テクノプラン。 株式会社 テクノ販売

代表ご挨拶

テクノプラン

はじめまして。 テクノプラン株式会社営業部WEB販売チームです。 テクノプラン株式会社は、埼玉県上尾市に本社があります。 自動認識システムの開発・製造・販売のほか、ロードレース・マラソン大会・駅伝大会の計時記録処理業務も請負っています。 日本全国のマラソン大会(公認大会を含む)でタイム計測を行っていますので、 マラソンが趣味の方とはどこかの大会でお会いしたことがあるかもしれません。 ところで「マラソンのタイム計測とヒヤリハンターにどのような関係があるの?」 と思われる方も多いと思います。 参加者が1万人以上となるマラソン大会のタイムは、 ICタグを使って自動計測します。 実はこの技術、ヒヤリハンターの技術と全く同じなのです。 1万人以上のタイムをミリ秒単位で自動計測できる精密技術がヒヤリハンターにも生かされています。 弊社は年間100大会以上のマラソン大会で自動計測を行っています。 自動計測のプロフェッショナルとして、ヒヤリハンターの導入から運用までサポートいたします。 私たちは重機・フォークリフト事故による死傷者数がゼロになることを願って、 ヒヤリハンターをご提案いたします。 お見積、導入のご相談はテクノプラン株式会社までお気軽にご用命ください。

次の

株式会社テクノプラン

テクノプラン

みなさまにお約束する9つのこと• 私たちはお客様とのコミュニケーションを大切にします。 どのようなご相談にも乗ります。 ぜひ一度ご連絡ください。 業務内容に関するお問い合わせについて説明を尽くします。 頂戴したお問い合わせはその日のうちに回答いたします。 お時間がかかる場合、いつまでに回答できるかお伝えします。 プロ意識を持ち、それに恥じない行動と態度を心がけます。 業務のスケジュールについてあらかじめ明確にお伝えします。 お客様の思い描く大会が実現できるよう最大限にサポートします。 専属の担当者が大会終了までのあいだ責任を持って対応します。 すべての参加者の記録をすばやく、正確かつ確実にお届けします.

次の

会社概要

テクノプラン

Japan Investment Adviser Co. , Ltd. 東証マザーズ 7172 (2014年9月11日上場) 本社所在地:東京都千代田区霞が関3-2-1 霞が関コモンゲート西館20階 ホームページ: 汚泥減圧凝集浮上濃縮装置実験 2,014年5月22日に、愛知県大府にて改良型汚泥減圧凝集浮上濃縮装置の実験が行われました。 実験の様子の動画です。 準備 実験 国連の技術のデパート世界知的所有権機関の「WIPOグリーン」にテクノプラン開発テクノロジーが紹介されています。 は、バランスのとれた利用しやすい国際的な知的財産権(IP)制度の発展を担当する国連の専門機関です。 その世界知的所有権機関WIPOが運営するのが、、それは、国連の技術のデパートとも呼ばれ、本格的な国際技術移転メカニズムとして期待されている。 その「WIPOグリーンに日本のテクノプラン開発テクノロジーが紹介されています。 世界知的所有権機関(WIPO)WIPO GREEN Launch — Press Conference テクノプランの技術を利用したESCOシステム ESCO事業とは? ESCO事業とは、省エネルギーに関する包括的なサービスを提供し、利用者の利益と地球環境の保全に貢献するビジネスで、省エネルギー効果の保証等により利用者の省エネルギー効果(メリット)の一部を報酬として受取ります。 世界で認められたテクノプランの特許技術を使えば、そんなトータルESCOソリューションが簡易に実現できます。 環境技術に特化したビジネスコンサルティング (株)テクノプランは、2007年創業のバイオマス技術を核とする環境技術コンサルタントです。 世界屈指のエキスパートが、 水処理および汚泥処理ビジネス担当します 日本政府が3億円投資して研究された成果をはじめ、数々の特許、特許出願中の環境テクノロジーを、日本だけに留めず、世界環境の改善に役立てたいと考えています。 環境、水処理の問題が得意分野です。 環境、水処理分野で、問題をお持ちなら、また、環境、水処理に新規参入をお考えなら、最新の技術と研究成果を世界と共有しながら、ビジネスの発展のお手伝いを致します。 テクノプランの技術紹介 上水・汚水・汚泥・処理エキスパート• 高速・上水製造システム• 汚水・減圧凝集・活性炭吸着処理システム• 炭化物と活性汚泥を利用した汚水処理システム• 生物反応促進・省エネシステム• メタン発酵・促進システム• 脱水前・汚泥濃縮システム• 汚泥脱水・搬送システム• 無燃料・堆肥・焼却システム• 堆肥・炭化・水処理利用システム 弊社は、水処理および汚泥処理分野での様々な特許を日本及び海外で保持しています。 ここにその幾つかをご紹介します。 テクノプラン 澤井正和工学博士の関連したこれまでの特許 (株)テクノプラン創設者の工学博士澤井正和の関連したこれまでの特許を特許庁データベース、IPDL特許電子図書館より検索した結果です。 各特許番号をクリックすると特許庁データベース検索ページに移動しますので公開番号・登録番号を入力して下さい。 (注:すべての特許権を、現在、(株)テクノプラン、または澤井正和が保有しているわけではありません) 項番 公開番号/登録番号 発明の名称 1. 濾過式脱水機 2. 汚泥処理方法及び汚泥処理システム 3. 汚泥濃縮方法及び汚泥濃縮システム 4. 汚泥可溶化装置及び汚泥可溶化方法 5. 汚泥処理装置及び汚泥処理方法 6. 排ガス環流式乾燥方法およびその装置、並びに金属切削屑のリサイクル方法およびそのシステム 7. 炭化物の製造方法とその装置 8. 炭化物製造装置 9. 活性炭化物の製造方法とその装置 10. 活性炭化物による廃棄物焼却炉排ガス処理方法 11. 汚泥の処理装置 12. 減圧脱気処理による連続固液分離方法とその装置 13. 汚泥濃縮装置と汚泥濃縮方法 14. 有機性汚泥の嫌気性消化方法と消化システム 15. 廃棄物から炭化物を製造する方法及び装置 16. 炭化物を利用して下水汚泥からセメント原料を製造する方法 17. 有機性廃棄物の処理方法と処理システム 18. 活性炭化物の製造方法及び装置 19. 排水処理設備での炭化物の利用方法 20. 湿潤性有機質廃棄物の処理方法とその処理システム 21. 廃棄物処理方法および同処理システム 22. サイクロンの粉粒体払出し面の制御方法とその制御装置 23. 乾燥汚泥を利用する廃棄物焼却炉の運転方法及び乾燥汚泥熱分解装置 24. 噴流式吸着方法及び装置 25. 有機性廃棄物の処理方法及び装置 26. 生ごみディスポーザ排水の下水処理場における処理方法 27. 汚泥減圧濃縮装置を利用した水処理方法及び装置 28. 洗煙排水処理方法及び装置 29. 活性炭化物の製造方法及び装置 30. 廃棄物埋立処分地浸出水の処理方法及び装置 31. 廃棄物埋立処分地浸出水の処理方法及び装置 32. 有機性廃棄物の炭化物によるリン除去方法 33. 有機性廃棄物の炭化物による排ガス処理方法 34. 汚泥の炭化処理方法及び装置 35. 汚泥炭化システムを利用した下水処理方法 36. パルス除塵式バグフイルタを用いた排ガス処理方法とその装置 37. 活性炭化物の製造方法及び装置 38. 湿潤廃棄物の混合・乾燥方法及び装置 39. 湿潤廃棄物の乾燥処理方法及び装置 40. 下水汚泥の車載式乾燥装置及びその使用方法 41. ダイオキシン吸着用活性炭、その製造方法及び装置並びにダイオキシンの吸着処理方法 42. 有機性汚泥の嫌気性消化方法及び装置 43. 高含水率汚泥の濃縮脱水処理方法及び装置 44. 湿潤有機性廃棄物の処理方法及び装置 45. 廃棄物から製造された吸着剤の利用方法及び装置 46. 湿潤有機性廃棄物から成型物を製造する方法及び装置 47. 湿潤有機性廃棄物の処理方法及び装置 48. 水処理方法及び装置 49. 炭素系吸着剤を用いる廃水処理方法及び装置 50. 汚泥の濃縮方法及び装置 51. 排ガスの乾式処理方法及び装置 52. 炭素系吸着剤を用いる廃水処理方法及び装置 53. 活性炭の製造方法及び装置 54. 焼却炉排ガスの処理方法及び装置 55. ガス脱臭を伴う有機性余剰汚泥の乾燥方法及び装置 56. 下水汚泥の濃縮脱水処理方法とその装置 57. 有機性汚泥の減量化方法 58. 有機汚泥及び無機汚泥の併合処理方法並びに併合処理装置 59. 有機性汚泥の脱水処理方法 60. 有機性廃棄物の処理方法及び有機性廃棄物の処理システム 61. 汚泥、有機性廃棄物の処理方法及び汚泥炭化物の利用方法 汚泥から液化活性炭を製造するシステム• ガス、化学薬品、大きな施設も不要で臭気もありません。 天候型で外界の温度の影響もなし• 国際特許出願中です。 このテクノプランの画期的な特許出願中の新技術は、下水汚泥から利用価値の高い環境洗浄剤であるバイオ液化活性炭を生成することができます。 加えて、生成に、ガスや、化学薬品、大きな施設は必要なく、臭気問題も解決します。

次の