バッティング グローブ。 打率を支える相棒を清潔に!素材別のバッティンググローブの洗い方

野球用品紹介 バッティンググローブ 手袋に潤いを与える方法と手袋を付ける3つの理由

バッティング グローブ

デザイン性・機能性ともに妥協したくない人におすすめ。 ミズノが特許を取得しているパワーアークラインにより、 スイング時のパワーロスを最小限に抑えインパクトにつなげるグローブです。 手首部分には伸縮力の異なる2つのベルトを使用した、デュアルテンションベルトを採用。 ホールド性を上げ、ソフトな装着感を実現しました。 自然なグリップ感でバッターのパフォーマンスを引き出します。 掌に施されたダイヤエンボス加工が、優れたグリップ力を生み出しスイングを安定させます。 また、手袋着用時の各部位における着圧を分析し、結果に応じて硬度のシリコーンを配置。 そのため、手全体に密着するような装着感を体感できるでしょう。 手と手袋が自然にフィットするため、自由な指の動きが可能になります。 素材には、掌の内側までしっかりグリップできるように開発されたW-GRIP合成皮革を使用。 従来の合成皮革よりも グリップ力がアップすることで、安定したスイングが期待できますよ。 甲の部分には伸縮性のある生地を採用。 ムレを防ぎながらも、抜群のフィット感を体感できますよ。 カラーが多いので色違いで買えば気分によって変えられて、モチベーションアップにもつながるでしょう。 掌や当て革にはすべり止めになるエンボス加工を採用。 耐久性があり、バットをしっかり握れます。 素材には合皮を使用しているため洗濯も可能で、試合や練習で汚れても丸洗いできるのは嬉しいですね。 また、抗菌・防臭ニットも使用されているため、快適に長く愛用できます。 高校野球ルールに対応したバッティンググローブなので、公式戦でも使用可能。 練習から試合まで、幅広く活躍してくれるでしょう。 甲側に使用した高伸縮素材により、バットを握ったときの抵抗を緩和。 強く握り込めるとともに、フィット感も抜群のニューデザインです。 掌にはグリップ性能に優れた、オリジナルエンボス加工を施しています。 また、親指と掌は当て革による補強加工もされているので、 ダメージに強い仕様。 合成皮革のため洗うことも可能です。 ECサイトのレビューでは、 耐久性・グリップ力に優れているという声がありました。 バットを力強く握って、 フルスイングをしたい人におすすめです。 ミズノ独自の指先立体縫製や3Dカット製法により、指先との密着感がアップ。 指のスムーズな動きを実現します。 素材に使われたシープレザーには ウォッシャブル加工が施されているため、汗などによる革のダメージを軽減。 また、ウェット時でも グリップ力を保つので、汗でバットが握りにくくなる人にもおすすめです。 手の甲や指の部分にシリコーンパーツを配置していることにより、 バットを握り返す力を生み、グリップ力を強力にサポート。 さらにスイング時のズレが解消され、スムーズにパワーが伝わります。 力強いスイングのためのグローブだといえるでしょう。 ストレッチ素材で長く使える 3Dカット製法により自由な指の動きが可能 密着するような装着感で、スイングの安定性を高める おしゃれなデザインと、機能性を両立 合皮と天然皮革を使用。

次の

野球のバッティンググローブ&手袋のおすすめ人気ランキング10選!

バッティング グローブ

記事の目次• 野球が趣味のお父さんや、野球部バッターのマストアイテムである バッティンググローブ。 そんなあなたの打率を支えてくれているバッティンググローブ、しっかりお手入れできていますか? 「スポーツを用の手袋なんだから、汚れるのは当たり前!」なんて思って放置してしまっている人も多いはず。 でもグローブの内側には手汗がついて臭ってくるし、気がついたら雑菌だらけ…なんてことも。 実はバッティンググローブも、素材によっては洗えるものがあるんです。 今回はバッティンググローブの正しいお手入れ方法を、素材別にご紹介します。 素材別でチェック!バッティンググローブのお手入れ方法 バッティンググローブは主に 天然革素材の物と 人工革素材の物があります。 それぞれにあった正しいお手入れ方法をマスターして、大切なグローブを少しでも長持ちさせましょう。 人工革グローブのお手入れ 人工革素材の物は基本的に水洗いが可能です。 ただし洗う前には、一度グローブの内側にある洗濯表示をしっかりと確認しましょう。 水で洗えることが確認できたら、以下の手順に沿ってやさしく丁寧に洗ってください。 用意するもの• たらいや洗面器• おしゃれ着用洗剤• タオル 手洗いの手順• バッティンググローブを入れる• 上から押すようにしてやさしく洗う• 新しいぬるま湯で、洗剤の成分がなくなるまでしっかりとすすぐ• タオルで挟むようにして脱水する• 風通しのいい日陰で干す 人工革のグローブは熱に弱いので、高温のお湯で洗濯したり、ドライヤーや乾燥機で乾かすのは絶対に避けてくださいね。 漂白剤や柔軟剤の使用も、人工革を傷める可能性があるためNGです。 グローブの型崩れや、乾きにムラができるのを防いでくれます。 天然革グローブのお手入れ 天然革のグローブは、基本的に洗濯はできません。 天然革は水に弱いので、もし水洗いしてしまうと型崩れや色落ちを引き起こしてしまいます。 どうしても丸洗いしたい場合は、クリーニング店などのプロに依頼しましょう。 ただし簡単なお手入れであれば、自宅でも十分可能! 天然革のグローブは手汗を吸い込みやすいので、定期的にお手入れする必要があります。 以下の手順に沿って、丁寧にお手入れしてください。 用意するもの• レザーグローブ用のブラシ• レザーバーム お手入れの手順• レザーグローブ用のブラシを使って汚れやほこりを落とす• レザーバームを塗って保湿する 天然革のグローブは、一度しっかりと乾燥させてから保湿することがポイントです。 また保湿の前に、専用のブラシを使ってしっかりと汚れを落とすことも忘れずに。 汚れが残った状態のままバームを塗り込んでしまうと、しっかりと保湿されなかったり、汚れからカビが発生してしまうこともあるので要注意です。 天然革のグローブも、人工革と同様に熱に弱いです。 ドライヤーや乾燥機で乾かすのは絶対にNGなのでご注意ください。 乾燥時のワンポイントアドバイス 天然革のグローブは洗えないので、中にこもった汗の臭いが気になる!という人もいるでしょう。 そんな時は、ファブリーズやリセッシュなどの除菌・抗菌スプレーをグローブの中に一吹きしてから乾かしてください。 汗の臭いの元は雑菌です。 雑菌の増殖を抑えてくれるスプレーを使用すれば、臭いはさほど気にならなくなりますよ。 毎日のお手入れが大切!日常的にできるケア方法 バッティンググローブはどんな素材のものでも、 日常的なケアをすることで長持ちさせられます。 たまに丸洗いもいいですが、やはりベストなのは毎日ちょっとずつケアすること。 野球の試合を終えて帰ってきたら、まずグローブを簡単にお手入れしてあげることを習慣づけましょう。 ホコリや汚れを落とす 天然革の場合は専用のブラシ、 人工革の場合は濡れたタオルなどで汚れを軽く落としましょう。 日常的に汚れを拭き取っておくことで、汚れが蓄積しにくくなります。 いざ本格的なお手入れをするときも、グッと楽になりますよ。 オイルやバームを塗る バッティンググローブは使用頻度が増すと、摩擦で少しずつ革の保湿が失われてきます。 気づいたらカサカサになっていた…なんてことのないように、 試合後には必ずオイルやバームを塗ってあげましょう。 しっかりとバッティングするためには、グローブの保湿感が命ですよ! 大切なグローブをしっかりお手入れして、打率アップを目指そう! 今回はバッティンググローブの正しいお手入れ方法を素材別にご紹介しました。 定期的な洗濯ももちろん大事ですが、やはり一番大切なのは日常的なケアです。 染み込んだ汗は頑張った証ですが、そのまま放置してしまうのは厳禁! 試合が終わったらしっかりとお手入れして、気分もグローブもスッキリした状態で次の試合に備えましょうね。 常にベストなコンディションのグローブを着用することが、打席での余計な緊張を取り除くことにつながるはずですよ。

次の

(あのメジャーリーガーも着用!)野球バッティング手袋(グローブ)の選び方と人気おすすめ10選!

バッティング グローブ

デザイン性・機能性ともに妥協したくない人におすすめ。 ミズノが特許を取得しているパワーアークラインにより、 スイング時のパワーロスを最小限に抑えインパクトにつなげるグローブです。 手首部分には伸縮力の異なる2つのベルトを使用した、デュアルテンションベルトを採用。 ホールド性を上げ、ソフトな装着感を実現しました。 自然なグリップ感でバッターのパフォーマンスを引き出します。 掌に施されたダイヤエンボス加工が、優れたグリップ力を生み出しスイングを安定させます。 また、手袋着用時の各部位における着圧を分析し、結果に応じて硬度のシリコーンを配置。 そのため、手全体に密着するような装着感を体感できるでしょう。 手と手袋が自然にフィットするため、自由な指の動きが可能になります。 素材には、掌の内側までしっかりグリップできるように開発されたW-GRIP合成皮革を使用。 従来の合成皮革よりも グリップ力がアップすることで、安定したスイングが期待できますよ。 甲の部分には伸縮性のある生地を採用。 ムレを防ぎながらも、抜群のフィット感を体感できますよ。 カラーが多いので色違いで買えば気分によって変えられて、モチベーションアップにもつながるでしょう。 掌や当て革にはすべり止めになるエンボス加工を採用。 耐久性があり、バットをしっかり握れます。 素材には合皮を使用しているため洗濯も可能で、試合や練習で汚れても丸洗いできるのは嬉しいですね。 また、抗菌・防臭ニットも使用されているため、快適に長く愛用できます。 高校野球ルールに対応したバッティンググローブなので、公式戦でも使用可能。 練習から試合まで、幅広く活躍してくれるでしょう。 甲側に使用した高伸縮素材により、バットを握ったときの抵抗を緩和。 強く握り込めるとともに、フィット感も抜群のニューデザインです。 掌にはグリップ性能に優れた、オリジナルエンボス加工を施しています。 また、親指と掌は当て革による補強加工もされているので、 ダメージに強い仕様。 合成皮革のため洗うことも可能です。 ECサイトのレビューでは、 耐久性・グリップ力に優れているという声がありました。 バットを力強く握って、 フルスイングをしたい人におすすめです。 ミズノ独自の指先立体縫製や3Dカット製法により、指先との密着感がアップ。 指のスムーズな動きを実現します。 素材に使われたシープレザーには ウォッシャブル加工が施されているため、汗などによる革のダメージを軽減。 また、ウェット時でも グリップ力を保つので、汗でバットが握りにくくなる人にもおすすめです。 手の甲や指の部分にシリコーンパーツを配置していることにより、 バットを握り返す力を生み、グリップ力を強力にサポート。 さらにスイング時のズレが解消され、スムーズにパワーが伝わります。 力強いスイングのためのグローブだといえるでしょう。 ストレッチ素材で長く使える 3Dカット製法により自由な指の動きが可能 密着するような装着感で、スイングの安定性を高める おしゃれなデザインと、機能性を両立 合皮と天然皮革を使用。

次の