レイドおすすめポケモン。 【ポケモン剣盾】巣穴(マックスレイドバトル)出現ポケモン

【ポケモン剣盾】高難易度色違いゼラオラレイド安定周回!!おすすめポケモンを徹底解説!!!【レイドバトル】

レイドおすすめポケモン

また、色違いのゼラオラが出てくるレイドも存在し、かなりの高難易度になっている模様です。 おすすめのポケモン ゼラオラを効率よく倒すためのおすすめのポケモンを何匹か紹介します。 サイドン(しんかのきせき) サイドンは『ひらいしん』の特性を持ち、味方への電気技を吸い寄せる効果があります。 ゼラオラのタイプ一致技を完封できるとかなり楽になるので、育てている人は連れて行くと良いでしょう。 ゼラオラのマックスレイドバトルでは倒されないことが重要であり、火力のあるドサイドンよりも、耐久1. 5倍になった輝石サイドンのほうが活躍できます。 地震は味方を巻き込んでしまうので、地面技は地震ではなく10万馬力を採用しましょう! ガラガラ(アローラのすがた) アローラのガラガラもサイドン同様『ひらいしん』の特性を持っています。 サイドンと異なる点は、• 格闘技が無効• 炎技が半減 といった点になります。 悪技を持っていないゼラオラに対しては、アローラガラガラも非常に良い対策となるでしょう。 サンムーンを遊んでいた人ならボックスに眠っている可能性が高いので、この機会に引っ張り出してみてください。 ゼラオラは『つめとぎ』や『ふるいたてる』で能力を上げてくることがあるのですが、専用技の『シャドースチール』には相手のステータス変化を奪う効果があるため、戦いが非常に楽になります。 電気技をサイドンに引き受けてもらえれば、格闘無効なのも嬉しいところです。 オーロンゲ マーシャドーが用意できない場合には、『いたずらごころ』の特性を持つオーロンゲがおすすめです。 先制で挑発を入れたり両壁を展開することができ、イカサマで火力を出していくことも可能です。 バリア時には挑発が無効化されてしまう点がマーシャドーと比べるとネックになりますが、壁による安定感の高さはオーロンゲに軍配が上がります。 技は、イカサマ、ちょうはつ、ひかりのかべ、リフレクターの編成がおすすめです。 ルナアーラ 輝石サイドンやオーロンゲが揃っている状態で、残りのポケモンに迷ったときにはルナアーラが有力な選択肢となります。 高い数値を誇り、 HP満タン時に受けるダメージを半減できる『ファントムガード』の特性がとても優秀です。 (ミュウツーのときとは違い、あられダメージや全体技のふぶきもないので削られにくいです) 地面技がないため弱点をつくことはできませんが、レイドバトルは行動回数を稼いでバリアを削るゲームであるため、特に問題はないでしょう。 マーシャドーと組む際には、ルナアーラに両壁を貼ってもらうのもいいかもしれません。 まとめ ゼラオラのレイドバトルには輝石サイドンがおすすめです。 100万人のトレーナーがゼラオラに勝利することで色違いのゼラオラが貰えるので、是非参加してみてください!•

次の

【ポケモン剣盾】マックスレイドバトル 効率周回おすすめポケモン マルチプレイ時

レイドおすすめポケモン

幻のポケモンだけあって、ゼラオラのマックスレイドバトルは難易度が高め。 そこで本記事では、ゼラオラに有効なポケモンや戦いかたを紹介。 ゼラオラが倒せなくて困っている人の助けになれば幸いだ。 じめんタイプのポケモンであれば有利に戦える。 4人みんながじめんタイプのポケモンを連れていけば楽に攻略できるだろう。 とはいえ、いつも4人で挑戦できるとは限らない。 しかし、人数が足りない場合にサポートしてくれるコンピューターのトレーナーは、必ずしもじめんタイプのポケモンを連れて来てくれるわけではない。 ひらいしんは、相手のでんきタイプの攻撃を自身に引き寄せ、かつ無効化。 つまり、ゼラオラの強力な攻撃から味方を守れるということだ。 ドサイドンが用意できない場合でも、ほかのじめんタイプ、もしくは特性がひらいしんのポケモンでもクリアーは可能だ。 ところで、まれに色違いのゼラオラとのマックスレイドバトルが発生することがある。 色違いのゼラオラは通常のゼラオラよりもさらに強力でいかにドサイドンでもひとりで戦うのは難しい。 YY通信のインターネット接続を利用して、参加者を募るのがいいだろう。 なお、ポケモンの発表によると、本イベント初日の6月18日の集計時点で、すでに27万2335人がゼラオラに勝利している。 その後の状況は不明だが、初日の勢いを考えると100万人突破は達成の見込みが高そうだ。 ゼラオラが欲しい場合は、忘れずに『ポケモン HOME』を使っておこう。 こちらもチェック.

次の

【ポケモン剣盾】高難易度色違いゼラオラレイド安定周回!!おすすめポケモンを徹底解説!!!【レイドバトル】

レイドおすすめポケモン

マックスレイドバトルで時に便利なをまとめてみました。 と言っても野良はソロより効率が落ちると思うので、知り合いとプレイする際に便利なを中心にまとめています。 ちなみに、野良レイドを周回するつもりなら、ウオノラゴン、グレイシア、の3体を用意するのがおすすめです。 「いやなおと」は「」に対して耐性のある相手に対して使います。 「どろぼう」はに使います。 火力を重視するためにAはぶっぱ、Sは補正なしLv60抜き、かつ、準速ニャイキング抜かれ、あまりは適当にHPに振った型です。 Sを極振りしない理由としては、別のニャイキングに「いやなおと」を先制して使用させるためです。 メンバーの中で自分のニャイキングの素早さが最も高い場合は、自分が「いやなおと」を使用することになります。 持ち物は「こだわりハチマキ」です。 「いやなおと」を使用する場合は「メタルコート」がいいでしょう。 「いのちのたま」を使用しない理由としては、テキストが入るからです。 を用意する必要がある点が非常にめんどうくさく、けいけんちアメを稼ぐ場合は周回でも十分なため、用意する必要性は高くはないでしょう。 もちろん、ようき最速でも実用可能です。 基本はメタルコートを持たせ、「いやなおと」を使用することになります。 「いやなおと」を使用するニャイキングはメンバー内に一人いればより効率よく回せるだけなので、S198ニャイキングを持っている場合は特別用意する必要はないでしょう。 基本は「エラがみ」を使用します。 「あまごい」はやに挑戦する場合や、がを連れてきた場合などに使用します。 ックスでもいいと思いますが、いかんせんモーションが長いです。 Sは補正ありサンダース(196)を抜くための44振り以上、準速ウオノラゴン抜かれの248までが良いです。 ただ、汎用性を高めるのなら「ダイアタック」対策なども兼ねて248振りがいいでしょう。 あまりの耐久についてはニャイキングにも言えることですが、そもそも戦闘になることなどそうそうないので振らなくても問題ありません。 持ち物は基本は「こだわりハチマキ」、あまごいを使う場合は「たつじんのおび」が良いでしょう。 ウオノラゴンはソロレイドでも役に立ちますし、汎用性も高く野良レイドやランクバトルでも活躍しやすいので一匹は持っておいた方が良いと思います。 ただ、対戦に使っている個体にハチマキを持たせて流用するだけでも十分に働くので、わざわざレイド用に用意する必要性は低いでしょう。 前述のウオノラゴンを抜くためにSはぶっぱしています。 持ち物はたつじんのおびになるでしょう。 レイドのためのウオノラゴンをわざわざ2体用意する必要はほとんどないのでしょう。 基本はウェザーボールを使用します。 相手がダイアタックなどを使用する場合はこごえるかぜを使用するといいでしょう。 滅多にックスする必要はありませんが、ダイストリームで雨を降らせたり、ダイアタックで相手のSを下げることもできます。 ダイジェットはテキストが長くなるので不採用です。 Cは火力を高めるためにぶっぱ、Sは補正ありサンダース抜き以上、残り耐久です。 持ち物は、持ち替えの手間を考えるとものしりメガネかしんぴのしずくでいいでしょう。 味方にウオノラゴンが2体以上いる場合しか使用する機会がなく、前述したウオノラゴンでも十分に役割は果たせるので、用意する必要は少しもないでしょう。 ・必要度 なし Lv70より遅くなるのかは試していない。 最遅 Lv70 性格:れいせい 特性: 技 ウェザーボール 、しおみず、こごえるかぜ C252 残り耐久 味方の利敵対策です。 持ち物はパワーレンズなどを持たせます。 メンバーが3人しか集まらなかった場合かつ、ウオノラゴンを使う必要がある場合かつ、味方にが来た場合にあると便利です。 つまり、用意する必要は全くないでしょう。 育成してみたはいいですが、そもそも使う機会がありませんでした。 レベル上げやは全自動リーグ周回でいいですし、技レコードはレンタルチームのシステムを利用すれば消費しなくて済みます。 ある仕様(バグ?)もありますし、そもそもレイドをする必要がなかったです。 レイドやる友達もいないし。 こんな記事をみているYOU!、誘ってくれてもいいのよ。

次の