成田 山 西脇。 全国の成田山

全国の成田山

成田 山 西脇

概要 [ ] の大本山成田山新勝寺が、(3年)に大僧正によって開山されたのち、成田不動信仰は日本全国に広がり、西脇を聖地とし、播州成田山法輪寺として。 大本山成田山新勝寺貫首より分院建立の直許を得て、成田山新勝寺不動尊を勧請。 信仰霊場として周辺地域の信仰を集め、家内安全、商売繁盛、、などのを求める信徒が多数参拝している。 本尊 [ ] は。 大本山成田山の平和の大塔建立の際、、が大塔本尊不動明王の原型として制作したものが奉安祭祀されている。 身代わりお守 [ ] の(12年)竣工の大本山成田山新勝寺の当日、辰五郎というがから転落した。 このとき、成田山のを押したが真っ2つに割れたものの辰五郎は一つなく助かった。 これを不動明王のとし、以来焼き印を押したこのが「成田山の身代わりお守」として、広く授けられている。 その他 [ ] 境内にはの大菩提寺の大塔を模した釈迦塔(約23メートル)が建立されている。 また、奈良県より聖天尊・の分霊を勧請祭祀するほか、本堂の裏には大きな七福神、胎蔵界大日如来が祭祀されており本堂下には十二支守り本尊、一願成就鎮守大神様、子授け安産子安地蔵尊、清瀧大権現など多くの神々が祭祀されている。 また、一方にはネパール様式の三層祈祷殿法輪閣(約21メートル)が建立され、大本山成田山新勝寺において開眼した立像不動明王像が鎮座している。 年中行事 [ ]• 1月元旦• 2月上旬 祭• 3月下旬 春の大祭(など)• 5月8日 病気封じ• 8月上旬 ・• 11月 (ちの輪くぐり) (月例行事)• 1日 月例特別護摩供• 16日 聖天尊ご縁日奉修• 28日 不動尊ご縁日護摩供奉修 交通 [ ]• 下車、で7分。 自動車:、より()を北上、約20km。 の西、約700m。 地図 外部リンク [ ]•

次の

成田山法輪寺

成田 山 西脇

より多くの方へ結婚という新しい一歩の後押しを。 地方都市に元気を。 私は播州西脇成田山のお坊さんをしています。 西脇を含めた北播磨地域やその他地方都市の人口減少という大きな課題を抱えている昨今において、地域を見守るお寺としてなにか力になれないかと模索をしていました。 地方都市は、やはり異性との出会いの数が都市部に比べて圧倒的に少なく、「結婚の前に交際するきっかけがない。 」という課題があったため、「出会いから成婚までサポート」できる結婚相談所を開設することを決意しました。 結婚相談はもちろんのこと、インターネットが普及した現在だからできる、スマホで隙間時間にお相手探しができるサービスの提供をすることで、地方都市にお住いの方々の出会いのお悩みを解決しています。 西脇を含めた地方都市には多くの魅力があります。 そんな町をより元気にするためにも、皆様の結婚という新しい一歩を後押ししたいと考えております。 播州西脇成田山 笹倉 照暉 まずは気軽にご相談ください。

次の

ゆいなるの概要

成田 山 西脇

兵庫県西脇市に、千葉県の成田山新勝寺の分霊をお祀りする播州成田山が在ります。 大日大聖不動明王様を御本尊としてお祀りし、この地方では大変有名な祈祷寺です。 毎年年末になると、来年の干支の巨大な動物の飾り物が新聞に載る所です。 前から知ってはいましたし、私の家にも不動明王様をお祀りしていますので、一度は訪ねてみたいと思っていました。 私は初めて訪れる神社仏閣に対し、必ず事前に、巳神様に行く事の是非を尋ねてみます。 1月4日、昨日のいざなぎ神宮に続いて、西脇の成田山に行く事の是非を尋ねてみました。 丸い輪が出て来ました。 行って良しと取ります。 家から一時間程の距離です。 時間も午後4時近くなっていましたので、参詣者は多くはないのですが、次から次に人がお参りに来られています。 境内に足を踏み入れますと、若干の揺らぎを感じます。 本殿に進みました。 参拝者が途切れたところで、先ず此方の巳神様を左に出します。 不動明王の印(不動根本印)を結び、真言(慈救呪)を唱えます。 次に私の住所、名前を述べ、この地に到った経緯を話します。 そして、不動明王様に、どうか御姿をお見せくださいと嘆願しました。 三本の斜めの線が出て来ました。 神霊と取ります。 神社等で見る神霊とは少し色が違いますし、私が経験した不動明王様の形と色とも少し違います。 仏説聖不動経を上げます。 縄?、不動明王様の髪?の様なものが出て来ました。 不動真言(火界呪)を上げます。 力強い足が出て来ました。 (妻は、ブーツを履いた足が出て来たと言いました) もう少しお体をお見せくださいと言いましたが、何時もの事で、横で手を合わせている方が、怪訝(けげん)そうな顔で見ていますので、止めにしました。 次に法輪閣と呼ばれる、祈祷所の様に見える前に行きました。 中では車の御祓いの方が、沢山集まって祈祷を受けておられます。 その後ろ(外)で、手を合わせます。 何も言う前に、此方の巳神様が、屋根(法輪閣と観ます)の上に(屋根の上に乗る様に)出て来ました。 此処では、もう何も言わずに場所を移動しました。 法輪閣のすぐ前には、霊感、霊視と看板が上がる相談所が在りました。 帰りに持ち帰り自由の新聞をもらって帰りましたが、沢山の有名人、事業家、有名企業が、当山の御祈祷の御陰をもらって繁栄されている旨が書いてありました。 時刻も午後5時近くになっていますが、会社の初出の帰りの方や一般の方が、次から次に参詣に訪れていました。

次の