キャッシング 障害 者。 なぜ声をあげた障害者がバッシングを受けるのか?バニラ・エア問題、本当の争点はどこにある

「身体障害者手帳」のメリットは?どんな割引・サービスが受けられるの?|障がい者(身体障害 発達障害 知的障害)のライフスタイルメディア|Media116

キャッシング 障害 者

ライター: 身体障害者手帳を取得すると、さまざまな福祉サービスを受けられるメリットがあります。 今回は、利用価値が高い代表的なサービスについてご紹介します。 地方自治体や、サービスを提供する会社によっても内容は異なりますが、手帳の取得を迷っている方や、まだ一部のサービスしか利用していないという方は、ぜひ参考になさってください。 医療費、補装具、リフォーム費用の助成 <医療費の助成> 身体に障がいのある方にとって、利用価値の高い福祉サービスのひとつが 医療費の助成です。 代表的なものが国の公費負担医療制度のひとつ、自立支援医療の「更生医療」。 18歳以上の身体障害者の医療費負担を軽減する制度で、指定の医療機関で、障がいの軽減や進行の予防に効果のある治療を受けた場合、医療費の自己負担が原則1割で済みます。 この申請に身体障害者手帳が必須です。 なお、18歳未満の場合は「育成医療」という同様の制度があります 各地方自治体ごとの医療費助成もあります。 「受給者証」の交付を受ければ、医療機関の窓口に提示することで、一部負担金だけの支払で済みます。 助成内容は地方自治体によってかなり異なります。 たとえば、自己負担金が1割とするところもあれば、1回530円、1ヶ月500円、などと金額が決まっているところもあります。 国の公費負担医療制度 更生医療や育成医療 と併用できる場合もあります。 どんな医療でも一部負担で済む、というわけではなく、 その障がいの程度を軽くするためなどに限られる場合があります。 障がいの等級によっても助成内容が変わります。 <車いすや補聴器などの補装具の助成> 視覚障がい者用の眼鏡や盲人安全杖、補聴器、義肢、車いす、歩行器など、障がいのある方の日常生活を容易にするために必要な補装具の交付や、購入・修理にかかる費用の助成も受けられます。 購入や修理の場合、自己負担は原則1割で、9割を市区町村が助成してくれます。 <リフォーム費用の助成> 手すりの取り付けや、段差の解消といった障がい者の住環境を改善する住宅リフォームの費用給付も受けられます。 障がいの種類や等級によって受けられるサービスや、上限金額が変わってきます。 所得税・住民税・自動車税などの軽減 納税者か、控除対象配偶者や扶養親族が身体障害者手帳を交付されていると、一定の金額の所得控除を受けることができ、所得税や住民税が軽減されます。 「障害者控除」、「特別障害者控除」、「同居特別障害者控除」といった種類があり、障害者手帳の等級によって金額が変わります。 手続きは年末調整か確定申告で行います。 ほかにも相続税や贈与税でもさまざまな特例が受けられます。 障がい者が所有する自動車の、自動車取得税・自動車税・軽自動車税の減免を受けることもできます。 減免内容や、対象となる障がいや等級は、自治体によって異なります。 さまざまな公共料金の割引サービス 鉄道やバスなど、 多くの公共交通機関において、身体障害者手帳を提示すると、運賃割引を受けられます。 たとえばJRでは身体障害者手帳を持っていると、本人と介護者の運賃が半額になります。 タクシーや飛行機でも割引が受けられます。 また、高速道路の利用料金は、事前に市区町村で登録をすることで半額になります。 NHKの放送受信料は、障がいや世帯の状況によりますが、半額割引と全額割引があります。 携帯電話会社の料金割引サービスも見逃せません。 NTTドコモのハーティ割引、auのスマイルハート割引、ソフトバンクのハートフレンド割引、各社で内容が異なりますが、基本料金の割引など大きなメリットがあります。 ほかにも、 美術館や博物館、動物園など、公共施設の多くで、手帳を提示すると入場料割引が受けられます。 障害者雇用での就職・転職活動ができる 障害者雇用促進法に基づき、50人以上の従業員数を雇っている一般事業主は、従業員数の2. この雇用率を達成していなければ、事業主は国から一定のお金 障害者雇用納付金 を徴収されますし、雇用率を達成し、かつそれ以上の雇用数であれば国からお金 障害者雇用調整金 が支給されます。 こうした法律があるために、企業は障害者雇用を進めています。 実は、この雇用率に算定されるのは、障害者手帳を持っている人のみ。 ですから、 身体障害者手帳を持っていると、就職を目指すとき、一般採用だけでなく、障害者雇用での募集にも応募できますから、選択肢が広がります。 障がい者の社会への参加を促進するための公的援助 なかには、身体障害者手帳の交付を受けることや、福祉サービスを利用することに、抵抗のある方もいらっしゃるかもしれません。 手帳の取得はあくまで任意のものですから、無理にとる必要はありません。 自分にとって必要だと感じたときに、取得を考えればよいのです。 また、 障害者手帳を取得したからといって、手帳を利用するか、しないか、も個人の自由です。 いわば、持っているだけ、でいることもOKです。 ですが、手帳を持っていないと、案外そのメリットはわかりにくいものです。 この記事が少しでも手帳を持つことを考えるきっかけになれば、と思います。 社会保障とは、国や社会が、個人的リスクである病気やケガ、老化や失業など生活上の問題が原因で起こる貧困を予防するために、所得を保障し、社会的サービスを給付する制度のことです。 この「身体障害者福祉法」には、身体障害者が自立し、社会経済活動への参加に努めるように、また国や地方公共団体は、必要な援助や保護に努めるように、記されています。 こうした背景で提供されているサービスであることを踏まえて、自立し、社会、経済、文化その他あらゆる分野の活動に参加するために、身体障害者手帳を有効活用してください。 <障害者手帳 関連記事> 5 位•

次の

「iPhoneは視覚障害者にこんなに便利だった」全盲の講師が教える

キャッシング 障害 者

生活保護の受給中であっても認められる借金について 生活保護の受給中でも、「借入金を利用する目的」と「借入の金額」によっては、借金が認められる場合もあります。 ただし、パチンコや浪費のためにキャッシングやカードローンでお金を借りたい、というのは論外です。 そうではなく、例えば、「中学に通う息子のために修学旅行費が必要」といった場合(これは生活保護の「高等学校等就学費」の対象とならないため、生活保護で賄えません)や、「入院にあたって、差額ベッド代や保険適用外の薬が必要」(生活保護の「医療扶助」の対象外です)といった理由でお金が必要なケースです。 こういった将来的な自立更生のために役立つ目的の場合には、生活保護費で賄えない分について、借金をすることが認められる可能性があります。 ただし、事前に福祉事務所の承認を得る必要がありますので、必ず まず先にケースワーカーに相談してください。 【参考】 ではもし法律上、直接的に借金が禁止されていないのだとすれば、ここでいう「借金することが認められる」というのは、どういう意味なのでしょうか? なぜ福祉事務所に借金することを認めて貰わなければならないのでしょうか? 実利的には以下の2つの意味があります。 借金が認められると• 事前承認されて借りたお金は、収入認定されない(生活保護費が減らない)• 事前承認されて借りたお金の返済額は、収入からの控除が認められる まず福祉事務所から承認を得ていない借金は、原則、すべて「収入認定」されてしまいます。 つまり「収入があった」と見なされてしまうので、その分、月々の生活保護支給額が減らされてしまうことになります。 もちろん、生活保護の支給額が減らされたところで、借金の返済義務があることは変わりません。 つまり、借りた金額分だけキッチリ損するわけです。 これが通常、「生活保護の受給中に借金をしてはいけない」といわれる理由です。 要は、「法律上禁止されているからダメ」というよりは、「収入認定されるからメリットがない」という話なんです。 一方で、「自立更生のために必要」という目的があり、福祉事務所の事前承認を経て借りたお金であれば、収入認定されませんので、その分、生活保護の支給額が減らされることはありません。 また、その場合には、借りたお金の償還(返済)にあたっても、収入からの控除を受けることができます。 これについては、します。 自立更生のために当てられる費用って具体的に何? さて、ここまで何度か「自立更生のために当てられる借入金は、収入認定されない」ということを説明してきました。 しかしこの「自立更生のための費用」というのが何とも抽象的な表現で、これだけだと「どんなケースで借金が容認されるのか?」がよくわかりませんよね。 これについては、「生活保護法による保護の実施要領」(いわゆる局長通知)で、使途と金額について、かなり具体的に定められています。 借金をしても事前承認があれば収入認定されないもの 上記通知の第7章「収入認定の取扱い」の2- 3 によると、以下にあてはまるもので福祉事務所の事前承認があり、かつ本当に現実にその用途で使われたものは、収入として認定しないと定められています。 まず以下のものは、国や地方公共団体等の公的機関からの貸付資金の場合に限り、借入が認められます。 公的機関からの借入のみ可• 住宅資金または転宅資金• 老人または身体障害者等の機能回復訓練器具の購入資金• 老人または身体障害者等が日常生活の便宜を図るための器具の購入資金• 配電設備、給排水設備、暖房設備のための貸付資金• 国民年金の受給権を得るために必要な保険料を払うための借入金 参考文献:生活保護法による保護の実施要領について(厚生省社会局長通知) 具体的に、どのような機関からの借入が、「国もしくは地方公共団体により行われる貸付金」「国や地方公共団体の委託事業として行われる貸付資金」にあたるのか、は以下を確認してください。 クリックすると開きます。 (1)母子福祉資金貸付金、父子福祉資金貸付金、寡婦福祉資金貸付金、女性福祉資金 (2)生活福祉資金貸付制度要綱に基づく貸付資金 (3)婦人更生資金制度要綱に基づく貸付資金 (4)引揚者給付金支給法に基づく国債を担保として国民金融公庫から貸付られる生業資金 (5)自作農維持資金融通法に基づく農林漁業金融公庫の各種貸付資金 (6)開拓者資金融通法に基づく政府(地方農地事務局)の貸付資金 (7)天災による被害農林漁業者等に対する資金の融通に関する暫定措置法に基づく農業協同組合、森林組合又は金融機関の貸付資金 (8)農業近代化資金助成法に基づく農業協同組合、農業協同組合連合会又は農林中央金庫の貸付資金 (9)国民金融公庫からの低所得者に対する更生貸付資金 (10)住宅資金又は転宅資金であって、国若しくは地方公共団体により行われる貸付資金または国若しくは地方公共団体の委託事業として行われる貸付資金 国民年金保険料については、過去に未納だった分を納付するための借入金でも、大丈夫です。 それが「年金の受給資格を得るため」のものであれば、認められます。 ただし、将来の年金受給額を増やすための借入金については、認められません。 次に、以下の用途のものは国や地方公共団体に限らず、民間の一般法人や私人からの借入であっても、(事前承認があれば)借金が認められます。 私人法人からの借入も可• 事業の開始または継続のための貸付資金• 就労および技能習得のための貸付資金• 就学資金(生活保護の「高等学校等就学費」の支給対象とならない分)• 医療費または介護等費貸付資金• 結婚資金 参考文献:生活保護法による保護の実施要領について(厚生省社会局長通知) 上記のものは、「国または地方公共団体」からの借入に限定されていませんので、知人や親戚からの借入や、法人からの借入も可能です。 例えば、自営業を営んでいる生活保護者が、事業の継続のために必要な資金を民間の法人や私人から借りたとしても、事前承認があれば収入認定されることはありません。 ただ、上記の用途で使用するお金は、生活福祉資金や母子福祉資金等でも借りることができますので、基本的には公的機関から借りるべきです。 事前承認が必要であることに変わりありませんから、キャッシングやカードローン等の高金利な借入金では、許可が下りない可能性があります。 用途 上限金額 事業の開始または継続、技能習得等、生業にあてられる場合 生活福祉資金の更生資金の貸付限度額に相当する額 医療にあてられる場合 医療扶助基準による医療に要する経費および、医療を受けることに伴い、通常必要と認められる経費の合算額 介護等にあてられる場合 生活福祉資金の療養・介護資金の貸付限度額に相当する額 家屋補修、配電設備や上下水道設備の新設、住宅扶助相当の用途の場合 生活福祉資金の住宅資金の改修費の貸付限度額に相当する額 幼稚園等の入園にあてられる場合 入園料および保育料、その他、入園のために必要と認められる最小限度の額 義務教育の就学にあてられる場合 入学の支度金、学習図書や運動用具等の購入、珠算課外学習、修学旅行費参加等、就学に伴い社会通念上必要と認められる用途にあてられる最小限度の実費額 高等学校等、夜間大学、各種学校の就学にあてられる場合 高等学校等就学費の支給対象とならない経費および、高等学校等就学費の基準額でまかないきれない経費で、その者の就学のために必要な最小限度の額 結婚にあてられる場合 寡婦福祉資金の結婚資金の貸付限度額に相当する額 弔慰(ちょうい)にあてられる場合 「公害健康被害の補償等に関する法律」による葬祭料の額 世帯において利用の必要性が高い生活用品で、かつ保有を容認されるものの購入にあてられる場合 直ちに購入にあてられる場合に限り、必要と認められる最小限度の額 障害者の通院・通所・通学のために保有を容認される自動車の維持に要する費用 自動車の利用に伴う燃料費、修理費、自動車損害賠償保障法に基づく保険料、対人・対物賠償に係る任意保険料、道路運送車両法による自動車の検査の費用 国民年金受給権を得るため 国民年金の任意加入保険料の額 用途 事業の開始または継続、技能習得等、生業にあてられる場合 上限金額 生活福祉資金の更生資金の貸付限度額に相当する額 用途 医療にあてられる場合 上限金額 医療扶助基準による医療に要する経費および、医療を受けることに伴い、通常必要と認められる経費の合算額 用途 介護等にあてられる場合 上限金額 生活福祉資金の療養・介護資金の貸付限度額に相当する額 用途 家屋補修、配電設備や上下水道設備の新設、住宅扶助相当の用途の場合 上限金額 生活福祉資金の住宅資金の改修費の貸付限度額に相当する額 用途 幼稚園等の入園にあてられる場合 上限金額 入園料および保育料、その他、入園のために必要と認められる最小限度の額 用途 義務教育の就学にあてられる場合 上限金額 入学の支度金、学習図書や運動用具等の購入、珠算課外学習、修学旅行費参加等、就学に伴い社会通念上必要と認められる用途にあてられる最小限度の実費額 用途 高等学校等、夜間大学、各種学校の就学にあてられる場合 上限金額 高等学校等就学費の支給対象とならない経費および、高等学校等就学費の基準額でまかないきれない経費で、その者の就学のために必要な最小限度の額 用途 結婚にあてられる場合 上限金額 寡婦福祉資金の結婚資金の貸付限度額に相当する額 用途 弔慰(ちょうい)にあてられる場合 上限金額 「公害健康被害の補償等に関する法律」による葬祭料の額 用途 世帯において利用の必要性が高い生活用品で、かつ保有を容認されるものの購入にあてられる場合 上限金額 直ちに購入にあてられる場合に限り、必要と認められる最小限度の額 用途 障害者の通院・通所・通学のために保有を容認される自動車の維持に要する費用 上限金額 自動車の利用に伴う燃料費、修理費、自動車損害賠償保障法に基づく保険料、対人・対物賠償に係る任意保険料、道路運送車両法による自動車の検査の費用 用途 国民年金受給権を得るため 上限金額 国民年金の任意加入保険料の額 参考文献:生活保護法による保護の実施要領の取扱いについて(厚生省社会局保護課長通知) このように、やはり上限額についても、生活福祉資金や寡婦福祉資金など公的機関による貸付金が基準額として設定されています。 また生活保護の受給中の借入が容認されるのは、「必要と認められる最小限度の額」に限られます。 よくある例でいうと、修学費用に関して言えば、「子供の修学旅行費にあてるための貸付金」はOKです(収入認定されません)。 他にも、医療費に関していえば、いわゆる「間接医療費」といわれるものでも大丈夫です。 例えば、入院中の方のための果物やお菓子の差し入れ、見舞のための家族の交通費、図書や読書スタンドの購入、子供の遊び道具、付添人が必要な場合の看護料、などのための借入金も、常識の範囲で認められます。 母子福祉資金貸付金の種類 「事業開始資金」「事業継続資金」「就学資金」「技能習得資金」「修業資金」「就職支度資金」「医療介護資金」「生活資金」「住宅資金」「転宅資金」「就学支度資金」「結婚資金」「特例児童扶養資金」 このうち「結婚することになったから、結婚資金が必要になった」という理由であれば、母子福祉資金で結婚資金を借りるのは問題ありません。 福祉事務所の事前承認が得られれば収入認定されませんので、生活保護費が減らされることはありません。 しかし一方で、単に「生活費が苦しいから」という理由で、母子福祉資金の「生活資金」や「特例児童扶養資金」などの、生活費を賄うための資金を借りてはいけません。 最低限の生活費を営むだけの金額は既に生活保護で支給されていますので、母子福祉資金で借りた「生活資金」は認められず、収入認定されてしまいます。 つまり、その分、生活保護の支給額が減るので意味がありません。 【参考リンク】 【参考リンク】 いずれにしても借金の許可を受けるためには、福祉事務所による「文書による承認」が必要になりますので、まずはケースワーカーの方にご相談ください。 借金の返済(償還金)が収入から控除できるケース 事前に福祉事務所から、借入金について承認を得ることができれば、単に借入金が収入認定されないだけでなく、その返済にあたっても「収入からの控除」を受けることができます。 例えば、最低生活費が15万円の世帯で、労働収入が10万円あれば、本来、支給される生活保護費は5万円だけです(ここでは話を分かり易くするため、基礎控除や特別控除等は考慮しません)。 この合計15万円の収入の中から、借金の返済も賄わなければいけません。 つまり、最低生活費の中から借金の返済(償還金)を捻出しなければならないのです。 一方、収入から借金の返済分の金額について控除を受けることができれば、その分、生活保護費を多く受給することができます。 例えば、月々の返済(償還金)が2万円であれば、この2万円については収入から除外することができるのです。 そのため世帯収入は8万円と認定されますので、差額の7万円の生活保護費を受給することができます。 これは結果的には、「月々の分割払いで扶助を受けている」のと同じ意味になりますので、凄いことです。 もちろん、収入がなければ意味がないですが、控除できる収入がある場合には、実質的には借金というよりも、追加で援助を受けているのと同じことになります。 控除の対象になる借入金 修学資金または奨学資金の返済 貸付を受けた者(原則、修学者本人)の収入から控除可 控除の対象になる借入金 結婚資金の返済 貸付を受けた者、または貸付資金により結婚した者の収入から控除可 控除の対象になる借入金 医療費、介護費、住宅資金、転宅資金の返済 世帯の全収入から控除可 控除の対象になる借入金 老人または身体障害者の訓練器具、または日常生活の便宜を図るための器具の購入費の返済 世帯の全収入から控除可 控除の対象になる借入金 配電設備、給排水設備、暖房設備のための借入金の返済 世帯の全収入から控除可 控除の対象になる借入金 国民年金の受給権のための借入金の返済 世帯の全収入から控除可 参考文献:生活保護法による保護の実施要領について(厚生省社会局長通知7-4- 3 ) ただし私人で、 絶対的扶養義務者にあたる人から借りた資金については、収入から控除を受けることはできません。 絶対的扶養義務者以外であれば、国、地方公共団体であれ、法人や私人であれ、事前に福祉事務所の承認を得ている貸付金であれば、収入からの控除を受けることができます。

次の

障害者でもクレジットカードは作れるのか?

キャッシング 障害 者

定められた基準に満たない低所得の世帯• 身体障害者手帳などの交付を受けた障害者が属する世帯• 介護が必要な高齢者が属する世帯 これらの世帯に対し、生活資金を融資する制度です。 メリットとしては 非常に低金利で融資を受けられる点。 デメリットとしては条件や審査が厳しく、 他に利用できる支援制度があればそちらを優先して使うことになるといった点があげられます。 どこに申請すればいいの? 生活福祉資金貸付は、各都道府県や市区町村の 社会福祉協議会が主となって事業を行っています。 地域ごとに貸付限度額や種類、支援制度が異なりますので、まずは 住んでいる地域の社会福祉協議会の相談窓口へ問い合わせることがスタートとなります。 具体的にどんな制度なの? この制度は融資金の使用用途によって4種類に分けられています。 また、借りることができる金額は、それぞれの必要性に応じて審査され、決定されています。 福祉資金 一時的に必要になる生活費を借りることができます。 たとえば障害者の場合、福祉サービスを受けたいけど当面のお金が工面できない場合など、 利用目的がハッキリしている場合には貸し付け対象となりやすいです。 教育支援資金貸付 学校への入学費や、授業料などといった費用を借りることができます。 奨学金制度が利用できない場合などに利用できる可能性がある貸付金です。 総合支援資金貸付 無職で収入がまったくない場合や、家賃が払えないほど困窮している世帯の場合に利用できます。 ただし、 すでに仕事が決まっている場合には利用することはできません。 不動産担保型生活支援資金貸付 住まいを担保にして生活資金を借りる制度です。 この制度はどちらかといえば高齢者向けの制度で、 低所得世帯の場合には連帯保証人が必要になります。 またこのほかに、 緊急小口資金と呼ばれる10万円以内の貸付を受けられる場合があります。 障害者世帯の場合、福祉資金や教育支援資金、総合支援資金の利用が主となります。 まとめ:条件は厳しい、使えると便利な制度だけど… なかなか耳にしない制度ではありますが、将来的に多額の費用が必要になると分かった時には、ぜひ申請しておきたい制度です。 しかし審査のハードルがかなり高く、生活保護を受けている場合でも借りられることから、 お金を借りる公的制度としては最終手段としたほうがよいでしょう。 生活保護を申請するときには 生活福祉資金貸付を受ける際、 生活保護制度を利用できる場合にはそちらを優先するよう促されます。 生活保護制度とは、まず世帯状況や地域、家族構成や障害の有無などを基準とし、最低生活費を出します。 この最低生活費が世帯収入よりも少ない場合、その差額が支給されるという制度です。 生活保護を受けている世帯の約12%程度が障害者世帯であると言われています。 障害者世帯では優遇措置がある 障害者であるからといって、生活保護の審査に通りやすい、というわけではありません。 本当に生活が困窮しているかどうかを立証してはじめて受給できるものとなっています。 しかし、障害者が属する世帯が生活保護を受給する場合、 障害者加算が加算計上されます。 要するに、 生活保護金+障害者加算による計上分のお金が受給できるということになります。 障害者加算の認定には、• 身体障害者手帳• 国民年金証書• 特別児童扶養手当証書• 福祉手当認定通知書• 障害の程度が確認できるもの(医師の診断書など) などが必要になります。 また、障害の程度と加算額について以下の表にまとめました。 対象となる人 1級地 2級地 3級地 身体障害者手帳1級または2級 障害年金等級1級 26,750円 24,880円 23,010円 身体障害者手帳3級 障害年金等級2級 17,820円 16,590円 15,340円 生活保護の申請方法は? 生活保護の申請窓口は 地域の福祉事務所となっています。 とにかくまずは職員に相談をするのですが、昨今のメディア報道によるネガティブなイメージで職員の対応が頑なに 「本当に生活保護が必要なの?」と高圧的である場合があります。 そんなときは、 障害の有無や程度にかかわらず友人や介助者など、第三者に付き添ってもらって相談にいくよう心がけましょう。 相談の後、生活保護申請書を提出できたら、訪問調査や面談があります。 このときもできれば、本人や世帯状況をよく知る人についていてもらったほうが安心です。 申請書の提出のあと、およそ2週間以内に結果が出ます。 延長された場合でも最長30日以内に結果が通知されます。 申請するとき必要な書類は? 生活保護を申請するにあたり、必要な書類は以下の通りです。 生活保護申請書• 本人確認ができる書類(免許証、保険証など)• 年金証書• 財産を確認できるもの(通帳、車検証、登記簿謄本など)• 医師の診断書• 家族の住所、連絡先 これらの他にも、現在の住まいや受けている手当、保険証券などの提出が必要になる場合があります。 まとめ:絶対生活保護が必要、という強い意思をもって 障害を持っていても、 生活保護を受けやすくなる、というわけではありません。 しかし、やはり収入が心許なく、最低限の生活すら営めない世帯のなかには、障害者の属する世帯が一定数存在しています。 生活保護制度は本来そんな人々の社会復帰を目的とした法律のはずですが、不正受給などでバッシングを受け、警戒する職員の態度に申請に手をこまねく人も少なくありません。 できれば申請者をよく知る第三者についてきてもらうのが一番いいのですが、そうではなく一人で申請しにいく場合には、 「自分には生活保護が必要なんだ」という強い意思を持って臨みましょう。 生活保護を受け、さらに障害者加算がおりれば、よりゆとりある生活を送ることができるようになります。

次の