東北 学院 大学 コロナ。 宮城)オンライン授業継続へ 県内の大学 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

新着情報|東北学院中学校・高等学校

東北 学院 大学 コロナ

2020年05月01日 理事長 原田 善教 中学校・高等学校長 阿部 恒幸 1.目的 新型コロナウィルス感染症拡大防止のため全国に緊急事態宣言が発出され、それに対応して各自治体から緊急事態措置が発出されました。 この感染症の拡大を防止するために「三密」を避け「stay home」が求められています。 そのために各自治体は、特定の施設の事業主もしくは事業体に対して特措法に基づく「休業及び時短営業」を要請しています。 学校法人東北学院は、教育機関として学生・生徒がこれまでのようにそれぞれの学舎で礼拝とともに、正課・課外の「学び」を十二分に行えるようになるために、事態の早期終息を願い、こうした各自治体の措置に協力いたします。 そこで学校法人東北学院は、今年創立134周年を迎え地域と共に存続する学校として、各自治体による「休業及び時短営業」の要請がなされた事業主を主たる家計支持者とする、もしくはそうした事業体に勤務する主たる家計支持者をもつ東北学院の学生・生徒の学業継続を支援するために、緊急給付金を支給します。 2.給付額 〈中学校・高等学校〉生徒一人につき3万円 3.給付基準、受給資格 主たる家計支持者本人が経営する事業体、または主たる家計支持者が勤務する事業体が、自治体(都道府県・市町村)からの「休業・時短営業要請」協力金を受領しており、なおかつそれを証明する書類を各設置学校に提出する学生・生徒に対して、可及的速やかに給付します。 たとえ同一家庭であっても、設置学校に複数在籍する兄弟姉妹いずれもの受給が可能です。 また、各設置学校が有する各種奨学金制度との重複受給も可能です。 4.手続き窓口 本校事務室にて申請を受付けます。 詳細は 緊急給付金の申請について(ご案内)をご覧ください。 5.提出期限 2020年9月30日 5.申請書類等のダウンロード 1. 2. 3. 4..

次の

新着情報|東北学院大学

東北 学院 大学 コロナ

引き続き授業はオンライン授業を中心に実施されます。 大学院生および4年生については、研究活動に関しての来学と研究実施が一定の割合で可能ですので、各研究室の指導教員の指示に従ってください。 県境を越える移動を認めますが、移動先 帰省先 の感染状況と対策等を確認の上、十分注意して活動してください。 毎日の健康管理表への記載、体温計測、手洗い、うがい、マスクの着用など基本的な健康管理の徹底・感染拡大防止を心がけてください。 ネットワーク環境が不十分な学生に対してのの教室開放とWi-Fi利用が6月1日以降可能です。 6月22日から、青葉山東キャンパスの一部の指定された教室を開放します。 Wi-Fiが利用可能です。 学部生向けにオリエンテーション等資料の配布について案内しています。 【注意】専門科目等学部・研究科提供科目は主に Google Classroom で実施されます。 Google Classroomコードは下記より確認してください。 それ以外のアクセス権付与のリクエストにはお応えしません。 21 手続き、施設利用等の更新情報 6. 26 更新• ・機械知能・航空工学科の情報を追加しました 6. 26 6. 23 更新• ・県越境後の一定期間の体調観察についての記載を一部変更 6. 23 6. 22 更新 6. 19 更新 6. 17 更新 6. 3 更新• ・ピアサポーターは期日までに活動報告書を提出してください。 15 更新• ・願書の配布、申込み資料の提出について、郵送でやり取りを行うこととさせていただきます 4. 28 更新• ・感染疑い時の大学への報告方法を更新しています。 必ずご確認下さい。 28 4. 21 更新• 大学院• 工学教育院•

次の

新着情報|東北学院中学校・高等学校

東北 学院 大学 コロナ

2020年03月30日 2020年3月27日 学生・教職員 各 位 【重要】新型コロナウイルス感染症に関連した対策について〔第5報 概要〕 東北学院大学 学長 大西 晴樹 新型コロナウイルスの流行が広がり国内での蔓延を防ぐために今が非常に重要な時期であるとして、政府から感染機会を減らす取り組みを要請されているところです。 東北学院大学でも学生・教職員の安全を守り、感染を広げないという社会的責任を果たすことを最重要視した施策として、3月中の各種イベント開催及び課外活動について中止の方針を定め実施して参りました。 加えて、新型コロナウイルス感染症対策専門家会議「新型コロナウイルス感染症対策の状況分析・提言」(2020年3月19日)(以下「専門家会議提言」という。 なお、新型コロナウイルス感染症に係る対応につきましては、今後とも、状況の変化に応じて継続的にお知らせいたします。 なお、現時点では感染爆発が懸念される東京都を除き、感染状況が一定程度収まっている状況ではあるものの、東北近隣地域における感染経路不明の市中感染やクラスター(患者集団)発生の早期発見等を通じて、感染拡大の兆しが見られた場合には、再び感染拡大のリスクの低い活動も含めて、各授業や各種イベント等の中止または延期等の措置を講じることもあります。 2.新学期の教育研究に係る活動について (1)2020年度新学期 学事暦 の開始時期変更〔4月22日(水)開始予定〕について ・2020年度の授業開始日を4月8日(水)から4月22日(水)に変更します。 ・ただし、今後の新型コロナウイルス感染症の状況によっては、授業開始日をさらに遅らせる措置もあります。 (2)2020年度東北学院大学新入生・編入学生オリエンテーション関連行事については (3)新学期の授業実施について ・授業開始日は4月22日(水)とします。 ・授業科目の受講者数に応じて、可能な限り教室収容定員数に余裕のある教室等を割り当てることを基本方針とします。 ・教室で授業を行う場合には、クラスター(集団)感染発生リスク軽減のために、担当教員は状況に応じて可能な対策を講じることとします。 (4)各種大学主催イベントについて ・各種大学主催イベントの実施については4月22日(水)の授業開始以降とし、感染症対策措置の下で順次実施を認めることとします。 ・原則、各種イベントの講師・参加者等については東北6県からの者に限ります。 (5)学生課外活動について ・活動の自粛解除は4月3日(金)以降とします。 感染症対策措置を順守することを条件として、順次活動の再開を認めます。 (6)ボランティア活動について ・東北地方以外での活動は当面禁止とします。 ・東北地方におけるボランティア活動の再開は、授業開始日の4月22日 水 以降とします。 ・県外からのボランティア団体の学内受入れは、4月中は中止とします。 (7)就職活動・企業セミナー等について ・活動再開は4月3日(金)以降とします。 就職キャリア支援部が主催するイベント(講演会セミナー等)については、感染症対策処置を遵守することを条件として、順次実施を認めることとします。 ・原則、各種イベントの講師・参加者等については東北六県からの者に限ります。 (8)教職員の国内出張について〈学内通知済み〉 ・東北地方以外への4月中の出張は原則禁止とします。 ・東北地方への出張は4月3日(金)以降とします。 (9)教職員の国外出張について〈学内通知済み〉 ・4月中の国外出張(海外渡航)は引き続きすべて中止とします。 ・5月以降の取り扱いは事態終息に関する政府の方針及び本学の新たな判断が示されるまで、継続的に中止または延期とします。 (10)教職員・学生・留学生海外の渡航・受入れに係る対応〈学内通知済み〉 (11)学内での会議開催について〈学内通知済み〉 3.職員(非専任を含む)の勤務管理の特例措置について〈学内通知済み〉 (1)職員の勤務時間の変更(時差勤務の導入)について (2)出産を予定している職員について 4.教職員・学生の新型コロナウイルス感染症に関する相談・受診・予防策〈学内通知済み〉 (1)比較的最近、海外への渡航歴がある場合や国内罹患者と濃厚接触が疑われる者について (2)相談・受診の目安について (3)新型コロナウイルス感染症に関する相談窓口 (4)有効な予防策について 5.教職員・学生の新型コロナウイルス感染症罹患及び濃厚接触時の対応〈学内通知済み〉 (1)新型コロナウイルス感染症罹患時及び治癒後の対応について (2)新型コロナウイルス感染症罹患者との濃厚接触があった時の対応について 6.教職員・学生の私的な移動について 新型コロナウイルス感染症の爆発的拡大が社会的に懸念されている目下の状況において、私生活上も不要不急の移動(外出等)は慎むこと。 とりわけ東北地区以外への移動や公共交通機関の利用は避けることを強く要請します。 7.今後の情報提供 新型コロナウイルス感染症の対策に関する方針などにつきましては、今後の状況により、対象期間の延長や対策強化の可能性があります。 大学からの通知(東北学院大学ホームページ、東北学院ポータルMyTG「お知らせ」等)に注意してください。 以 上.

次の