エレスト リョフ。 『ニーチェの馬』/『サタンタンゴ』/『フルスタリョフ、車を!』+『動くな、死ね、甦れ!』

【エレスト】リョフの評価!グランバトルやってるー?

エレスト リョフ

適正おすすめキャラ Sランク 理由• ・HPの最大値を超えて回復できる• ・回復・ブースト・ダメージ軽減を同時に行える• ・コア対策が不要になる• ・消せば消すほど威力が上がるスキル3• ・スキル発動でコアや岩を破壊できる• ・天候を水にするスキル持ち• ・水ピース6個供給スキル持ち• ・真・デュアルウェポン持ち• ・HP最大の時に火と水ピースを供給• ・3ターン以降大火力で攻撃できる• ・スキル3でダメージを1回無効にできる• ・真・全体攻撃ガード• ・火ピースを水ピースに変換できる• ・3倍増幅スキル持ち• ・ブーストと増幅スキル持ち• ・未進化の状態で回復要員として編成する• ・オールコアブレイカー• ・回復スキル持ち• ・スキルカウンターで回復可能• ・毎ターン木ピースを2個火ピースに変化• ・ピース変換時にスキル1が発動 Bランク 理由• ・回復スキル持ち• ・3倍増幅スキル持ち• ・真アタックコアブレイカー持ち• ・全体HP回復スキル持ち• ・全体リジェネ持ち• ・蜃気楼の塔2層で入手可能• ・真クラックロックブレイカー• ・DXスターターセットで入手可能 キャラ 装備武器 アビリティカード 立ち回りやポイント デスコ123%で3ターンでした トロフィー余裕です! キャラ 装備武器 アビリティカード 立ち回りやポイント 1ターン目はピース貯めましょう目標は11個。 マナカの極コールあるから8個あれば多分大丈夫。 2ターン目で全員のスキルぶっぱなしましょう。 それで終わります。 80000弱ptでトロフィー取れました。 attr 'data-lazy-src' ; if! hide. removeAttr 'data-lazy-src'. attr 'data-lazy-loaded', 'true' ; img. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema. trans. altema. altema. altema. altema.

次の

【エレスト】リョフの試練攻略とおすすめパーティ【エレメンタルストーリー】

エレスト リョフ

究極融合ゼウス考察 新たなアビリティとしてバインドガードを習得。 副属性は木。 何よりもスキルに遅延が付いたのが嬉しい。 スキル倍率は変わっていないようですが遅延が結構な頻度で発動するとかしないとか。 おススメ編成 運営さん的にはクリシュナを使ってジリジリ削れといった方針のようです。 何度かクリシュナを使って試しましたが半分以下になってからが削りきれません。 ヘラのソウルを上げる前に攻略出来ないかと思いクリシュナを外しメリー投入。 すると驚くほど難易度が下がりました。 高火力はゴッドキラーの究極ハデスかフレーズベルグで悩みましたがとりあえず火力が低いフレーズベルグで試してみました。 ちなみにヘラを入れるとギミックが変わるのでゴッドとデビルの編成です。 ヘラがいないパターンを試す前に終わってしまったのでヘラがいないパターンは泣く泣く割愛。 しかしメリーは活用できると思うので参考にして試してみてください。 攻略パターン いろいろ試す前に終わってしまったので攻略法だけ載せておきます。 まずは通常ゼウスが登場します。 通常ゼウスは弱いのでブーストからの高火力攻撃ですぐ倒せるはずです。 しかし体力を減らすと究極融合ゼウスに昇華し本番スタート。 究極融合ゼウスに昇華してからの行動パターンは以下の通りです。 ケラウノスが光を放つ(攻撃力アップ)• 天空神の裁き・28400ダメージ クリシュナを入れている場合は2の後にスキル3を使い全面を闇ピースに変換して総攻撃。 火力が低いとHPを削りきれずに天空神の裁きで全滅します。 運良く落ちコンで突破しても次の難問が待ち構えているので苦労している方は多いはず。 しかしメリーがいると一変します。 2までは変わらないのですが、光ピースが供給された後にメリーのスキル3「ひつじの歌」を発動し2ターン延長。 延長している間にバリアコアが残っていれば破壊し闇ピースを貯めます。 遅延した後もピースを貯めながらメリーのスキルを撃ち続けるとたまに遅延が再び入りますので余力があれば是非狙っていきましょう! そして延長が切れると3に移行しケラウノスが光を放ちます。 しかしここで驚きの変化が。 クリシュナパターン メリーパターン わかりましたでしょうか? メリーの遅延のお陰で究極融合ゼウスのシールドの効果が切れています。 この状態なら攻撃が通常通り通るので1ターンで10万以上のダメージを与えれば究極融合ゼウスは倒せてしまいます。 シールドがないお陰で普通に攻略するよりずっと楽に倒せてしまうんです。 確認のために2回目をやったらフレーズベルグのまま倒せてしまいました。 火力が低くても落ちコンで何とかなります。 ちなみに倒しきれないと最終段階に移行してしまうのでやり直しになると思います。 そして無事終了。

次の

【森林の大陸深層】 : まぁぼのエレスト研究所 別館攻略wiki室

エレスト リョフ

レンタルビデオショップが興隆した80年代以降より顕著になった傾向なのだと思いますが、映画は便宜上「コメディ」「ホラー」「アクション」「人間ドラマ」などのジャンル分けがなされます。 多かれ少なかれ、私たちはそういった作品の雰囲気を感じ取り、「笑える」とか「泣ける」とか「考えさせられる」といった効用を求めて観る映画を選ぶのだと思います。 しかしながら、例えばタル・ベーラ作品の暴風に荒れ狂う驚異的なカットの連なりや、全ての人間が狂気に侵されているかのように狂騒的なアレクセイ・ゲルマン映画の登場人物たち。 あるいはカネフスキー作品でむき出しになった無慈悲な環境とそこに生きる少年少女たちの息吹を目の当たりにしたとき、私たちは一体どんなジャンル分けが出来るでしょうか。 その戦慄的な美しさと獰猛なパワーを前に、誰もが作者の意図を読み取ることすら放棄し、ただただ圧倒されるばかりなはずです。 上記の監督たちは通常の意味での映画監督というより、この地球に潜在する超自然的な領域を顕然させるシャーマンじみた存在に思えます。 私たちは彼らの叫びとささやきに導かれるままに、どんなジャンルでもなく同時に全てのジャンルを飲み込んでいるような、途方もなく豊かで果てしなく広大な世界に足を踏み入れるのです。 ニーチェは鞭打たれ疲弊した馬車馬を見つけると、駆け寄り卒倒した。 そのまま精神は崩壊し、二度と正気に戻ることはなかった…。 どこかの田舎、石造りの家と命をつなぐ古井戸がある。 そして、疲れ果てた馬と、飼い主の農夫と、その娘がいる。 暴風が吹き荒れる6日間の物語。 哲学者ニーチェの逸話を基に、鬼才タル・ベーラが綴る壮絶な生と死の寓話。 『ニーチェの馬』を観た者は圧倒され言葉を失うだろう。 トリノの広場で泣きながら馬の首をかき抱き、そのまま発狂したとされるニーチェの逸話にインスパイアされて生まれた本作。 ジム・ジャームッシュ、ガス・ヴァン・サント、ブラッド・ピットら世界の映画人が熱狂し、名だたる映画祭でゆるぎない地位を築いてきたハンガリーの鬼才の最終章が、幕をあける。 徹底的に排除された台詞、極限まで削ぎ落とされた演出、そこには生と死に向き合う静謐な世界が広がる。 ダイナミックな長回しと、フィルムが持つ物質としての美しさに陶酔し、芸術の神髄に触れる至上の2時間34分。 あなたは映画の歴史の目撃者になる。 救世主がやって来る。 悪魔のささやきが聞こえる。 ハンガリー、ある田舎町。 シュミットはクラーネルと組んで村人達の貯金を持ち逃げする計画を女房に話して聞かせる。 盗み聞きしていたフタキは自分も話に乗ることを思いついた。 その時、家のドアを叩く音がして、やって来た女は信じがたいことを言う。 「1年半前に死んだはずのイリミアーシュが帰って来た」、と。 イリミアーシュが帰って来ると聞いた村人たちは、酒場で喧々諤々の議論を始めるが、いつの間にか酒宴になって、夜は更けていく。 翌日、イリミアーシュが村に帰って来る。 彼は村にとって救世主なのか? それとも? 驚異的な長回しで描かれる、美しき映像黙示録。 『ニーチェの馬』(2011)を最後に、56歳という若さで映画監督からの引退を表明したタル・ベーラ監督。 彼が4年の歳月をかけて完成させた伝説の傑作『サタンタンゴ』(1994)が、製作から25年を経て、4Kデジタル・レストア版で蘇る。 2015年に世界的権威のある英文学賞ブッカー国際賞を受賞したクラスナホルカイ・ラースローの同名小説が原作。 タンゴのステップ<6歩前に、6歩後へ>に呼応した12章で構成されている。 前半の6章は複数の視点で一日の出来事が描かれ、後半の6章はイリミアーシュが戻ってきてからを描いている。 準備に9年、2年におよぶ撮影、完成まで4年かけた『サタンタンゴ』は7時間18分という長さながら、全編約150カットという驚異的な長回しの映像で構成されている。 デビュー以来一貫して人間を、そして世界を凝視し見つめ続けてきたタル・ベーラ。 本作でも秩序に縛られ、自由を求め、幻想を抱き、未来を信じ、世界に幻滅し、それでも歩き続ける人間の根源的な姿を詩的かつ鮮烈に描いている。 鬼才アレクセイ・ゲルマンがみなぎるパワーで描くロシア近代史の暗闇 主人公はモスクワの病院の脳外科医にして赤軍の将軍、ユーリー・クレンスキー。 大富豪の長でもある彼は、病院と、家庭と、愛人のところを行き来する日々を送っている。 決してアルコールを手放すことはない。 時は1935年、反ユダヤ主義の色濃い時代、将軍はスターリンの指示のもとKGB(秘密警察)が企てたユダヤ人医師を迫害する計画に巻き込まれてしまうことになる。 気配を察して彼は逃げようとするが、すぐに捕らえられ、強制収容所で拷問を受ける。 ところが突然解放されて、スターリンの側近ベリヤに、ある要人を診ろと言われる・・・。 タイトルの「フルスタリョフ、車を!」というのは、ソビエトの独裁者スターリンが息を引き取る直前、側近を通して命じたという言葉。 映画は、そのスターリンの死の1953年に始まり、約10年後で終わる。 実に多くの人物が登場し、交わされる台詞も膨大な量で、それらには一見、脈絡がない。 説明を廃して、ひたすら画面に映し出される「出来事」だけが描かれ、次々と転換していく。 そのスピードは常人にはついてゆくのがやっとで、マーティン・スコセッ シ監督が「何が何だかわからないが、すごいパワーだ」と評したというほど。 「知性でロシアを理解することはできない。 メジャーで測ることもできない」とゲルマン監督は語っている。 ヴィターリー・カネフスキー監督が自身の少年時代の記憶を映画化した衝撃作! 第二次大戦直後、雪に覆われたソビエトの極東にある炭鉱町スーチャン。 収容所地帯と化したこの町では、窃盗や暴力が横行していた。 そんな殺伐とした空気に満ちた町に生きる12歳の少年ワレルカ。 純粋無垢だが不良ぶっている彼は、たびたび騒動を引き起こし、唯一の家族である母親への反発と相まって、悪戯をエスカレートさせていく。 そんなワレルカの前に、守護天使のように現れては、危機を救ってくれる幼なじみの少女ガリーヤ。 二人に芽生えた淡い想いは次第に呼応していくが、学校を退学になったワレルカが町から逃亡することで、彼らの運命はとんでもない方向へ転じていく…。 1990年、カンヌ国際映画祭はひとつの作品によって驚きに包まれた。 その作品は、54歳の新人監督ヴィターリー・カネフスキーが発表した『動くな、死ね、甦れ!』。 ストリートチルドレン出身で、8年間無実の罪で投獄されていた経歴を持つ彼は、それまで全くの無名であったが、この一本で世界中から賞賛される存在となる。 物語の舞台となる旧ソ連の炭鉱町・スーチャンは、カネフスキーが少年時代を過ごした町。 彼は、ストリートチルドレンのパーヴェル・ナザーロフを主演に抜擢し、どこまでも純粋で鋭敏な自身の少年時代の記憶を、鮮烈にスクリーンに甦らせた。 また主人公を見守り危機から救う少女役に、現在も女優として活躍しているディナーラ・ドルカーロワを起用。

次の