哲学ニュース まとめ。 哲学ニュースnwk : トースター速報

哲学ニュースnwk

哲学ニュース まとめ

哲学ニュースとは? 哲学ニュースとは、哲学ニュースnwk管理人が運営する 俗にいう2chまとめサイトの一つ。 哲学と、タイトルにつくが 「2013年からのジャンプの打ち切りマンガまとめてみた」や コワイ話など記事自体は、哲学とはあまり関係ない事が多い。 なんと一日のアクセスは、200万アクセスを超える。 ゲームに関する都市伝説や、 裏設定などオカルト要素の強い記事も多く。 そういった割とカルトな記事に惹かれたユーザーも多い。 また、最近では議論系の記事なども多く 対立などをうまく入れ、アクセスを集めている。 さらに現在、検索エンジンで 哲学 と検索すると。 この哲学ニュースがWikipediaを抑え 1位に表示されるので自然検索のユーザーも集客できている。 また、管理人が複数いて女性も混じっているのではないかと言われており 趣味が偏った記事なども投稿されたりした。 昔の哲学ニュースに戻ってほしいという声は多い。

次の

哲学ニュースnwk : トースター速報

哲学ニュース まとめ

大分は前半33分にFW渡のゴールで先制するもリーグ再開後、初黒星。 エースの名にふさわしい輝きだった。 ガ大阪のFW宇佐美が今季初ゴールを含む1得点1アシストの活躍で逆転勝利に貢献。 本拠地に詰めかけた青黒のサポーターから万雷の拍手を受けた。 同点で迎えた後半3分。 今季、チームが目指すべき姿を宇佐美が泥臭く体現してみせた。 右サイドの高い位置でスライディングし、相手ボールを奪取。 すぐにペナルティーエリア内のFWアデミウソンへパスを送り、勝ち越しゴールをお膳立てした。 大分に先制された直後の前半37分にはPKを確実に決め、全得点に絡んだ。 試合後のヒーローインタビューでは「上出来」と納得の表情で振り返った。 ガ大阪は前線から積極的にボールを奪いに行く「ハイプレス」戦術を志向する。 リーグ屈指のタレントを誇る攻撃陣を生かすための戦術だ。 しかし、リーグ再開後の3連戦は宇佐美、アデミウソンが下がって組み立てに参加するシーンが目立ち、攻撃が停滞。 持ち味を発揮しきれなかった。 「より相手の中で」。 それだけに、試合前に宮本監督が求めていた役割を役者たちがしっかり演じた勝利の価値は大きい。 「リズムを作りながら、前で仕留めるプレーができた」と胸を張る宇佐美。 新スタイルの浸透には、攻守に躍動する28歳の「ガンバの至宝」の活躍が欠かせない。 【長宗拓弥】.

次の

哲学ニュースnwk

哲学ニュース まとめ

第103回大会 2016年 クリス・フルーム(チームスカイ) 第102回大会 2015年 クリス・フルーム(チームスカイ) 第101回大会 2014年 ヴィンチェンツォ・ニバリ(アスタナ・チーム) 第100回大会 2013年 クリス・フルーム(スカイ・プロサイクリング) 第99回大会 2012年 ブラッドリー・ウィギンス(スカイ・プロサイクリング) 第98回大会 2011年 カデル・エヴァンス(BMC・レーシングチーム) 第97回大会 2010年 アンディ・シュレク(チーム・サクソバンク) 第96回大会 2009年 アルベルト・コンタドール(アスタナ・チーム) 第95回大会 2008年 カルロス・サストレ(CSC・サクソバンク) 第94回大会 2007年 アルベルト・コンタドール(ディスカバリーチャンネル) 第93回大会 2006年 オスカル・ペレイロ(ケス・デパーニュ) 第92回大会 2005年 第91回大会 2004年 第90回大会 2003年 第89回大会 2002年 第88回大会 2001年 第87回大会 2000年 第86回大会 1999年 第85回大会 1998年 マルコ・パンターニ(メルカトーネ・ウノ) 第84回大会 1997年 ヤン・ウルリッヒ(ドイツテレコム) 第83回大会 1996年 ビャルヌ・リース(ドイツテレコム) 第82回大会 1995年 ミゲル・インドゥライン (バネスト) 第81回大会 1994年 ミゲル・インドゥライン (バネスト) 第80回大会 1993年 ミゲル・インドゥライン (バネスト) 第79回大会 1992年 ミゲル・インドゥライン (バネスト) 第78回大会 1991年 ミゲル・インドゥライン (バネスト) 第77回大会 1990年 グレッグ・レモン Z 第76回大会 1989年 グレッグ・レモン ADR 第75回大会 1988年 ペドロ・デルガド Reynolds 第74回大会 1987年 ステファン・ロシュ Carrera 第73回大会 1986年 グレッグ・レモン La Vie Claire 第72回大会 1985年 ベルナール・イノー La Vie Claire ネットの怖い話で打線組んだ Source: 哲学ニュースnwk 投稿者 投稿日: カテゴリー 佐賀県唐津市の高島唐津市の沖合約3キロに位置する高島に、何とも景気の良い名前の神社がある。 その名も「宝当神社」…「宝」が「当たる」という事で宝くじファンに知られるパワースポットには、年間20万人が参拝に訪れる。 そしてその島に、当選確率をさらに高めてくれる?猫たちがいる。 写真:得意のお祈りポーズを披露してくれた福ちゃん(雌12歳)。 子供たちは「ママ、すごい!」と尊敬のまなざし? 高島に上陸後、宝当神社への参道を進むとすぐ、数匹の猫が行儀良く並ぶ商店に足を止めずにはいられないだろう。 「はーい!この子が福ちゃん。 お祈りしますよー」。 元気な声で「当選祈願グッズ」をPRするのは「宝当大黒屋 野崎酒店」の野崎一貴江さん(68)だ。 「おかげさまで大人気です。 宝くじの発売日には店先に大勢の人だかりができますよ」 12歳のメス猫「福ちゃん」が人気を集め始めたのは10年ほど前。 店頭にいた福ちゃんを撫でて宝くじの高額当選を果たしたという人が現われてから。 それ以降テレビや雑誌、SNSなどで噂が広まり、宝くじファンのみならず猫好きの来訪者も増え続けているという。 写真:野崎さんが手に持つ「宝当黄金袋」にお祈りする福ちゃん 宝くじを入れる「宝当黄金袋」に向かって福ちゃんが立ち上がって熱心にお祈りする姿に、人々は笑顔で歓声を上げる。 その〝集客力〟は相当なものだ。 もちろん実績も折り紙つき。 野崎さんによると、現在7匹いる「福ちゃんファミリー」がこれまでに当選させた総額は、報告があったものだけでもなんと約22億円! まさに〝リアル招き猫〟といったところか。 福ちゃんにとっては、野崎さんからもらうおやつを、慎重に両手で受け止めようとする仕草なのだが、それがなんともかわいらしく感じた。 野崎さんも取材中、何度となく「かわいいね、福ちゃん」と話しかけていた。 そんな福ちゃんが子猫を産むたびに「是非ウチに!」というオファーが殺到するのだという。 数匹は既に群馬や愛知の宝くじ販売店に引き取られ、高額当選も数多く出ていると言うから驚かされる。 写真:得意のお祈りポーズを披露してくれた福ちゃん(雌12歳)。 両手(前脚)をしっかりと合わせてます 埼玉県秩父市から伊万里市に帰省中の北爪みどりさん(50)は「母、娘たちと来ました。 実家から近いし、以前から来てみたかった場所でした。 猫たち、本当にかわいいです」と笑顔。 お祈りのポーズを撮影中、自分の心の中にも「もう当たる気しかしない」という根拠のない自信?が湧き上がってきた。 もっとも、当の本人(本猫)たちは皆、「そんなの関係ニャー」とばかりに、彼らを頼もしく思う人たちに温かく見守られながら、自由な島暮らしを満喫しているようだった。 かなり気持ちがこもっている…ような気がしませんか? リアル招き猫「福ちゃん」が住む野崎酒店には、宝当神社の参拝客が数多く立ち寄る 野崎酒店の猫たちは皆、それぞれのポーズで御利益をもたらしてくれる? 自身の名前が書かれた「宝当黄金袋」にお祈りする福ちゃん Source: 哲学ニュースnwk 投稿者 投稿日: カテゴリー 「あなたに1億円が当たりました」 昨年4月下旬、ある日の朝。 長崎市の会社員、大森克典(51)はスマートフォンに届いたメールに気付いた。 大森は「世の中にはいいこともあるもんだ」と胸を躍らせた。 送り主は「カスタマーサービス」。 文面を読むと、「資産1兆円の大金持ち」が人々に成功のチャンスを与えるため現金を分け与えていて、抽選で大森が選ばれた-のだという。 1億円を受け取るための手続きも記されていた。 まず、コンビニで3千円分の「アマゾンギフト券」を買う。 次に、カード番号や領収書などの写真を指定したメールアドレスに送る。 大森はその日のうちに指示された通りにした。 「こんな少額で1億円もらえるならお得だ」と大森は思った。 落とし穴があった。 「ギフト券」のようなプリペイド式カードはインターネット決済で使用される。 カードに記載されている番号は「暗証番号」のようなもので、他人に教えると、購入額を勝手にネット上で使われる危険性がある。 大森はそれを知らなかった。 送り主から返信が来た。 「不足しています。 5千円分送ってください」。 大森は再びコンビニに走った。 すると、またメールが届いた。 追加購入を指示する内容だった。 1万、2万、5万…。 要求金額は次第に大きくなっていった。 貯金が尽きると、同居する70代の母親に金を無心した。 理由は言わなかった。 だが、何回かに分けて20万円近く借りたところで、「あんた、何に使いよるとね」と母親に問い詰められた。 母親が家族に相談し、警察に通報。 その時もまだ、大森は1億円もらえると信じていた。 結局、詐欺だった。 被害額は計127万3千円。 「言ってしまえば、『1億円』という言葉に洗脳されていた。 気持ちも高ぶっていたんでしょう」と大森。 残ったのは後悔と、何の価値もない50枚以上のカードだけだった。 価値のない大量のカードを見詰める被害者。 「これで100万円以上あったんですよ」と力なくつぶやいた Source: 哲学ニュースnwk 投稿者 投稿日: カテゴリー アニメを観るのが好きな人なら、そのオープニングや劇中、エンディングで流れるアニソンにもハマっているという人は多いのではないでしょうか。 アニソンのなかには曲が始まった瞬間のメロディのインパクトが強くて、イントロの段階からテンションが上がる曲も多いですよね。 今回は「アニソンが好きで、普段アニソンをよく聴く」と答えた大学生のみなさんに、そんな「イントロからすでにかっこいい!」と感じるアニソンについて聞いてみました。 最初から最後まで激しいバンドロックだから(女性/22歳/大学4年生) ・God knows。 歌詞がすてきで曲の感じとマッチしているし、初めて聴いたときに鳥肌がたった曲だから(男性/22歳/大学4年生) ・曇天。 イントロの時点でかっこいい(女性/22歳/大学4年生) ・mind as Judgment。 かっこよすぎる(男性/22歳/大学4年生 ・Fallen。 アニメ自体にも合っているから(女性/21歳/短大・専門学校生) ・Brave Shine。 OPが頭をよぎり、イントロの時点でとても心が踊る(男性/24歳/大学院生) ・unravel。 曲と映像がかっこよくて印象に残っている(女性/25歳/短大・専門学校生) ・イマジネーション。 かっこいい(男性/19歳/大学1年生) ・ライオン。 鳥肌が立った(男性/21歳/大学3年生) ・ウィーアー。

次の