表現に見えてしまうことがあります。 例えば、必ず連絡がほしい場合に「ご連絡いただければ幸いです。 」と言ってしまうとすこし言葉が弱いですよね。 ビジネスメールは意味を正しく伝える必要がありますので、丁寧な言葉遣いをしようとしすぎてこのような言い方をしてしまっていては本末転倒です。 こういった、必ず連絡がほしい場合には「ご連絡お願い申し上げます。 」といった表現にするほうが良いです。 こういった、必ず何かをしてほしい場合等は「幸いです」という表現をするべきではありませんので注意しましょう。 何が幸いかわからない場合も 「していただけると幸いです」はあいまいな表現になってしまうので、使うタイミングが限られることがわかりました。 ここではそれを踏まえたうえでの実例文をいくつか紹介していきます。 ・ご連絡いただけると幸いです。 ・お目通しいただければ幸いです。 ・お忙しいところ恐れ入りますが、ご都合の程をお知らせいただけると幸いです。 といったような、ソフトにお願いする場合の表現として「いただけると幸いです」を使用するのが良いでしょう。 また、必ず相手からの返事が欲しい場合や、日時を指定してお願いをする場合は以下のような表現をします。 ・ご連絡していただきたく存じます。 ・お目通しいただくようお願い申し上げます。 ・お忙しいところ恐れイイりますが、ご都合の程をお知らせお願い申し上げます。 「いただけると幸いです」はとても丁寧な表現ですが、あくまでもソフトにお願いする表現ですので、きっちりと使い分けるようにしましょう。 上記でも説明しましたが、目上の人に対しての「いただけると幸いです」に当たる言葉は「いただけると幸甚です」といった表現になります。 意味は説明した通り、幸せをより丁寧に表現したものとなります。 少し上の上司にあたる人や取引先の方なら「幸甚」なんて表現をせず、「幸いです」で問題ありません。 使う際にはよほどのことがあった場合や、かなり目上の方に使うのが望ましいですね。 しかし、この「幸甚」という言葉は「この植えない幸せ」や「非常にありがたい」という意味があることを説明しました。 よって、1つのビジネスメールに頻繁に使っても良い言葉ではありません。 この上ない幸せが1回にいくつもあるのはおかしな話ですし、使う際には1か所程度にとどめて使用する必要があります。 あまりにも使いすぎるとお堅い表現でもありますので、相手によそよそしい印象を与えてしまいますし、大げさであったり「くどい」印象を与えてしまいます。 せっかく丁寧な表現を心がけて使用しているのにもかかわらず、このような事態になってしまっては意味がありませんよね。 より丁寧な表現をしたいのなら「幸いに存じます」 今回は「いただけると幸いです」という表現についてまとめました。 ここでわかったのは「いただけると幸いです」はあくまでもソフトにお願いする際に使用する表現であり、急ぎの連絡や依頼に対して使用するととんでもないことになる可能性があるということです。 「幸いです」はあくまでもビジネス枕詞であり、柔らかい印象を与えるための言葉です。 急ぎの用事がある場合は丁寧な表現をすることも大事ですが、意味の伝わるように「していただくようお願い申し上げます」や「していただきたく存じます」のような言葉を使い、しっかりと意味の伝わる文章を作成するように心がけましょう。 きちんと相手に伝わるビジネスメールをすることは社会人の基本中の基本になりますので、最初は言い回しなどが難しいものが多く混乱しますが少しずつ覚えていって丁寧かつ、意味の伝わるメールを作れるようになっていきましょう。

次の

「嬉しいです」を敬語として使う場合の注意点と他のいい回し

気に入っていただけたら嬉しいです 敬語

「幸いです」の意味と類語 「幸いです」とは「そうしてくれると嬉しいです」という意味 ビジネスにて「幸いです」は「そうしてくれると嬉しいです」や「ありがたいです」という意味で使われます。 語尾に「です」が付いた丁寧語であるため目上の相手へ使える表現と言えます。 「幸い」の読み方は「さいわい」 「幸いです」の「幸い」は「さいわい」と読みます。 ビジネスメールなどの書き言葉だけでなく、対話シーンでも使われる言葉であるため読み間違いには注意してください。 また、手紙などの書き言葉として使用する際は送り仮名の付け間違いにも気を付けましょう。 類語「助かります」や「幸甚です」に言い換える 「幸いです」の類語には「助かります」や「幸甚です」があります。 「幸甚」とは「非常に幸いなこと」を意味する言葉で、「幸いです」よりも改まった表現であるため、かしこまったシーンやビジネスメールなどの書き言葉として使えます。 例えば、目上の相手に「教えてもらえれば嬉しいです」と伝える際、「幸甚」を使うと「お忙しいとは存じますが、ご教示いただければ幸甚です」となります。 目下の部下や対等な立場の同僚へは「助かります」が使えます。 「です」が付いた敬語表現ではありますが、砕けた表現となるため目上の人へ使う際は注意してください。 目上への「幸いです」の使い方 「幸いです」よりも丁寧な「幸いに存じます」 「幸いです」の言い回し方の1つが「幸いに存じます」です。 「幸い」に「思う」の謙譲語である「存じます」を付けた言葉で、「嬉しく思います」という意味があります。 「幸いです」よりも丁寧な言い回しとなるため、かしこまったシーンや相手によって使ってください。 「幸い」とは相手に依頼をする際に多く使われるため、目上へお願いをする言葉使いとして「幸いです」には敬意が足りないという考えがあります。 相手の捉え方によるため目上に「幸いです」を使わないように、とは言い切れませんが、「敬意が足りない」「失礼」と思われない為にも「存じます」を使うなど、状況によっては言い回しを変えた方が良いでしょう。 丁寧な依頼をする際に使える「いただけますと幸いです」 「幸いです」を使って依頼をする際に「いただけますと幸いです」が使えます。 例えば「ご覧いただけますと幸いです」という文章だと、「ご覧」は「見る」の尊敬語であるため「見てもらえると嬉しいです」という意味になります。 補助動詞として使う際は平仮名表記の「いただく」、食べる・飲む・もらうの謙譲語として使う際は漢字表記の「頂く」というふうに、使い方が違ってくるため注意して使用してください。 物を贈る際にも「幸いです」が使える 依頼をする際以外にも、贈り物を渡す際に「幸いです」が使えます。 例えばいつもお世話になっている上司へ贈り物をする際、「気に入ってもらえると嬉しいです」という意味の「お気に召していただけますと幸いです」を一言添えることで、相手への気遣いを表します。 必ずやってほしいことに「幸いです」は使わない 「幸いです」は「そうしてくれると嬉しいです」という意味の言葉であるため、依頼した内容を行うかどうかの選択権は相手にあります。 必ず行ってもらいたい依頼や、相手に選択権の無い場合は「幸いです」を使わないようにしましょう。 例えば連絡が欲しいということを相手に伝える際、強制でない場合は「ご連絡いただけますと幸いです」となります。 必ず連絡をもらいたい場合は「幸いです」を使わずに、「恐縮ではございますがご連絡の程お待ちしております」と言い換えができます。 状況に応じて「幸いです」を使い分けてください。 ビジネスメールで「幸いです」を使った例文 「していただけると幸いです」を使った例文 「幸いです」を使った言い回しの1つが「していただけると幸いです」です。 自分がしてほしいことを相手に丁寧に依頼する際の言い回し方で、目上の人へ使えます。 例えば、「間違いがございましたら、訂正していただけると幸いです」という文章だと、「間違いがあったら、訂正してもらえると嬉しいです」という意味となります。 「幸いに存じます」を使った例文 「幸いです」を更に丁寧に表したのが「幸いに存じます」だと説明しました。 表情や声色が伝わらない分、話し言葉よりも丁寧に表現する必要のあるメールでは「幸いに存じます」を使った方が良いと言えます。 例えば、「お伺いしたいことがございますので、お時間いただけますと幸いに存じます」という文章だと「聞きたいことがあるので、時間を取ってくれると嬉しいです」という意味となります。 「存じます」を付けることで堅苦しくなると判断した際は「幸いです」に言い換えるなどしてください。 まとめ 「幸いです」は「そうしてくれると嬉しい」や「ありがたい」という意味で、相手に依頼する際や贈り物をする際に多く使われる言葉です。 目上の人へ使える敬語表現ではありますが、状況や相手によっては失礼と捉えられる場合があります。 言い回し方や類語を使って失礼にならないよう注意して使ってください。

次の