乳酸菌 サプリ。 乳酸菌サプリ|正しい選び方は?効果・効能はあるの?

乳酸菌サプリ人気ランキング【口コミを徹底比較しました】

乳酸菌 サプリ

便通対策をあれこれやってみたけど、なかなか改善がない方に知ってほしいのが「乳酸菌サプリ」です。 こんな悩みでお困りではないですか?• 便秘薬がやめられない• 自分に合った対策が見つからない• 薬以外の改善方法が続かない このような方に是非、乳酸菌の働きについて知ってほしいです。 乳酸菌サプリには3つの特徴があります 乳酸菌サプリの主な特徴は、 「便秘体質からの改善」です。 また、いま利用している便秘薬もサプリと一緒に使えるため、 急な便通悪化が少なく安心です。 さらに、腸内フローラ改善による 「健康・美容のサポート」にもなり一石二鳥ですよ。 腸内環境を整えることで自然な排便に 通常の人は、 産まれてすぐ便通が悪いことはありません。 何らかの原因で、お通じが悪化し、滞りが習慣化してしまい快調な状態に戻れなくなります。 乳酸菌は、腸内フローラを整えることで、 元の良い腸内環境に戻す働きがあります。 無理に状態を改善するような薬ではなく、元のよい環境にもどすことで 体質を改善することに目的があります。 私が乳酸菌サプリをおすすめする理由は、このような働きとともに、排便回数の増加 データのある商品が存在することです。 当ページではたくさんの乳酸菌サプリがある中で、ご自身にあったものを選んでいただくための選び方についてご紹介いたします。 乳酸菌サプリに入っている「菌」について知ろう! 乳酸菌サプリには入っている 菌や株、働きには違いがあります。 乳酸菌は小腸に住み着きやすく、ビフィズス菌は大腸に住み着きやすい性質があります。 便通は主に大腸内の滞りなので、ビフィズス菌をメインに摂っていくことが効果的です。 以下に乳酸菌、ビフィズス菌の違いを表でまとめてみました。 腸の中の定着部位を中心にご覧ください。 「ビフィズス菌」と「乳酸菌」の違い 善玉菌 乳酸菌 ビフィズス菌 腸の中の定着部位 小腸 大腸 胃酸に対して やや弱い 弱い 消化管内で 菌が作るもの 乳酸 乳酸、酢酸 ビタミンB群、葉酸 働き 健康サポート 便通改善 美容効果 健康をサポート 便通改善の「乳酸菌サプリ」の選び方 ということは 「ビフィズス菌」のサプリメントを選ぶと良さそうですね! では、ビフィズス菌のサプリは、どの商品を選べばいいですか? ビフィズス菌の中でもおすすめなのが、 便通改善効果の 特定されている 「 ビフィズス菌(ロンガム種BB536)」です。 このロンガム種BB536は2週間の臨床試験で 排便回数の増加が確認できています。 ビフィズス菌(ロンガム種BB536)入りのサプリは「 」という商品があります。 ヘルスエイド R ビフィーナEX(エクセレント)の特徴は、胃酸に強い「ハイパープロテクトカプセル」という独自技術のカプセルで、ロンガム種BB536を 約90%腸まで生きて届くように工夫されています。 ヘルスエイド R ビフィーナEX(エクセレント)が優れている点は、便通改善効果のあるビフィズス菌(ロンガム種BB536)であることと、腸まで届く最先端のカプセル技術です。 サプリ名 値段 1日費用 菌の種類 機能性表示 <おすすめ> 3980円 133円 ビフィズス菌 ロンガム種 BB536 便通改善 初回:980円 2回目:3758円 32円〜 125円 有胞子性乳酸菌 なし 初回:980円 2回目:4140円 32円〜 138円 リフレクス乳酸菌 T-21株 なし 4600円 153円 プロテクト乳酸菌など なし 4286円 143円 ラブレ菌 なし 1980円 66円 BB536ビフィズス菌など なし 9000円 300円 植物性乳酸菌 なし 機能性表示食品とは、「消費者庁」に製品の科学的根拠を示し、事業者の責任で表示できる情報提供の事です。 現在「便秘薬」を利用している方へ 乳酸菌サプリのお話をすると、「便秘薬をやめる必要があるの?」と、ご質問いただくことがあります。 現在服用中の便秘薬 下剤など はサプリメントと一緒に飲んでも問題はありません。 もし不安があればページ最下部の質問欄からお問い合わせください。 便秘薬は便秘の 悪化時に利用し、 乳酸菌サプリは定期的に利用することで腸内フローラが整います。 便秘薬を急にやめると、便秘が悪化することも考えられます。 サプリを利用し、少しずつ 便秘薬の量、使う回数を減らしていくようにするとよいでしょう。 すこし時間はかかるかもしれませんが、良い習慣に少しずつで良いので近づけることが大切です。 同時に「 食物繊維」を摂ると腸内細菌が増えやすくなり腸内環境が整うので、食事の改善も一緒に行ってくださいね! 乳酸菌サプリの商品別、特徴について紹介 これ以降は乳酸菌サプリメントの価格、成分、メーカー、商品スペック、特徴などの商品別でコメントしていきます。 順番はおすすめ順に並べていきますので、ヘルスエイド R ビフィーナEX(エクセレント)から始まり数種類を見ることができますので選ぶ際の参考にしてください。 紹介しているサプリで 唯一の臨床データのある機能性表示食品です。 2週間の臨床実験で、 排便回数増加データ、悪玉菌が原因の糞便中のアンモニア量の減少データなど、他のサプリと比べると情報の信頼度が高いサプリです。 ロンガム種BB536以外の成分に、善玉菌のエサになり ビフィズス菌が増える工夫があり、善玉菌を効率よく増やすように考えられています。 また、独自に開発したハイパープロテクトカプセルにより、 約90%のビフィズス菌が 生きたまま腸まで届きます。 このカプセル技術は医療分野以外でも世界から注目されています。 直径2ミリ程度のかなり小さなカプセルではありますが、噛んだりつぶしたりして飲むことができないため、小さいお子さんが嫌がる可能性があるのはBADポイントです。 複数の善玉菌が配合されているので、腸内細菌の多様性にもバランスが良い配合です。 便通改善目的の際には、一番最初に検討すべきサプリメントですね。 成分 コスト メーカー• ビフィズス菌(ロンガム種BB536):100億個• オリゴ糖(ラフィノース)• アシドフィルス菌末• ガセリ菌末• 値段:3,980円• 送料:無料• 容量:30包 30日分 森下仁丹(医薬品メーカー) ライラック乳酸菌の最大の特徴が「有胞子性の乳酸菌」です。 通常、ヨーグルトなどの動物性乳酸菌は酸や熱に弱く、胃酸の条件で殺菌され生きて腸まで届くことが困難です。 ライラック乳酸菌は植物性乳酸菌の部類で、さらに「有胞子性」の乳酸菌でもあります。 「有胞子性乳酸菌」とは、乳酸菌の外側に硬い殻が存在する乳酸菌です。 その硬い殻が乳酸菌をプロテクトしているので、肉なども溶かしてしまう強酸条件の胃を通りぬけ、腸まで生きて届きやすいという特性があります。 また、乳酸菌を入れるカプセル剤について、多くのサプリは添加物など合成された素材を使用しますが、ライラック乳酸菌はカプセルの素材に「おから」を使用している部分にも好感が持てます。 食品の法律で添加物の量は厳しい規制があり、各社その範囲内で使用しているので他のサプリが悪いわけではありませんが、添加物はできるだけ摂らないにこしたことはありません。 「おからカプセル」の採用や保存料、香料などを入れないという姿勢は、腸内に最大限良い影響があるように考えた、開発者の優しさを感じとることができます。 ライラック乳酸菌の購入で注意してほしい点は、初回限定の980円についてです。 980円で購入できるのは定期購入の申込をした方のみという条件がついています。 定期購入はいつでも停止や解約ができるので、飲んでみて体に合わない場合は解約の電話かメールをすればいつでも定期購入を停止することができます。 次のサプリ発送の一週間前までの条件がありますので次回のサプリがいらない場合は早めに停止するようにしましょう。 他の会社では価格の安い定期購入の条件に3回継続などの場合もあり、こういう会社は個人的にあまり好きになれません。 ライラック乳酸菌はいつでも解約ができるので安く試すことができ、消費者への優しさや誠意、商品への自信を感じることができます。 成分 コスト メーカー• 有胞子乳酸菌ライラック01株• 容量:62粒 約一か月分 アテリオ・バイオ株式会社 食品大手サントリーのサプリメントということで安心感と信頼のあるブランドです。 「ラクテクト」の内容成分を確認すると「プロテクト乳酸菌」「ラクチュロース」「ラクトフェリン」「フコイダン」の4種類の配合です。 プロテクト乳酸菌は植物性の乳酸菌ということもあり胃酸や熱に強く腸まで届き効果を発揮します。 プロテクトという名前がついているくらい体をプロテクトする意味合いが強いサントリー独自の乳酸菌です。 プロテクト乳酸菌の効果について詳しくは以下のリンクより効果を確認しましょう。 ラクチュロースはオリゴ糖の一種で善玉菌(ビフィズス菌)の増殖を助け腸内環境を整え毎朝のスッキリに近づけてくれます。 ラクトフェリンは初乳に入っている成分として有名で、さまざまな良い働きが注目されていますが、中でも「守る力」や「腸内環境を整える力」が他の成分と相乗効果がありそうです。 フコイダンは海藻のヌメヌメした成分で、腸のバリア機能の増強や水溶性食物繊維の毎朝のスッキリ効果にも良い働きがあります。 これらの4種の相乗効果で腸によい効果を発揮し、溜めこまないことで中から元気になるというコンセプトが見える商品です。 BADポイントは、機能性表示などを取っていないため効果・効能が、消費者に伝わりづらいというところですね。 薬事・薬機法の兼ね合いでいろいろと制限が多い分野ですが、その辺は消費者の読む力が試されそうです。 成分 コスト メーカー• プロテクト乳酸菌• ラクチュロース• ラクトフェリン• フコイダン• 値段:4,600円• 容量:30粒 約一か月分 サントリー アレルライトHyperの特徴は日本の植物由来の乳酸菌であるリフレクト乳酸菌の配合です。 リフレクト乳酸菌は季節の変わり目のムズムズやかゆかゆなどの症状に対して軽減効果を期待することができます。 開発は日清食品グループなので大手で安心です。 サプリ2粒で5000億個の乳酸菌が配合されており、ヨーグルトの量だと50Kg分も入っているという大容量。 ビオチンという皮膚と粘膜によい成分が入っているため、ここまで読んだ方は察することができるように、かゆかゆや春に多いあのむずむずに対する商品です。 薬ではなくサプリメントは健康食品であるため具体的な言葉をつかえないのも特徴の一つですね。 成分 コスト メーカー• リフレクト乳酸菌(T-21株):5000億個 ビオチン• 初回:980円 2回目〜:4140円• 1日の費用:32円〜138円• 送料:無料• 容量:一か月分 日清食品 子供用の乳酸菌サプリに特化して作られている商品です。 お子さんのガサガサ、朝の溜まり、体調を崩しがちなど様々な不調を腸内から元気づけるサプリメントです。 腸が不調だと集中力がなくなったり、かさかさが原因で本人の自信がなくなったり、季節の変わり目のむずむずで不調だったりと様々な不調をきたします。 ヨーグルト・発酵食品から摂る食物繊維や食物繊維たっぷりの愛情のこもった食事を作っても好き嫌いで食べてくれなかったりと、子供の腸内管理はなかなか難しいものです。 食事の管理をメインに行いつつ、サポートとしてこのような乳酸菌サプリを使うことで、お子さんの自信につながるのであれば試す価値があります。 内容成分を確認してみると、「BB536ビフィズス菌」「LCKT-11乳酸菌」「フルクトオリゴ糖」「高分子難消化性ファイバー」「天然カルシウム」「キシリトール」など配合が多く、子供の腸を整えるために考え抜かれた商品だということが分かります。 錠剤とは違いチュアブルなので薬やカプセルが飲めないお子さんでもお菓子のように噛んで食べることができ、味もお菓子のようなヨーグルト味がします。 お子さんの腸内フローラを整えるサポート食材としておすすめできるサプリメントですね。 成分 コスト メーカー• BB536ビフィズス菌• LCKT-11乳酸菌• フルクトオリゴ糖• 高分子難消化性ファイバー• キシリトール• 値段:1,980円〜• 送料:無料• 容量:一か月分 株式会社 子育てのミカタ 乳酸菌革命の特徴は、たくさんの種類の乳酸菌を一つのサプリメントで摂れるという部分です。 ラクトバチルス系の乳酸菌が6種、ガセリ菌、ラブレ菌、ビフィズス菌も入っており、乳酸菌の多様性があります。 乳酸菌革命は上記とは違い、たくさんの乳酸菌の種類を同時に摂ることで、健康をサポートするという特徴があります。 販売メーカーが上場企業ではなく、信用度の面で他のサプリより劣るところがBADポイントです。 成分 コスト メーカー• ラクトバチルス系乳酸菌6種類 ビフィズス菌 ラブレ菌 カゼリ菌• 値段:2,730円• 送料:無料• 容量:一か月分 株式会社 健康いきいき倶楽部 食品大手カゴメのサプリということで、安心感がある商品です。 このサプリの特徴は「植物性乳酸菌」という部分です。 植物性乳酸菌のラブレ菌は、日本人が古来から食事で摂ってきた乳酸菌の種類です。 動物性乳酸菌の代表格であるヨーグルトやチーズは近年日本に伝わった乳酸菌で、それと比べ植物性乳酸菌は日本人に慣れており相性が良い菌です。 日本人と身近な乳酸菌のため、腸の中に住みつきやすいのが特徴です。 さらに、植物性乳酸菌は酸に強く、 腸で生きぬく力があり、動物性の乳酸菌と比べ生きて腸へ届く確率が高いのも優れている点です。 開発の背景を考えると、日本人の健康をサポートしたいと思う、カゴメさんの気持ちの詰まったサプリメントであると感じます。 他の商品よりもお値段が少々高めではあるものの、良い商品であることには間違いはありません。 成分 コスト メーカー• ラブレ菌• 値段:4,286円• 乳酸菌サプリだけはなく、食生活、生活リズムの改善、運動なども合わせて行いましょう。

次の

乳酸菌サプリ人気ランキング【口コミを徹底比較しました】

乳酸菌 サプリ

毎日の健康をサポートしてくれる「乳酸菌」。 手軽に摂取するにはサプリメントが最適ですが、DHCやヤクルトなどからたくさんの商品が市販されており、またL-92やガゼリ菌など、配合されている乳酸菌の種類によって得られる健康効果が異なります。 美容・栄養補給・健康維持など人によって求めるものも違うので、どれを選んでいいのか迷ってしまいますよね。 そこで今回は、目的別の 乳酸菌サプリの選び方と合わせ、Amazon・楽天・Yahoo! ショッピングなどの通販で人気の商品をランキング形式でご紹介します。 口コミ評価の高いものや安くて続けやすいもの、子どもでも飲めるものなど計10商品が登場。 さらに記事の後半では飲むタイミングについても解説しますので、商品選びと一緒に参考にしてみてくださいね。 ディーエイチシー 商品名 アレルケア 腸活革命 ビフィズス菌 乳酸菌 どっさりクレンズ BIORA 菌のチカラ Lakubi(ラクビ) めはな乳酸菌配合 じゃばらサプリ BISERA(ビセラ) ブラックスレンダー 乳酸菌EC-12 30粒 特徴 L-92乳酸菌で美容と健康の維持をサポート 酪酸菌などの豊富な成分で健康を維持してくれるサプリ 酸に強いカプセルで24種類の乳酸菌が腸までしっかり届く おいしいヨーグルト味のタブレット。 死菌が善玉菌を助ける 乳製品や発酵食品が苦手な方に。 5種の善玉菌が配合されたサプリ 可愛いパッケージで健康と美容のケアができるサプリ 新発見のめはな乳酸菌とじゃばらで健康をサポート 1特殊製法のカプセルで乳酸菌を腸に届ける 2種類の炭が美しさをサポート 5000億個の乳酸菌をこの1粒に。 健康に気を配りたい方に 最安値 乳酸菌の種類 L-92 ビフィズス菌B-3 ビフィズス菌、ラブレ菌、ガセリ菌など24種 アシドフィルス菌・ナノ型乳酸菌・ビフィズス菌・EC21乳酸菌・K1乳酸菌・H61乳酸菌 乳酸菌・ビフィズス菌 ビフィズス菌B-3 めはな乳酸菌 乳酸菌 乳酸菌 乳酸菌EC-12 1日分で得られる量 20. 7mg(2粒) - - 1000億個(1粒) 640億個の乳酸菌・10億個のビフィズス菌(1カプセル) - 200億個(2粒) - - 5000億個(1粒) 形状 タブレット カプセル カプセル タブレット カプセル カプセル 錠剤 カプセル カプセル カプセル 商品リンク•

次の

乳酸菌サプリのおすすめランキングを紹介!価格や成分で徹底比較!

乳酸菌 サプリ

美容や健康、特にお腹の調子を整えるのに注目されている乳酸菌。 ヨーグルトや乳酸菌飲料、サプリメントなど、今では様々な方法で乳酸菌を摂取することが可能になりました。 そこで近年注目度が急上昇しているのが乳酸菌配合のサプリメント。 通常の食品からではなかなか摂取できない数の乳酸菌を摂取できたり、効率よく乳酸菌が腸で活躍してくれる工夫がしてあるため、毎日ヨーグルトを食べるよりも遥かに乳酸菌の力を実感できることが人気を誇っています。 そんな乳酸菌サプリですが、選び方や乳酸菌サプリを使う目的を間違えてしまうと、あなたが思っている効果を実感できないことがあります。 ここでは、乳酸菌サプリの選び方やおすすめのサプリについて、詳しく紹介していきます。 乳酸菌サプリは健康をサポートする健康食品 乳酸菌サプリは薬ではなく、健康補助食品です。 そのため、乳酸菌サプリを飲んだからと行って必ずお腹の調子が良くなるということもありませんし、飲んですぐに効果が現れることもありません。 まずは乳酸菌サプリが薬のように確実に効果を得られるものではないということを理解してから、効果的が期待できる乳酸菌サプリについて見ていきましょう。 乳酸菌サプリの役割 乳酸菌サプリの役割は、腸内にいる善玉菌のサポート。 そのため、あなたの腸内のフローラのバランスが崩れていれば崩れているだけ、サプリメントの効果は実感しづらくなることを覚えておきましょう。 乳酸菌サプリに含まれる乳酸菌は、あなたの腸内にいるビフィズス菌などの善玉菌の餌となったり、悪玉菌との戦いに劣勢になっている善玉菌の加勢をするものです。 便通改善などの即効性のある効果を期待するなら、サプリメントではなく下剤などの医薬品の使用を検討してください。 効果が期待できる乳酸菌サプリとは 効果が期待できる乳酸菌サプリとは、毎日使い続けられて、あなたの腸内細菌に効率よく働きかけることができるサプリメントのことです。 腸内にいる細菌叢の細菌は、私達の体の中で毎日入れ替わっています。 つまり、排便をしたら体の外に出ていき、食事や飲み物から毎日補給している状態です。 そのため、乳酸菌サプリの効果を期待するのであれば、目的に合った乳酸菌を選び、毎日継続して摂取し続けれること。 そして、腸内の善玉菌が正常に働ける環境づくりをサポートする成分が含まれているものが効果が期待できる乳酸菌サプリだと言えます。 乳酸菌サプリを選ぶ3つのポイント 乳酸菌サプリを選ぶときには• 継続して飲み続けられるものを選ぶ• 目的に合った乳酸菌が含まれているものを選ぶ• 乳酸菌の含有量が多いものを選ぶ 3つのポイントを押さえることが大切です。 よくランキングで紹介しているwebサイトもありますが、ランキングで乳酸菌サプリを選ぶのは絶対にやめてください。 あなたにマッチした乳酸菌サプリを選ぶ上で、ランキングは全く参考になりません。 乳酸菌サプリは、選ぶためのポイントを押さえて自分に合っているものを選ばなければ意味がないことを覚えておきましょう。 継続して飲み続けられるものを選ぶ サプリメントは医薬品ではないため、即効性は期待できません。 特にお腹の調子を整えるという点に関しては、腸内フローラを形成する細菌たち(生き物)のバランスを整えることになるので、時間がかかるものと覚えておきましょう。 継続して摂取することが大切だとわかっていただけたら出てくる問題は価格の問題。 継続するには価格は大事ですよね? 1ヶ月1万円もするものを継続して飲み続けるのは難しいこと。 ですが、サプリには安くて粗悪なものも多いのです。 続けられる価格であり、この商品にだったらこれだけ払ってもいいと思えるものを選びましょう。 目的に合った乳酸菌が含まれているものを選ぶ 乳酸菌サプリで多いのは腸内環境を変えたい人のための商品ですが、肌荒れに悩む人向けのサプリメントも販売されています。 乳酸菌の腸内環境を整える力と免疫力向上する作用に着目したものがあるのです。 配合されている乳酸菌の種類によってどちらか一方を目的としたもの、どちらも目的としているものと様々です。 あなたが乳酸菌サプリを摂取する目的は何ですか? 目的よって選ぶものも見極めましょう。 乳酸菌の含有量が多いものを選ぶ 乳酸菌サプリに含有されている乳酸菌は多ければ多いほど良いと言えます。 なぜなら、乳酸菌や善玉菌を始めとする腸内の細菌は日々体の中で入れ替わっているから。 腸内にいる細菌は、私達の体に一生住み続けることはありません。 毎日の排便で体の外に排出されて、毎日の食事で補給されているのです。 そのため、乳酸菌の数が多くなればなるほど、補給できる乳酸菌が多くなり、お腹の調子を整えるのに役立つと言えるのです。 もちろん多ければ多いほどいいですが、サプリメントの1日目安量は絶対守りましょう。 1日あたりの量が書かれているのか、1袋あたりで書かれているのかしっかりチェックしてください。 医療品メーカーである森下仁丹で開発されたハイパープロテクトカプセルを採用していて、耐酸性の3重構造によって約90%が生きたまま腸まで届きます。 カプセルといっても、粉末と一緒に小粒のカプセルが混ざっているタイプで、錠剤を飲むのが苦手な方でも飲みやすい形状になっています。 通常価格は5,400円(税込)で初回購入が3,980円(税込)、送料無料となります。 ビフィズス菌(ロンガム種BB536)には腸内環境を良くし、便通を改善してくれる機能があることが報告されているため、おなかの調子を整えたい人におすすめです。 健康いきいき倶楽部 乳酸菌革命 価格 乳酸菌 含有量 乳酸菌の 働き 機能性表示 定期2780円 単品2880円 ラブレ菌 ビフィズス菌 ガセリ菌 他合計500億個 腸内環境を整える なし 乳酸菌革命では、 主役級の16種類の乳酸菌が500億個配合されています。 その中でも3大乳酸菌として、ビフィズス菌、ラブレ菌、ガセリ菌を中心として、バランスよく配合されているのが特徴です。 また、今注目を集めている「乳酸菌生産物質」をサプリの中の多く配合しています。 乳酸菌生産物質は、乳酸菌が体の中で作り出す代謝物のことで、乳酸菌よりも体に良い影響を与える成分。 そんな乳酸菌生産物質が最も多く含まれているのが乳酸菌革命です。 有胞子性乳酸菌も使用しており、耐酸性カプセルを採用しているため、熱や酸に弱い乳酸菌をしっかり届けてくれます。 また、添加物不使用のため、子供でも妊婦さんでも飲める安全性にもこだわっています。 通常価格は2,880円(税込)で初回価格が2,730円、送料無料となります。 乳酸菌の量と種類を多く摂りたい、オールマイティーに活躍をしてくれる乳酸菌サプリを使ってみたい方におすすめの商品です。 フジッコ 善玉菌のチカラ 価格 乳酸菌 含有量 乳酸菌の 働き 機能性表示 初回1550円 定期2350円 単品2550円 クレモリス菌FC株 20億個 腸内環境を整える 便通改善 有り 塩こんぶでお馴染みのフジッコから販売されている善玉菌のチカラは、カスピ海ヨーグルトの乳酸菌であるクレモリス菌FC株を1粒に20億個配合。 クレモリス菌FC株は粘り気のある強い乳酸菌で、生きた状態でカプセル化に成功し、善玉菌の餌となる食物繊維もプラスしています。 さらにカルシウムも配合し、不足しがちな栄養素も同時に摂取できるサプリメントです。 通常価格は2,550円(税込)で初回購入が1,950円(税込)、送料無料となります。 毎日をスッキリしたい人におすすめです。 久光製薬 乳酸菌EC-12 価格 乳酸菌 含有量 乳酸菌の 働き 機能性表示 初回1955円 定期2916円 単品3240円 フェリカス菌 1兆個 腸内環境を整える なし 久光製薬の乳酸菌EC-12は、1兆個のフェリカス菌を配合しています。 小ささが特徴のフェリカス菌は、他の乳酸菌と比べて一度に大量に摂取できることがメリットです。 そしてヒト由来の乳酸菌であることから自然でやさしく体に働きかけてくれます。 他のサプリメントと異なる点が死菌を使用していること。 加熱処理された乳酸菌EC-12は善玉菌をサポートすると言われています。 さらにミルクオリゴ糖も配合されているため、善玉菌の増殖を助けてくれます。 顆粒タイプとチュアブルタイプがあり、錠剤が苦手、粉が苦手のどちらにも対応できます。 お値段はどちらも一緒で、お試し用(1ヶ月)で初回1,810円(税抜)の送料無料となっています。 通常価格は、顆粒タイプ(2ヶ月分)で6,000円(税抜)、チュアブルタイプ(1ヶ月分)が3,000円(税抜)です。 日清食品 アレルライトハイパー 価格 乳酸菌 含有量 乳酸菌の 働き 機能性表示 初回1058円 定期4471円 単品4968円 フレクト乳酸菌(植物性) 5000億個 抗アレルギー作用 なし 日清食品から販売されている乳酸菌サプリのアレルライトハイパーは、たったの2粒で5000億個の乳酸菌を配合しています。 植物由来のリフレクト乳酸菌(T-21株)は、インターロイキン-12の産生を促進し、抗アレルギー作用が期待できる乳酸菌です。 さらに皮膚や粘膜の健康維持を助けるビオチンも配合されており、体の内側から働きかけてくれます。 飲みやすい小粒の錠剤タイプで、表示対象27品目アレルゲンフリーであることも特徴です。 植物由来の乳酸菌ということで、乳アレルギーの方も安心して飲めるのが魅力ですよね! 通常価格は4,600円(税抜)で初回限定価格は980円、送料無料です。 むずむずや息苦しい敏感な悩みをお持ちの方におすすめです。 詳細はこちら エポラ 乳酸菌ミドリムシ 価格 乳酸菌 含有量 乳酸菌の 働き 機能性表示 初回980円 定期3980円 単品4975円 有胞子性乳酸菌 フェリカス菌 300億個 腸内環境を整える なし 乳酸菌ミドリムシは、厳選した2種類の乳酸菌と、栄養素たっぷりのミドリムシ(ユーグレナ)を組み合わせたサプリメントです。 その2種類とは有胞子性乳酸菌と乳酸菌EC-12で、300億個摂取することが可能です。 さらにフラクトオリゴ糖とガラクトオリゴ糖の2種類のオリゴ糖も配合。 ミドリムシ(ユーグレナ)には計59種類の栄養素が含まれており、ビタミンやミネラル、アミノ酸、DHA・EPAがバランス良く、スーパー食物繊維であるパラミロンという独自成分も含んでいることが魅力です。 ミドリムシと同じ藻の仲間であるクロレラも配合することでさらに栄養素が豊富なサプリメントとなっています。 通常価格4,975円(税込)で初回価格が980円(税込)の送料無料です! 乳酸菌以外にもオリゴ糖や栄養素豊富なミドリムシとクロレラを同時摂取できるため、食生活が乱れがちな人におすすめしたい乳酸菌サプリです。 フローラ 善玉元気 価格 乳酸菌 含有量 乳酸菌の 働き 機能性表示 初回4298円 定期5832円 単品7538円 乳酸菌エキス 数不明 腸内環境を整える なし FLORAから販売されている善玉元気は、乳酸菌発酵エキスを配合したスティックゼリータイプの新発想の乳酸菌サプリです。 乳酸菌発酵エキスとは、乳酸菌発酵により生成したエキスで、短鎖脂肪酸や必須アミノ酸、遊離アミノ酸などの352種類の成分が含まれています。 無農薬栽培のダイズからとれた豆乳を16種35株の乳酸菌とビフィズス菌で発酵させて抽出したエキスを使用しています。 さらにエイジングケアに嬉しいポリフェノールもプラス。 通常価格6,980円(税抜)で、初回3,980円(税抜)、送料無料となっています。 年齢による体の変化に摂りたい成分がたくさん入っているのに、無添加なので安心して飲めるのでおすすめです。 おすすめ乳酸菌サプリメントを徹底比較! ここからは先に紹介した乳酸菌サプリを【乳酸菌サプリを選ぶ4つポイント】として紹介したポイントに照らし合わせて比較を行っていきます。 比較表を用いて客観的な数値を比較していますので、ランキングにして紹介するためのものではありません。 あなたの気になる乳酸菌サプリを選ぶ参考として活用していただけたら幸いです。 乳酸菌サプリの比較表 サプリ名 1日の値段 主な菌の種類と数 機能性表示と サポート成分の有無 乳酸菌革命 96円 初回:91円 定期:93円 ラブレ菌 ビフィズス菌 ガセリ菌 他 合計500億個 機能性表示なし ヘルスエイド ビフィーナEX 約129円 初回:約99円 定期:約103円 ビフィズス菌 100億個 機能性表示有り オリゴ糖 善玉菌のチカラ 85円 初回:約52~65円 定期:78円 クレモリス菌FC株 20億個 機能性表示有り カルシウム 食物繊維 乳酸菌EC-12 100円 初回:約60円 定期:90円 フェリカス菌 1兆個 機能性表示なし ミルクオリゴ糖 善玉元気 約233円 初回:約133円 定期:180円 乳酸菌エキス 数不明 機能性表示なし 短鎖脂肪酸 ポリフェノール 352種の有用成分 乳酸菌ミドリムシ 約166円 初回:約33円 定期:約133円 有胞子性乳酸菌 フェリカス菌 300億個 機能性表示なし フラクトオリゴ糖 ガラクトオリゴ糖 ミドリムシ クロレラ アレルライトハイパー 約153円 初回:約33円 定期:138円 リフレクト乳酸菌(植物性) 5000億個 機能性表示なし ビオチン 乳酸菌の種類や数で選ぶならこれ! ラブレ菌やガセリ菌、ビフィズス菌など、他社の商品でメイン成分となってり乳酸菌が全16種類も含まれているオールインワン乳酸菌サプリとも呼べるのが乳酸菌革命です。 販売実績も60万袋を超え、メディアの紹介実績も多数ある業界注目の乳酸菌サプリです。 機能性表示はありませんが、ハッキリと理由がわからずモヤモヤしているお腹のお悩みには、乳酸菌の種類と数で幅広いお悩みをカバーできる乳酸菌革命がおすすめです。 乳酸菌サプリを飲む前に!乳酸菌とはなにか? ここからは乳酸菌サプリに含まれる乳酸菌とはそもそもどういったものなのか、どういうメカニズムで体内で働くのか、乳酸菌の基礎知識を解説します。 乳酸菌とは 乳酸菌とは、糖を分解して乳酸を作り出す細菌類の総称です。 種類は多く、ヨーグルトのCM等でよく耳にするものでは、ラブレ菌やガセリ菌などが挙げられます。 一度は聞いたことありますよね! 乳酸菌は、腸内に存在する菌に働きかけることで、あらゆる健康効果をもたらしてくれます。 ヨーグルトをはじめ、発酵食品をつくる上で欠かせない存在であり、ヨーグルトだけでなくチーズや味噌などの発酵食品に含まれています。 乳酸菌に期待されている効果 乳酸菌に期待できる作用は、腸内環境を整えることが代表的なものになります。 その腸内環境を整えることによって、便秘を予防することはもちろん、花粉症やアレルギーに対する免疫力を強くするとも言われています。 整った腸内環境であることで免疫細胞が正常に働くため、アトピー性皮膚炎の方にも乳酸菌の摂取が勧められています。 その他にも、生活習慣病の予防や歯周病の予防で注目されています。 乳酸菌の副作用と摂取量 乳酸菌の1日の摂取量が定められていません。 副作用も現在のところ明らかなものはなく、安心して摂取できると言われています。 しかし1日の摂取量が決まっていないからといって大量に摂取することは、なにかしらの弊害が生じます。 お腹がゆるくなったり、ガスが溜まりやすくなっておならが出やすくなったりする可能性もあります。 乳酸菌を含む食品には、ヨーグルトやチーズなど乳製品が多く、カロリーや糖分が高いものを大量摂取してしまうと肥満の原因や虫歯の原因にもなってしまいます。 そして乳酸菌には種類が多いこと、人によって腸内フローラの状態が異なることから、自分に合う合わない乳酸菌があるので見極めることも重要です。 これらに気をつけて乳酸菌を摂取する必要があります。 そこで、手軽に十分な量かつカロリーを気にせずに乳酸菌を摂取するには、サプリメントがおすすめです。 乳製品が苦手という方もサプリなら味や食感、ニオイを気にする心配もありません。 乳酸菌を含んだ食べ物や飲み物 乳酸菌飲料 乳酸菌が含まれた商品にはヨーグルト以外にも販売されています。 昔からのお馴染み、ヤクルトやカルピスもその一部です。 これらは法律上、乳製品乳酸菌飲料に分類されます。 牛乳の水分と脂肪分以外の成分を無脂乳固形分といい、この割合によって分類が変わります。 乳製品乳酸菌飲料はこの割合が3. 0%以上のものを指し、さらに生菌と殺菌で分類されます。 ヤクルトは乳製品乳酸菌飲料(生菌)、カルピスは乳製品乳酸菌飲料(殺菌)になります。 殺菌しているのに乳酸菌飲料と言えるのか疑問を抱くかもしれませんが、発酵後に殺菌しているため、発酵には乳酸菌が利用されている飲料ということになります。 無脂乳固形分が8. 0%以上のものを発酵乳と呼び、ヨーグルトや飲むヨーグルトはこちらに分類されます。 お菓子から乳酸菌が摂取できる!? ロッテから「乳酸菌ショコラ」が販売されています。 これは、チョコレートでコーティングした乳酸菌が生きたまま腸に届くという実験が行われ、商品化されたものです。 胃液で死滅する乳酸菌がこの実験では確かに死滅しにくい結果だったのですが、試験管の中の人工胃液の中での結果なため、本当に届いているかは明らかにされていません。 腸内環境を整えることでお腹の調子が整う 腸内環境とは、腸内の菌のバランスのことです。 そのバランスによって腸内の環境の良し悪しが決まります。 腸内環境が整うということは、腸の蠕動運動が正常であり、便秘の予防や肌がきれいになったりと体の調子が整います。 逆に腸内環境が乱れていると、肌が荒れたり口臭がきつくなってしまったりと体の様々な部分に悪影響が出てしまいます。 腸内フローラとは、腸内細菌叢(さいきんそう)のこと 乳酸菌や腸内環境の話でよく登場する腸内フローラは、その菌のバランスのことを言います。 私たちの腸内にはたくさんの菌が存在し、約100兆個と言われています。 お花畑のように菌が存在することから「腸内フローラ」と呼ばれるようになりました。 腸内フローラの中の菌は、大きく3種類に分類され、この3種類のバランスが腸内環境を左右します。 その3種類の菌というのが、善玉菌と悪玉菌、そして日和見菌となります。 善玉菌と悪玉菌と日和見菌 善玉菌と悪玉菌は対の関係にあたり、名前の通り、善玉菌が良い影響を、悪玉菌は悪い影響を与えます。 日和見菌は中立の立場にあたるもの。 腸内フローラでは腸内の菌の全体数が決まっており、善玉菌と悪玉菌が領土争いしている状態になります。 日和見菌は優勢になっている菌の加勢をする菌であるため、善玉菌が多い時は善玉菌に、悪玉菌が多い場合は悪玉菌に味方します。 もちろん善玉菌が多いほうが体にとってはいいことなんですが、悪玉菌が0になることはありません。 理想のバランスが、善玉菌:悪玉菌:日和見菌=2:1:7であると言われています。 この善玉菌を増やす役割が乳酸菌にあるため、乳酸菌は腸内環境を整えると言われているのです。 乳酸菌以外でも、オリゴ糖や食物繊維も善玉菌の餌となり増殖させるため、腸内環境を整える際に必要な成分となります。 乳酸菌には種類がいっぱい!それぞれの効果と特徴 乳酸菌といっても種類はたくさんあります。 現在わかっているものだけでも350種類ほどあると言われています。 そんな中からよく名前を聞く代表的な乳酸菌についてご紹介します。 ラブレ菌 ラブレ菌は、乳酸菌飲料の商品名で知っている方が多いのではないでしょうか? 正式名称は「ラクトバチルス・ブレビス・サブスピーシス・コアギュランス」と言います。 このラブレ菌、京都の「すぐき漬け」から発見された植物性の乳酸菌なのです! 京都の男性が全国2位の長寿であることから、京都で愛されている漬物に着目されたのがきっかけです。 植物性の乳酸菌は、動物性の乳酸菌に比べて厳しい環境下で生き続ける力が強いと言われており、消化液にも負けない強い乳酸菌です。 このラブレ菌は、抗ウイルス作用のあるインターフェロンを作り出す力があるため、免疫力を高めてくれることに期待されています。 ガセリ菌 ガセリ菌もヨーグルトのCMで馴染みのある乳酸菌です。 正式名称は「ラクトバチルス・ガセリ」と言います。 人間の体内に多く存在する乳酸菌で、悪玉菌に負けないのが特徴で、酸素の有無に関係なく生き続ける乳酸菌として注目されています。 つまり人の体内で生きたまま存在する、ということです。 特に「ラクトバチルス・ガセリSBT2055」という株菌は、腸の中で生きる時間が長く、腸内環境を整える働きが優れています。 さらに臨床試験で、ガセリ菌を含むヨーグルト摂取によって内臓脂肪が減ったという結果が得られたことからダイエットでも期待されている乳酸菌なのです。 クレモリス菌FC株 クレモリス菌FC株は、カスピ海ヨーグルトの乳酸菌として知られています。 正式名称は「ラクトコッカス・ラクティス・サブスピーシス・クレモリス・FC」です。 唯一生きたまま大腸まで届く乳酸菌として注目されています。 クレモリス菌FC株は、EPSという粘り気のある多糖類を産生するのが特徴です。 それによってカスピ海ヨーグルトには独特の粘りがあるのです。 このEPSによって、免疫細胞の活性化やストレスによる肌機能を正常化、整腸作用、血糖値低下に関与することが期待されています。 フェカリス菌 ヒト由来の乳酸菌です。 ヒト由来とは人間の体内に元々存在するということ。 正式名称は「エンテロコッカス・フェカリス」です。 細菌の最小単位である菌株ごとにさらに分類され、販売されているものではEC-12、EF-23等があります。 フェカリス菌の特徴は、他の乳酸菌より小さいことです。 通常の乳酸菌の5分の1のサイズだとか。 かなり小さいです!ということは他の乳酸菌に比べて一度にたくさん摂ることができるということです。 さらに、今まで散々生きたまま腸に・・・と言ってきましたが、フェカリス菌は加熱殺菌処理をした死菌のほうが役立つということが注目されています! リフレクト乳酸菌(T-21) リフレクト乳酸菌は、ツルコケモモ(クランベリー)から発見された乳酸菌です。 正式名称は「ラクトコッカス・ラクティス」です。 リフレクト乳酸菌は現在でも研究が続けられています。 花粉症などのアレルギーを抑制する働きがある免疫調節物質の「インターロイキン-12」の産生を促進することがわかっています。 臨床試験での結果でも実証されているため、リフレクト乳酸菌には花粉症の予防や抗アレルギー作用が期待できます。 ビフィズス菌 ビフィズス菌は乳酸菌の一種として扱われていますが、特徴を見ると別物になります。 乳酸菌の特徴は上述したように、乳酸をつくる菌のこと。 一方、ビフィズス菌は、乳酸と酢酸を作り出すのです。 形状も異なり、乳酸菌は球体や棒状であり、ビフィズス菌はY字の形状をしています。 どちらも善玉菌の一種ではありますが、ビフィズス菌は主に人間や動物の腸内に存在し、酸素があるところでは生きていけません。 そのため大腸に多く存在すると言われております。 生きた乳酸菌と死んだ乳酸菌 「乳酸菌が生きたまま腸に届く」というキャッチフレーズをよく目にします。 この「生きたまま」体内へ入り、腸内環境を整えて私たちに良い影響を与えてくれる菌や微生物のことをプロバイオティクスといいます。 アンチバイオティクス(抗生物質)の対義語になります。 その代表的なのが乳酸菌。 またビフィズス菌や納豆菌もこの仲間です。 では死んだ乳酸菌(加熱処理済)は意味がないのか?という疑問が出てきますが、これもまた、役に立つと言われているのです! 死んだ乳酸菌は、腸内で善玉菌の餌になるという理論なのです。 この死んだ乳酸菌はバイオジェニックスといいます。 ちなみに死んだ乳酸菌以外も善玉菌のエサとなるオリゴ糖や食物繊維などは、プレバイオティクスと呼ばれます。 有胞子性乳酸菌とは しかしこの生きたまま届けるというのが難しいところでもあります。 一般的な乳酸菌は生きたまま経口摂取したとしても、胃酸の強い酸性や熱に弱いからです。 それに対して、酸や熱に強い胞子を持った乳酸菌が存在します。 それが有胞子性乳酸菌です。 乳酸菌を強い殻で覆ってしまうことで腸まで生きたまま届けるのです。 乳酸菌サプリの菌数の測定方法 乳酸菌サプリやヨーグルトの広告で、ヨーグルト50個分!乳酸菌10億個!とかよく見かけます。 そもそも乳酸菌って肉眼で見えないものなのに、どうやって数えているの?10億個もカウントできるの?って思いませんか? 少し難しい話にはなりますが、乳酸菌の数え方や量の表記について解説します。 乳酸菌の数え方 細菌のカウントの方法はいくつかあります。 乳酸菌は基本的に培地を使って数えるようです。 培地というのは、簡単に言うと、細菌にとって栄養満点な物質。 液体の場合や寒天等の固体の場合があります。 乳酸菌の測定には、公定培地としてBCP加プレートカウント寒天培地、欧米ではMRS寒天培地が使用されています。 この培地の上に調べたい乳酸菌が入った液体(検体)を1ml垂らし、乳酸菌を培養します。 つまり、育てるのです。 増殖した乳酸菌は目に見えるほどの大きさのコロニー(菌の集落)という状態になります。 1ml中の乳酸菌の数がこのコロニー数になります。 数えきれないほどの数の場合は検体を希釈して行います。 これをもともとの量にどれだけ入っているかを希釈した分などを逆算していくのです。 乳酸菌の単位は?ヨーグルトの量との関係している 乳酸菌の単位はCFU(Colony Forming Unit)が使用されています。 乳酸菌1gあたり100億CFU(個)となります。 ヨーグルト1mlあたり乳酸菌数または酵母数1000万以上のものという定義が、乳等省令で定められているため、ヨーグルト1杯100g(ml)に対して乳酸菌は約10億CFU(個)含まれていることになります。 あなたの目的に合わせた乳酸菌サプリで適切な腸活を! 乳酸菌と私たちには相性があります。 これはサプリメントを選んで試してからのお話しになってしまいますが、2週間ほど続けてなにか変化を感じなければ、違う乳酸菌サプリに変えてみてください。 自分の体に合った乳酸菌を選ぶ必要があるからです。 でも、乳酸菌サプリメントは様々なメーカーから販売されているので、どれを購入すべきか迷ってしまいますよね。 そんなときはまず、なにを目的としてサプリを摂取したいのか、それをそのサプリに期待できるのかを考えてください。 そして第二に継続できる価格であるか、質に見合った値段設定がされているかを確認しましょう。 サプリメントは医薬品ではなく健康補助食品です。 即効性はなく、継続することによって体内からバランスを整えて実感が得られるものです。 体内を変えるにはサプリメントだけに頼るのではなく、生活習慣の見直しも意識してくださいね。 その上で、自分に合ったサプリメントを選びましょう。

次の