えりちゃん。 えりちゃんさんのプロフィールページ

竹下龍之介

えりちゃん

『えりちゃんちはふつう』 藤生先生の実体験を元にしたエピソードのフィクション作品なり。 ようするに『ちびまる子ちゃん』みたいなものなのですが、あんな面白おかしく笑えるものでもキラキラした子供時代でもない。 ちょっと 切なく痛い子供時代の青春の蹉跌を描いたものなり。 心が痛くなる『ちびまる子ちゃん』である。 ちょっと貧乏なえいちゃんの家 「ケーキ」 幼なじみのゆきちゃんの家はお金持ち。 えりちゃんの家はけっこうな貧乏で、ケーキなんてほとんど食べないのにゆきちゃんの家でそれが「ふつう」。 お金持ちだねぇって言えば「ふつう」と返された心境がなんともいえません。 ゆきちゃんちが「ふつう」なのか あたしのうちが「ふつう」なのか えりちゃんの家は貧乏だってことが子供視点で描かれる。 もっとシャレにならない貧乏な家庭もあるだろうが、その生々しい実体験が刺さりまくる。 「ふつう」って何だよと。 よその家と比べてのリアルな貧乏エピソード。 ケーキの話を筆頭に、 みじめな気持ちになるえりちゃんの心情が痛くて切なくて泣けてくる。 形容しがたい理不尽さ 「ラーメン係」 えりちゃんの家の貧乏エピソードに、友達と疎遠になることや、兄や姉からのジャイアニズム、父親と母親からの兄弟で違う格差を受ける…と、えりちゃんが受けた理不尽とも言えるアレコレの話がかわいらしい絵柄で綴られるエッセイ。 「劣等感」と「理不尽さ」のオンパレードで胸が痛くなりまくる。 大小あろうが、誰にだって理不尽な体験や劣等感を覚えることや自己嫌悪に陥ることはあるので、昔の古傷や経験をフラッシュバックさせて鬱屈した気分になれます(褒めてます)。 いや、昔の幼少期でなくとも憎悪や劣等感のカタマリである自分は現在進行で謎の共感を覚える。 自伝的エッセイなのに、「昔は大変だったけどそのおかげで今は成功しました」的な自慢エッセイでもないので、 なおたちが悪いです(賛辞)。 「ラーメン係」では母親に何でもいいから袋ラーメン買ってきてと頼まれて塩ラーメン買ってくれば、醤油か味噌がよかったとDISられる始末である。 なんて理不尽なんだ。 こんな軽々はディティールが違ったって誰でも分かりみあるでしょう。 でも、なんか「仕方ないよね」って受け止めてしまってるえりちゃんに、より共感してムンな気持ちになること多数。 どこにこの巨大感情ぶつけんだって行き場がない気分になること無数。 もちろん、誉め言葉です。 「ふつう」ってなんだよ 14歳 極論をいえば、えるちゃんは「ふつう」ではない。 家は貧乏だったし、姉兄からのジャイアニズムを受けてたし、両親からもあまりかわいがってもらったわけではない。 かつての友人と疎遠になる様や、普通ではない不登校。 『えりちゃんちはふつう』ってどこが普通やねん!って突っ込みたくなるタイトルである。 「えりちゃんはふつうでない」ならシックリくるんですけどね。 ただ、自分が受けた理不尽さや劣等感で、父と母に恨みつらみを爆発させるわけでもないのが『えりちゃんちはふつう』のキモなのかもしれんな。 だって、親に対して「てめー!恨んでるぞ!」「ボケー!」「ムカツクんじゃー!」みたいな話でも決して無い。 「ふつう」でない経験だが「ふつう」なんだよね。 オマケ漫画や「瑕疵」(傷とか欠点)、で現在の親とのやり取りや関係や心境が語られているのですが、姉と兄と両親の顛末とえりちゃんの両親の今を見るとねぇ…。 細かいことまでは語られないがなんともまぁ…。 どんな紆余曲折があったのだ!姉と兄と父と母! で、えりちゃんはなんだかんだで暖かさみたいなのがあったわけです。 本編でも自分が受けた理不尽さ一辺倒でもないしね。 極論を言えば、 えりちゃんはふつうだった(と思う)。 少なくとも今は「ふつう」に見えましたね。 その「ふつう」の価値観は難しいところですけどね。 家族に対しては今のえりちゃんは「ふつう」に接しているように見えました。 普通ってなんだろ?そんな哲学すら投げかけたね。 劣等感や理不尽や自己嫌悪があるすべての人の心に刺さるエピソードの数々と「ふつう」。 泣いちゃったよ。

次の

竹下龍之介

えりちゃん

この にはなが不足しています。 の提供に協力をお願いします。 存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的にあるいは有害となるものは すぐに除去する必要があります。 ( 2017年5月) こいずみ えり 小泉 エリ 本名 森下 絵梨 もりした えり 生年月日 1982-03-28 (38歳) 出生地 ・ 身長 160 血液型 職業 、、 活動期間 - 現在 配偶者 (間垣祐哉) 主な作品 バラエティ 『』(2006年4月 - 2010年1月) 備考 身長160cm 体重43kg B80cm W58cm H85cm 小泉 エリ(こいずみ エリ、 - ) は、の、。 入籍前の本名: 横木 絵梨(よこぎ えり)。 160cm、43kg。 、所属。 は「 エリちゃん」「 ぴんくさん」「 エリリン」。 夫は元大相撲力士で現・間垣親方の(間垣祐哉)。 概要 [ ]• 、、京都西高等学校(現:)、英米語学科卒業。 趣味は大相撲観戦 (特にのファン)。 特技はピアノ、英会話、着付。 来歴 [ ]• 2000年、マジシャンとして活動開始。 同年8月、より「 小泉 エリ」の芸名でデビュー。 2002年11月、ミス京都コンテストに出場し、特別賞の賞を受賞。 2003年12月、父・横木ジョージ、母・レミと「横木マジック研究所」を結成し、2003出場。 マジックとの融合という新しい分野にチャレンジするも2回戦敗退。 2005年8月、『』()内の夏限定アシスタント「夏のごきブラカバーガール」3人のうち1人に選ばれる。 2005年8月、『』(、主演:)に、マジシャンの助手役で出演。 以降は一人で活動。 2006年4月より、『』()の「」コーナーにレギュラー出演開始。 2007年3月25日、で開催された対のオープン戦で、を担当した。 2007年11月10日、三重県ので『ノブナガごはんリレー小泉エリ激励まつり』が開催され、本職のマジックを披露。 同番組の前身コーナー「」のや、「ごはんリレー」の旅先で知り合ったインディーズバンドも応援に駆けつけた。 2008年、吉本08の公式ガールを務める。 2009年4月10日、の番組「」(23:30 - 24:00)金曜枠でレギュラー番組「ハマグリ王」を開始。 2010年2月14日、名古屋のにて初の単独ライブとなる『初単独ライブ 小泉エリのミラクル場所 〜実は私、マジシャンだったんです〜』を開催。 2011年度で準決勝進出。 2012年11月19日、初の著書(『幸せになる にゅうりん占い』)を出版発売。 2012年11月4日、第16回大阪・淀川市民マラソン10km女の子の部に出場。 2016年2月5日、の元幕内の安治川親方(当時、その後佐ノ山を経て現在は間垣)と3月に入籍すると報じられ 、同8日に時津風部屋で婚約会見を行い 、10月2日に挙式・披露宴および土佐豊の断髪式が行われた。 同年10月4日、自身のブログで第1子の妊娠を発表。 2017年3月6日に第1子長女を出産。 2019年3月2日、自身のTwitterとインスタグラムにて第2子の妊娠を発表。 同年7月7日に第2子次女を出産。 人物像 [ ]• 大のファンで、好きな男性のタイプも。 特に魁皇の大ファンであると明かしている。 また力士の乳輪が好きで、最近は乳輪の大きさと色で共演者の性格や運勢を占う「乳輪占い」をたびたび披露し 、乳輪占いの著書も出版している。 好きな色はピンク。 『』の「」のコーナーでは常にピンクのシャツやジャージを着用しており、「ピンクさん」と呼ばれることがある。 24歳のときに免許を取得。 父親は反対していたが、一緒に行った教習所で触発されてしまい、結局、先に申し込んだのは父親の方だった。 最初に750ccを買ったものの、父親が買ったが羨ましくなり、わずか3か月で売却。 その後、ハーレーの2008年式FLSTN・ソフテイルデラックス1600ccを購入した。 2014年2月4日、メ〜テレ『昼まで待てない! 全治2か月と診断されるも、入院や手術の必要はなく2月8日に放送された『昼まで待てない! 』のスタジオパートにも出演している。 出演 [ ] テレビ番組 [ ] レギュラー• (、2008年4月 - ) - 準レギュラー• (、2010年9月19日 - ) - 準レギュラー- 情報喫茶店リポーター• (、2011年4月13日 -) - 隔週レギュラー(と交互に出演)• () - 2005年夏のごきブラカバーガール• (第6シリーズ) 第5話(2005年、) - 増村幹子 役• (テレビ朝日) - 2006年1月• (、2006年4月 - 2010年2月27日) - 「」• () - の3月場所から11月場所までコーナー担当として出演• 2008年7月20日 での大相撲中継公開放送にゲスト出演• 2009年3月22日 以下の中継でゲスト出演• 2009年5月18日 中入企画「国技館へいらっしゃい」に出演• カンテーレ CRE8(、2009年1月 - 2010年3月)• (関西テレビ、2010年5月 - 2011年4月4日)• (関西テレビ) - 乳輪占いのコーナーで、占い師・乳輪先生として出演• (朝日放送、2012年4月7日 -2012年8月4日) - 「追っかけみしらん! 」リポーター• (朝日放送、2012年8月25日 -2012年12月22日) - 「週末あそびプランナ」リポーター・スタジオ出演• (毎日放送、2012年6月21日 - 2012年9月19日) - 「アイデアの小泉」リポーター・スタジオ出演• (朝日放送、2013年1月12日 - 2013年3月) - レギュラー• さすらいのマジシャン! (メ〜テレ、2013年8月4日・11日・18日・25日)• (、2012年10月2日 - 2014年9月)毎週火曜日25時~25時30分 - レギュラー• (朝日放送、2011年11月1日 - 2015年12月) - 準レギュラー ラジオ番組 [ ] 過去のレギュラー• 金曜日「ハマグリ王」(、2009年4月10日 - 2009年6月26日)• 金曜日「」(、2010年4月9日 - 2016年6月24日) CM [ ]• 『大正漢方胃腸薬』(2009年8月、限定CM)• 『』(2009年9月、中部日本放送限定CM)• NTTドコモ『ドコモインフォメーション docomo最新ケータイNEWS』(2009年12月、中部日本放送限定CM)• 『ぴかぴかエリちゃん勉強中! 』(2010年10月13日 - 2010年12月、中部日本放送『』内) 単独ライブ [ ]• 初単独ライブ 小泉エリのミラクル場所 〜実は私、マジシャンだったんです〜(2010年2月14日、)• 小泉エリのマジカルおもちゃ箱〜大阪場所〜(2013年9月21日、)• 小泉エリのマジカルおもちゃ箱〜名古屋場所〜(2013年9月29日、今池ガスホール) 小泉エリVS桜 稲垣早希 [ ]• 小泉エリVS桜 稲垣早希〜千の日の前の女の戦い〜(2012年3月19日、)• 小泉エリVS桜 稲垣早希〜AのBのCの女の戦い〜(2012年6月27日、)• 小泉エリVS桜 稲垣早希〜堺の筋の本の町の女の戦い〜(2013年4月4日、ホール)• 小泉エリVS桜 稲垣早希〜OのBのPの女の戦い〜(2013年8月10日、円形ホール)• 小泉エリVS桜 稲垣早希〜女の帝の人の戦い〜(2014年12月13日、テイジンホール)• 小泉エリVS桜 稲垣早希〜東の別の院の女の戦い〜(2014年12月13日、東別院ホール) 著書 [ ]• 『幸せになる にゅうりん占い』(、2012年) 脚注 [ ]• サンケイスポーツ 2012年11月11日閲覧• SANSPO. COM 株式会社 産経デジタル. 2016年2月6日. 2016年2月8日閲覧。 Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2016年2月8日. 2016年2月8日閲覧。 ORICON STYLE. 2016年10月4日. 2016年10月4日閲覧。 小泉エリオフィシャルサイト. 2016年2月21日閲覧。 2016年2月7日. 2016年2月21日閲覧。 毎日新聞 2014年2月8日. 2014年2月9日閲覧。 リンク切れ 外部リンク [ ]• @koizumierisan -•

次の

料理写真 : えりちゃん弁当

えりちゃん

どう表現したらいいのだろう。 重く静かに心の痛むような自伝的エッセイマンガだ。 特別に面白い話も、変わった話もない。 この手のマンガでよくあるように、語り手である主人公は、貧乏な家に生まれて、親にもあまり可愛がってもらえず、大好きな友達や先生との関係も、終ってみれば、いつも一方通行だったことに気づいてしまう。 それでも、主人公は、しかたないなとでもいうように、それを受けとめようとする。 自分が傷ついているというのは分かっていても、それを認めたからといって救われるわけではない。 いや、余計に傷つくだけだ。 それなら、その悲しみに気づかなかったかのようにして、やり過ごすしかないではないか。 そんな主人公を救ったものは唯一、マンガを描くことだった。 だがそれは、それが楽しかったからということではない。 自分のなかにどんどんと貯まっていく、悲しみや怒りややるせなさといったものを、マンガに移すことで、マンガによって美化して変造することで、主人公は「つらさに堪える主人公」を相対視し、自身のつらさを、自身の中から物語の中へと封印してきたのではないだろうか。 それでも、つらいものはつらい。 誰かが温かく手を差し伸べて、黙って抱きしめてほしい。 そして、そこで全てが終っても良いような安心のなかで寝りたい。 つらさに堪えて、人に優しくできるような人間になること。 それはたぶん、誰よりも自分自身に対する救いとなるのだ。 「そんな人もいるのだ。 現にここに」という救いを、自分で生み出すための物語。 ここには、表現することによる救済がある。 それですべてが解決するわけではないとしても、一瞬でも、この現実のつらさから解放してくれる「やさしい物語」を信じたい。 そのなかで生きたい。 そんな切なさが沁み入る作品だ。 主人公よ、それでもきみは、つらい生を生きる人たちの希望である。 それだけは忘れないでいてほしい。 マザーファッカーズが大好きで愛読していたのですが、その端々で感じていた著者が抱えている不穏さの謎が、本書でとけた感じがありましした。 短いですが、1篇、1篇が本当に多くのことを含んでいて、何度も読み返してしまいます。 家族関係や子供時代がメインで描かれていますが、学校での友人等の人間関係についても色々考えてしまいました。 年賀状のエピソードが、中学生位で人間関係が難しくなってくる感じをものすごく象徴している感じがして、なんともいえずささりました。 (私も小、中学校の時はりきって年賀状を書いていたタイプで、思えば友人からうざがられていたのかもしれないなと思いかえしたり。 ) 続きも読みたいなと思っています。 作者の自伝エッセイ的な作品。 一応作者のコメントとしてフィクションであるとされていますが、 実際のエピソードを基に構成されているのも事実のようです。 タイトルが既に何かを暗示してますよね。 本当に普通だと認識してる人はわざわざ普通だと主張したりしないですから。 貧乏あるいは裕福でない家族というのが一つのキーになってますが、 それ以外にもとにかくつらい話が多いです。 ロケット花火のエピソードはキツ過ぎる…。 おじいさんのほんわかした昔話を聞くだけに見えた戦争の話も最後の1ページがエグイこと。 そんな感じで非常にジメジメした重苦しさを感じる作品なのですが、 マンガを描くことでそういう辛い場面、苦しい場面を乗り越えられてきたのかなって すごく思わせられる作品でした。 最後の方に楽園本誌編集担当の飯田氏をネタにした作品が載っていました。 毎号本誌巻末で誠実なコメントを書かれている飯田氏ですが、 この作品で描かれいる内容が事実なら本当に誠実な人のようです。 ちょっと空気読めなさそうなところはありますが 一読者として楽園では創刊以来、色んな作品を楽しませてもらいました。 作者にとっても居心地の良い場になっているならうれしいな、と思いました。

次の