スプラトゥーン2 c帯。 【スプラトゥーン2】C帯・B帯・A帯が突破できない!ALLウデマエXが教えるガチマッチの勝ち方、ウデマエの上げ方

『スプラトゥーン2』でB帯の人がA帯にあがるコツ10選

スプラトゥーン2 c帯

スプラトゥーンを長く続けていると、 「もっと上達したい」と誰しも思うものですよね。 本気でウデマエを上げることを目指しているガチ勢はもちろん、エンジョイ勢として実力を気にせずに遊んでいる人も、できれば上手くなりたいとは思っているでしょう。 上達するには立ち回りを学ぶ、上手い人のプレイを観るなど色々と方法はありますが、やはり一番大事なことは実際に自分でプレイすること。 日々のプレイから反省点・改善点を考え、試行錯誤することが大切です。 実際にプレイするにしても、ナワバリ、ガチマ、リグマ、プラベと色々ありますけれども、 上達したければとにかくガチマをやりましょう。 リグマやナワバリでは上達しないというわけではありませんが、ガチマの方が成長は速いです。 その理由を説明していきます。 ガチマが上達に向いている理由 ウデマエが変動するため、真剣に臨める ガチマッチにはウデマエというシステムがあるため、多かれ少なかれウデマエの変動を気にしてしまうと思います。 「ウデマエが下がるのが嫌だからなかなかガチマに潜れない……」その気持ちも分かりますが、ウデマエが変動するからこそ真剣に臨めるということでもあります。 ナワバリやリグマなら負けてもウデマエは変わらないため気楽にプレイすることはできますが、「負けてもいい」という気持ちは勝利への貪欲さを失い、プレイが雑になりやすいです。 ゲームは楽しんでなんぼですが、上手くなりたいなら真剣にプレイすること、集中してプレイすることが重要。 ガチマッチはウデマエを気にする人ほど真剣にプレイできる環境であると言えます。 適正の実力帯で戦うことができる ガチマッチでは同ウデマエ帯の人と戦うため、近い実力の人とマッチングします。 連敗してウデマエが落ちることもありますが、たまたま連敗しただけであればまたウデマエが上がるでしょう。 試行回数を重ねていけば実力通りのウデマエに近づいていくはずです。 リーグマッチもリーグパワーという指標があるものの、連敗していけばどんどんパワーが下がってマッチングする相手のレベルも落ちていくんですよね。 そのためいつかは絶対勝てるような相手と当たるようになり、てきとーにプレイしていても勝率がそこまで下がることはないです。 ガチマでは負けた原因を考えて反省しないと、ウデマエが落ちるまで負け込むかもしれません。 リグマでは負ける度に相手が弱くなるので、いつかは勝ててしまい、勝てたことに満足するだけで終わってしまう危険があるのです。 マッチングが他ルールに比べて適切 ガチマッチではブキ編成がおかしいと嘆く人も少なくないですが、できる限りブキが偏らずにマッチングされるようにできています。 対してリーグマッチ(ペア)では、味方チャージャー3人に対して敵はチャージャー0人なんてこともあります。 リーグマッチはブキでのマッチングを一切考慮していないため、事故上等なマッチングとなっています。 ナワバリバトルはもっとひどくて、実力・ブキ構成全ておかまいなしのぐちゃぐちゃマッチング。 チャージャー4人対シューター4人みたいなことも普通にありますし、強い人が偏って一方的な試合になることも珍しくありません。 はっきり言って事故編成での試合は上手くなりにくいです。 通常の動きができないですし、一方的な試合になっても経験は身につきません。 リーグマッチ(チーム)やプライベートマッチを除くと、ガチマッチが最も適切なマッチングをしてくれるルールなのです。 周りも真剣にプレイしているためレベルが高い ガチマッチはウデマエという制度があるため真剣にプレイできると言いましたが、それは周囲も同じこと。 味方も敵も真剣にプレイしているため、おふざけなブキやギアでくる人はあまりいませんし、集中して臨んでいます。 結果、レベルの高い試合を行うことができます。 ナワバリやリーグマッチで高いウデマエの人とマッチングしたという経験は誰にでもあると思います。 そういうときに、 「ウデマエ高いのにそんなに強く感じなかった」と思ったことはありませんか? ナワバリやリーグマッチだと上手い人も真剣にやっていない可能性が高いです。 ギア開けしていたり、ブキ練習で普段使わないブキを使っていたり、雑談しながらプレイしていたりなど、ガチマよりも集中せずに遊んでいる人は多いでしょう。 そのためリーグマッチで出会ったウデマエXと、ガチマッチで出会うウデマエXは別物くらいに思った方が良いんですよね。 基本的にガチマッチの方が敵は強くなると思います。 ストレスを溜めないように注意! ガチマッチは真剣にプレイできるから強くなれますが、ウデマエを気にしすぎてストレスを溜めないようにだけ注意してください! ウデマエというのは、あくまで可視化された指標に過ぎません。 自分の調子やマッチング運もありますので、自分の実力以上のウデマエになることもあれば、実力未満のウデマエに下がることもあります。 それでも続けていれば必ず適正のウデマエに近づいていきますし、上手くなっていくので徐々にウデマエは上がっていきます。 ウデマエがあまりにどうでも良くなるとガチマへの真剣度も落ちてしまいますが、ウデマエを気にしてストレスを溜めてしまうのも考え物。 ストレスが溜まってくるとプレイにも支障を来してしまいますからね。 ぶっちゃけて言えば、 あなたのウデマエを気にしている人なんてあなた以外にいません。 ウデマエが上がろうが下がろうが、周囲は大して関心がないのです。 ウデマエを維持したくてガチマをやらずに放置している人と、ウデマエが下がるのを気にせずにガチマし続けている人なら、後者の方が確実に伸びます。 「ウデマエ=正しい実力」ではないことを忘れないでください。 関連記事: まとめ 上達の近道はとにかくガチマをやることです! ストレスを溜めない程度に緊迫感を持ってガチマッチに臨みましょう。 リーグマッチだと頼れる仲間に頼ってしまいがちになりますしね。 もちろん息抜きにナワバリやリーグマッチで遊ぶことも大切ですので、あくまで上達を目指すならガチマッチが一番だというお話ですよ。

次の

ガチエリアでC帯でも勝てない初心者のための戦い方とおススメ武器!

スプラトゥーン2 c帯

はいどうも、こんにちは。 ゆーざきです。 今回は この記事が第四弾となるんですけど、 ガチマッチのウデマエがXになった過程っていう記事となります。 S帯には、S-という概念が存在しないためです。 なのでこの記事は、すこしボリュームにかけるかもしれません。 その点はご了承ください。 基本的に を意識していることは変わりません。 今回の記事では、以下の内容に触れていこうと思います。 塗りを意識• 攻めるべき状況をしっかり判断する ちなみにちょっと自己紹介なんですけど、スプラトゥーンっていうゲームが、 スプラトゥーン2ではじめて触れました。 つまりスプラトゥーン1はやったことないのに、 ウデマエXになれております。 なのでスプラトゥーン2から始めた人には、ためになる情報が詰まっているのかなと思います。 ちなみに、第一弾・第二弾・第三弾はこちらの記事となります。 参考にしてください。 それでは、よろしくお願いします。 攻める状況というのは、以下のようなことが考えられます。 スペシャルがたまった状況• 人数有利な状況 ガチエリアをしていて、5分間エリアをとりあうというゲームがありました。 敵味方あわせて8人いて、お互いのチーム合計キル数が10以内です。 つまりずっとエリアを取り合っているのです。 「A帯からS帯になる」ためには、デスしないことを意識しておりました。 そのため、無理に攻めるということはしなかった結果です。 敵味方ともに、デスしないような立ち回りでありました。 そこで気づいたのが、 攻めるべきタイミングをしっかり判断することです。 その試合には、攻めるきっかけを作る人が不在でした。 スペシャルをきっかけに攻めに転じてみることや、人数有利になればちょっと無理をして攻めてみることです。 もちろん無謀な特攻をしろと言っているのではありません。 再度まとめると以下のようになります。 塗りを意識• 実体験です。 あまり苦労しなかったため、特筆すべきことも限られてきます。 A帯からS帯の記事を参考にしていただければ、とても有意義だと思われます。 ここまでご覧いただきありがとうございました。

次の

【スプラトゥーン2】A帯は闇?S帯に上がれない・抜けられない人の特徴とは?|ゲームエイト

スプラトゥーン2 c帯

とにかく敵にしっかりとエイムできるようになること!狙ったところを外さないようにする 僕はガチヤグラがすごく苦手なので、B帯とC帯を行ったりきたりしてますが、B帯からC帯へ落ちると、めちゃくちゃ楽に勝てるようになります! なぜかと言うと、C帯の人はエイム(照準合わせ)が下手くそな人が多いから!打ち合いになると勝てる可能性はかなり高いです。 ブキの飛距離をちゃんと把握していない!ブキの飛距離を把握するだけでもキルできる可能性が上がる 最初はわからないことなんだけど、ブキの飛距離を把握せずに撃ちに来る人結構いてるんですよね。 射程に入ってないのに、弾を撃ちまくっても、相手には当たらないし、絶対に勝てるわけがないんですよ。 だから、今自分が持っているブキがどれ位の射程なのかちゃんと把握することが大事!射程圏内に入れないとエイムがうまいとかそんな話でなはいです。 ブキ屋に行った時に試し撃ちをしてしっかりと飛距離を把握するようにしましょ! 自分より射程の長いブキに当たった時は、逃げるかサブウェポンを投げるかしないと絶対に撃ち負けます!自分のブキの距離にプラスして相手のブキの射程を把握するようにしておきます。 C帯でなかなかB帯へ上がれない人は、結構届かないところで、撃ちまくって、他からキルされるなんて人をよく見ます。 エイムを合わせる制度を高めるには、ブキ屋の試し撃ちでひたすら練習!慣れてきたらジャイロの感度もガンガン上げていく エイムの精度をあげるには、ひたすら練習するしかありません! ブキ屋の試し撃ちで、最初は距離を把握して、弾をちゃんと当てる。 それができるようになったら、エイムを一瞬で合わせて撃ってイカ風船を割るってことをします。 慣れてきたら、ジャイロの感度も上げていくほうが合わせやすくなってきます。 撃ちやすい感覚って人によって違いますが、僕は最初、感度1ぐらいでやってましたけど、今ではマックス(5)じゃないとやりにくいです(笑) 要は慣れですね。 試し撃ちで、止まっている風船に確実に合わせれるようになったら、動いている風船に当てる練習をします。 動いている風船にも確実に当てることができる様に慣れば、自分が動きながら狙った風船に当てるよにします。 ここまで練習すれば、照準がすごく合わせやすくなってます。 あっ!ジャイロの設定5がベストってわけではないですよ。 [ad] C帯からB帯へあげるために!ガチバトルで勝つために、絶対に意識した方が良いこと 自分の足場をしっかりと塗る事 ガチバトルで敵にホコとかエリアとかヤグラを取られていると、真っ先に取り返しに行きたくなりますが、周囲の様子をしっかりと見るようにしましょう。 足場がない状態で、敵の中に突っ込んでいっても、よほどうまくなければ、返り討ちにされるだけでです。 特に相手のインクで塗られているところに突っ込んで行ったら、退路も無い状態になってることも多いです。 逃げることもできなくなるし、インクが相手の場所まで一直線なので、イカになっていてもバレやすい。 敵のおされている時はなかなか厳しいですけど、しっかりと塗って自分の足場を確保して、動けるようにしておきましょう。 で、敵の足場に攻め込んでいくときは、サブにボムが着いていたら、ボムなどを使って距離をとって塗るようにしていきます。 ヒト状態で撃ちながら敵に近づいてイカない C帯の人で、スプラトゥーンに慣れていない人はホントに多くやってるのがヒト状態で撃ちながら敵に近づいていく。 これは絶対やったらダメ!弾が当たらなかったら、後ろから来てるのがバレるし、他の敵からも狙われやすくなります。 敵を確実に仕留めるには、イカ状態でさっと近づいて、射程に入ってからヒト状態で撃つようにします。 イカ状態でもしぶきがたつから、見てる人にはバレますが、ヒト状態で近づくよりましです。 ヤグラ・ホコに突っ込んでばかりせず周りの状況がわからない時はイカで潜んで周囲の状況を把握する C帯で思うのは、ホコとかヤグラに突っ込んで行く人が多いから、キルするのがめちゃくちゃ簡単なことが多い。 周囲の状況が全く見えていないんです。 とりあえずホコを運ぶ、ヤグラを運ぶってことに意識をとられすぎてるからなんですよね~。 仲間がホコとかヤグラを取りにいってたらその周囲の敵を一掃したり、攻め込まれた時に備えて自陣を塗るってことも大事。 状況がつかみにくい時はイカで潜伏して、一息ついて、周囲の状況をしっかりと見ることも大事です。 これするだけでも、勝率が変わってきますよ。 撃ち合いになって、勝てないなって思ったら、さっさとひいてキルされないようにする 撃ち合いになった時に距離が合わなかったり、苦手なブキだったりしたら、サブで牽制して逃げるのも一つの方法。 キルされちゃうとスタート地点に戻されちゃうから、その間に敵に攻め込まれることもあるから、やられそうだなって思ったら、逃げちゃうのもありです。 下手に突っ込んでキルされまくるよりも、なるべくキルされない様に立ち回るほうが、勝てる可能性が高くなります。 初心者目線で、僕がC帯とB帯を行ったりきたりしていたところからB帯にとどまれる様になったのを意識したことをまとめて見ました。 結局はキルする時はキル、塗るところは塗る、ヒト状態であんまりウロウロしないことを意識すればC帯脱出はすぐですよ。 [ad ad1].

次の