アクア マン メラ。 アクアマンのあらすじをラストまで徹底紹介

映画『アクアマン』のあらすじ・キャストなど最新情報を紹介

アクア マン メラ

4億円 前作 次作 『 アクアマン』( Aquaman)は、のの。 「」の『』の実写映画で、様々な「」の実写化映画作品を、同一の世界観の群として扱う『』シリーズの6番目の映画である。 あらすじ [ ] 1985年、のアムネスティ湾灯台の灯台守であるトム・カリーは、岩場の海岸に打ち上げられた、海底国アトランティスから逃亡した女王アトランナを発見する。 アトランナは回復後、トムとの間にアーサー・カリー=アクアマンを儲ける。 数年後、アトランナはアトランティスの追手に捕まり連れ戻される。 残されたアーサーはトムに育てられ、またアトランティスの参謀バルコから武術の指南を受け、たくましく成長する。 アーサーの異父弟にしてアトランティスの王オームは、隣国ゼベルの王ネレウスと同盟を組み、海の生物を殺し、自然を荒らす地上人に戦争を仕掛けることを決意する。 そして海底すべての軍事力を動員するために、海底の七つの国の半数の王に認められた「海の覇王(オーシャンマスター)」になろうとしていた。 デイビッド・ケイン率いる海賊から潜水艦を守ったアーサーは故郷に戻り、父と盃を交わす。 その帰り、突如発生した大津波に襲われた二人を、ネレウスの娘である王女メラが助ける。 メラは、津波は地上人に対するオームからの警告であり、オームの暴走を止めるにはアトランティス王の血を引くアーサーが王になるしかないと助けを求めに来たのだ。 渋々メラに連れられてアトランティスに訪れたアーサーを迎えたのは、バルコだった。 バルコは、アーサーが王になるためには、初代アトランティス王アトランが持っていた伝説の矛・トライデントが必要だと説明するが、アーサーの不法入国に気づいたアトランティス兵に、アーサーが捕まってしまう。 アーサーはオームに、地上への侵攻を中止するよう決闘を申し込む。 伝統に則り、国民たちの前でアーサーとオームの決闘が始まるが、アーサーは劣勢に陥る。 そこにメラが助けに入り、二人は死を偽装して地上へ逃亡する。 アーサーとメラは、かつてアトランティスが地上にあった頃に栄えていた砂海の王国の跡地であるサハラ砂漠に行き、伝説のトライデントのありかのヒントがシチリアにあることを突き止める。 次いでシチリアに到着した二人は、次の目的地が七つの海底国の一つ・海溝の王国にあると知るが、そこにオームから武器を渡され、ブラックマンタとなったデイビッドが強襲する。 何とかデイビットを撃退した二人は、海溝の王国を目指す。 オームは魚人の国の王リクーに協力を求めるが、穏健派であるリクーに拒否される。 仕方なくオームはリクーを殺し、自動的に次の王となった王女を脅し、魚人軍を傘下に収め、次の目標を甲殻類の国に定める。 盗んだ漁船で海溝の国に辿り着いたアーサーとメラは、海溝の化け物たちに襲われる。 襲撃を逃れつつ海底に辿り着いた二人は、その更に奥にある、地球の核に近い「隠された海」を発見する。 そこで二人は、海溝の化け物の生贄になったと思われていた、アトランナに再会する。 アトランナの導きで、アーサーは伝説の怪獣カラゼンと対峙し、海の生物と会話できる初代アトラン王と同じ能力を発揮、伝説のトライデントを手に入れる。 オーム率いる同盟軍と、甲殻類軍が遂に激突する。 勝利を確信するオームの前に、トライデントを手にし、カラゼンを従えたアーサーが現れ、海の生物と共に両軍を圧倒する。 戦いの果て、海上の船の上でアーサーとオームは対峙し、アーサーが勝利する。 アーサーは海底国の王たちに、真のアトランティス王として認められる。 運良く助かったデイビッドは、アトランティスを研究しているシン博士によって治療され、アーサーへの更なる復讐を誓う。 キャスト [ ] 演 - 、日本語吹替 - アトランティス帝国の元女王であるアトランナと、人間の父との間に生まれた。 海に住む生物とのコミュニケーション能力を持つ本作の主人公。 9歳のアーサー・カリー 演 - カーン・グールダー、日本語吹替 - 13歳のアーサー・カリー 演 - オーティス・ダンジ、日本語吹替 - 16歳のアーサー・カリー 演 - ケコア・ケクマノ、日本語吹替 - 演 - 、日本語吹替 - 海底国ゼベルの王女。 水を操り、高い戦闘能力を持つ。 () 演 - 、日本語吹替 - アトランティス帝国の参謀。 少年時代のアーサーに戦闘術を伝授した。 演 - 、日本語吹替 - アトランティス帝国の王であり、「オーシャンマスター」を名乗る。 アーサーとは異父兄弟の関係にある。 ネレウス王 演 - 、日本語吹替 - 海底国ゼベルの王で、メラの父親。 演 - 、日本語吹替 -。 アーサーとの戦いで父を失い、彼への復讐に燃える。 アトランナ 演 - 、日本語吹替 - アトランティスを治めていた前女王。 アーサーとオームの母親。 トム・カリー 演 - 、日本語吹替 - アーサーの父親。 マーク大佐 演 - ()、日本語吹替 - アトランティス軍の隊長。 ジェシー・ケイン 演 - 、日本語吹替 - デイビッド・ケインの父親。 ()博士 演 - 、日本語吹替 - アトランティス帝国の存在を信じる科学者。 アトラン王 演 - 、日本語吹替 - アトランティス帝国の初代王。 カラゼン 声 - 、日本語吹替 - アトランティスの伝説の怪物。 ブライン王 声 - 、日本語吹替 - 甲殻類(ブライン)の王。 リクー王 声 - 、日本語吹替 - 魚人(フィッシャーマン)の王。 製作 [ ] 2017年10月に114日間にわたる撮影を終えた。 公開 [ ] アメリカ [ ] 12月21日に公開され、初週末3日間で興収は6,740 万ドルを記録した。 12月15日実施のAmazonプライム会員限定上映と合わせ、7,210万ドルを稼ぎ、初登場1位を飾った。 世界 [ ] 2018年12月21日の米国公開を前に12月7日に中国から封切られた。 その後イギリス、ブラジル、ロシア、メキシコなどでも公開された。 2018年12月16日時点で世界43市場で劇場公開されており、累計興収額は2億6,130万ドルを記録。 12月14~16日の3日間では1億2,640万ドルを稼ぎ出した。 米国公開がされた12月25日現在で4億8,200万ドルに到達している。 2019年1月27日時点で世界興収10億9000万ドルを記録して、興行収入が、DC映画史上No. 1の興行成績を記録した。 関連作品 [ ] 本作はに属し、前作『』(2017年)よりも時系列的に後の話とされている。 一方で、『ジャスティスリーグ』の時点で既にアーサーと会っていたメラが、本作ではアーサーに自分の名前を教えるなど、二人が初対面のように描写されている。 参考文献 [ ]• Film Music Reporter 2018年3月7日. 2018年3月12日閲覧。 シネマトゥデイ. 2018年9月7日. 2018年9月10日閲覧。 2018年11月27日閲覧。 2019年2月10日閲覧。 - 2020年2月14日閲覧。 シネマトゥデイ. 2019年1月11日. 2019年1月11日閲覧。 ふきカエル大作戦!!. 2019年1月29日. 2019年1月29日閲覧。 2017年10月22日閲覧。 2019年2月16日閲覧。 2019年2月16日閲覧。 2019年2月16日閲覧。 2019年2月16日閲覧。 2019年2月2日閲覧。 2019年2月16日閲覧。 外部リンク [ ]• - (英語)• - プレイリスト.

次の

DC映画『アクアマン』最強ヒロイン、メラ役のアンバー・ハードが緊急来日決定

アクア マン メラ

その日の夜、ゼベルの城ではトレンチ族の王家を迎えてパーティーが行われました。 メラの父でゼベル国王のネレウスは、同盟国トレンチの王子ラーケンを、娘と結婚させたいと考えています(原作や映画では凶暴なモンスターだったトレンチ族は、本作では人間の姿です)。 しかし彼女はそれを望んではいませんでした。 メラはパーティーを抜け出し、幼い頃に喪った母の像の前でため息をつきます。 彼女の母親は女王であり、良き母であり、同時に勇敢な戦士でもありました。 母のような英雄になりたいと願うメラは、政治に利用され、愛していない相手と結婚させられ、戦士にもなれない将来を悲観していたのです。 苦しむ彼女にヒカラはこう言います。 「母上になろうとしなくて良いのです。 あなたはあなたになるのです」 メラはその後、父がアトランティス王家の血を引く人間の子、アーサー・カリーを、ラーケンの手で暗殺させようと企てていると知ります。 望まない結婚を拒否し、自分もまた母のような戦士であることを証明するために、 彼女はラーケンよりも先に、自らの手でアーサーを殺そうと決意します。 メラはアムネスティ・ベイ(忘れが岬)にたどり着くと、溺れたふりをしてアーサーに保護されます。 海棲人である彼女は、地上の空気に肺と体が慣れるまでは安静にしなければいけません。 彼と行動をともにしながら暗殺のタイミングを探っていたメラでしたが、やがて彼女は、アーサーは自分の出自を知らないだけでなく、誰にでも親切で心の優しい、無垢な青年であることを知ります。 本当に彼を殺すべきなのだろうか……? 戸惑う彼女の胸に、いつしかアーサーへの恋心が芽生えていくのでした。

次の

アクアマン (映画)

アクア マン メラ

出典:映画. com DCコミックス映画『アクアマン』がついにNetflixで見放題配信がスタートしました。 今のところアクアマンが見放題で視聴できるのはNetflixだけです。 アクアマンと言えば今年2月に劇場公開され、日本でも大ヒットしています。 DCコミックスと言えば近年はバットマン vs スーパーマンなどイマイチぱっとしない作品が続いてましたが、ガル・ガドット主演のワンダーウーマンあたりから一気に面白くなってきた印象です。 今まではアベンジャーズやキャプテン・マーベルなどのマーベルスタジオの超大作映画に押され気味の印象が強かったDCコミックス映画ですが、アクアマンはそんな過去を吹き飛ばす一作になりましたね。 そんなアクアマンで主人公のジェイソン・モモア以上に目立っていたのが、相棒のメラ役の女優です。 本当に美人で、スタイル抜群で華がありましたよね! メラ役女優の名前はアンバー・ハードで少し前はお騒がせセレブとして有名でした。 そこで今回はアンバー・ハードについて掘り下げていこうと思います。 アクアマンのメラ役女優が美人すぎる! アンバー・ハードと言えば映画「パイレーツオブカリビアン」シリーズで主人公のジャック・スパロウを演じた人気俳優のジョニーデップと結婚していたことで有名です。 さらにジョニーデップと別れたあとも南アフリカ出身の大富豪で実業家のイーロンマスクと付き合うなど恋愛に奔放な姿がたびたびメディアを騒がせました。 イーロンマスクは電気自動車のテスラモーターズのCEOも務めていた人物なので、知っている方も多いんじゃないでしょうか。 イーロンマスクはクレジット決済サービスのPayPal社の創業者としても有名ですよね。 まあ、あれだけ美人なら恋人はひっきりなしに見つかると思いますが、彼女の奔放さに対して嫉妬ややっかみも多い気がします。 amberheard がシェアした投稿 — 2019年 8月月15日午後12時03分PDT このような恋愛のゴタゴタもあって最近は女優の仕事はどうでもよくなったのかなと思ってたんですが、アクアマンのメラの演技を見てその考えが間違いだったことに気づかされました。 アクアマンでは本当にメラ役のアンバー・ハードの演技が上手くて、主役のジェイソン・モモアに負けない存在感を放っていて驚きました。 コミカルな演技もとても自然で面白く、感情表現も豊かでメラ役はまさに彼女のハマり役だった気がします。 ジェイソン・モモアはHBOの大人気テレビドラマシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」でデナーリス・ターガリエンの夫のカール・ドロゴ役を演じて一気にブレイクしましたよね。 何しろジェイソン・モモアは筋肉隆々で見た目のインパクトが凄いですからね。 そんな彼とタメを張れるアンバー・ハードはやっぱり大物だと思います。 アンバー・ハードと言えば意外にも昔から映画に出ていて、ニコラスケイジ主演のドライブ・アングリーやマチェーテ・キルズそしてドラマでは「クリミナル・マインド」への出演が有名ですよね。 彼女の映画を見るたびにこの綺麗な女優さんは誰だろうとずっと気になってました。 そしてジョニーデップと結婚した事で一気に有名になり、日本にも映画のPRで2人揃って来日する等、海外でも知名度がアップしました。 ですがあんなに早く破局するなんて思ってもいませんでしたね。 ですがアクアマンでの彼女の演技は映画業界でも高く評価されているので、また近いうちに大作映画に出演するでしょうね。 アクアマンではスタントをほとんど使わずにアクションを自らこなしていたようで、アンバー・ハードがまさかあんなに運動神経がいいなんて思いませんでした。 amberheard がシェアした投稿 — 2019年10月月31日午後1時32分PDT アンバー・ハードに結婚する彼氏はいる? アンバー・ハードに現在交際中の彼氏や結婚の噂はあるんでしょうか。 アンバー・ハードと言えばジョニーデップとの泥沼離婚騒動が日本のメディアでも取り上げられ、世間の大きな注目を集めました。 さらに離婚後も実業家のイーロンマスクとの熱愛が報じられるなど、モテ女ぶりを発揮します。 thesun. こうしてみるとアンバー・ハードは恋愛に対して熱しやすく冷めやすい性格のようです。 今年に入ってからもアンバー・ハードの恋の噂は絶えず、3月にはアルゼンチンの映画監督のアンディ・ムスキエティ氏との熱愛が現地メディアで報じられています。 dailymail. さらに今年の6月にはニューヨークで8歳年下のモデルのミロス・ドラゴ 25 との熱愛もスクープされています。 これだけ色んな男性との噂が出てくるところを見ると結婚はまだまだ遠そうですが、またお金持ちの大富豪と結婚して世間を驚かせる予感がします。 まとめ アンバー・ハードはしばらくはDCコミックスのアメコミ映画に色々出演するでしょうね。 アクアマンのメラの演技を見れば女優としての実力はしっかりしているので、30代のこれからのキャリアも期待できると思います。 できればアンバー・ハードにはシリーズモノの海外ドラマにも出演して欲しいですね。

次の