ブレスト 防衛 作戦。 【艦これ】夏イベE1は「ブレスト防衛作戦」! 来週後半スタート予定!!!

艦これイベント「ブレスト防衛作戦」のギミックが難しい!詳細や攻略を徹底解説

ブレスト 防衛 作戦

輸送ゲージの記事はこちらです。 クリア報酬 【甲】給糧艦「間宮」3・応急修理女神2・試製15㎝9連装対潜噴進砲・特I型駆逐艦「薄雲」 海域情報 通常艦隊で「 千島方面部隊」の札が付きます。 最短5? 回でゲージ破壊です。 輸送ゲージ破壊とFマスS勝利で戦力ゲージボスが出現します。 Fマスは輸送ゲージ破壊の前後どちらでも構いません。 いないと攻撃を吸われ、ボス撃破が困難になります。 ボスマスは潜水艦が1隻だけおり、ほかは水上艦なので複縦陣がいいと思います。 ボスの旗艦は装甲が200あり少し硬いので単縦陣もありかもしれませんが、潜水艦が残り攻撃が吸われやすくなるので注意してください。 決戦支援は推奨。 道中は不要です。

次の

【艦これ】2019年夏イベ E1『ブレスト防衛作戦』撃破ゲージ・攻略ルート・編成・装備まとめ / 海防艦「御蔵」ドロップ

ブレスト 防衛 作戦

英語版記事の機械翻訳されたバージョンを(各言語から日本語へ)。 Googleの機械翻訳を翻訳の手がかりにすることは有益ですが、翻訳者は機械翻訳をそのままコピー・アンド・ペーストを行うのではなく、必要に応じて誤りを訂正し正確な翻訳にする必要があります。 信頼性が低いまたは低品質な文章を翻訳しないでください。 もし可能ならば、文章を他言語版記事に示された文献で正しいかどうかを確認してください。 を行うため、に翻訳元となった記事のページ名・版について記述する必要があります。 記述方法については、を参照ください。 に、より詳細な翻訳の手順・指針についての説明があります。 ツェルベルス作戦 (チャンネルダッシュ) における中 ツェルベルス作戦の推移(フランス語表記) 時 1942年2月11—13日 場所 : 結果 ドイツ軍の勝利(作戦目的の達成) 衝突した勢力 指揮官 戦力 ブレスト軍港で入渠中の「グナイゼナウ」)(1941年) 大西洋での通商破壊作戦()を終えた「グナイゼナウ」と「シャルンホルスト」は1941年3月後半にに到着した。 イギリス軍はすぐに攻撃を開始し、4月6日には「グナイゼナウ」が魚雷を受けた。 5月、戦艦「」と重巡洋艦「プリンツ・オイゲン」による通商破壊作戦()が実行されたが「ビスマルク」は撃沈され、「プリンツ・オイゲン」はブレストに入港した。 ヒトラーは水上艦による通商破壊作戦に否定的となり、また通商破壊艦のための補給船が何隻も沈められた。 7月24日には空襲で「シャルンホルスト」が被弾し、「プリンツ・オイゲン」にも7月1日に爆弾が命中した。 11月13日、ヒトラーは艦隊がドーバー海峡を通って帰還できるかとレーダーにたずねた。 12月には艦隊の帰還についてレーダーと軍令部長フリッケに意見が聞きたいとのヒトラーの希望が伝えられたが、これに対する彼らの意見は海峡突破は不可能であるというものであった。 それに対してヒトラーは艦隊がノルウェーの防衛に必要であることと艦隊の海峡突破を主張した。 そして、1942年1月12日にレーダーやフリッケ、国防軍総司令部総長カイテル、空軍総参謀長ハンス・イェショネクなどの出席した会談で海峡突破は決定された。 作戦経過 [ ] 1942年夜、中将が率いるシャルンホルスト、グナイゼナウ、プリンツ・オイゲンおよび6隻は約20機ののの護衛を受けつつブレストを出港した。 イギリス海軍の偵察機がこれを間もなく察知したものの、無線不使用の通達を守ったために、基地に帰還するまで約2時間このことを伝えることができないまま時間を無駄にすることになった。 12日10時42分、偵察機の報告を受けて基地を飛び立ったイギリス空軍のがようやく艦隊を発見し、さらに5隻が攻撃を試みるも失敗した。 12時45分、 ()少佐率いる6機が攻撃を行ったが、護衛の戦闘機と艦船による対空砲火で全滅し艦隊に損害を与えることはできなかった(搭乗員18人中エズモンド少佐ら13人が戦死)。 14時31分、海峡を通過したところでシャルンホルストがイギリス海軍の敷設したに触雷した。 シャルンホルストは応急修理の後30分後に航行を再開した。 ドイツ艦隊の海峡通過後からイギリス空軍の爆撃機が攻撃を開始したが、損害は与えられなかった。 その後19時55分にグナイゼナウが触雷、21時34分にはシャルンホルストが再度触雷するも3隻とも無事にドイツ本国にたどり着くことができた。 英仏海峡を白昼堂々突破されたことで、ヒトラーの思惑通りにには轟々たる非難の声が殺到し、海軍は真相隠蔽に狂奔、数少ない攻撃隊の生存者に勲章をばらまいてお茶を濁した。 しかし、ドーバー海峡を突破しノルウェーを経由してに到着したドイツ艦隊は狭い水域に封じ込められた事になり、のイギリス海軍本国艦隊に動きを遮断され、連合軍の制海権を脅かすものではなかった。 結局、ドイツ海軍は戦術的にかろうじて成功したが、戦略的には完敗した。 作戦後 [ ] その後、この3艦はブレストがキールに変わっただけで相変わらず空襲を受け続け、まずグナイゼナウが1942年に空襲を受けて大破、結局廃艦となった。 シャルンホルストはキールからさらにノルウェーに避退したが、1943年ので撃沈された。 プリンツ・オイゲンは同じくノルウェーに避退したがにされて中破。 本国回航と修理に成功し以後バルト海にて対地支援に従事する。 終戦を迎え、連合国軍に引き渡された後にの標的艦となり、実験後曳航中に沈没した。 勝敗の要因 [ ] イギリス側にはドイツ艦隊は夜間に海峡を通過するというがあり、夜襲を前提とした作成計画しか用意していなかった。 一方、ドイツ側は航空戦力の援護を得られることやブレスト出港を夜間に設定できることなどのメリットを優先して白昼の海峡通過を選択したため、イギリス軍は裏をかかれたかたちとなった。 その結果、イギリス軍は適切な対応ができずに情報伝達の遅れや戦力の逐次投入という悪手を打ち、ドイツ艦隊の海峡突破を許した。 また、作戦の実施にあたり、ドイツ海軍は3隻を作戦から引き抜いて沖に派遣し、気象データの収集にあたらせていた。 脚注 [ ]• 、出版部編 『第二次大戦海戦事典 W. II SEA BATTLE FILE 1939〜45』』 光栄〈War history books〉、1998年、222頁。 『欧州海戦記2 ヨーロッパの海を奔騰させた23隻の航跡』 〈光人社NF文庫〉、2000年、266頁。 カーユス・ベッカー、訳 『呪われた海 ドイツ海軍戦闘記録』 、2001年、302頁。 「Engineers of Victory」Paul Kennedy p42• , p. , p. 参考文献 [ ]• 文献 [ ]• John Deane Potter Non-fictions : 『高速戦艦脱出せよ』、 訳、〈〉、1990年、。

次の

【艦これ】2019夏イベントE

ブレスト 防衛 作戦

歴史 [ ] 19世紀初期にロシア帝国によって、として作られた。 第一次世界大戦 [ ] で戦闘準備が行われ、より強化された。 しかし、1915年8月1日 の夜、要塞より財産が優先され、要塞の一部はロシア軍によって破壊され破棄された。 1918 年3月3日、が署名された。 要塞はドイツの手に渡り、その後ポーランドの管理下となった。 ポーランド・ソビエト戦争 [ ] 1920年、で赤軍が取り戻したが、すぐに失われた。 1921年に、によって、の物となった。 戦時期には、要塞は兵舎、軍用倉庫、政治刑務所(1930年代には野党の政治家がここに収監された)として使われた。 第二次世界大戦 [ ] 詳細は「」を参照 1941年6月22日にドイツ軍から攻撃を受けた。 6月30日には大部分が占領された。 この戦いで25人の将兵と2877人のソビエト兵が捕虜になり 、1877人の兵士と将兵が死亡した。 7月20日まで孤立地帯は抵抗した。 8月8日に、とが訪れた。 未だ赤軍の兵士が要塞に残っている可能性があったため、厳重な警備がとられた。 ヒットラーが要塞に至る橋の前で拾った石は、戦後、彼の執務室で発見されている。 このほか、数多くの映画やテレビが作成された。 受賞歴 [ ]• 英雄要塞(1965年5月8日) 関連項目 [ ]• 出典 [ ]• 64-65. 『地球の歩き方 2014〜15 ロシア』ダイヤモンド・ビッグ社、2014年、466頁。 The German text is published in Kristian Gantser [Christian Ganzer], Irina Yelenskaya, Yelena Pashkovich [et al. ] ed. : Brest. Leto 1941 g. Dokumenty, materiyaly, fotografii. 290-298. (ベラルーシ語、英語・ロシア語ページあり).

次の