ライトショアジギング リール。 ハマチのショアジギングリールおすすめはツインパワーSW4000XG

ライトショアジギング入門!おすすめのロッドやタックルをチェック!|TSURI HACK[釣りハック]

ライトショアジギング リール

ショアジギングタックルはリールにこだわれ! ライトショアジギングに限ったことではないが、 メタルジグを使った釣りや青物をターゲットとする釣り物で使うリールは しっかりとしたものを購入する事! ロッドは多少安くても折れたりすることは無いが、リールに負荷のかかるショアジギングで安いリールは正直言って使い難い。 例えば、リールの剛性が足りなくてジグを動かす時にリールがグニャグニャしたり・・・。 最悪の場合、魚がヒットして負荷を掛けた時にリールが壊れたりすることも実際にある。 だからライトショアジギングに使うタックルは 「特にリールにこだわる事!」を意識しておくと良い。 コスパと性能のバランスが取れた価格帯 実際にどの位のグレードのリールを使ったら良いのか? 今まで色々なリールを使ってみて感じている1つの目安としては、 長く使うものが欲しいなら 「実売価格20000円前後」のリール。 これを1つの目安にしてリールを選ぶと、 実釣に必要な性能・耐久性を持っていて快適な釣りが出来る。 シマノ、ダイワの機種で言うなら「ストラディックやカルディア」がこれに該当する。 これらの1つ下のグレードとなるアルテグラやフリームスも使えないことは無いが、1シーズン程使うとそれなりにガタが来る印象アリ。 それぞれのロッドにはそれぞれ適したリールの大きさが有る。 4000番と5000番の使い分け シマノ、ダイワのLTシリーズの番手の使い分けだが、簡単にまとめるとこんな感じ。 使用するPEラインの太さは1. 2号までがメイン:4000番• 5号以上のPEラインを使用したい:5000番 C5000番 こんな感じで番手の使い分けを考えているが、私の場合ライトショアジギングでは1. 2号までのPEラインまでしかほとんど使用しない。 なのでリールの番手は4000番をメインに使っているぞ。 リールのギア比の選び方 次に、リールのハンドルを1回転させた時の巻き取り量、ギア比について。 はじめのうちはギア比なんて関係ないだろうと思ってしまうかもしれないが、 釣りをする上での快適性に大きく影響する。 リールの大きさ・番手選びとともに確実に間違いのないようセレクトしよう! ハイギアまたはエクストラハイギアを選ぶ ライトショアジギングでも、ガチなショアジギングでも主流は 巻き取りの速いリール! シマノ製であればHまたはXG、ダイワ製であればHまたはXHと番手に書かれたものを選ぶようにしよう。 その巻き取りの高いギア比の中でも、最も一般的なのが シマノ製ではXG、ダイワLTシリーズではXHというエクストラハイギアモデル ダイワ旧シリーズではH。 迷った時はエクストラハイギアモデルを選んでおけば、とりあえずは大丈夫。 ハイギアリールを選ぶメリット ハイギアリールをライトショアジギングで選ぶメリットはどこにあるのか? 巻き取りが楽 青物等をメインに狙うライトショアジギングの場合、一般的な釣りよりもルアーを巻く速度は速いことが多い。 この時、巻き取りの遅いローギア パワーギア と呼ばれるリールだと釣りがかったるい。 同じ速度でルアーを引く場合、 ハイギアのリールの方がリールのハンドルの巻きはゆっくりにできるからだ。 ジグに初速を与えやすい ショアジギングでメタルジグを扱う際、魚をジグにバイトさせる際に重要なのが 「いかにしてメタルジグに力を加え、アクションを与えるかどうか」ということ。 この時、巻き取りが速いハイギアの場合はメリットがある。 ロッドのアクションとともにリールを巻いてジグを操作した時、 よりダイレクトに・しっかりジグを動かすことができるからだ。 それによって、よりキビキビとジグを操作することが容易になる。 遠距離でのヒットに対応しやすい メタルジグは種類にもよるが、100m以上の遠投も可能なルアーだ。 特に青物は沖合いから回遊してくることが多く、かなり沖合でアタリが出ることもよくある。 沖合で魚がヒットした場合、単にロッドを立ててアワセを入れただけではバラシに繋がることも多い。 遠距離でのアワセの場合、ラインの伸びなどによってその力が吸収されてしまったりするからだ。 この時ハイギアリールを使えば魚との距離を詰めやすく、バラす前に針を貫通させる動作がしやすいというわけだね! 必要なドラグ力の目安 引きが強い青物を相手にするライトショアジギングだが、 購入する時にドラグ力を気にする必要は殆どない。 適切な番手を選んでおけば、それに見合ったドラグ力もほとんどの場合で確保されているからだね。 大体1号~1. 5号位までのPEラインを使用するライトショアジギングの場合、 必要なドラグ力は「大体4~5kg」程。 これはいわゆる 実用ドラグ力 しっかり微調整が出来て快適に使える範囲 になるが、最大ドラグ力でいうなら8~10kg位。 例えば、ブラックバス釣りに使うような2000番台のリールの場合、実用ドラグ力のMAXが2kgや3kgだったりする。 これだと青物狙いのジギングではドラグが弱く、無理に使っているとドラグが摩耗して壊れたりするから気を付けよう。 ボディ素材による特性の違いを知る 最近のリールはグレードやリールの特性によってボディ素材が違う。 素材が違えば硬度が変わり、リールの耐久性も変わってくるので要注意! 基本的なリールのボディ素材と特徴をまとめておこう。 樹脂素材:安価なリールに使われることが多い。 耐久性は低め• 金属素材:アルミやマグネシウム合金製。 耐久性に優れている• 軽さに優れているが、ネジレ剛性などは金属素材の方が上 簡単に紹介するとこんな感じで、 リールに負荷が掛かるライトショアジギングで 1番無難なのは金属素材のリール。 グレードが低いリールの場合は樹脂素材になることが多いが、注意したいのは炭素樹脂系の素材を使ったリール。 1号前後までのPEラインを使って小型の青物を狙うなら良いが、耐久性を重視するなら金属ボディのリールがおすすめ! 汎用リールとソルトウォーター専用リールの違い シマノやダイワから発売されているリールには、小型~中型番手までがラインナップされている「汎用リール」と、「ソルトウォーター専用のリール」がある。 たとえば、シマノでいうなら「ストラディックSW、ステラSW」などのSW系のリールがソルトウォータ専用の設計だ。 汎用モデルには普通のストラディックがあるが、果たしてSWとの違いは何か? 簡単に言ってしまえば、 重くなってもその分パーツの耐久性を重視したものがSW系のリールになる。 ライトショアジギング程度であれば汎用モデルでもSWリールでも問題はないが、シーバスロッドを使うなら汎用モデルを。 ライトショアジギング専用のロッドを使うなら、ロッドに合わせて剛性重視のSW用リールを選ぶとシンプルだ。 力が入るハンドルを使おう! ライトショアジギングの快適性を意外と大きく左右するのが、「リールのハンドル」になる。 しかし、これだと力が入りにくかったり、指が痛くなったりするのでおすすめしない。 なので、こんな感じの 丸くてハンドルを包むように握り込めるハンドルが絶対に良い。 最近はamazonで高品質で超安いハンドルノブが購入できるので、ライトショアジギング用リールを購入する時は絶対に合わせてハンドルノブを変えた方が良い。 私自身、 青物狙いのリールは全てラウンドハンドルノブに変えて使用しているぞ。

次の

元釣具屋が「ライトショアジギングリール」の選び方を解説&おすすめ10機種を厳選

ライトショアジギング リール

ライトなメタルジグを遠投して青物を狙う 「ライトショアジギング」 そんなライトショアジギングでは青物の強烈な引きに耐えることができ、青物に負けないパワーを持つリールが必要不可欠です。 そこで今回は、ライトショアジギングをやるのに向いたおすすめのリールを10選紹介していこうと思います。 また、選び方も含めて徹底解説していこうと思いますので、これからライトショアジギングを始めるという方は必見です。 ライトショアジギングリールとは? ライトショアジギングに適したリールとは一体何なのでしょうか? 今では沢山のリールがあり、ライトショアジギングに適したリールと言われてもピンと来ない方が多いと思います。 どの釣りでもそうですが、その釣りで必要とされるスペックがリールに備わっていれば、その釣りに適したリールと判別できます。 ライトショアジギングの場合、メインターゲットは中型青物ですのでリールには 「青物に負けないパワー」や 「持っていて疲れにくい軽さのもの」、そして 「スピーディーに巻けるギア比が高いもの」などが備わったリールがライトショアジギングに適したリールと言えるでしょう。 ライトショアジギングにはそういったスペックを持つリールが必要なんだと理解してもらえたうえで、次にライトショアジギングリールの選び方を解説していこうと思います。 ライトショアジギングリールの選び方 ライトショアジギングリールの選び方は基本的には先程説明したスペックを持つリールを選べばOKですが、あまりにもアバウトなスペックですのでここではもっと具体的な選び方を解説していきます。 ライトショアジギングリールを選ぶ際には、 下記の5つのスペックに注目して選ぶことが大切です。 リールの番手• リールのギア比• リールの糸巻量• リールの自重• リールのドラグ力 この5つのスペックに注目してリールを選べばきっと自分に合ったライトショアジギングリールを見つけられるはずですよ! それではひとつひとつ丁寧に確認していきましょう! ライトショアジギングリールの番手は3000〜4000番を選ぼう! ライトショアジギングで使用する リールの番手 大きさ は3000〜4000番でOKです。 ここで3000番と4000番どちらを選べばいいのか迷う方がいると思いますが、両方のメリット・デメリットを理解した上でどちらかを選びましょう。 【3000番リールのメリット】• 4000番よりも軽く、持っていて疲れにくいためロッドの操作性が上がる• 汎用性が高く、エギングやシーバス釣りにも使える 【3000番リールのデメリット】• 4000番よりも少しパワーが落ちる• 4000番よりもルアーの飛距離が落ちる 【4000番リールのメリット】• 3000番よりもパワーがあるため、不意に掛かる大物にも対応できる• 3000番よりもルアーの飛距離が上がるため、効率よく探れる 【4000番リールのデメリット】• 3000番よりも重いため、持っていて疲れやすくなる 個人的にはライトショアジギングは4000番のリールがおすすめで、ライトショアジギングは不意に大物が掛かることも多いため、なるべくそういった大物に対応できるものが好ましいです。 ライトショアジギングリールのギア比はハイギア一択! ライトショアジギングでは リールのギア比は必ずハイギアのものを使います。 ライトショアジギングはメタルジグを投げては巻いての繰り返しなので、いかに手際良く探れるかが重要になります。 そのため、リールのハンドル1回転のラインの巻き取り量が多いハイギアはメタルジグを効率的に探ることができるのです。 また、絶好のチャンスであるナブラが突然発生した際にも、ハイギアであればすぐにメタルジグを回収でき、速やかにナブラに狙い撃ちすることができますよ。 ハイギアモデルの リールには基本的に名前のところにシマノであれば「HG」や「XH」、ダイワであれば「H」や「SH」と書かれているので注目してみて下さいね。 ライトショアジギングリールの糸巻量はPE1〜1. 5号を200m以上巻けるものを選ぼう! ライトショアジギングで使用するラインはPE1〜1. 5号が一般的です。 中でも中間的な太さであるPE1. 2号が使われることが多く、この太さは初心者の方でも扱いやすい太さでもあります。 そのため、 ライトショアジギングリールにはPE1〜1. 5号を200m以上巻けるものを選べばOKです。 ちなみになぜ糸巻量が200m以上なければいけないのかと言うと、青物は非常に走る魚でブリやサワラなどの大型青物が掛かると約50m近くのラインが出されてしまうこともあり得ます。 また、メタルジグを投げた時の飛距離が100mとすると、単純計算で100m+50mで150m、ライントラブルで減る長さも考慮して考えるとやはり200m以上のラインがあれば理想的だからです。 ライトショアジギングリールの自重は300g以下の軽いものを選ぼう! ライトショアジギングではロッドをしゃくったりしてメタルジグにアクションを加えます。 そのため、なるべくリールは軽いものの方がタックル全体の重さも軽くなり、ロッドをしゃくりやすく持っていて疲れにくいため、長期戦にも対応できます。 リールによって自重は違いますが、 ライトショアジギングの場合は300g以下のリールを目安に選んでみるといいですよ。 ライトショアジギングリールのドラグ力は5kg以上のものを選ぼう! リールのドラグ力が5kg以上あれば、ライトショアジギングのメインターゲットである中型青物は余裕で対応することができます。 むしろ大型青物にも対応できるので不意に掛かってしまっても大丈夫です。 また、リールには実用ドラグ力と最大ドラグ力の2種類のドラグ力があるのですが、 最大ドラグ力よりも実用ドラグ力が5kg以上かどうかを注目しましょう。 ちなみに実用ドラグ力と最大ドラグ力の違いを簡単に説明しますと、実用ドラグ力はリールのドラグを7〜8割近く締めた状態のドラグ力を表し、最大ドラグ力はドラグを9〜10割近く締めた状態のドラグ力を表しています。 釣りをするうえではドラグは基本的に7〜8割締めた状態でするので実用ドラグ力を重要視すべきなのはこのためです。 おすすめのライトショアジギングリール10選! これまでライトショアジギングリールの選び方について解説してきました。 しかし、ライトショアジギングリールの選び方は理解できたものの、いろんな種類のリールがあってどれを選べばいいのか分からないという方が多いと思います。 ですのでここではそういった方に向けて 筆者おすすめのライトショアジギングリールを10選紹介していこうと思います。 予算別に紹介していこうと思いますのでぜひ参考にしてみてください! 予算1万円以下の方におすすめのライトショアジギングリール! まずは予算1万円以下の方におすすめのライトショアジギングリールを2つ紹介します。 どちらも価格以上の性能でコスパが非常に良いのでこれから ライトショアジギングを始める入門者にとっておきのリールです。 ダイワ レガリス LT4000D-CXH シマノの最高峰のリールとして君臨する「ステラ」。 性能、耐久性は抜群でまさに最高級のリールです。 ライトショアジギングをより快適に行うには持ってこいのリールでしょう。 ライトショアジギングリールは慎重に選ぼう! ライトショアジギングでは、リールはかなり重要な役割を果たすため、慎重に選ぶことが大切です。 また、長く付き合っていく道具でもありますので、しっかりと自分に合ったリールを選びましょう! 今回はライトショアジギングリールの選び方やおすすめのリールを紹介してきましたが、参考になったと思っていただければとても幸いです。 ぜひお気に入りのリールでライトショアジギングを楽しんでくださいね。 それでは良いフィッシングライフを!.

次の

ライトショアジギング初心者におすすめな安いリールは?

ライトショアジギング リール

ショアジギングタックルはリールにこだわれ! ライトショアジギングに限ったことではないが、 メタルジグを使った釣りや青物をターゲットとする釣り物で使うリールは しっかりとしたものを購入する事! ロッドは多少安くても折れたりすることは無いが、リールに負荷のかかるショアジギングで安いリールは正直言って使い難い。 例えば、リールの剛性が足りなくてジグを動かす時にリールがグニャグニャしたり・・・。 最悪の場合、魚がヒットして負荷を掛けた時にリールが壊れたりすることも実際にある。 だからライトショアジギングに使うタックルは 「特にリールにこだわる事!」を意識しておくと良い。 コスパと性能のバランスが取れた価格帯 実際にどの位のグレードのリールを使ったら良いのか? 今まで色々なリールを使ってみて感じている1つの目安としては、 長く使うものが欲しいなら 「実売価格20000円前後」のリール。 これを1つの目安にしてリールを選ぶと、 実釣に必要な性能・耐久性を持っていて快適な釣りが出来る。 シマノ、ダイワの機種で言うなら「ストラディックやカルディア」がこれに該当する。 これらの1つ下のグレードとなるアルテグラやフリームスも使えないことは無いが、1シーズン程使うとそれなりにガタが来る印象アリ。 それぞれのロッドにはそれぞれ適したリールの大きさが有る。 4000番と5000番の使い分け シマノ、ダイワのLTシリーズの番手の使い分けだが、簡単にまとめるとこんな感じ。 使用するPEラインの太さは1. 2号までがメイン:4000番• 5号以上のPEラインを使用したい:5000番 C5000番 こんな感じで番手の使い分けを考えているが、私の場合ライトショアジギングでは1. 2号までのPEラインまでしかほとんど使用しない。 なのでリールの番手は4000番をメインに使っているぞ。 リールのギア比の選び方 次に、リールのハンドルを1回転させた時の巻き取り量、ギア比について。 はじめのうちはギア比なんて関係ないだろうと思ってしまうかもしれないが、 釣りをする上での快適性に大きく影響する。 リールの大きさ・番手選びとともに確実に間違いのないようセレクトしよう! ハイギアまたはエクストラハイギアを選ぶ ライトショアジギングでも、ガチなショアジギングでも主流は 巻き取りの速いリール! シマノ製であればHまたはXG、ダイワ製であればHまたはXHと番手に書かれたものを選ぶようにしよう。 その巻き取りの高いギア比の中でも、最も一般的なのが シマノ製ではXG、ダイワLTシリーズではXHというエクストラハイギアモデル ダイワ旧シリーズではH。 迷った時はエクストラハイギアモデルを選んでおけば、とりあえずは大丈夫。 ハイギアリールを選ぶメリット ハイギアリールをライトショアジギングで選ぶメリットはどこにあるのか? 巻き取りが楽 青物等をメインに狙うライトショアジギングの場合、一般的な釣りよりもルアーを巻く速度は速いことが多い。 この時、巻き取りの遅いローギア パワーギア と呼ばれるリールだと釣りがかったるい。 同じ速度でルアーを引く場合、 ハイギアのリールの方がリールのハンドルの巻きはゆっくりにできるからだ。 ジグに初速を与えやすい ショアジギングでメタルジグを扱う際、魚をジグにバイトさせる際に重要なのが 「いかにしてメタルジグに力を加え、アクションを与えるかどうか」ということ。 この時、巻き取りが速いハイギアの場合はメリットがある。 ロッドのアクションとともにリールを巻いてジグを操作した時、 よりダイレクトに・しっかりジグを動かすことができるからだ。 それによって、よりキビキビとジグを操作することが容易になる。 遠距離でのヒットに対応しやすい メタルジグは種類にもよるが、100m以上の遠投も可能なルアーだ。 特に青物は沖合いから回遊してくることが多く、かなり沖合でアタリが出ることもよくある。 沖合で魚がヒットした場合、単にロッドを立ててアワセを入れただけではバラシに繋がることも多い。 遠距離でのアワセの場合、ラインの伸びなどによってその力が吸収されてしまったりするからだ。 この時ハイギアリールを使えば魚との距離を詰めやすく、バラす前に針を貫通させる動作がしやすいというわけだね! 必要なドラグ力の目安 引きが強い青物を相手にするライトショアジギングだが、 購入する時にドラグ力を気にする必要は殆どない。 適切な番手を選んでおけば、それに見合ったドラグ力もほとんどの場合で確保されているからだね。 大体1号~1. 5号位までのPEラインを使用するライトショアジギングの場合、 必要なドラグ力は「大体4~5kg」程。 これはいわゆる 実用ドラグ力 しっかり微調整が出来て快適に使える範囲 になるが、最大ドラグ力でいうなら8~10kg位。 例えば、ブラックバス釣りに使うような2000番台のリールの場合、実用ドラグ力のMAXが2kgや3kgだったりする。 これだと青物狙いのジギングではドラグが弱く、無理に使っているとドラグが摩耗して壊れたりするから気を付けよう。 ボディ素材による特性の違いを知る 最近のリールはグレードやリールの特性によってボディ素材が違う。 素材が違えば硬度が変わり、リールの耐久性も変わってくるので要注意! 基本的なリールのボディ素材と特徴をまとめておこう。 樹脂素材:安価なリールに使われることが多い。 耐久性は低め• 金属素材:アルミやマグネシウム合金製。 耐久性に優れている• 軽さに優れているが、ネジレ剛性などは金属素材の方が上 簡単に紹介するとこんな感じで、 リールに負荷が掛かるライトショアジギングで 1番無難なのは金属素材のリール。 グレードが低いリールの場合は樹脂素材になることが多いが、注意したいのは炭素樹脂系の素材を使ったリール。 1号前後までのPEラインを使って小型の青物を狙うなら良いが、耐久性を重視するなら金属ボディのリールがおすすめ! 汎用リールとソルトウォーター専用リールの違い シマノやダイワから発売されているリールには、小型~中型番手までがラインナップされている「汎用リール」と、「ソルトウォーター専用のリール」がある。 たとえば、シマノでいうなら「ストラディックSW、ステラSW」などのSW系のリールがソルトウォータ専用の設計だ。 汎用モデルには普通のストラディックがあるが、果たしてSWとの違いは何か? 簡単に言ってしまえば、 重くなってもその分パーツの耐久性を重視したものがSW系のリールになる。 ライトショアジギング程度であれば汎用モデルでもSWリールでも問題はないが、シーバスロッドを使うなら汎用モデルを。 ライトショアジギング専用のロッドを使うなら、ロッドに合わせて剛性重視のSW用リールを選ぶとシンプルだ。 力が入るハンドルを使おう! ライトショアジギングの快適性を意外と大きく左右するのが、「リールのハンドル」になる。 しかし、これだと力が入りにくかったり、指が痛くなったりするのでおすすめしない。 なので、こんな感じの 丸くてハンドルを包むように握り込めるハンドルが絶対に良い。 最近はamazonで高品質で超安いハンドルノブが購入できるので、ライトショアジギング用リールを購入する時は絶対に合わせてハンドルノブを変えた方が良い。 私自身、 青物狙いのリールは全てラウンドハンドルノブに変えて使用しているぞ。

次の