ビット コイン 半減 期 カウントダウン。 ビットコイン(BTC)の「半減期」とは?|2020年に到来した後、ビットコインは上昇するのか?

ビットコイン(BTC)の「半減期」とは?|2020年に到来した後、ビットコインは上昇するのか?

ビット コイン 半減 期 カウントダウン

オーショー・ジャ(Osho Jha)氏は、投資家であり、データサイエンティストであり、ハイテク企業の経営者。 公開市場、非公開市場の双方に投資するために、ユニークなデータの発見と分析に努めている。 ビットコインへの強気投資の主張の多くは、5月に予定されているブロック報酬の半減期が価格を上昇させるという期待に基づいている。 50ビットコインから25ビットコイン、25ビットコインから現在の12. 5ビットコインへという過去の半減期は、価格上昇をもたらした。 それでも、半減期は過去の経験が少ない出来事であることを考えると、参考にできるデータは限られており、期待と憶測が交錯している。 ビットコイン半減期の仕組みと、それが当初のホワイトペーパーにどのように記述され、プログラミングされたかについては優れた記事が数多く存在する。 そこで、これらのコンセプトを誰もが精通していることを前提にして、半減期にまつわるストーリーを進めていこうと思う。 残念ながら多くの投資家は、3四半期連続でマイナスとなった厳しいビットコイン市場に直面し、半減期を価格上昇の触媒と指摘し、その後に起こるかもしれないある種の価格変動に非常に高い期待を寄せている。 私も確かに、半減期はビットコイン価格に良い影響を与えると信じている。 だが、2017年のような放物線を描いた上昇を期待する投資家には不安を感じている。 過去の半減期とビットコイン価格 出典 : Coin Metrics 現状では、半減期にまつわる強気の主張は、ブロック報酬が半分になれば、運営を維持できるマイナーの数は減るというものだ。 マイナーはしばしば、運営資金を得るためにビットコインを売ることから、流通に回るビットコインが少なくなることで売り圧力も緩和されるはず。 つまり、半減期による供給制限は価格上昇を可能にすると結論づけることができる。 私はこの主張はおおむね正しいと信じているが、ブロック報酬の減少がマイナーを運営停止に押しやり、かつビットコイン需要は減らないという仮定に依存しているとも考えている。 この案はさらなる分析が必要だ。 マイナーの内情 マイニングは、得られるビットコインと固定コストとして出ていく現金のバランスを取る難しいゲーム。 最大のコストは電力料金。 そのコストを賄うため、マイナーはビットコインを売り、市場に一貫した売り圧力をもたらしている。 最新の次世代型マイニングマシンは、より効率的であり、電力料金にまつわる懸念の一部を緩和している。 下の表(ブロックウエア・ソリューションズ提供)は、同社の社内データに基づいたマイナー状況の詳細を表している。 出典:BlockWare Solutions 私は、最近の価格下落はすでに、マイナーの運営停止などを引き起こしたと考えており、それは最近のハッシュレートの低下と、それを相殺するマイニング難易度の下方修正に反映されている。 運営を維持するために、そうしたマイナーはビットコインを売り、それがさらなる売り圧力を生む。 半減期は間違いなくマイナーを運営停止へと追い込むが、それはすぐにではなく、徐々に起こると私は考えている。 価格の大幅な上昇、あるいは難易度の一貫した減少によって、マイナーが運営を続けることが可能にならない限り、損益分岐点を下回ったまま運営を続けるマイナーからのさらなる売り圧力が先行する可能性が高い。 需要の指標としての価格変動 「価格に織り込み済みなのでは?」は、短期、長期の投資家の双方から私が最もよく聞く質問だ。 いかなる資産に関しても、ましてやビットコインのような新しい資産について、こうした質問に答えることはほぼ不可能であり、私はこの質問は浅薄だと感じる。 現在の先物価格を見ると、半減期後に行使日を迎える契約が、半減期前に行使日を迎える契約と同じように取引されており、市場参加者は半減期を意識していないか、あるいは、価格に大きな影響を与えるとは考えていないことを示している。 過去2回の半減期 歴史的に、ビットコインは半減期を控えた年には大幅に上昇し、その後は放物線を描いた上昇を見せてきた。 だが2020年の半減期に向かう時期の上昇は、過去2回の同時期の放物線を描いた上昇に比べると小さい。 よって、今回の半減期後に、価格は上昇するものの、より限られたものになるはずだ。 こうした数字は、半減期にまつわる主張を批判するものではない。 より幅広い市場の理解を獲得しつつある資産クラスの自然の進化だ。 最近の価格の動きは、米ドルへの世界的な逃避による大幅な価格下落に直面したマイナーによる売り圧力を市場が吸収できているため、心強いものになっている。 価格下落は大きく、主に短期保有者が引き起こしたが、その後の6000ドル台での安定は前向きなものであり、ビットコイン需要は依然として強いことを示した。 成熟市場には忍耐が必要 ビットコインは当初、ベンチャー投資のように取引された。 2017年でさえ、仮想通貨ブームは、ブロックチェーンはあらゆる業界に革命をもたらし、デジタル通貨の普及は近いという考え方に勢いづけられていた。 しかし、ビットコインはテクノロジーであると同時に「デジタル・コールド」という強力なお金の原理を表していることでユニークなものになっている。 この強力なお金の原理は、供給が固定された資産の供給速度を遅らせつつ、マイナーにインセンティブを与える自己修正システムに集約されている。 我々は近い将来、ビットコインの3回目の半減期を振り返り、放物線のような価格上昇ではなく、世界経済が苦境にあるなか、ビットコインが真価を認められる様子を目撃すると信じている。 手早く得た利益は通常、手早く失うことになる。 投資は忍耐の問題。 今回の半減期は価格にプラスの影響をもたらすが、期待は慎重にすべきだ。 世界中の中央銀行が実施している現行の刺激策は、単独の出来事よりも、ビットコインにとって、より大きなポジティブな触媒となった。 マクロトレンド(FRBによる金利の引き下げなど)はゆっくり起こり、伝統的な市場、ましてビットコインにおいて、こうした出来事の影響はまだ見られていない。 忍耐と控えめな期待がビットコイン市場では重要だ。 結局、これら2つの原則にビットコインほど気前よく見返りを与えてきた資産はない。 翻訳:山口晶子 編集:増田隆幸 写真:Shutterstock 原文:.

次の

ビットコインキャッシュ(BCH)に半減期の価格への影響とは?|過去の半減期から考察

ビット コイン 半減 期 カウントダウン

オーショー・ジャ(Osho Jha)氏は、投資家であり、データサイエンティストであり、ハイテク企業の経営者。 公開市場、非公開市場の双方に投資するために、ユニークなデータの発見と分析に努めている。 ビットコインへの強気投資の主張の多くは、5月に予定されているブロック報酬の半減期が価格を上昇させるという期待に基づいている。 50ビットコインから25ビットコイン、25ビットコインから現在の12. 5ビットコインへという過去の半減期は、価格上昇をもたらした。 それでも、半減期は過去の経験が少ない出来事であることを考えると、参考にできるデータは限られており、期待と憶測が交錯している。 ビットコイン半減期の仕組みと、それが当初のホワイトペーパーにどのように記述され、プログラミングされたかについては優れた記事が数多く存在する。 そこで、これらのコンセプトを誰もが精通していることを前提にして、半減期にまつわるストーリーを進めていこうと思う。 残念ながら多くの投資家は、3四半期連続でマイナスとなった厳しいビットコイン市場に直面し、半減期を価格上昇の触媒と指摘し、その後に起こるかもしれないある種の価格変動に非常に高い期待を寄せている。 私も確かに、半減期はビットコイン価格に良い影響を与えると信じている。 だが、2017年のような放物線を描いた上昇を期待する投資家には不安を感じている。 過去の半減期とビットコイン価格 出典 : Coin Metrics 現状では、半減期にまつわる強気の主張は、ブロック報酬が半分になれば、運営を維持できるマイナーの数は減るというものだ。 マイナーはしばしば、運営資金を得るためにビットコインを売ることから、流通に回るビットコインが少なくなることで売り圧力も緩和されるはず。 つまり、半減期による供給制限は価格上昇を可能にすると結論づけることができる。 私はこの主張はおおむね正しいと信じているが、ブロック報酬の減少がマイナーを運営停止に押しやり、かつビットコイン需要は減らないという仮定に依存しているとも考えている。 この案はさらなる分析が必要だ。 マイナーの内情 マイニングは、得られるビットコインと固定コストとして出ていく現金のバランスを取る難しいゲーム。 最大のコストは電力料金。 そのコストを賄うため、マイナーはビットコインを売り、市場に一貫した売り圧力をもたらしている。 最新の次世代型マイニングマシンは、より効率的であり、電力料金にまつわる懸念の一部を緩和している。 下の表(ブロックウエア・ソリューションズ提供)は、同社の社内データに基づいたマイナー状況の詳細を表している。 出典:BlockWare Solutions 私は、最近の価格下落はすでに、マイナーの運営停止などを引き起こしたと考えており、それは最近のハッシュレートの低下と、それを相殺するマイニング難易度の下方修正に反映されている。 運営を維持するために、そうしたマイナーはビットコインを売り、それがさらなる売り圧力を生む。 半減期は間違いなくマイナーを運営停止へと追い込むが、それはすぐにではなく、徐々に起こると私は考えている。 価格の大幅な上昇、あるいは難易度の一貫した減少によって、マイナーが運営を続けることが可能にならない限り、損益分岐点を下回ったまま運営を続けるマイナーからのさらなる売り圧力が先行する可能性が高い。 需要の指標としての価格変動 「価格に織り込み済みなのでは?」は、短期、長期の投資家の双方から私が最もよく聞く質問だ。 いかなる資産に関しても、ましてやビットコインのような新しい資産について、こうした質問に答えることはほぼ不可能であり、私はこの質問は浅薄だと感じる。 現在の先物価格を見ると、半減期後に行使日を迎える契約が、半減期前に行使日を迎える契約と同じように取引されており、市場参加者は半減期を意識していないか、あるいは、価格に大きな影響を与えるとは考えていないことを示している。 過去2回の半減期 歴史的に、ビットコインは半減期を控えた年には大幅に上昇し、その後は放物線を描いた上昇を見せてきた。 だが2020年の半減期に向かう時期の上昇は、過去2回の同時期の放物線を描いた上昇に比べると小さい。 よって、今回の半減期後に、価格は上昇するものの、より限られたものになるはずだ。 こうした数字は、半減期にまつわる主張を批判するものではない。 より幅広い市場の理解を獲得しつつある資産クラスの自然の進化だ。 最近の価格の動きは、米ドルへの世界的な逃避による大幅な価格下落に直面したマイナーによる売り圧力を市場が吸収できているため、心強いものになっている。 価格下落は大きく、主に短期保有者が引き起こしたが、その後の6000ドル台での安定は前向きなものであり、ビットコイン需要は依然として強いことを示した。 成熟市場には忍耐が必要 ビットコインは当初、ベンチャー投資のように取引された。 2017年でさえ、仮想通貨ブームは、ブロックチェーンはあらゆる業界に革命をもたらし、デジタル通貨の普及は近いという考え方に勢いづけられていた。 しかし、ビットコインはテクノロジーであると同時に「デジタル・コールド」という強力なお金の原理を表していることでユニークなものになっている。 この強力なお金の原理は、供給が固定された資産の供給速度を遅らせつつ、マイナーにインセンティブを与える自己修正システムに集約されている。 我々は近い将来、ビットコインの3回目の半減期を振り返り、放物線のような価格上昇ではなく、世界経済が苦境にあるなか、ビットコインが真価を認められる様子を目撃すると信じている。 手早く得た利益は通常、手早く失うことになる。 投資は忍耐の問題。 今回の半減期は価格にプラスの影響をもたらすが、期待は慎重にすべきだ。 世界中の中央銀行が実施している現行の刺激策は、単独の出来事よりも、ビットコインにとって、より大きなポジティブな触媒となった。 マクロトレンド(FRBによる金利の引き下げなど)はゆっくり起こり、伝統的な市場、ましてビットコインにおいて、こうした出来事の影響はまだ見られていない。 忍耐と控えめな期待がビットコイン市場では重要だ。 結局、これら2つの原則にビットコインほど気前よく見返りを与えてきた資産はない。 翻訳:山口晶子 編集:増田隆幸 写真:Shutterstock 原文:.

次の

高校生でも分かる、ビットコイン半減期とは?

ビット コイン 半減 期 カウントダウン

何故、「頃」なのかと言いますとビットコインは10分に1度のスピードでブロックが生成されています。 そこで支払われるのが、マイニング報酬。 その報酬が 4年に1度半分になるのが半減期です。 10分に1度も確実に「10分」ではないのです。 これはマイニングの計算の難易度を上げたり微調整が行われるので少しずれていたりします。 ですので確実に4年後の何月何日に半減期を迎える。 ではなく、大体4年に1度となる計算になっています。 今回で言えば、それが2020年5月頃だということです。 ビットコイン半減期へのカウントダウンが始まっているが今の上げは? 意外と時が過ぎるのって早いですよね。 2020年もお正月だったかと思えばもう今日で終了。 ビットコインが上がっている!てことは半減期が原因だな! と判断している人も多いでしょう。 これは検索でも大きく現れています。 そしてそのままそれが事実になることも。 今回で言えば リスクオフ要因で上がっている状況だったのが半減期期待も投資家によっては入っているでしょう。 この期待、興味はGoogle検索が教えてくれています。 「ビットコイン半減期」で検索する人が急増 検索と言えば、GoogleやYahooなどがありますが世界的には圧倒的にGoogleですね。 疑問があれば「ググって見たら」なんて言葉があります。 あれってグーグルで調べて見たらと言う意味って知ってました? 余談ですが、YahooのTwitterが面白かったです。 自分でも「ググる」と言ってしまうことがある。 — Yahoo! 笑 それくらい世界で使われているGoogle。 ここでビットコイン半減期と言うキーワードへの関心がを見ると高まっていることが分かります。 何故検索が急増したのか これは簡単に言えば、価格の急騰です。 2020年1月だけで70万円前半だったビットコイン価格は30万円幅の上昇を見せています。 どう言うことかと言いますと、1BTCを保有するのに70万円必要だったのが現在は100万円必要と言うことです。 これは、投資で言えば、70万円でビットコインを保有したら今日本円に戻すと30万円の利益が出ると言う状態。 価格差での利ざやですね。 このようなことから仮想通貨参加者、そして気になっている人の興味は増えたと言えます。 日本だけでなく世界中でビットコインは知られていますし、半減期も当然日本だけの話ではありません。 検索が急増するとどうなるか とは言えリスクオフ要因での上昇が理由。 ビットコイン半減期、いよいよ来たか、ニヤリ それを聞いた人は、え?ビットコイン半減期って何?何? と検索されると言うことです。 常に流動的 このように常に投資家の考えは流動的です。 別に詳しい人が善でちょっと知っている人が素晴らしい訳ではありません。 目の前で起こっている状況が全てです。 それで言えば今回の上昇はリスクオフがきっかけでしたがビットコイン半減期で興味を持った人たちがビットコインを買ってくる可能性はあります。 もちろんそう言う状況には常に逆をやろうと動く人たちもいる背景は知っておくべきです。 イベントってなんか凄いことが起こるんじゃないか?期待ですよね。 例えば バージョンアップやハードフォークなどでも同様でした。 でした・・ とあえて書いておくのは現在は反応しないイベントもあると言うことです。 ビットコイン半減期は4年に1度の大イベント! サトシ・ナカモトと言う人がビットコインを考えたと言われていますが、なかなか憎い演出をしてくれてますね。 それだけ半減期に向けて興味が出ている人が増えていると言うことですね。 ビットコイン半減期は買いなのか 僕は占い師でもありませんし、今回はこうなる!と断言出来る人がある意味すごいなぁ・・と感じています。 投資に絶対はないと常に考えているからです。 ですので、もちろん今回も買うべき売るべきと言うことは慎重になります。 ただ僕自身がルールとして使用していることがあります。 過去のデータ これです。 過去どれくらいの割合で買い(売り)に傾いたか?などですね。 半減期と春先のビットコインの動き 過去の半減期ではビットコインは上昇しています、と言うかその後ずっと価値を上げ続けてますね。 そして春先に上がることが多い。 これを頭に入れています。 YouTubeチャンネルで過去のアノマリーについて話してます。 是非ご覧ください。 *チャンネル登録をして頂いたら凄い発表します! 10回中、7回成功、3回逆にいく(損切り必須) これでも十分な内容です。 このように統計的に考えて理解してから参加するべきです。 なんか半減期って良いんだよな?じゃあビットコイン買ってたら良いんだよ〜 ってな安易な発想は控えた方が良いです。 そう言う人は逆に言ったときに激怒します。 投資と言うにはちょっと・・ ですね。 笑 この辺を理解された上で興味を持って参加して見るのは全然ありじゃないですかね。 僕自身 2016年は不信感の塊でビットコインを買いました。 だって怪しすぎたので・・ 当時は1BTCが10万もいってなかったです。 それがあれよあれよと200万を超え、天国を見たかと思えば35万まで大暴落。 今は100万円台まで戻していますが、まぁ投資と言ってはいけない内容ですね。 この辺語ると朝までなりますので今回は 半減期は大イベントだよ!ってことは覚えておいて下さい^^ 今からビットコインを始めるのであれば国内がオススメです。 大手で安心感があるのでGMOコインです。 僕も使ってます。 本日は以上です。 最後までご覧頂きありがとうございました。 また次回お会いしましょう! はたなか *投資で必ず儲かると言う類は存在しません。 十分な情報精査を行い、自己責任で行ってください。

次の