大成 建設 cm ヨルシカ。 大成建設と新海誠のコラボCM「ミャンマー」編!音楽はヨルシカ「春泥棒」に!

ヨルシカ、新曲が新海誠総監督による大成建設CMソングに

大成 建設 cm ヨルシカ

1973年生まれ、長野県出身。 2002年、個人制作の短編作品『ほしのこえ』で商業デビュー。 同作は新世紀東京国際アニメフェア21公募部門「優秀賞」をはじめ多数の賞に輝き、初の長編映画『雲のむこう、約束の場所』(2004年)で第59回毎日映画コンクール「アニメーション映画賞」を受賞。 続く『秒速5センチメートル』(2007年)はアジアパシフィック映画祭「最優秀アニメ賞」を、『星を追う子ども』(2011年)は第8回中国国際動漫節「金猴賞」優秀賞を、『言の葉の庭』(2013年)ではドイツのシュトゥットガルト国際アニメーション映画祭長編アニメーション部門グランプリを受賞した。 2016年公開の『君の名は。 』は記録的な大ヒットとなり、邦画歴代2位の興行収入を記録。 第40回日本アカデミー賞でアニメーション作品初の「優秀監督賞」、「最優秀脚本賞」を受賞し、第49回シッチェス・カタロニア国際映画祭アニメーション部門「最優秀長編作品賞」、第42回ロサンゼルス映画批評家協会賞「アニメ映画賞」に輝くなど、国内外で数々の映画賞を受賞した。 2019年公開の最新作『天気の子』は、観客動員数1,000万人を超える大ヒットを記録している。 オフィシャルサイト 2015年度 ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015 第2回ニューウェーブアワード 女優部門 2016年度 第8回 TAMA映画賞 - 最優秀新進女優賞 『ちはやふる 下の句』『猫なんてよんでもこない。 』 第40回山路ふみ子映画賞 - 山路ふみ子新人女優賞 『ちはやふる 下の句』『猫なんてよんでもこない。

次の

ヨルシカの新曲「春泥棒」、大成建設TVCM「ミャンマー」篇タイアップソングに決定

大成 建設 cm ヨルシカ

ヨルシカの新曲「春泥棒」を起用した大成建設の新TVCM"ミャンマー"篇が公開された。 大成建設のCMは、これまで新海 誠監督がシリーズで手掛けてきた建設現場で働く主人公の歩みを描いたアニメーション作品。 近年、急速な経済成長を遂げているミャンマーで、国の高度医療を支えていく"ヤンゴン新専門病院"の建設に携わる若手社員が、今回の主人公だ。 遠く日本から離れた現場でたくましく働く彼の成長を、日本で暮らす姉からの手紙という視点で描いたストーリーになっている。 アニメーションは、新海 誠を総監督とし、映画"天気の子"で助監督を務めた、みきようこが監督、絵コンテ、演出を担当。 ナレーションは女優 松岡茉優が担当している。 CMは本日3月20日から全国放送がスタートしている。 できれば、今作は初回生産限定盤を手に取ってほしい。 音楽を辞めることを決意した青年が"エルマ"に宛てた全14曲の楽曲に加えて、オスカー・ワイルド、ヘンリー・ダーガー、松尾芭蕉ら、偉大な芸術家たちの言葉を引き合いに出して綴られる"手紙"が今作への理解を深めてくれる。 "音楽を辞めた"というセンセーショナルなモチーフをテーマにすることで、コンポーザー n-bunaが抱く思想や哲学を徹底的に炙り出し、ひいては"音楽をやる理由"が浮き彫りになる構造が秀逸。 (秦 理絵) ヨルシカの新しいミニ・アルバムのタイトルが"負け犬にアンコールはいらない"だと知って驚いた。 めちゃくちゃエモいじゃないか。 前作ミニ・アルバム『夏草が邪魔をする』では、ソングライティングを手掛けるn-buna(ナブナ)が自身の死生観を色濃く反映させた切ない夏物語を描いたが、あれから約1年を経てリリースされる今作は、同じ夏の匂いを継承しながらも、"どこかの誰かの物語"とは一蹴できないリアルが滲む。 "もう一生、後悔したくない僕らは吠えたい"と歌う表題曲「負け犬にアンコールはいらない」を始め、荒々しい曲調も多い。 輪廻転生をテーマに、ピアノによる美しいインスト曲を挟みながら現実と非現実の間を彷徨うようなアルバムは、最後に不思議な余韻を残してくれた。 (秦 理絵) ニコニコ動画で200万回再生を記録する人気曲を生み出してきたボカロPのn-buna(ナブナ)が女性ヴォーカル suis(スイ)を迎えて結成したバンド"ヨルシカ"の1stミニ・アルバム。 ピアノの繊細なフレーズが紡ぐインスト曲「夏陰、ピアノを弾く」から幕を開けると、ギターを中心にした表情豊かなバンド・サウンドのなかで描かれるのは、夏の気配を漂わせた切ない恋の物語だった。 それはハッピーなラヴ・ソングではなく、すべてが死別を思わせる悲恋の楽曲。 カトレアの花、青い空、夕立ち、花火、入道雲という夏を連想させるワードが散りばめられた曲たちは全7曲がそれぞれに独立しながらも一篇の小説としてリンクしているようにも聴こえた。 テーマは悲しいが、作品をカラリと爽やかに仕上げたのはsuisの透明感のある歌声の存在が大きい。 (秦 理絵).

次の

ヨルシカの新曲「春泥棒」、大成建設TVCM「ミャンマー」篇タイアップソングに決定

大成 建設 cm ヨルシカ

ヨルシカの新曲「春泥棒」を起用した大成建設の新TVCM"ミャンマー"篇が公開された。 大成建設のCMは、これまで新海 誠監督がシリーズで手掛けてきた建設現場で働く主人公の歩みを描いたアニメーション作品。 近年、急速な経済成長を遂げているミャンマーで、国の高度医療を支えていく"ヤンゴン新専門病院"の建設に携わる若手社員が、今回の主人公だ。 遠く日本から離れた現場でたくましく働く彼の成長を、日本で暮らす姉からの手紙という視点で描いたストーリーになっている。 アニメーションは、新海 誠を総監督とし、映画"天気の子"で助監督を務めた、みきようこが監督、絵コンテ、演出を担当。 ナレーションは女優 松岡茉優が担当している。 CMは本日3月20日から全国放送がスタートしている。 できれば、今作は初回生産限定盤を手に取ってほしい。 音楽を辞めることを決意した青年が"エルマ"に宛てた全14曲の楽曲に加えて、オスカー・ワイルド、ヘンリー・ダーガー、松尾芭蕉ら、偉大な芸術家たちの言葉を引き合いに出して綴られる"手紙"が今作への理解を深めてくれる。 "音楽を辞めた"というセンセーショナルなモチーフをテーマにすることで、コンポーザー n-bunaが抱く思想や哲学を徹底的に炙り出し、ひいては"音楽をやる理由"が浮き彫りになる構造が秀逸。 (秦 理絵) ヨルシカの新しいミニ・アルバムのタイトルが"負け犬にアンコールはいらない"だと知って驚いた。 めちゃくちゃエモいじゃないか。 前作ミニ・アルバム『夏草が邪魔をする』では、ソングライティングを手掛けるn-buna(ナブナ)が自身の死生観を色濃く反映させた切ない夏物語を描いたが、あれから約1年を経てリリースされる今作は、同じ夏の匂いを継承しながらも、"どこかの誰かの物語"とは一蹴できないリアルが滲む。 "もう一生、後悔したくない僕らは吠えたい"と歌う表題曲「負け犬にアンコールはいらない」を始め、荒々しい曲調も多い。 輪廻転生をテーマに、ピアノによる美しいインスト曲を挟みながら現実と非現実の間を彷徨うようなアルバムは、最後に不思議な余韻を残してくれた。 (秦 理絵) ニコニコ動画で200万回再生を記録する人気曲を生み出してきたボカロPのn-buna(ナブナ)が女性ヴォーカル suis(スイ)を迎えて結成したバンド"ヨルシカ"の1stミニ・アルバム。 ピアノの繊細なフレーズが紡ぐインスト曲「夏陰、ピアノを弾く」から幕を開けると、ギターを中心にした表情豊かなバンド・サウンドのなかで描かれるのは、夏の気配を漂わせた切ない恋の物語だった。 それはハッピーなラヴ・ソングではなく、すべてが死別を思わせる悲恋の楽曲。 カトレアの花、青い空、夕立ち、花火、入道雲という夏を連想させるワードが散りばめられた曲たちは全7曲がそれぞれに独立しながらも一篇の小説としてリンクしているようにも聴こえた。 テーマは悲しいが、作品をカラリと爽やかに仕上げたのはsuisの透明感のある歌声の存在が大きい。 (秦 理絵).

次の