ファーマ コ ゲノミクス。 BINDS

創薬関連注目ベンチャー企業総覧

ファーマ コ ゲノミクス

だから常に、薬を使っている患者さんの様子に目を光らせておくのです。 たとえば生じる確率が1000分の1未満といったとてもめずらしい副作用なら、1000人を対象とする臨床試験では1人も確認できない場合もあるでしょう。 発売後、1万人、10万人の患者さんが使った段階で副作用がわかってきて、それが深刻な症状だとしたら……一刻を争い、副作用の情報を、医師や薬剤師はもとより、たくさんの関係者に知らせる必要があります。 副作用の重さや、新しくわかった副作用かどうか、本当に薬が影響しているものなのかなど、状況に応じて多少の差異はありますが、製薬会社が情報を入手してから「〇日以内に厚生労働省に報告しなくてはならない」といった決まりもあります。 —ファーマコビジランスの仕事に興味を持ったきっかけは。 正直なところ、会社に入るまではファーマコビジランスという仕事があること自体知りませんでした。 薬学部の大学院の修士課程に進んで就職を考えたとき、知識を生かして続けられる仕事、ということで学術の部門を希望して入社しました。 学術の仕事は自社の薬にかかわる情報をまとめてMRに教えたり、病院に出向いて薬の説明会を開いたりする仕事です。 会社の支店で学術の仕事をしていたら、ファーマコビジランス部の人から「副作用について、病院に聞き取り調査をしたい」という話があり、同行したんです。 そのときファーマコビジランス部の人が、たくさんの専門用語を交えながら医師と議論している姿を見て、とてもまぶしく感じたのがきっかけでしょうか。

次の

ファーマコゲノミクス・バイオマーカー相談

ファーマ コ ゲノミクス

だから常に、薬を使っている患者さんの様子に目を光らせておくのです。 たとえば生じる確率が1000分の1未満といったとてもめずらしい副作用なら、1000人を対象とする臨床試験では1人も確認できない場合もあるでしょう。 発売後、1万人、10万人の患者さんが使った段階で副作用がわかってきて、それが深刻な症状だとしたら……一刻を争い、副作用の情報を、医師や薬剤師はもとより、たくさんの関係者に知らせる必要があります。 副作用の重さや、新しくわかった副作用かどうか、本当に薬が影響しているものなのかなど、状況に応じて多少の差異はありますが、製薬会社が情報を入手してから「〇日以内に厚生労働省に報告しなくてはならない」といった決まりもあります。 —ファーマコビジランスの仕事に興味を持ったきっかけは。 正直なところ、会社に入るまではファーマコビジランスという仕事があること自体知りませんでした。 薬学部の大学院の修士課程に進んで就職を考えたとき、知識を生かして続けられる仕事、ということで学術の部門を希望して入社しました。 学術の仕事は自社の薬にかかわる情報をまとめてMRに教えたり、病院に出向いて薬の説明会を開いたりする仕事です。 会社の支店で学術の仕事をしていたら、ファーマコビジランス部の人から「副作用について、病院に聞き取り調査をしたい」という話があり、同行したんです。 そのときファーマコビジランス部の人が、たくさんの専門用語を交えながら医師と議論している姿を見て、とてもまぶしく感じたのがきっかけでしょうか。

次の

ファーマコビジランスの仕事│くすりの仕事図鑑│すこやかコンパス│大日本住友製薬株式会社

ファーマ コ ゲノミクス

だから常に、薬を使っている患者さんの様子に目を光らせておくのです。 たとえば生じる確率が1000分の1未満といったとてもめずらしい副作用なら、1000人を対象とする臨床試験では1人も確認できない場合もあるでしょう。 発売後、1万人、10万人の患者さんが使った段階で副作用がわかってきて、それが深刻な症状だとしたら……一刻を争い、副作用の情報を、医師や薬剤師はもとより、たくさんの関係者に知らせる必要があります。 副作用の重さや、新しくわかった副作用かどうか、本当に薬が影響しているものなのかなど、状況に応じて多少の差異はありますが、製薬会社が情報を入手してから「〇日以内に厚生労働省に報告しなくてはならない」といった決まりもあります。 —ファーマコビジランスの仕事に興味を持ったきっかけは。 正直なところ、会社に入るまではファーマコビジランスという仕事があること自体知りませんでした。 薬学部の大学院の修士課程に進んで就職を考えたとき、知識を生かして続けられる仕事、ということで学術の部門を希望して入社しました。 学術の仕事は自社の薬にかかわる情報をまとめてMRに教えたり、病院に出向いて薬の説明会を開いたりする仕事です。 会社の支店で学術の仕事をしていたら、ファーマコビジランス部の人から「副作用について、病院に聞き取り調査をしたい」という話があり、同行したんです。 そのときファーマコビジランス部の人が、たくさんの専門用語を交えながら医師と議論している姿を見て、とてもまぶしく感じたのがきっかけでしょうか。

次の