原子力 推進 ミサイル。 【おそロシア】ロシアで「原子力推進エンジン付き核ミサイル」が爆発、核実験準備中に誤爆

ロシア軍爆発事故~原子力巡行ミサイルが示す未来の恐怖

原子力 推進 ミサイル

原子力巡航ミサイルとはなに?物騒なんですけど…… 原子力巡航ミサイルという響きは、明らかに物騒です。 なにせミサイルの推進力に、原子力を使用していると読み取れるからです。 原子力の推進エンジン開発の歴史 過去にアメリカも、原子力巡航ミサイルに近いものを開発した形跡があります。 原子力のラムジェットエンジンを、1958年から開発したようです。 当時は冷戦下。 米ソともに、原子力ラムジェットエンジン開発をしたようですが、アメリカは1964年に断念したようです。 その原因は「原子炉による大型化」「放射線の問題」「乗員の被爆」「大気汚染」etc……。 山積する問題が、解決できなかったからとされます。 ソ連でも同様に、実用化には至りませんでした。 米ソともに、原子力飛行機を想定して開発していたのだそうです。 放射線事故が、原子力巡航ミサイル「ブレヴェスニク」と疑われる理由 今回の爆発事故で、ロシアの原子力巡航ミサイルではないか? と疑われている原因は、いくつかあります。 ロシアから詳細が発表されていないこと• 発表どおりだとすると、放射線レベルが上がることはありえないこと 端的にいえば、ロシアの発表は「液体燃料エンジンの事故」です。 これだけなら、放射線レベルが上がることはあり得ません。 「液体推進剤の為に開発された放射性同位元素」の事故、とも発表されていますが……要領を得ないとのこと。 このことから専門家などは、原子力巡航ミサイル「ブレヴェスニク」ではないか? との推測が流れているようです。 もっとも、単なる潜水艦発射弾道ミサイル SLBM に、原子力電池を搭載していただけでは? という推測もあるようです。 ただし……上記は前例がないので、考えにくいとのこと。 によれば、2018年時点でブレヴェスニクは「本当に開発してるの?」という段階だったようです。 ネット上での「原子力巡航ミサイル・ブレヴェスニクは海に潜る」という情報は、上記記事のポセイドン 原子力推進の核魚雷 と混同しているのかもしれません。 原子力巡航ミサイル「ブレヴェスニク」のスペックは? 原子力巡航ミサイル「ブレヴェスニク」の詳細は、じつは判明していません。 カタログスペックが、公表されていないものと思われます。 ブレヴェスニクとは、ロシア語で「ヒメウミツバメ」のことだそうです。 ウミツバメは「海面すれすれで、小魚などを捕食する」とのこと。 ネット上でブレヴェスニクは、海に潜るんじゃね? ともいわれています。 本当かどうか? はわかりません。 しかし名称から察するに、海面すれすれを巡航するのではないか? と思われます。 仮に海に潜るとしたら、迎撃不可能な超兵器です。 ……なんとも物騒なミサイルです。 また、確度が高いと思われる情報として「巡航距離がほぼ無制限」だそうです。 まあ、原子力ですしね。 地球一周くらいは、余裕っぽい気がします。 ブレヴェスニクの動画は、存在するようです。 最初は固形燃料で上昇し、その後に原子力ジェットエンジンに切り替わるのだそうです。 原子力巡航ミサイル「ブレヴェスニク」の軍事的インパクト 原子力巡航ミサイル「ブレヴェスニク」が実用されると、かなりの軍事的インパクトがあるのではないか? と思われます。 そもそも巡航ミサイルは、海面近くを飛行するミサイルです。 ブレヴェスニクの航続距離と原子力以外の特徴は、通常の巡航ミサイルでも備えているものです。 巡航ミサイルの巡航距離は通常、500~2500kmほどです。 この航続距離が「ほぼ無制限」になる意味は、かなりインパクトがあります。 なぜか? 巡航ミサイルは、レーダーで補足されにくい。 また自律航行機能も備えています。 先進国以外では、巡航ミサイルを補足、迎撃出来る国家のほうが少ないのです。 とすれば、ブレヴェスニクが実用化されれば、ロシアは「世界中に精密攻撃が可能になる」かもしれないのです。 バランス・オブ・パワーは極東から崩れる 現在、中露は蜜月です。 これはアメリカの凋落によって、アメリカへの挑戦が可能になったからです。 中露はもともと、アメリカによる秩序を嫌っています。 秩序といえば聞こえがいいですが、従属になるからです。 したがってロシアと中国は、結託してアメリカに対抗しようとするわけです。 今回の放射線事故が、原子力巡航ミサイル「ブレヴェスニク」だとすると、アメリカに対抗するロシアの意志が強いことの証明です。 バランス・オブ・パワーという言葉を、聞いたことがありますか? 国際平和は、平和主義や人道主義で保たれているわけではない。 各地域や国家の軍事力・政治力・互いの牽制やバランスによって保たれている、とする概念です。 現実の国際政治では、人道主義などよりバランス・オブ・パワーで、説明できることのほうが多いのです。 極東において、1つだけ明らかに「バランスが欠如した国家」が存在します。 日本です。 21世紀に入り、自国通貨でロシア、中国はGDPが10倍前後に成長。 韓国ですら、3倍弱に成長してます。 一方日本は? 約1倍です。 どう考えても、日本がバランスブレーカーになっています。 極東のバランス・オブ・パワーは、日本が原因で崩れる可能性は高いでしょう。 皮肉にも、日本の平和主義が、戦争の原因となり得るのです。 アインシュタインの予言した「第四次世界大戦」 アインシュタインは「第三次世界大戦は、どのようなものになると思いますか?」とのインタビューに、こう答えました。 「第三次世界大戦についてはわかりませんが、第四次大戦ならわかります。 石と棍棒でしょう」 これは、全面核戦争かあるいは(発言時点では)未知の新兵器による破滅的な第三次世界大戦を経たならば人類文明の崩壊は必至であり、その後はたとえ世界規模の大戦が起きても武器はもはや石と棍棒しかないだろう、という意味の「予言」というよりはアインシュタイン自身による皮肉を含んだ「警句」である。 原子力巡航ミサイル「ブレヴェスニク」も、人類に石と棍棒をもたらす1つかもしれません。 それから、中学高校とかで行われているいわゆる平和教育と言えば、これまた「先の大戦は本当に悲惨だった。 だから、その体験を語り継いで平和の尊さを伝えていこう」云々のテンプレ内容そのもの。 あまりケチをつけるのも気が引けますが、本当に辟易しますね。 こんなことを70年以上も繰り返している。 自分から言わせれば、「先の大戦が起きた国内外の背景や原因、発端、そして、敗戦に至った経過等々について、それこそ喧々諤々の議論を戦わせて、その議論の中から、戦争を未然に防げる可能性はあったのか、あるいは、現在も続く冷徹な国際情勢を踏まえた上で、今後の戦争を未然に防ぐために日本の国家戦略はどうあるべきかといったことについての道筋を探っていく」。 こういうのが真の平和教育だと思いますがね。 全くその通りで、こうした観点から戦争の原因とかを究明していくべきですが、いわゆる9条護憲のお花畑サヨクの連中も、米国べったりの親米似非ホシュの連中も、思考停止と現実逃避の真っ只中にいます。 さらに言えば、近頃はようやく、反緊縮・反構造改革・反グローバリズムの潮流も生まれてきたようですが、伊藤貫さんが主張するような、勢力均衡(バランス・オブ・パワー)のリアリズムの観点から外交戦略・軍事戦略を含む国家戦略を打ち立てていこうという潮流は皆無に近いのではないか?もっとも、もはや遅きに失したといえなくもないですが。

次の

原子力ロケット・エンジンの開発進む

原子力 推進 ミサイル

原子力推進とは? 巡航ミサイルは全長10m以下なので、原子力潜水艦に搭載されているような原子炉は搭載できない。 ロシアが公開したCG動画では、外形上は「ジェットエンジン推進」の巡航ミサイルのように見える。 プロペラ推進の可能性は、ほぼない 可能性としては、宇宙探査機に搭載されている「原子力電池」で発電して推進することも考えられる。 この場合、「原子力電池」で電気を発電し、電動プロペラで推進するのが最も簡単と思われる。 但し、ロシアの開発した「原子力推進」はこの方式ではなさそうだ。 ロシアの原子力エンジン ロシアの原子力エンジンは、臨界状態の原子炉に液体水素などの「推進剤」を吹き付け、超高温、超高圧のガスにして、噴射することが考えられる。 しかし、この場合、推進剤を使い切れば、飛行できなくなるので、「無限の航続距離」とは言えない。 可能性としては、ジェットエンジンのように空気を吸い込み、原子炉に吹き付け、後方に噴き出す方式と思われる。 但し、停止状態で空気を吸い込むことはできないので、発射段階では固体ロケットブースターを使用する可能性がある。 2019年8月 ロシアは原子力推進ミサイル実験で事故が発生した。 場所 ロシア北部アルハンゲリスク州ニョノクサ• 開発会社 ロシアの国営原子力企業ロスアトム• 放射能 1時間当たり2マイクロシーベルトの放射線量が観測され、その後、通常の0. 11マイクロシーベルトまで減少した。 機種 ロシアは以前、原子力推進式巡航ミサイル「ブレヴェスニク」(ロシア語でウミツバメの意味)の実験を行なっているが、今回の実験がその機種かどうかは不明.

次の

ロシアの原子力推進巡航ミサイル「ブレスヴェニク」がテストに成功

原子力 推進 ミサイル

ロシアが打ち出す極超音速兵器と原子力核魚雷ポセイドン 原子力核魚雷ポセイドン ロシア国防省が2月20日、映像を公開した原子力推進水中兵器「ポセイドン」について、プーチン大統領は、同日、「試験に成功し、航続距離は無制限」と発表した。 「ポセイドン」は、昨年3月1日、プーチン大統領自らが、開発中であることを公表したPetrel原子力動力システムを搭載した原子力巡航ミサイルや、ICBMに極超音速滑空弾頭を搭載するアヴァンガルド計画、さらにMiG-31戦闘機の改造機に搭載する極超音速ミサイル「キンジャール」などと並ぶ、一連の新兵器の一つである。 極超音速というのは、マッハ5を超える速度のことで、ロシアは、その速さで、米国を中心に開発、配備が進められている弾道ミサイル防衛棒を突破しようという意図だ。 ロシアの発表通りなら、ポセイドンは、原子力推進であるゆえに、最高速度70ノットで、「無限の航続距離」を持ち、核弾頭を搭載すれば、全世界の海、沿岸地域を核攻撃できることになる。 しかも、深度1000メートルまで、潜航可能とされ、一度、放たれれば、目標まで、自律的にコースや深度、速度を変えるため、捕捉・追跡は、困難になることが予想される兵器だ。 ポセイドン搭載原潜は、今春、進水 従来、ロシアが公開していたポセイドンの運用構想のCGでは、潜水艦の甲板の蓋が開いて、中から、長大なポセイドンが水中に浮かびあがるようにしてから、航行を開始するイメージだったが、今回、公開された映像では、容器に入っていたポセイドンが蓋のようなモノを破って、水中に出てくる。 容器の形状は不確実だが円筒型で、全長10メートル以上、直径1メートルともいわれるポセイドンが、容器ごと、潜水艦から水中に出て、魚雷のように射出されるのか、潜水艦の方に、通常の魚雷(直径約53センチメートル)よりはるかに太い特大の発射管が設けられるのかは分からなかった。 だが、魚雷のように射出されるなら、正体不明ながら、大陸間原子力核魚雷と呼ばれる所以だろう。 プーチン大統領は、2月20日、ポセイドンを搭載可能な原子力潜水艦1隻を今年の春にも進水させると言及した。 従来の軍備管理/軍縮交渉の分類になじまないポセイドン 従来の米露の軍備管理/軍縮交渉の対象は、例えば、戦略兵器制限条約(SALT)、戦略兵器削減条約(START)では、大陸間弾道ミサイル(ICBM)や潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)、それに大型爆撃機に搭載される巡航ミサイル及び、それに搭載される核弾頭/核爆弾が、さらにINF条約では、射程500㎞から5500㎞の地上発射巡航ミサイル、弾道ミサイル及び、それに関連した施設が対象となっていた。 つまり、ミサイルや、飛翔するモノが対象だったのである。 つまり、既存の条約では、制限できそうにない新兵器ということになる。 戦略核兵器は、空中発射であれ、海中発射であれ、地上発射であれ、狙われた側にすれば、空から降ってくるものだったが、ポセイドンの実用化は、海中から忍び寄る核兵器という新たなジャンルの確立を意味する。 ロシアの主張通りの性能を発揮するなら、米国のみならず、西側、特に海に面した国々にとって、脅威となりかねない。 プーチン大統領は、ポセイドンを交渉のテーブルに載せるか 米ソ、米露の軍備管理/軍縮交渉の歴史は、二大国が、同様のカテゴリーに分類できる兵器を保有、または計画しているという前提で、交渉が開始された。 しかし、米国をはじめとする西側諸国には、この「ポセイドン」に匹敵する原子力推進無人兵器は存在しない。 従って、米国、または、西側諸国が、ロシアに対して、このポセイドンを軍備管理/軍縮交渉の対象とするよう、ロシアに求めても、西側に、ポセイドンに匹敵する兵器がない以上、ロシアが応じるかどうかは、未知数だ。 また、プーチン大統領は、2月20日の演説で、射程1000㎞以上の地上攻撃用極超音速ミサイル「ジルコン」を、すでに、カリブル巡航ミサイルを搭載している軍艦や潜水艦に搭載する方針も示している。 プーチン大統領 プーチン大統領は、昨年に続き、2月20日の演説でも、新兵器の名称や性能を立て板に水のように語り、言葉をとぎらせなかった。 交渉の流れが、実務者レベルで行う前の首脳会談で決まるとすれば、プーチン大統領の交渉相手は、彼我の兵器システム、装備について、相当な知識の持ち主であることがもとめられるだろう。

次の