インスタ メッセージ。 インスタグラムのボイスメッセージとは?保存・録音や送信・削除のやり方、再生の仕方、できない場合から既読でばれるかまで紹介【Instagram:DM使い方】

インスタのダイレクトメッセージ(DM)機能を徹底解説

インスタ メッセージ

Instagramのダイレクトメッセージってどんなもの? Instagramのダイレクトメッセージとは、お互いがフォロー関係にあってもなくても、ダイレクトメッセージを送信することができる機能です。 Instagramの投稿に対して行うコメントのように、誰もが見える場で交わす会話とは異なり、相手と自分だけのクローズドな場で会話をすることができます。 相手のアカウントさえ知っていれば「送信」はできる 相手のアカウントさえ知っていれば、ダイレクトメッセージを送ることができます。 より深いトークを個別にしたい場合などに便利です。 フォロワーじゃない場合は「承認」してもらう必要がある しかし、ここで注意したいのは、ダイレクトメッセージを送信しても必ずしも相手に届くわけではない、という点です。 自分のフォロワーではない相手にダイレクトメッセージを送信した場合には、その相手にはまず「リクエスト」という形で通知が行きます。 そのリクエストを「承認」してもらって初めて、ダイレクトメッセージを受信者に読んでもらえるようになるのです。 つまり、見ず知らずの人にダイレクトメッセージを送信する際は、承認してもらえない可能性もあるので注意が必要です。 ダイレクトメッセージの使い方とメッセージの見え方 では、ダイレクトメッセージがどんな風に送受信されるかを、実際に行って確かめてみましょう。 送信者:ダイレクトメッセージを送信する ダイレクトメッセージを送信するのは、以下の手順です。 この例では、フォロワーではない人に送信する前提で解説します。 ホームタブの「紙ひこうき」のアイコンをタップ• 相手先のアカウントを指定する(「おすすめ」から選ぶことも可能)• メッセージを送信する(写真や動画などを送ることも可能です) 受信者:承認してメッセージを見る• 通知アイコンをタップ• 「リクエスト〇件」をタップ• 「承認する」をタップ 承認をしなくても、一部のテキストは見ることができるようになっています。 画像や動画などは、基本的には承認後に見えるようになるようです。 承認すると、このように画像も表示されました。 送信できるメッセージの種類は? テキスト以外にも、画像や動画の送信もできるInstagramのダイレクトメッセージ。 どんな機能が利用できるのか、みなさんが使い慣れているLINEと比較してみました。 大きく異なるのは、 Instagramのほうが送信できる写真や動画の表現力に長けている、という点でしょう。 ここは、写真のSNSとして栄えたInstagramならではの強みと言えます。 逆にLINEは、生活に密着した機能が充実しており、送金を依頼したり日程調整をしたり、といった機能も利用できますよね。 ですが個人的に思う一番の相違点は、 LINEは身内同士での連絡ツールという役目が強いのに対し、Instagramは知らない人ともつながりやすい本来のSNSの側面が強い点です。 そのため、機能の違いでどちらを利用するか決めるというよりは、だれとコミュニケーションをしたいかでどちらを利用するかが決まってくると感じます。 Instagramのダイレクトメッセージの注意点 最後に、ダイレクトメッセージを使ってみて感じた注意点をいくつかご紹介します。 ダイレクトメッセージを一度拒否したら、再度見つけ出すのは困難 知らない人からダイレクトメッセージのリクエストが届いたとき、その承認を拒否してしまうと、リクエストのリストから消えてしまいます。 アカウント名を覚えていれば、検索してそのリクエストを再度見つけ出すことは可能なのですが、知らない人のアカウント名なんてそうそう覚えてるわけもありません。 拒否をする場合は、しっかり検討してから拒否をしましょう。 スクリーンショットを撮ったことが相手に通知される 一度きりしか表示できないコンテンツが送られてきて、それを表示している際にスクリーンショットを撮った場合、スクリーンショットを撮ったという事実が通知されます。 スクリーンショットを撮る場合は、そのことを念頭に入れてから行いましょう。 改行したいときは? 文字入力を行う場合、スマホ上の文字入力では改行ができません。 メモ帳アプリなどで改行した文章をあらかじめ作成のうえ、ダイレクトメッセージ欄にコピーペーストすると改行した文章を送信することができます。 どうしても改行したい、という方は試してみてください。

次の

インスタのDM(ダイレクトメッセージ)をPCから使う方法を紹介!

インスタ メッセージ

dm ダイレクトメッセージ を受け取らない3つの方法 dmを受け取らないようにするには、3つのやり方があります。 ・メッセージリクエストを拒否する ・相手をブロックする ・アカウントをメッセージを拒否する設定を行う 上の2つの方法で行うことができます。 後、メッセージ以外の投稿やストーリーを通知しないようにするのも合わせて行ってもいいでしょう。 メッセージリクエストで拒否する 自分がフォローしていない相手から、dmが届いたときに メッセージリクエストとして、通知されます。 この リクエスト自体は拒否しても相手には分かりません。 拒否することによって、その相手からdmを受け取らないようになります。 メッセージリクエストの拒否のやり方 メッセージ拒否のやり方を紹介します。 dmを受け取る画面の右側に 「リクエスト1件」と表示されています、タップしましょう。 メッセージリクエストを送っている相手が表示されます。 拒否したい相手をタップします。 そして、右側の 「許可しない」をタップしてください。 再度、 「許可しない」を押してください。 リクエストが消えました。 もうリクエストされることはありません。 メッセージリクエストの拒否でできないこと メッセージリクエストは 自分がフォローしていない相手から、メッセージが送られた際に通知されます。 なので、 既にフォローしている人、dmでやり取りしている人には、メッセージリクエストが発動せず、拒否することはできません。 あくまで、全く関わりのない相手に使う機能です。 一度、拒否するともうメッセージが届かない!? 実は、 一度メッセージを拒否してしまうと相手からのメッセージが届かなくなってしまいます。 後から、解除するボタンはありません。 相手をフォローしても、メッセージが届くことはありません。 拒否を取り消すやり方 では、一度拒否してしまったアカウントのメッセージを受信する方法を説明します。 相手のプロフィールの画面にある、右上の「 …」を縦にしたボタンをタップします。 「 メッセージを送信」を押します。 相手にメッセージを送信します。 この時点では、 相手のメッセージを受信していません。 一度、インスタを終了してから戻ってみると、過去の相手が送ったメッセージも一緒に送信されていますね。 相手をブロックする 二つ目の方法は 相手をブロックするやり方です。 これにより、 相手との一切のやりとりができなくなりますし、お互いに相手のことが音信不通になります。 よほど、迷惑でもない限りは使わない方がいいでしょう。 相手をブロックする方法と解除方法 相手をブロックするには、相手のプロフィール画面からブロックリストに追加するボタンを使います。 詳しくは下の記事に載っているので、参考にしてください。 ブロックの解除方法についても載っているので、そちらも参考に。

次の

【完全攻略】インスタグラムのDMの見方!!許可、既読、通知、削除などすべての使い方を大公開!!

インスタ メッセージ

kiwamiです。 今回は 「Instagramのダイレクトメッセージを拒否する方法」についてご紹介します。 Instagramではダイレクトメッセージと言う機能を使ってユーザー間で、他のユーザーには見えない様にプライベートのやり取りをする事が可能です。 便利な機能なのですが、この機能と困ったところは「自分をフォローしている人なら誰でも送信出来る」というところです。 相互にフォローしている必要はなく、片方からの一方的なフォローでOKなのです。 これではフォロワーの多い芸能人はどうするのだろう?と考えてしまうのですが、今のところそうなっています。 望まない相手からダイレクトメッセージが送信された場合、どの様に対処すれば良いのでしょうか?以下で説明します。 Instagramのダイレクトメッセージを拒否する方法 Instagramでダイレクトメッセージを拒否するには相手をブロックするしかありません。 【関連】 ブロックをすると、相手からすると「ダイレクトメールを送れている」様に見えるのですが、こちらにはそれが表示されません。 厳密に言うとサーバーにはダイレクトメールが溜まっているのですが、それをブロックにより非表示に出来る、という事になります。 ちなみに、相手へのブロックを解除すると、ブロック中のダイレクトメールが全てこちらの手元に届きます。 さらに相手にはその瞬間に「既読」の表示がされるので注意が必要です。 【関連】 ブロックをすると、その相手とのダイレクトメールの今でのやりとりも全て非表示となります。 この方法では「送ってくる度に対応する」という事になってしまうのですが、今のところこの方法しかない様です。 「相互フォローをしている場合のみ」などの設定が出来れば良いのですが、ちょっと残念ですね。 もちろんのですが、有名人などは非公開アカウントにしては意味がないでしょうし、難しいところです。

次の