リュウイチ ディメンション。 フォトジャーナリスト広河隆一氏のセクハラ問題、検証委員会が報告書を公表

【さよならプロポーズ2】結末10話ネタバレ!リュウイチとユカリの最終回結果は?

リュウイチ ディメンション

ユカリさんは最初から結婚したいし覚悟は決まっている。 リュウイチさんは金銭面で迷っている。 この事について伝えますが、ミドリさんもまた以前リュウイチさんとも話をしていましたよね! お互いに悔いが無いようにと話した後、 ミドリさんは結婚を選択。 ユカリさんは自分が身を引く覚悟まで出来ているので、 後はもう本当にリュウイチさんの決断次第という事に。。 見れば見るほどユカリさんの性格がすごく良い事が分かるので、 リュウイチさんは結婚を選んだ方が幸せになりそうだなとは思いますが・・・。 ユカリさんは以前の占い師の方にアドバイスしてもらった話をしていきます。 ユカリさんは仕事に関しても視野を広く持っているというのが分かります。 ユカリさんはずっとリュウイチさんに歩み寄った考えを言ってくれているのに、 リュウイチさんはどこか突き放すような発言が気になります。 ここまで来てもまだその事を言うようだったら、 やっぱり結婚は出来ないからという事で別れることになりそうですよね。。 ユカリさんもまた本音が言えないような雰囲気があるように感じるので、もう少し強めに行った方が進展はあるのかもとも感じます。 ただ、 ユウくんとミドリさんの件があるのでまだまだ分からないですね・・・! リュウイチさんとユカリさんは 最終地点のマヤの先住民の村に到着します。 ここは以前にリュウイチさんが1人でご夫婦の元を訪れていた場所ですね^^ そしてこのタイミングで、ちゃんと考える時間が欲しいという事でぞれぞれ別行動する事に。 リュウイチさんは 自分に稼ぎが無い内は結婚したくない。 聖なる儀式の会場がプロポーズの最終場所となります。 スピリチュアル系が多い2人ですよね^^ そこにリュウイチさんがやってきて、ついに最後の決断が始まります。 まず初めに、ユカリさんが 自分の気持ちを話し出します。 もし別れる選択になっても受け止める気持ち。 覚悟は決まっているから決めて欲しいという事。 その内容を聞いて、リュウイチさんもこれまでの事について語り出します。 でも大好きだと言っているので、どちらを選ぶのかよくわからない展開に。

次の

運送業の実務

リュウイチ ディメンション

[chapter:前回のあらすじ] 平成ウルトラマンの世界を訪れたディメンションクロスは愛染マコトに憑依していたチェレーザにウルトラマンの事を話し、自身の間違いに気づいたチェレーザは湊兄妹と和解するも、デモンゴスペルによって吸収されてしまい、次元魔獣とヤプールが率いる超獣軍団の襲撃に会う。 ジオウたちが次元魔獣を撃退する一方でオーブたち5人ウルトラマンはダイナやメビウス、ギンガたちと協力して超獣軍団と交戦する中でヤプールがUキラーザウルス・ネオと合体するも、ウルトラマンの世界から駆け付けた初代ウルトラマンたちウルトラ6兄弟とウルトラマンタロウの息子であるウルトラマンタイガたちトライスクワッドの協力でヤプールもろともUキラーザウルス・ネオを倒した。 [newpage] OP「To be continued... 」 [chapter:第54話 平和への願い] 次元都市クリスピア 2019年1月下旬 水曜日 午後4時 クリスタルタワー・ブリーフィングルーム クーデリア「皆さんお久しぶりです」 サチ「クーデリアさん、お久しぶりです」 ブースカ「今日はどうしたの?」 クーデリア「実は皆さんにお願いしたい事があるんです」 バナージ「お願いしたい事?」 クーデリア「既にご存じの方もいますが、今から三日後に私たちの世界にあるオーブ連合首長国で連邦軍やザフトを始めとした様々な国や組織の代表が平和のための会議を行う事になっていて、皆さんにはわたくしやオードリーさん、デュランダル議長の護衛を引き受けてもらいたいのです」 リヒター「分かった。 我々ディメンションクロスもクーデリアくんたちの護衛を引き受けよう」 オードリー「ありがとうございます」 三日月「後で別の世界にいる達也たちにも連絡するよ」 ガイ「それと、撃たちメタルヒーローにも応援を頼もう」 オットー「確かメタルヒーローには警察関係者も多いし、護衛任務には適任だな」 ブースカがディメンションクロスの仲間になってから三日後。 クリスタルタワーのブリーフィングルームを訪れたクーデリアはリヒターたちにガンダムの世界にあるオーブ連合首長国で三日後に行われる連邦軍やザフトを始めとした各国や組織の代表による会議で自分たちの護衛を依頼し、リヒターたちはその依頼を快く了承し、三日月やシンたちは各世界で学校に通っている達也たちに会議の事を説明する一方、ガイは撃たちメタルヒーローたちに協力を要請した。 ガンダムの世界 三日後 土曜日 午後11時 オーブ連合首長国・湊沖 撃や舟、シェリー、タミーたち宇宙刑事を始め、良破、ジャンパーソン、ガンギブソン、ビーファイターと共にオーブを訪れたディメンションクロスの面々はデュランダルやオーブの代表である金髪の女性を始めとした要人たちと対面していた。 デュランダル「ディメンションクロスのみんな、良く来てくれた」 リヒター「お久しぶりです、デュランダル議長」 カガリ「私はカガリ・ユラ・アスハ。 オーブ連合首長国の代表で、キラの姉だ」 キラ「姉と言っても、どっちがお姉さんでどっちがお兄さんかはボクたちにも分からないけどね」 カガリ「おい!」 りみ・紗綾『あはは・・・』 マリナ「私はマリナ・イスマイール、アザディスタン王国の第一皇女です」 リリーナ「わたくしはリリーナ・ピースクラフト、地球圏統一国家の外務次官です」 ミーア「ラクス様にディメンションクロスの皆さん、お久しぶりです!」 ラクス「ミーアさんもお久しぶりですわ」 紺「この人がミーアさん・・・」 憂「ラクスさんそっくりだね」 梨子「ところでミーアさん、最近のアイドル活動はどうですか?」 ミーア「最初は反感があったんですが、ラクス様のそっくりさんアイドルを公言をして活動していたおかげでファンが増えて来たんです」」 デュランダル「私は整形しなくても魅力的だと言ったんだが、彼女の希望でラクス・クラインの顔に整形する事になったんだ」 千歌「議長さんが整形しろって言ったわけじゃないんですね」 マリナ「刹那、あなたも来てくれたのですね」 刹那「ああ。 マリナ・イスマイール、あなたも平和のために戦っているようだな」 アールジーコ「フェルトちゃん。 あの二人ってどういう関係なの?」 フェルト「平和を実現するために奔走している・・・一種の同志みたいなものです」 金色のショートヘアーの女性の名はカガリ・ユラ・アスハ。 オーブの代表であるナチュラルの女性で、アスランの婚約者。 キラの双子のきょうだいだが、どちらが兄で姉かは本人たちも分からない」 黒いロングヘアーの女性の名はマリナ・イスマイール。 アザディスタン王国の第一皇女で24歳。 戦いでは何も解決しないという強い信念の持ち主で、2年前から刹那と面識がある。 薄茶色のロングヘアーの女性の名はリリーナ・ピースクラフト。 「地球圏統一国家」の外務次官を務める18歳の女性で、今は亡き「サンクキングダム王国」の王女。 ヒイロとは3年前から面識がある。 リヒターとデュランダルが右手で握手を交わす一方でデュランダルに同行していたミーアを見てリュウソウジャーが驚きつつもミーアのアイドル活動は順調である事を知り、マリナと刹那は互いの信じるやり方を認めながら会話をした。 「お、シンくんじゃないか?」 シン「トダカさん。 お久しぶりです!」 トダカ「ああ。 久しぶりだね」 ステラ「シンの知っている人?」 シン「この人はトダカさん。 3年前に家族を亡くした時に色々とお世話になったんだ」 アムロ「バナージ、みんなも久しぶりだな」 バナージ「アムロさんにカミーユさん、ジュドーさん!」 キラ「ドモンさんにヒイロくん、ガロードくんたちも!」 ジュドー「オレたちもブライトさんに頼まれて護衛に参加したぜ」 ヒイロ「久しぶりだな、リリーナ」 リリーナ「ヒイロこそ、今日はわたくしたちのエスコートをよろしくお願いしますね」 ヒイロ「ああ」 祐作「リリーナって嬢ちゃんとヒイロはどういう関係なんだ?」 幸也「それはまあ、色々と」 デュオ「けどよ。 オレたちだけでなく、ディメンションクロスやメタルヒーローってのがいるとはな、要人警護とはいえ力を入れすぎじゃないか?」 ブライト「入れすぎという訳ではない。 実は2週間前に連邦軍士官のサイデル・ギシン中佐が連合軍やアロウズが使っていたモビルドールを強奪してから軍を脱走したんだ」 レイ「脱走しただと!?」 俊介「そのサイデル・ギシンってどんな人ですか?」 ブライト「ギシン中佐はモビルスーツの変身者としても指揮官としても優秀だが、スペースノイドやコーディネイターへの差別意識が非常に強く、軍上層部でも彼の度が過ぎた差別思想が問題視されていたんだ」 ジョルジュ「随分と過激な思想の持ち主のようですね」 チボデー「そんな奴を野放しにしたらろくでもない事になるぜ」 ブライト「もしギシンがデュランダル議長たちを狙ってオーブを襲撃してもいいように、キミたちに議長たちの護衛を頼んだんだ」 ドモン「事情は分かりました。 オレたちシャッフル同盟も護衛に協力します」 ガロード「オレも手伝うぜ、ブライトさん!」 撃「どこの世界だろうと、悪い奴を捕まえるのは宇宙刑事の使命だ!」 ブライト「ありがとう。 キミたちの協力に感謝する」 リリーナ「・・・」 五飛「あなたは納得しないかもしれないが、それがオレたちの任務だ」 リリーナ「いえ。 戦わなければ誰かを守れないなら、戦うしかありません」 ヒイロ「戦うのはオレたちの任務だ、お前は平和を実現するために力を尽くせ」 リリーナ「ヒイロ・・・」 シンに話しかけてきた黒髪の男性の名はトダカ。 オーブ軍の軍人で階級は一佐。 3年前では当時一尉だった際に家族を亡くしたシンを救出し、プラントに移住する事を進めたのは彼で、現在でもシンとは定期的に連絡を取り合っている。 シンがトダカと話していた一方でアムロやブライトを始め、カミーユ、ジュドー、ドモンたちシャッフル同盟、ヒイロたちコロニーのガンダム、ガロード、ティファがバナージたちと合流し、ブライトは2週間前に連邦軍を脱走した士官=サイデル・ギシンがデュランダルたちの命を狙ってオーブを襲撃する事を示唆してアムロやドモンたちに護衛を頼んだ事を説明し、ヒイロは不器用ながらもリリーナに「平和を実現するために力を尽くせ」と激励した。 [newpage] 2時間後 午後1時 オーブ連合首長国・大使館前 ジャンパーソン「会議開始まであと1時間か・・・」 ガンギブソン「このまま何事もなく済めばいいんだがな」 「そうはいかないんだなぁ、これが!」 竜馬「その声は!」 シュウン・・・ 昼食を済ませたディメンションクロスやアムロたちはオーブの大使館前で警備をしていたその時、大使館前の上空に発生した次元の歪みからデモンゴスペルと連邦軍の元士官である目つきの鋭い茶髪の男性=サイデル・ギシンが大量のデモンアイズやストライクダガーLを始め、3体のデモンランサー、3体のデモンナックル、3体のデモンボス、10体のアヘッド、5体のデストロイガンダムを率いながら姿を現した。 三日月「エーデルス!」 ガイ「キサマも絡んでいたか!」 ドモン「キサマがサイデル・ギシンか、何故次元魔獣に加担する!?」 ギシン「決まっているだろ、人類の敵であるスペースノイドとコーディネイター、ELSを根絶やしにするためだ!」 レイン「人類の敵ですって!?」 ギシン「スペースノイドとコーディネイターの共存だと?フン!バカバカしい上に下らない!奴らは今大人しくしているが、いずれ我らに牙を向く可能性がある。 そうなる前にスペースノイド共をこの世から排除するべきだと上層部に訴えても聞く耳を持たなかった」 拓海「だからキサマは軍を脱走して次元魔獣と手を組んだのか!」 ギシン「そうだ。 手始めに偽りの平和を実現しようとする愚かな連中をこの手で処刑し、スペースノイドとコーディネイターたち人類の敵をこの世から排除するのだ!!」 アレンビー「何が排除よ!あんたのやっている事はただの人種差別じゃない!」 刹那「サイデル・ギシン、キサマは歪んでいる!!」 ギシン「黙れ!人類の敵を排除する事こそ世界の平和に繋がるのだ!!」 達也「・・・話にならないな。 自分と異なる相手を一切受け入れようとせずに排除する事しか考えてない。 本当に愚かなのは、他人を差別する事しかできないキサマの方だ!」 せがた「キミが今手を組んでいるゴスペル・エーデルスこそが、あらゆる世界を滅ぼしてきた人類の敵なのだ!」 ギシン「黙れ!まず手始めにキサマらをこの世から排除してやる!!」 デモンストーカー「憑依しまーす」 ギシンはスペースノイドやコーディネイター、ELSを排除するために連邦軍を脱走した上に次元魔獣と手を組んでデュランダルやカガリたちの命を奪おうとした事に対してアレンビーや刹那、達也たちから批判され、逆上したギシンがデモンストーカーに憑依される事で両腕にガトリング砲、両肩にビームキャノンを装備した次元魔獣に変身した。 カトル「次元魔獣に変身した!?」 トロワ「オレたちも変身するぞ」 三日月「そうだね。 撃「蒸着!!」 舟「焼結!!」 『了解・コンバットスーツ、電送します』 撃と舟はそれぞれ異なる構えを取った瞬間、超次元戦闘母艦ドルギランから銀色のコンバットスーツが電送される事で撃は0,05秒で宇宙刑事ギャバンtypeG、超次元戦闘母艦バビロスから青いコンバットスーツが電送される事で舟はわずか1ミリ秒で宇宙刑事シャイダーにそれぞれ変身した。 [newpage] BGM「スペース スクワッド」 ギャバン「フン!ハァッ!!」 シャイダー「ビデオビームガン!」 デモンアイズ『グギャアア!!』 ギャバンは右手に持ったレーザーブレードオリジンで4体のデモンアイズを斬り倒し、シャイダーは右手に持ったビデオビームガンからビームを連射して4体のデモンアイズを撃ち抜いた。 磁雷矢「フッ!ハァッ!!」 ジャンパーソン「ジャンデジック!」 ガンギブソン「ガンボルバー、ブローソン!」 デモンアイズ『グギャアア!!』 磁雷矢は両手で構えた磁光真空剣で4体のデモンアイズを斬り倒し、ジャンパーソンは右手に持ったジャンデジック、ガンギブソンはガンボルバーとブローソンの二丁拳銃でそれぞれビームや光弾、実弾を連射して8体のデモンアイズを撃ち抜いた。 ブルービート「スティンガーブレード!!」 ジースタッグ「スティンガークロー!!」 レッドル「スティンガープラズマー!」 デモンアイズ「グギャアア!!」 ブルービートはスティンガーブレード、ジースタッグはスティンガークローをそれぞれ右手に持ちながら8体のデモンアイズを切り倒し、レッドルは右手に持ったスティンガープラズマーからビームを発射して4体のデモンアイズを一掃した。 リュウソウレッド「リュウソウケン!!」 リュウソウブルー・リュウソウピンク・リュウソウグリーン『フッ!ハァッ!!』 リュウソウブラック「フン!ハァッ!!」 リュウソウゴールド「モサチェンジャー!」 デモンアイズ『グギャアア!!』 リュウソウレッド、リュウソウブルー、リュウソウブラックは右手、リュウソウピンクは両手、リュウソウグリーンは逆手でそれぞれリュウソウケンを持ちながら20体のデモンアイズを斬り倒し、リュウソウゴールドは右手に持ったモサチェンジャーから光弾を連射して4体のデモンアイズを撃ち抜いた。 パトレンジャー・パトレンエックス『ハッ!』 デモンアイズ『グギャアア!!』 パトレンジャーは両手で構えたVSチェンジャー、パトレンエックスは右手に持ったXチェンジャー・パトレンジャーモードから光弾を連射して16体のデモンアイズを撃ち抜いた。 『レディー』 『コンプリート』 『スタートアップ』 ファイズ「クリムゾンスマッシュ、ハッ!」 デモンアイズ『!?』 ファイズ「ハァーーッ!!」 『3,2,1,タイム・アップ』 デモンアイズ『グギャアア!!』 ファイズはアクセルフォームに変身した直後にファイズアクセルの赤いスイッチを押して高速移動を発動した直後に空高くジャンプし、20体のデモンアイズに円錐状の光のマーカーを出現させてから高速移動をしながらファイズポインターを装着した右足で20体のデモンアイズにキックを放った瞬間に光のマーカーが20体のデモンアイズを貫いて爆発させ、その直後にファイズは通常形態に戻った。 カブト「クロックアップ!」 『クロック・アップ』 カブト「アバランチスラッシュ!!」 デモンアイズ『グギャアア!!』 カブトは右手で右腰のスラップスイッチを起動する事でクロックアップを発動し、逆手に持ったカブトクナイガン・クナイモードで高速移動をしながらすれ違い様に6体のデモンアイズを斬り倒した。 クウガ・ディケイド『フッ!ハッ!ハァッ!!』 ジオウ「フン!ハッ!ハァッ!!」 デモンランサーA・デモンナックルA・デモンボスA『ぐわあ!!』 クウガ、ディケイド、ジオウの3人はパンチとキックを連続で繰り出してデモンランサーA、デモンナックルA、デモンボスAを叩きのめしてダメージを与えた。 磁雷矢「磁光真空剣・真っ向両断!!」 デモンランサーB「ぎゃあああ!!」 磁雷矢は磁光真空剣を一度背部に備えた鞘に収めた直後に再度抜刀する事で刀身が七色に光り輝き、磁光真空剣を両手で構えながら縦に振り下ろす事でデモンランサーを斬り倒した。 アールジーコ「ジャンパーソン、合体だ!」 ジャンパーソン「ジックキャノン!!」 ガンギブソン「スピンドルキャノン!!」 デモンランサーC「ぎゃあああ!!」 デモンナックルC「ぐわあああ!!」 ジャンパーソンはアールジーコとジャンデジックが合体したジックキャノン、ガンギブソンはスピンドルキャノンをそれぞれ両手で構えながら強力なエネルギー弾を発射して2体のデモンナックルを消滅させた。 ブルービート「パルセイバー合体!スーパーファイナルブロー!!」 デモンアイズ・デモンボス『グギャアア!!』 ブルービートはスーパーブルービートに変身した直後に右手に持ったビートイングラムの上部にパルセイバーを合体させる事でビートイングラムをファイナルモードに変形させ、ビートイングラムを両手で構えてから強力な光線を発射して残り10体のデモンアイズとデモンボスCを消滅させた。 ギャバン・シャイダー『レーザーブレード!!』 デモンゴスペル「くらえ!!」 シャイダー「フッ!ハァッ!!」 ギャバン「ハァーッ!!」 デモンゴスペル「ぐはあ!!」 ギャバン「ギャバン・ハイパーダイナミック!!」 シャイダー「シャイダー・ブルーフラッシュ!!」 デモンゴスペル「ぎゃあああ!!」 ギャバンとシャイダーは右手に持ったレーザーブレードの刀身を左手に添えてエネルギーを収束させる事でレーザーブレードオリジンとレーザーブレードの刀身が青い光を纏い、デモンゴスペルは左腕が変化した剣でギャバンとシャイダーに斬りかかるも、ギャバンとシャイダーはギャバンはレーザーブレードオリジンで横から縦に振る事で十字型の斬撃、シャイダーはレーザーブレードを横に薙ぎ払う様に振るう事で斬撃を放つ事でデモンゴスペルに大ダメージを与えた。 デモンゴスペル「いててて・・・今日はここまでにするかな」 ギャバン「待て!!」 シュウン・・・ ギャバン「ちっ、逃げられた!」 シャイダー「今はアスハ代表たちを守る事を優先しようぜ」 ギャバン「・・・そうだな」 デモンゴスペルは灰色のオーロラを通過する事でガンダムの世界から撤退し、ギャバンとシャイダーはジオウやビーファイターたちと合流してからバルバトスたちの応援に向かった。 [newpage] BGM「RAGE OF DUST」 バルバトス「フッ!ハッ!」 グシオン・獅電 ラフタ・アジー・ハッシュ 『ハッ!』 フラウロス「そらよっ!」 雷電号「喰らえ!」 ダガーL『!!』 バルバトスは両手で構えた超大型メイスで4体のダガーLを叩きのめし、グシオンは両手やバックパックのサブアームで持った4丁のロングレンジライフル、フラウロスは両手に持った二丁のマシンガンと背部に装備した二門のレールガン、3人の獅電と雷電号は右手に持ったマシンガンから実弾を連射して20体のダガーLを一掃した。 デスティニー「ハァッ!!」 インパルス・ガイアガンダム『フッ!ハァッ!!』 グフ「フッ!ハッ!ハァッ!!」 アビス「ハァッ!!」 カオス「ハッ!」 レジェンド「ハッ!」 ギラ・ズール MD 『!!』 デスティニーは両肩に装備したブーメラン「スラッシュエッジ2」を投げつけて4体のダガーLを連続で切り裂き、インパルスとガイアガンダムは右手に持ったビームサーベル、グフは右手に持った剣、アビスは両手で構えたビームランスで16体のギラ・ズールを斬り倒し、カオスとレジェンドは右手に持ったビームライフルからビームを連射して8体のダガーLを撃ち抜いた。 フリーダム・ジャスティスガンダム『ハッ!』 ダガーL『!!』 フリーダムは二丁のビームライフル、ジャスティスガンダムは右手に持ったビームライフルからビームを連射して8体のダガーLを撃ち抜いた。 ユニコーン・バンシィ『ハッ!』 クシャトリヤ「ファンネル!」 ダガーL『!!』 ユニコーンとバンシィはそれぞれ右手に持ったビームマグナムから強力なビームを連射して6体のダガーLを撃ち抜き、クシャトリヤは8基のファンネルからビームを発射して4体のダガーLを一掃した。 ゴッドガンダム「ビームソード!!」 ライジング「ヒートナギナタ!!」 ノーベル「ビームリボン!!」 ドラゴンガンダム「フェイロン・フラッグ!!」 ガンダムローズ「シュバリエサーベル!!」 マックスター「オラオラオラァ!!」 ボルトガンダム「グラビトンハンマー!!」 ダガーL『!!』 ゴッドガンダムはビームソードの二刀流、ライジングは両手で構えたヒートナギナタ、ノーベルは右手に持ったビームリボン、ドラゴンガンダムは両手で構えた棒術武器「フェイロン・フラッグ」、ガンダムローズは右手に持ったシュバリエサーベルで16体のダガーLを斬り倒し、マックスターはボクシングの要領で4体のダガーLを殴り飛ばし、ボルトガンダムはビームのワイヤーで繋がれた鉄球「グラビトンハンマー」を右手に持ちながら振り回し、4体のダガーLを叩き潰した。 ウイングゼロ「フッ!ハァッ!」 デスサイズ「オラオラぁ!死神様のお通りだあぁーーっ!!」 アルトロン「フン!ハァッ!!」 サンドロック「フッ!ハァッ!!」 ヘビーアームズ「覚悟しろ」 ダガーL『!!』 ウイングゼロは右手に持った刀身が緑色のビームサーベル、デスサイズは両手で構えたビームシザース、アルトロンは両手で構えたビームツイントライデント、サンドロックはヒートショーテルの二刀流で16体のダガーLを斬り倒し、ヘビーアームズは両腕に装備した二門のガトリングガンから実弾を連射して4体のダガーLを蜂の巣にした。 ダブルエックス「フッ!おりゃあ!!」 ダガーL『!!』 ダブルエックスは右手に持った専用のビームライフル「バスターライフル」からビームを連射して4体のプルーマを撃ち抜いた直後に左手に持った刀身が緑色のビームサーベル「ハイパービームソード」で4体のプルーマを斬り倒した。 『ウルトラマンオーブ・ライトニングアタッカー』 オーブ・コスモス『フッ!ハァッ!!』 ネクサス「シュトロームソード!!」 ダガーL『!!』 オーブはライトニングアタッカー、コスモスはコロナモードにそれぞれ変身した直後にパンチやキックを繰り出して8体のダガーLを叩きのめし、ネクサスは右腕に装備したアローアームドネクサスから生成した光の剣で4体のギラ・ズール MD を斬り倒した。 ジャスティスガンダム「キラ、シン。 力を貸してくれ!」 フリーダム「うん!」 デスティニー「行きますよ!」 デスティニー・フリーダム・ジャスティスガンダム『トリニティバースト!!』 ダガーL・デストロイガンダム『!!』 ドカアアン!! デスティニー、フリーダム、ジャスティスガンダムの3人は青く光り輝きながらフリーダムは翼に装備された8機のスーパー・ドラグーンを射出させ、デスティニーは左手に構えた高エネルギー砲、フリーダムは二丁のビームライフル、ジャスティスガンダムは右手に持ったビームライフルでスーパー・ドラグーンと共にビームを発射して20体のダガーLと1体目のデストロイガンダムを撃ち抜い手爆発させた。 ウイングゼロ「破壊する」 デストロイガンダム『!!』 ドカアアン!! ウイングゼロは両手に持った二丁のツインバスターライフルを合体させてから強力なビームを発射し、命中した3体目のデストロイガンダムを爆発させた。 ダブルエックス「ティファ!サテライトキャノンを使うぜ!」 ティファ「あなたに、力を・・・」 ピイイン・・・ ダブルエックス「行くぜ!ツインサテライトキャノン・発射!!」 ハンターレギオン『!!』 バニシングレオン「ガオオオオ!!」 ゲイルファルコン「ピエェーッ!!」 ドカアアン!! ダブルエックスの背部の翼が6枚に展開すると同時にツインサテライトキャノンが両肩に装着し、両腕と両膝の黒い装甲が展開されてから月にある太陽光発電施設からスーパーマイクロウェーブを胸部中央に受信する事で砲門にエネルギーが収束し、ツインサテライトキャノンから強力なビームを発射して4体目のデストロイガンダムを爆発させた。 ゴッドガンダム「チボデー、サイ・サイシー、ジョルジュ、アルゴ、行くぞ!」 マックスター・ドラゴンガンダム・ガンダムローズ、ボルトガンダム『おう!』 BGM「我が心、明鏡止水されどこの掌は烈火の如く」 ゴッドガンダム・マックスター・ドラゴンガンダム・ガンダムローズ、ボルトガンダム『オレたちのこの手が真っ赤に燃える!勝利を掴めと轟き叫ぶ!ばああああくねつ・・・シャッフル同盟拳!!」 デストロイガンダム『!!』 ゴッドガンダム・マックスター・ドラゴンガンダム・ガンダムローズ、ボルトガンダム『ヒート・エンド!!」』 デストロイガンダム『!!』 ドカアアン!! ゴッドガンダムはハイパーモードに変形した直後にマックスター、ドラゴンガンダム、ガンダムローズ、ボルドガンダムと同時に体が金色に光輝き、ゴッドガンダムたち5人の右手から強力な光弾を発射した直後に光弾が一つに重なり、公団が命中した5体目のデストロイガンダムは爆発した直後にゴッドガンダムはハイパーモードを解除した。 デモンストーカー ギシン 「消え失せろ!!」 バルバトス・ユニコーン『ハッ!』 ユニコーン「フッ!ハァッ!!」 バルバトス「ハァッ!!」 デモンストーカーは両肩のキャノン砲と両腕のガトリング砲からビームと光弾を連射するもバルバトスとユニコーンは回避した直後にユニコーンは両腕に展開されたビームトンファーでデモンストーカーを連続で切り裂いた直後にバルバトスは超大型メイスを振り下ろしてデモンストーカーにダメージを与えた。 バルバトス「バナージ、行くよ!」 ユニコーン「はい!」 ピイイン・・・ ズババババ!! デモンストーカー ギシン 「ぐおお!!」 バルバトス・ユニコーン『ビーストクライシス!!』 デモンストーカー ギシン 「ぐおおおお!!」 ドカアアン!! バルバトスとユニコーンの身体は青く光り輝いた直後に三基のシールド・ファンネルから光弾を連射させてデモンストーカーをひるませた直後にユニコーンは右手、バルバトスは左手をそれぞれ青い光を放ちながら同時にデモンストーカーにパンチを繰り出し、殴り飛ばされたデモンストーカーは爆発した直後にギシンの姿に戻った。 [newpage] 2時間後 午後3時 オーブ連合首長国・大使館内 リリーナ「皆さんのおかげで会議は無事に終わる事が出来ました。 本当にありがとうございます」 カトル「いえ、ボクたちはできる事をしただけですので」 ブライト「サイデル・ギシンの身柄は我々ロンド・ベルが責任をもって軍本部に移送します」 デュランダル「お願いします。 ところで、シンの姿が見えないが?」 アスラン「シンなら三日月たちと一緒に慰霊碑に向かうと言ってました」 カガリ「シン、本当に変わったよな。 初めて会った時とはまるで別人のようだった」 キラ「変わった訳じゃない、シンくんはただ、本当の自分に戻っただけだよ」 ラクス「ディメンションクロスで出会ったご友人や大切な人たちのやさしさで立ち直る事が出来たんです」 カガリ「そうか、 マリナ(刹那、あなたも世界を守るために戦い続けるのですね) 午後2時から開始された会議が無事に終わり、カトルやブライトはリリーナやデュランダルたちとギシンの事を話し合う一方、アスランからシンが三日月や達也たちと共に両親と妹が眠る慰霊碑のもとに向かった事やルナマリアやステラ、ディメンションクロスの仲間との出会いで立ち直った事を知ったカガリはオーブの代表として平和のために尽力を尽くす事を改めて誓った。 同時刻 オーブ連合首長国・慰霊碑前 シン(父さん、母さん、マユ。 オレはザフト軍やディメンションクロスの一員として仲間たちと一緒に戦争が二度と起きないように努力します。 どうか天国でオレやこの世界の事を見守って下さい) 刹那「そろそろ行くか?」 シン「ああ。 父さんたちは今のオレを見てどう思ってるのかな?」 達也「きっと天国でキミの事を見守っているはずだ」 三日月「オレも鉄華団やみんなのために頑張っていくよ」 アムロやメタルヒーローの協力で次元魔獣とギシンからデュランダルやカガリたちを守り抜いたディメンションクロス。 三日月や達也たちと共に慰霊碑の前に花束を置いたシンは両親と妹のマユに戦争が起きないように努力する事を誓い、仲間たちと共に慰霊碑を後にするのだった。 ED「BEYOND THE TIME」 [newpage] [chapter:次回予告] 2月14日のバレンタインに備えてディメンションクロスの女性陣が準備を進める中、日菜の提案で花咲川学園と羽丘女子学園が合同でバレンタインイベントが開催され、達也と香澄はそのバレンタインイベントでラブソングを歌う事になった。 そしてバレンタイン当日。 バレンタインイベントが順調に開催される中で達也は香澄と渚から告白され、達也は香澄と渚の想いに答えを出した・・・ 第55話 バレンタイン・ラブ Poppin'Party『ポピパ!ピポパ!ポピパパピポパ!』.

次の

フォトジャーナリスト広河隆一氏のセクハラ問題、検証委員会が報告書を公表

リュウイチ ディメンション

ミドリちゃんは、結婚を迫られていて判断する側だもんね。 対してユカリちゃんは、判断してもらう側になっちゃうから・・・ 2人は真逆の立場だよね。 初めから結婚という一択で旅をしているユカリさんと収入が引っかかって結婚に踏み切れないリュウイチさん。 ミドリさんは、リュウイチさんと以前話していたので、真面目で優しくて素敵な人だとリュウイチさんを誉めます。 ユカリさんは、 リュウイチさんが小さいときにお父さんが寝たきりだったことやそれでお母さんが苦労していたこと、リュウイチさんがそれにとらわれていることを話します。 ミドリさんは、 リュウイチさんもユカリさんも元気だから同じ経験はしないと励まします。 リュウイチさんに、過去のことにとらわれず自分自身のこととして結婚を考えてくれたら・・・とユカリさんの本音が出ます。 お互い悔いが残らないように最後まで頑張ろうと言って2人は別れます。 ユカリさん自身は、結婚ということでブレません。 もしリュウイチさんが、別の選択をしたとしても、彼が幸せになる決断なら悲しくても受け入れると覚悟を決めています。 2人は、聖なる泉セノーテに移動します。 セノーテは、メキシコユカタン半島に見られる水中鍾乳洞で、約3500カ所に存在している泉です。 17時に、結婚するか別れるかを告げる2人。 最終決断まであと4時間! この時点でも、リュウイチさんは迷っているとユカリさんに告げます。 暗い表情のユカリさん。 泉に到着し、気持ちよさそうだということで足だけつけることに。 ユカリさんは、占い師から言われたリュウイチさんの父母の話を伝えたことをリュウイチさん自身がどう感じていたのかを気にして、大丈夫だったかと尋ねます。 リュウイチさんは、嬉しかったと答えます。 それから、占い師に言われていたユカリさんが仕事で成功すると言われたことについてもリュウイチさんに伝えました。 子供と関わる姿が見えると言われていたユカリさん。 過去に塾講師をした経験があり、ユカリさんは子供と関わることが合っているいるのでは?とリュウイチさんも言ったことがあったのです。 そのことから、チャンスがあればそれを見逃さないようにして転職を考えていることをユカリさんは伺わせます。 続けて、もし仕事ではなく、結婚して家庭に入り家族や旦那さんを守りたいと考えるのなら、それはちゃんと養ってくれる人と出会うべきだと言います。 リュウイチさんは、 先のことを考えると今は一緒にいれない、別れた方がいい時もあるとユカリさんに伝えます。 そうじゃないと、依存になってしまうとリュウイチさんは暗くなった空気を払拭するように笑います。 共存ではなく依存だと、それはしたくないとも。 だからずっと悩んでる・・・ここまで言うと無言になってしまう2人。 まず、7日間メキシコについてきてくれてありがとう。 ユカには辛い思いをさせてしまった。 先が見えない不安を感じさせてごめん。 今までありがとう。 ユカはいつも自分のこと以上に俺のことを思いやってくれる。 いつも誰よりも俺のことを理解してくれる。 いつも愛を持って接してくれて、前向きでポジティブで。 いつも笑顔で、こんな素敵な女性俺にはもったいない。 もったいないって気持ちはあるけど、大好き。 こんなかっこ悪い俺だけど、苦労もかけるかもしれないけど・・・ 絶対、幸せにする。 だから、俺と結婚してください。 ここまで言うと、頭を下げたリュウイチさん。 途中不安そうな表情だったユカリさんも、最後は笑顔でうなずきながら聞いていました。 そして、 「お願いします」とユカリさんも頭を下げたのでした。 スポンサーリンク 【さよならプロポーズ2】結末10話リュウイチとユカリ編感想 とても晴れやかな表情の2人。 とくにリュウイチさんの表情がかなり明るくなった印象でした! これまで、かなり真剣に悩んでいたのでしょうね。 覚悟ができてないだけだった、この旅でそれに気づいたとリュウイチさんは言っていました。 収入とか子供とかどうなるか分からないことを想像し、思い悩んでいたんですよね。 でも、未来はどうなるか分からない! 努力次第でいくらでも変えることができるし、良くしていくことだって可能なはずです^^ ギリギリまで悩んでいる様子を見せていたリュウイチさんに、これでプロポーズされても不安なだけでは?なんて思ってましたが・・・ 最後は、 死ぬほど働くと宣言していたので一視聴者としては安心しました^^.

次の