ヒル ザキ ツキミソウ 花 言葉。 6月21日の誕生花 ヒルザキツキミソウ(昼咲き月見草)の花言葉「無言の愛」、伸び伸びと咲き広がる花の「自由な心」

ヒルザキツキミソウ|育て方|花の写真|365花撰|栽培実践集

ヒル ザキ ツキミソウ 花 言葉

モモイロヒルザキツキミソウ|素人植物図鑑 モモイロヒルザキツキミソウ(アカバナ科)[桃色昼咲月見草] 名は、昼も咲いていてツキミソウに似ていることによる。 北アメリカ原産の多年草で、大正時代末期に観賞用に持ち込まれたものが、戦後関東地方以西の日当たりのよいところで野生化している。 茎はよく分枝し、しばしば下部が木質化して高さ20-60cmになる。 茎は白色の上向きに曲がった短毛を密生し、ときに開出毛も混じる。 横に伸びる根茎から多数の茎を出して殖える。 葉は短い柄があって互生し、長さ5-7cm、幅0. 5-3cmの狭披針形~線形で縁に粗い鋸歯がある。 下部の葉はしばしば羽状に切れ込む。 花時には根生葉はない。 花は茎の上部の葉腋に少数つき、蕾のときは花序が下向きにうなだれているが、未明に開くと上を向き、昼でもしぼむことなく咲いている。 花は直径5cmほどで無柄、花弁は4個、咲き始めから淡紅色で基部近くは黄色、長さ2. 5-4cmの広倒卵形。 萼の下部は長さ1-2cmの筒となり、萼片は淡緑色で外面に短毛を密生し、開花とともに下方に反り返る。 雄しべは8個。 子房は下位で曲がった短毛を密生、果時には先が太くなって棍棒状になり、8稜がある。 雌しべは1個で柱頭は4裂する。 果実は長さ0. 5-1. 2cmの蒴果だが、日本では熟さない。 数は少ないが、最初白色でのちに淡紅色に変わるものをヒルザキツキミソウといい、夕暮れに開花する。 桃色も白色もどちらも広義のヒルザキツキミソウとして区別しないほうが普通かもしれない。 江戸時代末期に渡来して栽培されるツキミソウも白色の花を咲かせるが、越年草で根茎はなく、夜間のみ開花し、葉は深く切れ込む。 花期:5-9月 分布:帰化植物 撮影: 2016. 25 神奈川県逗子市 花の基部は黄色。 2015. 22 京都府左京区 2020. 12 横浜市中区 2002. 24 埼玉県東松山市 検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 へお回りいただきフレームを表示させてください。

次の

モモイロヒルザキツキミソウ

ヒル ザキ ツキミソウ 花 言葉

モモイロヒルザキツキミソウ モモイロヒルザキツキミソウ 和 名 : ももいろひるざきつきみそう(桃色昼咲き月見草) 英 名 : Pink evening primrose 学 名 : Oenothera speciosa var. childsii 別 名 : なし 科 名 : アカバナ科 属 名 : マツヨイグサ属 種 類 : 多年草 花 期 : 晩春〜夏 原産地 : 北アメリカ 撮影日:2006年05月21日 撮影場所:横浜市戸塚区・舞岡公園 乾燥したやせ地でもよく生育する草丈30〜60cmの多年草です。 日本には大正時代の終わりごろ観賞用に渡来し、現在では各地で野生化しています。 地下の根茎が横に広がって、そこからたくさん茎を伸ばすので、よく群生しています。 茎には白色の短毛が密生しています。 葉は長さ3〜8cmの披針形で、縁には波状の鋸歯があり、互生します。 蕾が垂れ下がった状態で茎が伸びてきますが、花は斜め上向きくらいに開きます。 茎上部の葉腋に直径4〜5cmの桃色の4弁花を咲かせます。 花弁の先端は凹み、花の付け根が筒状になり、夜に開花し、昼でも萎むことなく咲いてます。 雄しべは8本で、T字形で粘度の高い黄色の葯がつきます。 雌しべは1本で、柱頭は十字状に裂けます。 果実は長さ10〜25mmの棍棒状で8稜がある朔果ですが、日本では結実しません。 和名は、花色が桃色で、(Oenothera stricta)の仲間では珍しく、昼間に開花することに由来します。 ツキミソウ(Oenothera tetraptera)等マツヨイグサの仲間は、暗くなってから花が咲きますが、名前のとおり昼間に咲き、1日ではなく大体2〜3日咲き続けます。 白い花で、しぼむと桃色になるのがヒルザキツキミソウ(Oenothera speciosa)で、咲いているときから桃色のものが本種だそうですが、咲いている状態では判別できません。 繁殖力が強く、そのままにしておくと、どんどん増えて雑草化します。 雰囲気が(Oenothera rosea)に似ていますが、本種は色が薄く、花はずっと大きいです。 属名の「Oenothera」は、ギリシャ語の「oinos(酒)+ ther(野獣)」が語源で、根にブドウ酒のような香りがあり、それを野獣が好むためだそうです。 種小名の「speciosa」は、「華やかな」という意味です。 変種名の「childsii」は、アメリカの植物収集家John Lewis Childs(1856-1921)の名前に因みます。 All rights reserved.

次の

ヒルザキツキミソウ Oenothera speciosa : え~えふ写真館

ヒル ザキ ツキミソウ 花 言葉

花の特徴:昼咲き月見草と書きます。 初夏にツキミソウに似た花を咲かせます。 夜だけでなく昼にも咲くのでこの名前が付きました。 ツキミソウは純白、この花は淡いピンクなので見分けは簡単です。 ただし、初めは白で開花後にピンクに変化するものもあります。 丈夫な性質で、花壇に植えてもよく育ちます。 土手や道ばたなどでもよく見かけます。 出世欲も強く、チャンスがあれば自分で事業を起こそうなどと言う野望もあるようです。 誰とでも仲良くなるというよりも、気の合った特定の人と深く付き合って友情を深めるようです。 海外との縁も深いようで、外国で生活したり、海外の商品を扱ったりすることも考えられるようです。 今日は何の日?.

次の