トリルエース。 【ポケモン剣盾】剣盾版!トリルミミッキュ軸構築の作り方と立ち回りについての考察記事

【剣盾】【対戦】トリルパ使ってるけど、こんな感じでは上じゃ通用しないかな??

トリルエース

【シーズン3】最高158位トリルシャンデラ・ミミッキュ構築 こんにちは 44 です。 やってますか? S4も終盤ですが、キャプチャをみてS3の構築を記事にし忘れてたのを思い出したので、環境がガラッと変わったS4では役立たないかもですが一応記録として書いておきます。 S3中盤〜後半あたりで自己ベストの瞬間158位になったときの構築です。 (マスターボール級は10万位以下まであるので一応上位約0. ) 好きなシャンデラ・ミミッキュ・カビゴンで戦おうと思って作ったパーティです。 コンセプトと戦術 トリルからトリルエース展開後、最後はスイーパーで詰めるという普通のトリル戦術 シングルではトリルをはったターンで1ターン消費、トリルエースに交代するのに1ターン消費と、実質3ターンになりやすく、弱いと言われがちですが、ダイマックスターンも3ターンなのでこの3ターンだけはトリルエースが圧倒的に強い戦術です。 1ターンも無駄な手が打てないので立ち回りはシビアですが、うまく立ち回れると楽しいですね。 基本は初手トリルシャンデラが圧倒的に安定で、相手が何をしてきてもトリックルームをうつのが非常に重要 下手に読んでトリックルーム以外をうったり交代したときに限ってまんまと相手の術中にはまって負けることが多く、逆に脳死トリックルーム選択すると予想外の動きで相手が自滅行動をとってくれることが多かった。 トリルターンで相手が攻撃してこなければ、すかさずシャンデラはダイマックスしてその試合は自身でトリルエースを務める。 ナットレイ打点がトゲキッスの炎技しかないようなパーティ相手には初手ナットレイを投げるとかなりの高確率でナットレイ・トゲキッス対面ができて99%のトゲキッスを狩るので、こういったパーティ相手には初手ナットレイを投げてジャイロが決まった瞬間に勝ったも同然の状態になる。 展開としては、• 個体紹介 【トリル起点&トリルエース】シャンデラ• 特性:すりぬけ• 個体値:S逆V、A抜け4V• もちもの:きあいのたすき• わざ:シャドーボール・だいもんじ・エナジーボール・トリックルーム 選出率圧倒的1位のポケモン 最遅シャンデラなので無振り56族と同速であり、アーマーガアと素早さが逆転することで結構相手の意表をつけました。 トリックルームからの特殊高火力の一撃が強力で、それだけでなく出し勝ったときに相手が初手交代してきた場合はそのままダイマックスしてダイバーン連打で無理やり突破して勝つことも多かったです。 ダイバーンは火力アップのバフ技だと思ってます。 シャンデラでの3タテも結構できたのが個人的には嬉しい。 相手が出してきたポケモンが圧倒的不利な場合は交代しますが、その場合は後半にミミッキュがトリルをはってトリルエースとして活躍しました。 HPにぶっぱしているのでダイマックスしたときの耐久力はかなり高く、アイアントのダイロックすら耐えるレベルです。 もともとはエナジーボールの枠をおきみやげにしていましたが、エナジーボールが刺さる相手が予想以上に多かったのでS3からエナジーボールに変更しました。 ヌオー• トリトドン• ドサイドン• ガマゲロゲ• 水ロトム などにうちます。 あと、アーマーガア入りには選出すれば100%勝てて、選出しないと100%負けましたので相手の6体にアーマーガアがいたら100%選出するように心がけました。 「」 【トリル起点&クッション】ミミッキュ• 特性:ばけのかわ• 個体値:S逆V、C抜け4V• もちもの:リリバのみ• わざ:じゃれつく・ゴーストダイブ・トリックルーム・のろい 中盤のトリル切り返し要員。 ミミッキュのダイマックス枯らし性能は全ポケモン随一 最遅なので無振りのS70族と同速 初手シャンデラでダイマックスを切って荒らすと、ちょうどいい感じのところでトリックルームが切れてミミッキュでトリックルームを張り直して3体目のトリルエースを降臨させられます。 今回は採用しませんでしたがハチマキウオノラゴンを採用しても良かったかも。 シャンデラがうまく暴れられると相手の3体目に隠されているエースが出てきますが、このときかたやぶりドリュウズが選出されていることがちょくちょくあったのでリリバのみをもたせています。 「」 【トリルエース&スイーパー】ローブシン• 特性:こんじょう• 個体値:6V• 努力値:HA252• もちもの:かえんだま• わざ:マッハパンチ・ほのおのパンチ・かみなりパンチ・れいとうパンチ トリルエースその1。 努力値のあまり4はめんどくさかったので振ってません。 基本的にはダイマックスしてトリル下で上から弱点タイプをうちこみます。 一応サザンガルドの弱点もつけます。 後半のスイーパーとしてのマッハパンチや初手で出てくるヒヒダルマ・バンギラスはほとんどの場合マッハパンチ1発で倒すのが強かったです。 3色パンチをすべて持っているので、交代読みでうった技が相手を吹き飛ばすことが多かったです。 (例えばドラパルト交代読みれいとうパンチやドヒドイデ交代読みかみなりパンチ、ギルガルド交代読みほのおのパンチなど) 火炎玉が発動すれば3色パンチいずれもタイプ一致でうっているのと同じ火力になりますが、火炎玉発動に1ターンのスキが生じるのが難しいポケモンでした。 ドヒドイデ入りには100%選出しましたが、だいたいヌオー・アーマーガアと組んでいたのでシャンデラのエナジーボール・だいもんじ、カビゴンの地割れ・かみなりパンチと合わせていかに交代読みでそれぞれの攻撃を当てていくかが細い勝ち筋になっていましたが、交代読みが決まったときは嬉しいですね。 3色パンチのどれかをなくしてまもるにしたほうが安定した場面もあるのと、カバルドンが爆増したのでHPを削ってカバルドン抜きまでSに振ったほうがもっと強かったかもしれません。 「」 【トリルエース&クッション&一撃必殺】カビゴン• 特性:あついしぼう• 個体値:CS抜け4V• もちもの:とつげきチョッキ• わざ:からげんき・ヘビーボンバー・かみなりパンチ・じわれ トリルエースその2 普通のフルアタカビゴンです。 あまり4はHじゃなくてSに振ったほうが活きた場面が多かった(カビゴン対面が結構あった)ので、次に使うことがあったらSに振り直してから使いたいところ。 ロトム対面ではほぼ確実に鬼火を入れられていたので、からげんきで返り討ちにできることが結構ありました。 かみなりパンチはギャラドスメタで、ギャラドス入り構築に対して3体目においておくと、いい感じで勝ちを拾っていってくれました。 ヘビーボンバーとじわれは相手が残りミミッキュ+1体のような不利状況において、ミミッキュをダイスチルによる防御もしくはダイアースによる特防を上げながら突破したあと、最後の1体もワンチャン超高耐久で耐えて2発で落とす、もしくはじわれで落とすという一発逆転の動きができます。 ただし地震を打ちたい場面も相当数あった(例えば立ち回り上3体目でカビゴンvsエースバーン対面になることが多かったのですが、この場合は地震をうちたい)ので、地震もあり。 実際中盤までは地震を使っていたんですが、このパーティは受けポケモン対策が弱すぎるので地割れ連打で無理やり突破していく勝ち筋を重要視しました。 フルアタですが耐久力があるので、クッション的な役割をすることもありました。 「」 【トゲキッス狩り&ステロ起点】ナットレイ• 特性:てつのトゲ• 個体値:S逆V、C抜け4V• 努力値:HA252• もちもの:オッカのみ• わざ:ジャイロボール・はたきおとす・パワーウィップ・ステルスロック トゲキッス絶対56すマン。 努力値あまり4はめんどくさかったので振ってません。 相手に炎タイプのポケモンがおらずトゲキッスがいるときは100%選出してました。 最初はダイマックスせずとも強いトリルエースとしてハチマキフルアタナットレイ=通称ヤットレイを使っていたんですが、トリルエースとして使うよりもトゲキッスピンポイントで狩るポケモンにしたほうが強いと思い立ってオッカのみ+ステルスロックに変えました。 ちなみにステルスロックの枠はもともとカビゴン対策をしつつ、ダイマックスすればAを上げられるリベンジでしたが使い勝手が悪く変えました。 一般的な受け型ナットレイに有効打を持たないパーティは3〜4回に1回ほど当たっていたのですが、そういったパーティはほぼ必ずトゲキッスを採用していて、トゲキッスはだいもんじ・かえんほうしゃを採用しているので、一般的に初手で来やすい受け型ナットレイに出し勝ちするために初手で投げられます。 初手トゲキッスの最安定択であり正解択は、ナットレイがジャイロボールを持っている可能性を考えると交代読みもしくは怯み狙いのエアスラッシュやマジカルシャインではなく居座っても交代しても負担をかけられる炎技か、全抜き体制に移れる悪巧みなわけですが、それを逆手にとったナットレイですね。 このナットレイを突破する正解択は初手トゲキッスを投げないか、ダイバーンをすることですが、初手トゲキッスのダイバーンはその後の展開が不安定になりやすく撃たれる可能性は限りなく低いため、相手の炎技を耐えてジャイロボールでトゲキッスを吹き飛ばす試合がとてつもなく多かったです。 実はこのオッカのみナットレイが3桁に載せたMVPといえるポケモンかもしれません。 ステルスロックをまいてトリルエースの展開補助も視野に入れていたんですが、それよりもひたすらジャイロボールを打つのが強すぎました。 1体目トゲキッスを吹き飛ばしたあと、相手がダイマックスで切り返してこようとすることも多かったので、ステルスロックよりもワンチャン相手のダイマックスターンを2ターン以上枯らすことができる「まもる」のほうが適切な技かもしれません。 一応当初の想定通りトリルエースとして立ち回ることもありますが、このポケモンをダイマックスさせる決断が1ターン遅かったせいで負けるということがたびたびありましたので、まだ使いこなせてません。 「」 【最速スイーパー&壁抜け】ドラパルト• 特性:すりぬけ• 個体値:6V• もちもの:こだわりスカーフ• わざ:ドラゴンアロー・ゴーストダイブ・はがねのつばさ・だいもんじ 圧倒的最速のドラパルトです。 シーズン3は今どき最速ドラパルトを使っている人はいないという時期だったので、初手サザンドラ・ドラパルト対面で無償突破したり、後半にトリルが切れたときのラストドラパルト対面やダイジェットパッチラゴン対面、すなかきドリュウズ対面で上から殴って相手の意表をつくことができる試合も多かったです。 最速すなかきドリュウズですら抜けないスカーフドラパルトのスイーパー性能はマジでヤバい。 ほとんどなかったですがこのドラパルトでダイマックスを切って荒らした後ダイマックス3ターンが終わったら一回引いて、後半に再び出すとスカーフであることを警戒されなかったのでスイーパーとしての仕事がしやすかったです。 とんぼがえりはパーティ構築的に安定したクッション型のポケモンがいない(カビゴン、ローブシン、ナットレイがぎりぎりクッションとして役立つかどうかというくらい)なのと、スカーフを激しく警戒させる技なので外しています。 とんぼがえりの代わりにドラパルトvsミミッキュ対面になってしまった場合に、ダイスチルで無理やりBを上げつつ突破し、そのまま対面的に立ち回っていくためにはがねのつばさを採用しています。 Bの上がったスカーフドラパルトの対面性能は意外と高いので、ミミッキュ突破だけでなく2体目も突破してしまうことも度々ありました。 「」 まとめ:【シーズン3】最高158位トリルシャンデラ・ミミッキュ構築 いかがでしたでしょうか。 せっかく(一瞬ですが)自己ベストを更新できたのに記事にしてなかったのを思い出してシーズン4の終盤ですがシーズン3の構築記事を書きました。 シーズン4はまた違ったパーティで戦って遊んでいますが、トリル2枚編成はずっと俺のターン感があって面白いのでまたそのうち使って遊んでみたいです。 では、今日もポケモン剣盾楽しみましょう! 引きこもりすぎて頭の回転が遅くなってきたと感じる人は自宅で簡単にできる筋トレがおすすめです。 「」 構築については下記記事もおすすめです。 「」 Youtuberなどゲーム実況やりたい方はこちらの記事もどうぞ。 「」 長時間座ってポケモンやってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。 このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。

次の

トリル下エースは止まらない!

トリルエース

ブリムオン活躍させるためにを軸にptを組みました。 好きなで勝てると楽しいですね。 の中で1番テテフが好きなのでテテフと同じ用に使いたくてここからptを組んだ。 最初はエース運用で珠を持たせていたが中途半端な火力と思ったよりのでトリル要員兼アタッカーに変更。 タスキの使用感は良く、ダイジェットの切り返しでトリル貼ったりなど不利な相手に無理やり突っ張ってトリル貼ったり、予想以上に脆いのでタスキは正解だったと思う。 トリルエースで使うには弱くはないと思うが技の威力が貧弱だったり、サイコフィールドを展開して火力上げたいが1ターンラグがあったりとトリルのターンの中でやりたい事が多いのでシングルでは難しいと感じた。 だが、受けループに強かったりブリムオン自体が刺さっている相手も結構いたのでポテンシャルは高いと思っている。 新アイテムルームサービスは持たせる物が無かったのでとりあえず持たせてみただけだったがそれによりトリル下で抜ける相手も増えたので良かったと思う。 トリル貼って呪いして退場してもらうだけだったのであまり語ることはない。 じゃれつく打ちたい場面よりゴースト技欲しい場面が多かったのでじゃれつく切る選択もアリだと思った。 持ち物の選択肢としてこの構築はがゲロ重なので鋼半減実とか持たせても良かったと今なら思う。 舐めて水タイプに交代してきても受からない。 最後の掃除役としてならめちゃくちゃ強いのだがそこまでにトリル貼って無くてはいけない、相手のラス1が水、岩タイプでは無い、など使い方が難しかった。 に弱いのと打たれ弱すぎて扱いが難しかった。 叩き落とすが強すぎてきるのを躊躇ってしまった結果負けた試合も多く強いはずなのに使い手が弱いせいでポテンシャルを引き出せなかった。 火力上げるより場持ちさせた方が多分強いので本当はタスキをこっちに持たせたかったがブリムオンが一撃でやられると元も子もないので手放せない。 ふつーのスカドリュなので語る事はあまりない。 シャドクロ採用してるのは切った時にBダウン狙いで採用。 調整でも書いておく HB 鬼火した陽気の珠ダイフェアリーお盆込み2耐え C 無振りサザン確1 S 最速100族抜き 感想 重いが多すぎる!!! が重い が重い も重い も重い アーマーガアも重い上げたらキリがないくらい重い 中でもとの弱保勢が辛すぎた。 にはの呪いでちまちま削る、バンギはに頑張って貰うくらいしか勝てない。 よくやってたわーと自分を褒めたい…ブリムオンを何とか使いたかったがトリル貼るにしてもエース運用にするにしてももっと適任がいるが実際の印象…それでも可愛いからできるだけ使いたい… このpt使っての最高ランク到達点です。 重いばっかでしたがとりあえず3桁はいれたのでまあまあなのかな??レートじゃなくなってどこからが強者のラインなのか未だよく分かってないですが3桁入ればおおー!と言う感じなのでしょうか?できれば2桁順位入りたいですね…剣盾の目標は2桁入る事目指します😭 長くなりましたが読んで頂きありがとうございました!まだシーズン終わってないので今使ってるptはもう少ししたら公開しようと思います。 来シーズンはもう少しトリル煮詰めてみようと思います hansaka.

次の

【マホイップ育成論】トリル積みエースとして育ててみよう

トリルエース

【はじめに】 といえばメガで使われることが多いが、現環境ではメガやなどの炎が多く使用されていて剣の舞を積めたとしても止められることがほとんどである。 そこで、貴重なメガ枠を使ってまでメガを使うよりかは明確に役割を持たせたメガなしの方が活躍でき、メガ枠も開けられて一石二鳥なのではないかと考えた。 そこで今回は対策特化型ゴツメを紹介したいと思う。 最悪でも化けの皮を剥がすことが可能なので最低限の仕事はできる。 シーズン3で使ってみたが、基本的にに負けなかった。 *対 炎パン、特殊炎技を持っていないならどくどく羽休めで倒せます。 持っていたら諦めましょう。 特殊相手や耐久には交代際にどくどくをうって交代or羽休めで粘って削っていく立ち回り。 鋼相手には何もできないので、素直に炎や地面の味方と交代しましょう。 このはとんぼ返りと羽休めによるサイクル性能が武器なので、クッション的に使ってあげるのが一番いいと思います 雑。 特に、はでも猛威を振るっていました。 そして今回、第7世代のの新しい相方となりそうなについて書こうと思います。 素早さに4振っているのは、素早さに振っていないトリルよりも先に動きたかったからです。 の技を(じゃれつく はたきおとす ふいうち 剣の舞)にしていたんですが、はたきおとすを抜いて炎のきばを入れたほうがまだは活躍しやすいかもしれません。 その後も何戦かして、の技構成が最終的に (じゃれつく シャドクロ のろい @ゴーストZ)がいいのではないかと思いました。 がふいうちを覚えるのでかげうちを入れなくても十分な気がします。 【まとめ】 まだ対戦はあまりしてないですが、正直いって従来のの型のほうが強いと感じました汗。 現状はうまくと組ませるトリルの型が思いつきませんが、まだシーズン3序盤なので良い型が思いついたら記事にしようと思います。 ここまで読んでいただきありがとうございました。 poke3ta 【はじめに】 初めまして。 今回から構築記事を書かしていただきます。 たくたくです。 今回は過去作が解禁されたSMシーズン2で使用した構築を紹介します。 ほとんど自分用のメモですが良かったら見て行ってください。 今回使用したパーティはこちら。 まず、自分は1メガ構築があまり好きではないのでと相性のいいを採用。 この2体が最終的にパーティの軸となった。 ほとんど他の方の育成論を丸パクリした。 物理型・特殊型と試したが、どちらもあまり積む機会がなかったので、それならということで命中安定技を打つことが出来てラスターカノンでにも有利を取れる両刀型を採用。 技構成に関しては、・ラスターカノン・が確定で、残り一枠は好みの問題ですね。 自分の場合は削れたを上から倒したかったので神速を採用したが、真空波や冷凍パンチもありだと思う。 このの強みはやはりに強い点。 に負けたことはおそらく無かったはず。 このはの相方として相性バッチリだった。 特に初手と対面でに引くことが多かった。 読まれてめざ氷を打たれなければ… あとはに安定して出していけるところが良い。 技構成はおそらくこれ以外はないと思う。 枠&今回の構築のMVP枠。 タイプ一致のトライアタック、ガブやマンダに打つ冷凍ビーム、今回の構築の肝であるを採用。 ラスト1枠はを止めてくるであろうやに対して打てる目覚めるパワー炎を採用した。 主な立ち回りは、初手で出してある程度相手を削り、を貼って退場するだけのお仕事。 正直言ってこのが強すぎて、一体で3タテすることも多かった。 相手にがいてポリ2が出せないときは単体で出すことも多かった。 火力面に関しては、少し物足りない感じだった。 C194の眼鏡持ちが火力足りないってどういう環境だよ… 立ち回りのしやすさを考えるとzや水zにしてみるのもアリ。 の確3なところが神ですね。 対面で必ず勝ってくれるところに惚れました。 後は防御がもう少し欲しかったですね。 次回使うとすればもう少しBに厚めに振って対面を安定させたいところ。 今回の構築で一番型に悩んだ子だった。 今回はAS振りの剣舞ニトチャ型にしたが、正直言ってHSの型が動きやすそうだった。 技構成もに全く手が出なかったので、かみなりパンチを採用して技範囲を広げた方が良かったと感じた。 次回使うとすれば、 HS or AS振り フレドラ・ドラゴンクロー・・雷P が一番刺さりそう。 《立ち回り》 選出の時点でXと相手にバレにくい構築なので、相手に電気タイプを出させて積んでいくのが主な動き。 ゲンガー対面はニトチャ打ちましょう。 主に受けで選出することが多かった。 有利対面でZ技ぶっぱするだけのお仕事。 舐めて出てきたに7〜8割ほど入るので、がきついこの構築では救世主ともいうべき存在だった。 最近のの型は特殊ゴーストZが大半だが、やラッキーがいても止まらない物理ゴーストZの方が強く感じた。 期限は3月21日の8時59分までですが、自分は今回は用事で最後まで出来ないので、少し早くリタイアです泣。 最終日の前日までに2091から10連敗ほどして1923に落ちたので、今思えば2091の時にやめておけば良かったなと思います笑。 ですがこれも自分の実力不足なので、シーズン3ではレート2100突破目指して頑張ります! 【最後に】 シーズン3ではついにが解禁されるので、入りの構築でいこうと思います。 絶対増えるので対策されるでしょうが…。

次の