旦那 お小遣い。 旦那を小遣い制にする方法【無駄な抵抗はやめろ!】

旦那の小遣い!旦那の給料に対する割合や小遣いの使い道を大公開

旦那 お小遣い

当ブログにお越しいただきありがとうございます。 ブログ集客アドバイザー shunsuke()です。 世の中には「 お小遣い制度」というものが有ります。 その対称となるのは、殆どの場合、子供や旦那さんです。 子供のお小遣いについては、めだって取り上げられる事はありませんが、外に働きに出ている旦那さんたちの懐事情は、ちょくちょく各メディアでも耳にします。 月2万だとか、一日300円だとか…。 各家庭の事情があるので、なんともいえませんが、お父さんたちはさぞ苦労されているでしょうね。 そんな話を聞いていてふと気になったのが、「お小遣いの相場ってどのくらい?」「年収の何割くらい上げてるの?」って言うところ。 だって、50万稼いでいる人の2万と、20万稼いでいる人の2万って全然重みが違うじゃないですか。 前者だったら、もう少し出して上げればいいのに…と思いますwそんな訳で、ちゃちゃちゃっとリサーチしてみたいと思います。 こんな事が書かれてます• お小遣い制をとってる家庭ってどのくらい? まず、 お小遣い制度を採用している ご家庭ってどのくらいあるのでしょう。 まずはそこが分からなければリサーチも始まりませんからね。 (1,021名を対象にした調査なので、信頼度の高い数字だと思います。 ) うちの場合は、奥さんがお金の管理に苦手意識があったので、結婚当初から僕が金庫番なのですが(つまりは現状お小遣い制ではありません)、もしそれが逆転していたかと思うとちょっと背筋凍っちゃいますね。 旦那のお小遣いの平均額は? 73%の旦那さん達が、 一体いくら位もらっているのか 気になりますよね〜。 こちらも同様に調査結果が出ています。 やはり一般的にイメージのある 「2〜3万円」は家庭数が多いですね。 次いで多いのは、その前後「1〜2万」「3〜4万」という家庭です。 1〜2万かぁ。。。 一日に使える金額に換算すると 300〜650円程って事になります。 33万円。 (端数を切り捨てて) 月に3万くらいが妥当ということですね。 これは世間でよく聞く額に近いです。 (上の調査でもその結果が出ていましたね) 会社員の平均年収は400万円台前半 と言いますから、この観点から見ても 理論と各家庭の感覚が一致している印象です。 さすが世間の奥さん方、抜かりないですね。 旦那に小遣いアップの請求をされたことある? 少しでもお小遣いを増やしたいと思う旦那さんがほとんどだと思いますが、 実際に要求したことがある人は どの程度いらっしゃるのでしょうか? こちらも先ほどの調査で、実施済み。 このような結果に。 勝手な思い込みですが、 意外と 請求する旦那さんって少ないんですね。 僕だったら、すぐ口にしちゃいそうですw 旦那さん方、もっと主張せねば!! (承諾されるかどうかは別として。 ) で!「請求してどれくらい承諾されるのよ」そう思いますよね。 旦那さん方は。 とは言え! 交渉しないことには何も変わりません。 今まさに我が家がそうなんですけど、妻にブログの書き方をじっくり教えて、躓きながらも着実に進めているので、月に数万円の収入を得られるようになりました。 月により多少の変動はありますが、パート代程度にはなっています。 ブログって、自分のペースで積み重ねていけますし1度築いてしまえばWEB上に残って、すぐに無くなることってあまりないんですよ。 つまり、 仮に夫婦お二人で1万円稼げる ブログを作れたとすると、 その後も1万ほど 稼げる環境が 継続してくれるってわけです。 (多少のメンテナンスは必要) ってことは、更にブログを継続すれば もっと稼げるようになる可能性もあるんです。 今のちょっとした目標は、妻のブログだけで月10万くらいは稼げるようにすることです。 初めは大変だったと思いますが、1人でやるわけじゃないですからね。 単純計算で2倍のスピードになります。 僕なんかは、毎月10万以上稼げるようになるまで4ヶ月ほどかかりましたが、それを2人でやっていたら、もっと時間短縮できていたでしょう。 もしこのブログを読んで共感出来るようでしたら、早いうちにチャレンジしてみたほうがいいと思います。 ある程度の実績・知識がある方でも非常に学び・気づきの多い書籍です。 月3,000円から月10万円稼げるようになった方• 月7,000円から月8万円以上稼げるようになった方• 月5万円くらいから30万円まで伸ばした方 など コミュニティとしての実績も少しずつ出るように。 そんなブログコミュニティSkipを一般開放し2018年5月より「」として再スタートを切っています。 完全オンライン上でのやり取りになるので場所を選ばず、スキマ時間を有効活用出来ます。 現在のお仕事をしながらでもオススメですb 期間限定(Twitter限定の企画)で、 月3000円までの成果発生までは 【完全無償サポート】を行っていますので、 始めだけお手伝いしてもらいたいって人は 是非声かけて下さい〜。 僕の頭の中の片隅を書き綴るブログ「KATASUMI」へようこそ。 地元・新潟より情報を発信しております。 1男(カク)1女(ナナ)の子持ち男子です。 略歴2007年:都内の大学在学中、飲食企業の販売促進部門にアルバイト入社。 同時に、たった一人で業務を任され同部門長に。 そこから数年、責任者として従事。 2012年:結婚。 2014年:長男誕生。 個人ブログで月60万PV達成。 「ブログ飯」出来るようになって脱サラ・Uターン。 2016年:長女誕生。 2017年9月:「ブログ飯」出来る人を輩出するためのオンラインサロンスタート(進行形) 2019年9月:連載企画「」スタート 世界にたった1人でもいい。 誰かに役立つ何かを残していきます。

次の

夫の小遣いが家計の1割を超えていたら要注意!家計に対するベストな旦那の小遣い制度

旦那 お小遣い

家計を握っている奥さんと、外で働いている旦那さんとの間でしばしば喧嘩になりがちなのが、 「お小遣い制度」を巡る問題ですよね。 夫の立場からすれば、 「こんなに一生懸命仕事をしているのだからもっと遊ぶお金が欲しい!」と思う一方で、妻からすると、 「将来のための貯金などにもお金を回すので余裕がない!」などと意見が対立してしまうことも多いでしょう。 また、他のご家庭がどのくらいお小遣いをあげているのかもなかなか聞きにくく、明確にいくらが適切とは決めかねているでしょう。 そこで今回は、一般的なお小遣いの金額を年代別に紹介するとともに、どうすれば使えるお金が増えるのか、節約して家計を助けるためのコツなどをわかりやすく解説していきます! お小遣い制は意外と少ない!?夫婦のお財布の管理はどちらがやっているの!? そもそも夫婦のうち、家計を奥さんが握っている「お小遣い制」を導入している家庭はどのくらいあるのでしょうか!? ここでは、 アニヴェセル総研が既婚の男女600人にインタビューした結果を元に、お小遣い制をしている世帯の割合を紹介していきます! 全体としての結果としては、 61. では続いては、男女別と年代別にお小遣い制と別財布制の割合を見ていきます。 2 53. 8 30代男性 59. 5 40. 5 20代女性 64. 8 35. 2 30代女性 65. 5 34. 5 調査の対象が20代と30代の男女だけにはなっていますが、年代が上がるほどお小遣い制の割合が高くなっていると言えるのではないでしょうか? 30代にもなると結婚や出産を契機に退職される女性も増えるでしょうから、やはりお小遣い制の割合は共働きの割合と関係が高いようですね。 毎月のお小遣いはいくらが適切!?気になる世間のお小遣いの相場は!? では、実際にお小遣い制を導入しているご夫婦では、毎月どのくらいのお小遣いを渡しているのでしょうか? 先ほどのレポートによると、1ヶ月のお小遣い金額は以下の通りになりました。 1万円未満 26. 平均的な年収が400万円ということを考えると、手取りの10%くらいに収まるようにお小遣いを設定しているのではないでしょうか? また、お小遣いが毎月10万円以上の世帯も僅かではありますがいらっしゃるということもわかりました。 毎月15万円以上ともなると、やはり年収が高いご家庭であったり、自営業などで飲み会などの付き合いも多い方などはお小遣いも多めに必要となりそうですね。 この指標を元にすると、一般世帯の場合には夫のお小遣いは 毎月3万円〜4万円が目安ということと言えるでしょう。 ではここからは毎月3万円〜4万円程度のお小遣いのやりくりはどうなるかシミュレーションしていきます! 夫のお小遣いは足りる!?気になるお小遣いの使い道とは? 夫のお小遣いの使い道を理解しておくと、どのくらいのお金が必要なのかをしっかりと理解することができます。 もちろんご家庭にもよりますが、一般的には旦那さんのお小遣いの使い道は次のような支出に該当されると考えられます。 昼食代• 嗜好品(たばこ・コーヒー・お酒など)• 飲み代• 趣味にかかる費用(車やバイク・スポーツなど)• 散髪代• 本や勉強代• 洋服やファッション代• ゲームや課金など• タクシー代• クリーニング代 特に日常的にかかる支出といえば、昼食費用かと思います。 毎月の出社日が20日とすると、毎日昼食に500円使っただけでも1万円かかってしまいます。 お弁当などが準備できれば、毎月1万円ほど浮かせることができますね。 また、会社での立場が高くなればなるほど、後輩を飲みに連れて行く機会も増えていきます。 そのため、社内外との付き合いにかかる費用も多くなるので、飲み代や遊び代も多少増やして行く必要はあるでしょう。 会社によっては、昇進のために資格の取得をしたり、業務上で必要な英会話などの教室に通う必要もあるかもしれません。 その費用をお小遣いから出してあげるかどうかもご家庭でしっかりと話し合って行く必要もありますね。 夫のお小遣いをどうやり繰りする!?家計を助ける5つのコツとは!? ここまで読んできて、 「夫のお小遣いをなるべく抑えたい」「少ないお小遣いでもうまくやり繰りさせたい」という方も多いかと思います。 もちろん金額を決めることも大切ですが、工夫次第で同じお小遣いでも家計も旦那さんもお互いハッピーになるような工夫を5つ紹介していきます! ぜひ皆さんのご家庭でも実践してみてください!! その1:毎日お弁当を持参する! 先ほども紹介しましたが、サラリーマンの支出のうち、大きなウエイトを占めるのが昼食にかかるお金です。 そこで対策できるのが、お弁当を会社に持参して昼食代を浮かせるという方法です。 もちろん毎日お弁当を作るのは、奥さんの負担にはなってしまいますが、うまく残り物などを活用しながら、負担なく家計を助けられるといいですね。 関連記事 その2:フリマアプリなどで衣服費用を節約&断捨離 ファッションが趣味だったり、外に出かける機会が多い方だと、必然的に洋服にかけるお金も増えてしまいます。 また、毎シーズン洋服を買っていると、クローゼットの場所を取ってしまったり、ほとんど着ない服が出てきてしまったりしますよね。 そこで活用したいのが、メルカリなどのフリマアプリです。 買うときには、他の人が購入したけれどもサイズが合わなかったなどの理由から、ほぼ未使用の状態で購入することができます。 最近ではサイズやブランドも指定して、簡単に検索できるようになっているので、通常の通販並みの品揃えや探しやすさがあります。 また売るときにも、最近ではコンビニに売りたいものを持って行くだけで出品・配送ができるので、かなり手軽かつ簡単に不要なものを売ることができます! 関連記事 その3:タバコやお酒などの量を減らす 家計への負担もある上に、身体へダメージも大きくなってしまうのがタバコやお酒です。 特にタバコは、毎日一箱吸っているだけでも 毎月1万5000円近い出費になってしまいます。 他の費用に比べると、「体のことが心配だから」という名目で節約しやすい費用項目ではありますし、家計も体調も両方改善できる一石二鳥の節約術と言えるでしょう! その4:夫自身が副業にチャレンジしてみる! 最近は多くの企業で副業が認められるようになってきました。 資格を取得することも大切ですが、副業を通してビジネス経験を積んでいくこともこれからの時代は必要になっていきます。 ですから、自身のキャリアアップへの取り組みもしつつ、使えるお金を増やす方法としても副業はかなり魅力的な手段と言えるでしょう。 副業といっても、パソコン1台とネットワーク環境があればどこでもできるようなクラウドワークなどの機会も増えているので、土日や平日の終業後にフレキシブルに取り組みむことができます。 始める際には、必ず自社の就業規則などを確認し、本業に支障が出ないように注意しなければなりませんね! 関連記事 その5:お金がかからないことを趣味に!ランニングなどがオススメ! 男性というと車だったり、ギャンブルだったりと何かとお金がかかることが趣味になりがちです。 しかし発想の転換を行なって、お金がかからないことを趣味にすると、思いの外お金を使わずにプライベートを充実させることができます。 健康を維持しつつ、家計への負担も少ない趣味としてオススメなのが ランニングです。 最近ではご夫婦でランニングをしている光景をよく目にするようになってきましたよね。 自分一人ではなかなか続かない運動でも、ご主人や奥さんと一緒に取り組むことで長続きもしやすくなるというメリットがあります。 旦那さんが趣味にお金をかけすぎているなと感じたら、「健康のためにランニング始めない!?」と軽く誘ってみるといいでしょう! お小遣いは減らせば良い訳ではない!上手なモチベーション管理を! 今回は、世間のお小遣い事情に関して解説していきました。 注意しなければいけないのは、お小遣いを減らしたり、我慢をさせすぎるのは良くないという点です。 プライベートの時間や食事を充実させることで、旦那さんが仕事をより頑張ることができるようになります。 家計をも守ることも大切ですが、うまく旦那さんの働きやすい環境づくりをしていくことで、ストレスを感じさせない工夫が必要になっていきます。 重要になるのは、ただ我慢を強いるだけではなく、 「一緒に何かをする姿勢」です。 先ほどのランニングの例にも重なりますが、節約するときには一緒に節約する、新たな趣味を始めるときには一緒に始める、といったやり方を心がけてると夫婦関係も良好に維持できるでしょう! また、これから結婚を考えているカップルの方はなるべく早めにお金などのデリケートな話を済ませておき、結婚した後で揉めないように準備をしておくと良いですね。

次の

夫のお小遣いについて。 月手取り20万だと相場いくらくらいでしょうか。お昼代込...

旦那 お小遣い

設問:配偶者の一カ月のおこづかいはいくらですか?(昼食代含む) 男性会社員 ・全体・・・26,507円 ・20代・・・25,439円 ・30代・・・22,068円 ・40代・・・23,631円 ・50代・・・32,909円 という結果が出ており、夫の小遣いの平均は26,507円でした。 自分がこの額しか自由に使えないとしたら、少々厳しいように感じます。 みなさんはこの額を見て、どう感じますか? 2:給料の何割くらいが平均? 旦那のお小遣いいくらですか?3つの実例 筆者の周囲の既婚女性に、旦那さんにお小遣いとして毎月いくら渡しているのか、リサーチしてみました。 手取り額とともに、ご紹介します! (1)手取り20万円弱の夫に、2万円! 共働き夫婦である彼女、「基本的に残業も休日出勤もない」というご主人の手取りは20万円弱。 「お互いに手取りが20万円いかないくらいですが、1か月2万円はお互いのお小遣いとして確保しています。 娘が一人いるので、その保育料と教育資金作りの貯金で贅沢していられない。 でも、最低限好きなものは欲しいし、美容室も行きたいし……で、月2万円でやりくりしてます」(20代女性・事務職) それぞれの手取りの1割強の額を小遣いとして設定しているのですね。 お給料日に手渡しで渡しているそうで、お互い、不平等を感じないよう、旦那さんと奥さんのお小遣いを同額にしているのだそうです。 (2)手取り26万円の夫に、3万円! 手取り26万円だという営業職のご主人。 奥様はパートで収入は月5万円ほど。 毎月30万円くらいで家計をまわしているとのこと。 その1割にあたる3万円を、ご主人にお小遣いとして渡しているそうです。 「1か月の生活費の中で、1割が旦那のお小遣いですね。 30代の平均が22,068円なら、うちは多いということになりますが、その小遣いの中から、毎日の昼食代や飲み代を出してもらっているので不満はありません。 毎月給料日後に手渡しています」(30代女性・パート) そのご主人、実はもう少し増やして欲しいらしいです……。 「月3万円の小遣いでは無理だったので、タバコを安い銘柄にしましたが、それでも無理だったおかげで禁煙できたくらいカッツカツです。 本音はもうすこし増やして欲しい」(30代男性・営業職) お財布にも健康にも良い変化が得られた……と喜ぶ奥さんとは対照的に、ご主人はちょっと不満げ。 とはいえ、(1)と鑑みても、「夫の小遣いは家計の1割程度」というのが、ひとつの目安になりそうですね。 (3)手取り40万円の夫に、8万円! 公務員のご主人は、手取り40万円ほど。 奥様は専業主婦で、旦那様に毎月8万円のお小遣いを渡していると言います。 「中間管理職になってから、飲み会の席で部下の方々に車代など少し渡しているようで……お小遣いを増やしました。 昼食代など、3万円分はこちらでチャージしておき、残りの5万円を手渡ししています。 趣味のお金も自分のお小遣いの中から出してくれているので、特に不満はありません」(40代女性・専業主婦) 手取りの2割を旦那さんのお小遣いにしているというご家庭です。 趣味のお金、交際費……と、何にどのくらい必要なのかがわかれば、お小遣いを渡しやすくなるかもしれません。 3:旦那の小遣いは何に使われている? 夫に調査! では実際に、世のご主人はどんなものにお小遣いを使っているのでしょうか? (1)コーヒーなど、通勤や職場での「飲みもの」 1本130円の缶コーヒーも、朝と夕方に1本ずつ、平日毎日(20日)買えば5,200円に! 「本当は、スタバなどで買いたいけど、高いので……」という意見も。 「今日1日頑張るぞ!という感じで毎朝コーヒーを買っちゃいます。 あとは、夕方くらいにエナジードリンクもよく買っちゃいますね。 よくよく考えると、それだけでも結構な額になってます」(20代男性・会社員) (2)やめたいけどやめられない…「タバコ」 「自分でも減らしたいと思っている出費」だと教えてくれたのが、タバコ代。 「喫煙所が上司とのコミュニケーションの場にもなっているから止められない」なんていうコメントも。 「タバコ休憩といって、上司と2人で喫煙所に行くと、何かと話すことも出てくる。 良い機会になっているし、禁煙しようかなと思っても、上司から誘われるし辞めにくい」(30代男性・事務職) JT(日本たばこ産業株式会社)の公式ホームページによると、現在タバコは20本入りで230~480円の価格帯となっています。 440円の銘柄のタバコを1か月に20箱(2日で1箱)吸っているとしたら、それだけで8,800円に! (3)断れない付き合いもある…「飲み会代」 タバコと同じく断れない、断りにくい誘いとして挙げられたのがノミュニケーション、そう、飲み会です。 「会費を払うのは痛いけど、誘いを断る勇気もない」(30代男性・製造業) 「半強制参加の飲み会を断る猛者もいるけれど、そんな勇気は自分にはない」とのこと……。 1度の宴会で確実に数千円がオサラバ! (4)自分で出したい金もあるッ!「プレゼント代」 どんなにお小遣い事情が厳しくても、自分で用意したいもの……それがプレゼントだというのです。 「小遣いが少なくても、妻との記念日や子供の誕生日にはケーキを買って帰りたい。 そのくらいはできる親父でいたい」(40代男性・公務員) 男のプライドなんでしょうか……。 ムリして買わなくてもいいよと思う反面、やっぱりプレゼントされたら家族は嬉しいものです。 (5)ささやかな楽しみでもある「ゲーム・アプリでの課金」 これぞまさにムダ使いなのでは!? と妻に叱られてしまいそうですが、「ゲーム・アプリへの課金」という人も少なくありませんでした。 「小遣いは毎日の中でしれっとなくなってしまいます。 ゲームの中で、高級外車をカスタムして非日常を味わっています」(20代男性・会社員) 4:家計のやりくりは大事! でも、最低限のお小遣いもしっかり確保を…… 我慢は続かないものです。 いくら節約といっても、チリツモで不満が溜まるような小遣いの額は、不仲になるキッカケにも……。 夫婦ともに納得のいくお小遣い額の設定をしたいものです。 貯め込むのは、不満ではなく貯金だけで十分ッ! 【参考】 この記事を書いたライター 三浦 希枝 K. Miura 離婚・子連れ再婚を経験し、地獄も天国も見た恋愛マスター。 起業しフリーのライターとして、時にWEBライター養成講座の講師として活動する北国生まれのママライター。

次の