グリー アバター。 Wright Flyer Live Entertainment、「REALITY」と「cluster」のアバター連携機能をリリース|グリー株式会社のプレスリリース

Wright Flyer Live Entertainment、「REALITY」と「cluster」のアバター連携機能をリリース|グリー株式会社のプレスリリース

グリー アバター

グリーが誰でも気軽にアバターをまとってライブ配信できるプラットフォーム「REALITY」をスタートした。 誰でも気軽に自分の分身を作ることができるようになったいま、私たちは自分のアバターをどのように捉えていけば良いのだろう。 女の子の「盛り」を研究する久保友香を聞き手に、グリーでライブエンターテイメント事業を担うWright Flyer Live Entertainmentの荒木英士に話を聞いた。 TEXT BY RIE NOGUCHI PHOTO BY KAORI NISHIDA 才能の母数が圧倒的に増える 久保友香(以下、久保) 私は女の子の「盛り」や、日本の絵画のディフォルメ表現のことを研究しています。 Vtuberは、人間が生まれ持ったビジュアルに縛られずに、いろいろな才能を表現できます。 これからの文明はそのように、生まれ持った能力に縛られず、努力で得た能力が評価される方向に行くに違いないと思っています。 ヴァーチャルYoutuber VTuber はいまはどのように広がっているのでしょうか。 荒木英士(以下、荒木) VTuberのトレンドは狭義と広義で捉えることができます。 狭義でとらえると、アニメっぽいキャラクターが話していたりとか、そのキャラクターと会話ができる新しいエンターテインメントのかたちです。 歌が上手くてトークもできるのだけれど、自分のビジュアルは見せたいとは思わないという人がいますよね。 そういうビジュアル部分をデジタルが補完することで、才能を生かすことができる。 いま活躍している歌手は、歌がうまくてひと通り喋れて、ビジュアルも良いという組み合わせで選ばれている方が多いです。 でも、このうちのひとつの条件を外すだけで、潜在母数が100倍、200倍にもなっていく。 つまり才能の母数が増えていくわけです。 芸能界をデジタル化していくというのが狭義のVTuberです。 (右) 荒木英士 2005年、慶應義塾大学環境情報学部在籍時代に、複数のスタートアップの創業に参加。 事業売却後、大学を卒業し、4人目の正社員としてグリー株式会社に入社。 事業責任者兼エンジニアとして、PC向けGREE、モバイル事業、ソーシャルゲーム事業(「踊り子クリノッペ」等)、スマートフォン向けGREE等の立ち上げを主導した後、2011年、GREE International, Inc. (米国)の設立に参画。 2013年9月に日本に帰国し、グリー株式会社 取締役に就任。 2018年4月にバーチャルYouTuberに特化したライブエンターテインメントを世に広めるべく設立されたの代表取締役社長も務める。 荒木は、シンギュラリティをもたらす仕事をしてるバーチャル美少女ケモミミDJ 「」としても活動中 久保 なるほど。 広義ではどのようになりますか。 荒木 広義だと、まさに「盛り」もそのひとつだと思いますが、自分が他人に見られるシチュエーションや、人とのコミュニケーションするシチュエーションは、つい20年前までは物理的な接触以外はなかったのですが、いまは自分という存在が認識される機会の割合のほとんどがLINE、インスタ、TwitterといったSNSですよね。 つまり誰か他の人から認識されたり、コミュニケーションをするときのチャンネルは、デジタルの割合がどんどん増えてきています。 TwitterのアイコンをフィルターかかったSNOWの写真にするように、デジタルのフィルターを通った自分が普通になっていく。 久保 そうですね。 荒木 それが完全にアニメ風のCGなのか、極度に盛られた顔なのか、程度の問題でしかない。 どこまでがフェイクで、どこまでがリアルなのか、境目がなくなってきているのが現在だと思っています。 これからはデジタルを通じた自己表現がどんどん増えていく。 そう考えるとVTuberとしてタレントっぽく活動していく人たちは、実は人類全員が今後追っていくトレンドの、本当の先端事例ですよね。 いまのVTuberは、ごく一部のニッチなエンタメのカルチャーのコンテンツでしかないですが、これから先はみんながアバターをまとって自分をデジタル表現しながら、社会と関わっていく。 そういうもののスタートだと考えています。 久保 例えばInstagramにはフォトリアリスティックなヴァーチャルモデルさんも増えていますが、見た目から受ける印象はVTuberとはかなり違いますよね。 今後は同じプラットフォームに入ってきたりする可能性がありますか? 荒木 今後、いろいろな見た目のジャンルの人が、それぞれ棲みわけてくいくのかなと思いますね。 アニメテイストの人たちが集まる場所もあれば、超リアルなヴィジュアルの人たちの場所や、欧米カートゥーンっぽい人が集まる場所も出てくるでしょうね。 久保 その辺は面白いですよね。 私も過去25年間の、日本の女の子が「盛る」歴史を調べているときに、各時点ではどうしてみんな似たような格好をするんだろうと疑問に持っていて調べてみたら、ビジュアルで同じコミュニティにいるかどうかを見分けていたからだとわかりました。 荒木 コミュニティへの帰属ですよね。 旧石器時代から民族ごとに決まったメイクなどがありますが、それと同じですよね。 久保 自分のビジュアルを「1」からクリエイションできるようになり、コミュニティへの帰属を自在にコントロールできるようになるのかなと思うと、生きやすくなると思いますね。 荒木 ファッションもジャンルごとにコミュニティがあるように、アバターの見た目で「君、僕の仲間だね」とわかるようになっていきそうですよね。 久保 そうなったら面白いですよね。 荒木 よく想像しているのが、いわゆるVRっぽい世界で、渋谷を歩いていたら、ZEPETOの顔の人のグループとすれ違ったりや、アニメテイストの人とすれ違ったり、ケモミミばかりの集団とすれ違ったりする。 すれ違いながら、「君、あそこのコミュニティの人なのね」という感覚になるという。 複数の人格を使い分ける 荒木 いまSNSでは複数アカウントが普通ですよね。 学校のクラスでの自分、特定のアイドルを追っかけている自分。 そうやってアカウントを使い分けているのは、アバターを分けてるのと同じです。 久保 そうですよね。 みなさんナチュラルにやっているので、そういう使い分けがどんどん増えていくわけですよね。 荒木 僕はアバターで人格を使い分けることはしていませんが、2年前に「SNSはこんなにたくさんあって、みんなどうしてるんだろ」と思い立ち、SNSの使い分けを始めたんです。 Facebookではこういうキャラ、Instagramではこういうキャラ。 自分のどの側面を見せるかっていうのを、切り分けています。 どれも本当の自分なんですけどね。 「DJ RIO」は美少女だけれど、「声」や「人格」は荒木さんのままですよね。 荒木 変えていないですね。 アバターに影響はされてきてますけどね笑 久保 「盛り」に夢中な女の子たちも、別人になりすぎることは避けていて、みなさんそうならないギリギリのところのせめぎ合いをやっています。 荒木 どこまで行っても、自分が出てしまうとは思いますね。 ビジュアルは完全にCGで、声も完全ボイスチェンジャーで、男なのに女の子になっている人もたくさんいますが、コミュニケーションで話し方などで個性は出ますよね。 久保 それは面白いですね。 以前、能面師さんにお話を伺ったことがあって、彼らはとにかく室町時代に作られた本面を忠実に再現することを目指していて、絶対に個性を出してはいけない。 それなのに老練な方でも、どうしても個性が出てしまうと悩んでいました。 今後の展望はどのようなものですか。 荒木 これから数年をかけて、アバターで自己表現をしたり、アバターで人とコミュニケーションをするのが当たり前の世界になっていくと思います。 そのときにみんなが使っているプラットフォームにしていきたいですね。 それこそLINEやInstagram、Facebookというような、誰もがそれを使ってコミュニケーションをしている状態にしていきたいです。 荒木 そうですね。 グリーではゲーム開発をしているし、SNSも運営しているので、そういうスキルセットや、優秀な人材がたくさんいるのが強みですね。 あとは会社としての「やめない」というところも大きいです。 これまでもいろいろな企業が参入しましたが、結構撤退しています。 「ちょっとやってみる」くらいだと長期間続けられませんが、僕らはこの未来が来ると信じてやっているので、とにかく続ける。 久保 いまはグリーらしくゲーム実況や音楽などのコンテンツが多いですが、今後、エンターテインメントの枠を超えていくこともありますか? もっと日常使いの機能が増えるなど。 荒木 まさにコミュニケーションは日常ですよね。 久保 日常がややエンターテインメント的になっていくかもしれないですもんね。 荒木 そうですね。 でも、みんながみんな、ステージ上で活躍するエンターテイナーである必要はないんですよ。 アバターを通じてのコミュニケーションや自己表現で、少しでも多くの人がその人なりの「なりたい自分」になって生きていけるような社会が作れればと思っています。 久保 音楽は上手だけれど、顔は見せたくないから、その才能がいままでは世に出ていなかった人たちが、いまVTuberとして活躍を始めている。 一人ひとりの何か得意なものが開花していけば、日本、また世界の文化レベルは絶対に上がっていきますよね。 荒木 そう思いますよ。 久保 今後の広がりが楽しみですよね。

次の

グリーアバター図鑑広報室

グリー アバター

こんにちは。 広報室の横山です。 新型コロナウイルスの感染予防のため、多くの会社がテレワークや時差出勤などの対応を迫られていると思います。 私自身、現在テレワークをしております。 自宅のネット環境が不安定で、改めて会社のネット環境が快適であることを再認識した今日この頃です。 今回はその様子をご紹介します。 今回のライブ配信会議は、動画配信サービスのライブ配信機能を使用して発表者をそのまま映し出すのではなく、REALITYのアバター機能を活用して配信者アバターと資料を一緒に視聴してもらうことで、オリジナリティのある会議を実施することができました。 アバター出演によるライブ配信会議の特徴は、アバターを使うことによって表情豊かに映し出すことが出来ることです。 配信者も恥ずかしがらず話すことができます。 「普段見ているあの人がこのアバター?!」「いつもと全然別人みたい!」など新しい特徴を表現できていて、いつもより親近感を覚える社員も少なくありませんでした。 また、動画配信サービスのコメント機能により、視聴している社員の考えていることをコメントとして確認することができ、アバターと社員による双方向のコミュニケーションも生まれました。 今回のアバター出演によるライブ配信会議を運営した社員に感想を聞きました。 Q当日の会場(会社)の様子はいかがでしたか。 オフィスに出勤している社員は自席で、在宅勤務の社員は自宅で視聴していました。 オフィスの社員はイヤホンで視聴しているため、一見いつもと変わらない風景でしたが、たまに笑いや拍手が起こって一体感が生まれ盛り上がっていたように見受けられました。 配信者(発表者)側は、REALITYを起動して自分のアバターを用意するだけなので、特に緊張する様子もなく終始和やかに進行できました。 配信者は、いつもと違ってお互いの顔が見えないので、より簡単にわかりやすく伝えようと工夫したり、声のトーンや話し方で盛り上げようという意識が見えました。 事前の準備で大変だったことはありますか? PC1台とiPhoneだけでできる簡単なセットアップで実施したので、大変なことはありませんでした。 想定どおり、想定外だったことはありますか? 発表者のアバターにギフトを送ったり、コメントが盛り上がるのは想定通りでした。 想定外だったことは、特になかったです。 発表者のみなさんがよりクオリティの高い配信にしようと直前なのに色々やろうとしたことぐらいですかね(笑)。 アバター出演によるライブ配信会議のメリット、デメリットは感じましたか? メリットは、アバターなら物理的な制約を問わず配信できる点です。 また、アバターが単純に見ててかわいい、楽しいことからポジティブな気持ちになり、コメントでのコミュニケーションが活性化していくのを感じました。 デメリットは、特に感じませんでした。 実施した感想を教えてください。 WFLEは日頃から自分のアバターを持ってコミュニケーションしている社員も多いので、アバター配信をすることについては何も違和感を感じることなく、実施することができました。 会議の目的に応じて今後もやっていきたいと考えています。 また、今回のライブ配信を視聴した在宅勤務の社員からも感想をいただきました。 メリットとして、アバターを使った新しい表現だったので、楽しく聴くことが出来ました。 デメリットとしては、画面横にコメントが大量に流れていたので、それが目に入って集中できない時がありました。 またインタラクティブなやりとりをするにはもっとそれなりの機能が必要で、グループディスカッションなどは専用機能が必要だと思いました。 全体としてはかなり良かったので、今後も続けて欲しいところです。 配信者の表情がアバターで確認できたのでよかったと思います。 デメリットとしては、やはり同じ会場にいないので、緊張感が足りなくなってしまうことぐらいです。

次の

Wright Flyer Live Entertainment、「REALITY」と「cluster」のアバター連携機能をリリース|グリー株式会社のプレスリリース

グリー アバター

グリーが誰でも気軽にアバターをまとってライブ配信できるプラットフォーム「REALITY」をスタートした。 誰でも気軽に自分の分身を作ることができるようになったいま、私たちは自分のアバターをどのように捉えていけば良いのだろう。 女の子の「盛り」を研究する久保友香を聞き手に、グリーでライブエンターテイメント事業を担うWright Flyer Live Entertainmentの荒木英士に話を聞いた。 TEXT BY RIE NOGUCHI PHOTO BY KAORI NISHIDA 才能の母数が圧倒的に増える 久保友香(以下、久保) 私は女の子の「盛り」や、日本の絵画のディフォルメ表現のことを研究しています。 Vtuberは、人間が生まれ持ったビジュアルに縛られずに、いろいろな才能を表現できます。 これからの文明はそのように、生まれ持った能力に縛られず、努力で得た能力が評価される方向に行くに違いないと思っています。 ヴァーチャルYoutuber VTuber はいまはどのように広がっているのでしょうか。 荒木英士(以下、荒木) VTuberのトレンドは狭義と広義で捉えることができます。 狭義でとらえると、アニメっぽいキャラクターが話していたりとか、そのキャラクターと会話ができる新しいエンターテインメントのかたちです。 歌が上手くてトークもできるのだけれど、自分のビジュアルは見せたいとは思わないという人がいますよね。 そういうビジュアル部分をデジタルが補完することで、才能を生かすことができる。 いま活躍している歌手は、歌がうまくてひと通り喋れて、ビジュアルも良いという組み合わせで選ばれている方が多いです。 でも、このうちのひとつの条件を外すだけで、潜在母数が100倍、200倍にもなっていく。 つまり才能の母数が増えていくわけです。 芸能界をデジタル化していくというのが狭義のVTuberです。 (右) 荒木英士 2005年、慶應義塾大学環境情報学部在籍時代に、複数のスタートアップの創業に参加。 事業売却後、大学を卒業し、4人目の正社員としてグリー株式会社に入社。 事業責任者兼エンジニアとして、PC向けGREE、モバイル事業、ソーシャルゲーム事業(「踊り子クリノッペ」等)、スマートフォン向けGREE等の立ち上げを主導した後、2011年、GREE International, Inc. (米国)の設立に参画。 2013年9月に日本に帰国し、グリー株式会社 取締役に就任。 2018年4月にバーチャルYouTuberに特化したライブエンターテインメントを世に広めるべく設立されたの代表取締役社長も務める。 荒木は、シンギュラリティをもたらす仕事をしてるバーチャル美少女ケモミミDJ 「」としても活動中 久保 なるほど。 広義ではどのようになりますか。 荒木 広義だと、まさに「盛り」もそのひとつだと思いますが、自分が他人に見られるシチュエーションや、人とのコミュニケーションするシチュエーションは、つい20年前までは物理的な接触以外はなかったのですが、いまは自分という存在が認識される機会の割合のほとんどがLINE、インスタ、TwitterといったSNSですよね。 つまり誰か他の人から認識されたり、コミュニケーションをするときのチャンネルは、デジタルの割合がどんどん増えてきています。 TwitterのアイコンをフィルターかかったSNOWの写真にするように、デジタルのフィルターを通った自分が普通になっていく。 久保 そうですね。 荒木 それが完全にアニメ風のCGなのか、極度に盛られた顔なのか、程度の問題でしかない。 どこまでがフェイクで、どこまでがリアルなのか、境目がなくなってきているのが現在だと思っています。 これからはデジタルを通じた自己表現がどんどん増えていく。 そう考えるとVTuberとしてタレントっぽく活動していく人たちは、実は人類全員が今後追っていくトレンドの、本当の先端事例ですよね。 いまのVTuberは、ごく一部のニッチなエンタメのカルチャーのコンテンツでしかないですが、これから先はみんながアバターをまとって自分をデジタル表現しながら、社会と関わっていく。 そういうもののスタートだと考えています。 久保 例えばInstagramにはフォトリアリスティックなヴァーチャルモデルさんも増えていますが、見た目から受ける印象はVTuberとはかなり違いますよね。 今後は同じプラットフォームに入ってきたりする可能性がありますか? 荒木 今後、いろいろな見た目のジャンルの人が、それぞれ棲みわけてくいくのかなと思いますね。 アニメテイストの人たちが集まる場所もあれば、超リアルなヴィジュアルの人たちの場所や、欧米カートゥーンっぽい人が集まる場所も出てくるでしょうね。 久保 その辺は面白いですよね。 私も過去25年間の、日本の女の子が「盛る」歴史を調べているときに、各時点ではどうしてみんな似たような格好をするんだろうと疑問に持っていて調べてみたら、ビジュアルで同じコミュニティにいるかどうかを見分けていたからだとわかりました。 荒木 コミュニティへの帰属ですよね。 旧石器時代から民族ごとに決まったメイクなどがありますが、それと同じですよね。 久保 自分のビジュアルを「1」からクリエイションできるようになり、コミュニティへの帰属を自在にコントロールできるようになるのかなと思うと、生きやすくなると思いますね。 荒木 ファッションもジャンルごとにコミュニティがあるように、アバターの見た目で「君、僕の仲間だね」とわかるようになっていきそうですよね。 久保 そうなったら面白いですよね。 荒木 よく想像しているのが、いわゆるVRっぽい世界で、渋谷を歩いていたら、ZEPETOの顔の人のグループとすれ違ったりや、アニメテイストの人とすれ違ったり、ケモミミばかりの集団とすれ違ったりする。 すれ違いながら、「君、あそこのコミュニティの人なのね」という感覚になるという。 複数の人格を使い分ける 荒木 いまSNSでは複数アカウントが普通ですよね。 学校のクラスでの自分、特定のアイドルを追っかけている自分。 そうやってアカウントを使い分けているのは、アバターを分けてるのと同じです。 久保 そうですよね。 みなさんナチュラルにやっているので、そういう使い分けがどんどん増えていくわけですよね。 荒木 僕はアバターで人格を使い分けることはしていませんが、2年前に「SNSはこんなにたくさんあって、みんなどうしてるんだろ」と思い立ち、SNSの使い分けを始めたんです。 Facebookではこういうキャラ、Instagramではこういうキャラ。 自分のどの側面を見せるかっていうのを、切り分けています。 どれも本当の自分なんですけどね。 「DJ RIO」は美少女だけれど、「声」や「人格」は荒木さんのままですよね。 荒木 変えていないですね。 アバターに影響はされてきてますけどね笑 久保 「盛り」に夢中な女の子たちも、別人になりすぎることは避けていて、みなさんそうならないギリギリのところのせめぎ合いをやっています。 荒木 どこまで行っても、自分が出てしまうとは思いますね。 ビジュアルは完全にCGで、声も完全ボイスチェンジャーで、男なのに女の子になっている人もたくさんいますが、コミュニケーションで話し方などで個性は出ますよね。 久保 それは面白いですね。 以前、能面師さんにお話を伺ったことがあって、彼らはとにかく室町時代に作られた本面を忠実に再現することを目指していて、絶対に個性を出してはいけない。 それなのに老練な方でも、どうしても個性が出てしまうと悩んでいました。 今後の展望はどのようなものですか。 荒木 これから数年をかけて、アバターで自己表現をしたり、アバターで人とコミュニケーションをするのが当たり前の世界になっていくと思います。 そのときにみんなが使っているプラットフォームにしていきたいですね。 それこそLINEやInstagram、Facebookというような、誰もがそれを使ってコミュニケーションをしている状態にしていきたいです。 荒木 そうですね。 グリーではゲーム開発をしているし、SNSも運営しているので、そういうスキルセットや、優秀な人材がたくさんいるのが強みですね。 あとは会社としての「やめない」というところも大きいです。 これまでもいろいろな企業が参入しましたが、結構撤退しています。 「ちょっとやってみる」くらいだと長期間続けられませんが、僕らはこの未来が来ると信じてやっているので、とにかく続ける。 久保 いまはグリーらしくゲーム実況や音楽などのコンテンツが多いですが、今後、エンターテインメントの枠を超えていくこともありますか? もっと日常使いの機能が増えるなど。 荒木 まさにコミュニケーションは日常ですよね。 久保 日常がややエンターテインメント的になっていくかもしれないですもんね。 荒木 そうですね。 でも、みんながみんな、ステージ上で活躍するエンターテイナーである必要はないんですよ。 アバターを通じてのコミュニケーションや自己表現で、少しでも多くの人がその人なりの「なりたい自分」になって生きていけるような社会が作れればと思っています。 久保 音楽は上手だけれど、顔は見せたくないから、その才能がいままでは世に出ていなかった人たちが、いまVTuberとして活躍を始めている。 一人ひとりの何か得意なものが開花していけば、日本、また世界の文化レベルは絶対に上がっていきますよね。 荒木 そう思いますよ。 久保 今後の広がりが楽しみですよね。

次の