ブラック ウォルナット。 ウォールナット床と家具の色の組合わせ5パターン&インテリア30選

ウォールナットとは?オークやクルミとの違いって? [家具・インテリア] All About

ブラック ウォルナット

木材図鑑・北米材「ブラックウォルナット」 ブラック ウォルナット Black Walnut クルミ科 Juglans 属 の落葉広葉樹。 学名 : Juglans nigra L. アメリカ東部及びカナダのオンタリオ州など。 特に、ミズーリー、オハイオ、インディアナなどが主産地。 心辺材の区分は明瞭。 辺材は乳白色から灰紫色、心材は紫色を帯びた薄褐色から濃褐色。 不規則な濃淡の縞を有することが多い。 木材の多くは日に当たると色が濃くなる傾向にあるが、逆にウォルナットは色が薄くなる。 木質はやや重硬で、狂いが少ない。 木肌はやや粗いが、ペンキやステインによくなじみ、艶出し加工で美しく仕上がる。 加工性も良く、釘打ちやネジ、接着の強度が保たれる。 気乾比重 : 0. 63 木理が美しいため、古くから高級家具材や工芸用材として用いられる。 また、衝撃に強いことかに銃床材として重用された。 その他、ドア材、造作材、フローリング材、内装パネル材、楽器材などに利用。 我が国の、がこれに属する。 チーク、ローズウッド、マホガニーと並んで世界的な高級材で、装飾材やツキ板として用いられる。 同属に、アメリカ西海岸に生育するがある。

次の

ブラックウォルナット

ブラック ウォルナット

実 [ ]• 生産は・とが多い。 日本では長野県がクルミの生産量日本一である。 5月から6月にかけて開花し、その後に直径3cm程度の 仮果と呼ばれる実を付ける。 仮果の中にがあり、その内側の(仁)を食用とする。 また、を始め様々なやが豊富に含まれている。 食用としての利用は古く、日本ではから種実の出土事例があり、オニグルミを中心に食料として利用されていたと考えられている。 文献資料においては『』に貢納物のひとつとして記されているほか、『』ではや、においてクルミの貢納が規定されており、平城宮跡出土のにもクルミの貢進が記されている。 実から採れる油は食用にされる他、であるため木工製品の仕上げ用やの成分として使われる。 アメリカでは子孫繁栄の意味を込め、結婚式の際にクルミを撒く習慣がある。 非常に硬く簡単には割れないため、専用の(クラッカー)もある。 なお、は、これを人形の頭にして顎にクルミを挟ませ、噛み割るように見せるものである。 他に、手のひらにクルミを握り込んで転がすのが握力の鍛錬になるほか、老化の防止になるなどの効用もある。 オニグルミはハンマーを使わないと割れないが、(菓子クルミ)やヒメグルミは核果同士を縦筋に合わせて手の腹で押したり握り潰せば、容易に割れる。 木材およびその利用 [ ] 木材としては、日本国内でも「」という名称で扱われる。 北アメリカやカナダで産出されており、やと共にの一つに数えられる。 からにかけ、ヨーロッパ市場ではイギリスデザインやウォールナット種の製品が大きな人気を博し、ヨーロッパ家具の歴史では「ウォールナットの時代」と呼ばれるほど持て囃された。 木質は重硬で衝撃に強く、強度と粘りがあり、狂いが少なく加工性や着色性も良いという特性を持つ。 落ち着いた色合いと重厚な木目から、高級家具材や工芸材に用いられてきた。 の指揮台やのベンチに使用されるほか、耐衝撃性の強さを生かしてのにも使用される。 また、チップはづくりの際のとしても用いられる。 以上のような需要の高さから持続的な伐採が行われた結果、資源が枯渇ぎみであり、現代ではクルミ材は高級木材となっている。 含まれる種 [ ] 食用とされるもの• カシグルミ(菓子胡桃) Juglans regia L. var. orientis Dode Kitam. synonym• (鬼胡桃) Juglans mandshurica var. sachalinensis, Syn. Juglans ailantifolia• (姫胡桃) Juglans mandshurica var. cordiformis, Syn. Juglans ailantifolia var. cordiformis• (菓子胡桃、テウチグルミ) Juglans regia, Syn. Juglans regia var. orientis その他 クルミ科の(:、:美国山核桃、学名: Carya spp. )の材は、の材料に多く使われる。 また、板やなど運動器具のほか、食品のにも用いられる。 「くるみ餅」の地域性 [ ] などで「くるみ餅」と言えばくるみで和えたを指す。 などで「くるみ餅」と言えば餡、または、餡で包んだ餅やを指し、植物のクルミではなく、餡で包む(くるむ)ことが語源である。 その他 [ ]• には、女神がクルミの実へ変えられる話がある。 には、サナダ虫の嫌いなものにクルミを挙げている。 クルミはやなどとともに植物の病害である(人畜に感染すると全く無関係)の伝染源になりやすく 、リンゴなど果樹栽培のさいには伐採するなど植生に注意が必要である。 クルミの摂取は認知機能を向上させる可能性が示唆されている。

次の

木材図鑑・北米材「ブラックウォルナット」

ブラック ウォルナット

広島の桜の開花予想は3月25日とのこと。 広島の街がピンクで彩られる日が待ち遠しいです! 春の訪れを告げる桜、初夏の美しい木々、真っ赤に染まった紅葉、雪が積もった木は、なんとも言えない風情があります。 木には季節ごとにいろんな顔があり、私たちを楽しませてくれます。 そんな木の特徴や知られざるエピソードが書かれた素敵な本を木質内装建材メーカーの朝日ウッドテック株式会社様からいただきました。 少しずつご紹介できればと思います。 今回は Black Walnut(ブラックウォルナット)をご紹介。 分類:温帯広葉樹・クルミ科 産地:北アメリカ ブラックウォルナットはクルミ科に分類され、樹高は8~20m。 ヨーロッパ一帯、北アメリカに分布し、クルミの実をつけます。 チークやマホガニーと共に世界三大銘木の一つとされ、木材にするとチョコレートのような深い色合いをしています。 なんだかおいしそうな木ですね!! 子孫繁栄の象徴 アメリカではクルミが子孫繁栄のシンボルであり 結婚式ではライスシャワーならぬウォルナットシャワーが行われるそうです! 一方、日本ではおせち料理の定番である「田作り」に欠かせない食材。 硬い殻で中身を守っていることから、「家庭円満」や「契り」という意味があるそうです。 家庭に関する縁起物として親しまれるクルミ。 床材にすれば、家の中にたくさんの幸せが訪れるかも… ルネサンス時代・最高級家具材 英国家具の歴史の中で「ウォルナットの時代」と呼ばれる1660~1720年。 当時はイタリアを中心に起こった芸術革新・ルネサンスの最盛期。 ウォルナットの流行はイタリアからフランスへ伝わり、やや遅れてイギリスにも影響を与えたみたいです。 ジョージ・ナカシマ ウォルナットは素晴らしい樹種ですが、白太(樹皮に近く色が薄い部分)には虫がつきやすいことから、無垢で使うときには気をつけなければなりません。 しかし、虫食い跡を残した板もまた、この木ならではの風合いがあるとして珍重されることがあります。 20世紀を代表する家具デザイナーのひとりであるジョージ・ナカシマは、ウォルナットをこよなく愛していたそうです。 「バール」と呼ばれる根や太く枝分かれした又木といった、あまり使われることのない部位も、大切に生かしたことでよく知られています。 香川にある 一度訪れてみたい場所です。 ライブナチュラル プレミアム RUSTIC(ラスティック) 空間の質を決定づける床材。 3月から当社の標準仕様となった朝日ウッドテック株式会社様の無垢材挽き板化粧フロア「ライブナチュラル プレミアム RUSTIC(ラスティック) 」 表面化粧材として2㎜厚の無垢材挽き板を採用し、天然木ならではの美しさや風合いを確保しつつ、独自のナチュラルマット塗装による高い耐久性や床暖房にも対応する機能性を併せ持っています。 また、いま切り出してきたかのような天然木らしい躍動美をもち、にぎやかな節や白太、ダイナミックな斑や濃淡、光によって輝く杢といった自然の中で育った樹が放つ荒々しい個性をスタイルに変え、力強く大胆に表現した新感覚の床材です。 世界三大銘木のひとつ、ブラックウォルナット。 白太を随所に配し、重厚な表情のアクセントに。 気になる方はSTAFFにお気軽にお尋ねください。 出典:樹種物語(朝日ウッドテック株式会社).

次の