インターネット 制限 あり。 無線LANの「制限付きアクセス」について

「制限付きアクセス」表示も大丈夫!8つの原因と解決法を徹底解説

インターネット 制限 あり

無線LAN接続すると「制限付きのアクセス」と出てしまう時の解決方法 自宅やオフィスなどで一般的な無線LANルーターを使ってネット接続していて、今まで平気だったのに突然「 制限付きアクセス制限付きアクセスマーク」と表示されてしまう現象が起きているようです。 ルーターが原因かと思って買い換えてみたものの解決せず「な、なんだよ!」と怒り狂ってる方も多いでしょう! あれこれ調べてみたところ、パソコン側の電力モードが「省電力モード」になってると制限付いてしまうみたいです。 電源モードを「フルパワー」に設定するだけで大半は解決。 それでも解決しない場合は、どうやら近年増え続けたWi-Fi製品による無線の混線が原因のようなので解決方法を伝授いたしましょう。 何を隠そう弊社のホームオフィスも同じような状況に陥りルーター買い換えたりして七転八倒しました。 ネット混線の原因 混線の原因は隣の家や下の家など、凄い近くに同じようなルーターが設置されていたりすると起きやすいみたいです。 スマートフォンでWi-Fi混線状況を調べられるアプリがあるので試してみると、かなり近い無線チャンネルを使ってるアクセスポイントがありました。 これが混線の原因。 無線LANルーターは初期設定では空いてる無線チャンネルを探し、設定する「自動モード」になってます。 この自動モードだと近いチャンネルを設定し合ってしまい、ご近所のルーターと混線してしまうようです。 なので、自宅の無線LANルーターの設定を手動で遠い無線チャンネルに設定しておけばほとんど混線しなくなります。 今回使用したのはWi-Fi Analyzerというアプリです 解決方法 用意する物はルーターとパソコンを結ぶUSBケーブルだけです。 モデムとルーターは電源入りっぱなしだと思いますので、パソコンの電源を入れます。 立ち上がったらパソコン側の無線LANスイッチをOFFにします。 USBケーブルでルーターとパソコンを接続。 パソコンでブラウザを立ち上げます(IEやChrome、safariなど)。 ブラウザのアドレスバーにルーターのIPアドレス(ルーター本体側面に記載)を記入し「Enter」を押すと、管理画面に入るためのパスワードなどを求められますので、ログインアカウントに「root」と入れ、パスワード欄は空でOKを押すと入れます。 下部画像参照。 無線LANの設定管理画面が立ち上がったら上部メニューから「無線LAN」を選択。 「無線チャンネル」という項目が「自動」になっていると思うので、これを現在のチャンネルから5ヶ以上離れたチャンネルに設定する。 例えば現在のチャンネルが1だったら6とか。 分からない場合は7とか8にしておくとベスト。 「設定」ボタンを押して設定はおしまい。 10分後、モデムの電源を入れます。 完全に立ち上がったらルーターも電源につなぎスイッチオン。 ルーターは完全立ち上がりに時間を要しますので焦らないように。 ルーターが完全に立ち上がったのを確認したらパソコンの電源を入れ、無線LANスイッチをオン!これでどうだ!これで90%は解決するはず。 新しい無線LANの規格には2. 4GHzと5. 0GHzがあるので、5.

次の

WindowsパソコンでAtermを無線接続すると、「制限あり」と表示されてインターネットに接続できない

インターネット 制限 あり

追加 (1)ルーターの再起動 (2)ルーターのファームウェア更新(提供元にファームウェア更新の有無の確認) (3)無線LANドライバーの更新 (4)ワイヤレスネットワークの「プロパティ」設定変更 「デスクトップ」マウスを画面の右上か右下へ「設定」「コントロールパネル」「ネットワークの状態とタスクの表示」「ネットワークと共有センター」「接続」「Wi-Fi(接続中のSSID)」「Wi-Fiの状態」「ワイヤレスのプロパティ」「ワイヤレスネットワークのプロパティ」「接続」「ネットワークが名前(SSID)をブロードキャストしていない場合でも接続する」にチェックをつけ、「OK」 (5)「自動的に接続する」にチェックをつけ「有効」にする。 契約上無線接続以外出来ないので雨の日や衛星放送の影響があると電波が異常に不安定です。 PCはノートのLenovoG560ですが、このPCに積まれてる無線LANは中国製で安定性に難があり、「制限付きアクセス」と表示され通信不能に陥る不具合があると調べて知りました。 この制限付きアクセス自体通信速度の低下で起こり得るものらしいので施行錯誤の末ある程度の対策をしようと、回線に問題があれば意味を成さないという結果がでましたので、ここでお聞きしたいのはあることをすると何故制限付きアクセスを解除できるのかということです。 実はPCを休止状態にすることで制限付きアクセスを解除できるのです。 スリープでは解除不能です。 休止状態から復帰することによって解除が出来る理由と、わざわざ休止状態にしなくても復帰する方法がありましたら教えて下さい。 ネットワークアダプターの無効有効では無理でした。 デバイス自体にも問題はないと表示されています。 型番 Lenovo G560 06792UJ OS win7Home メモリ 4G CPU Corei5 あるマイナーでない事業者の回線を契約しています。 契約上無線接続以外出来ないので雨の日や衛星放送の影響があると電波が異常に不安定です。 PCはノートのLenovoG560ですが、このPCに積まれてる無線LANは中国製で安定性に難があり、「制限付きアクセス」と表示され通信不能に陥る不具合があると調べて知りました。 この制限付きアクセス自体通信速度の低下で起こり得るものらしいので施行錯誤の末ある程度の対策をしようと、回線に問題があれば意味を成さないという結果がでましたので、ここでお聞きしたいのはあ... A ベストアンサー こんにちは。 原因の全てではないと思いますが、制限付きアクセスに なる理由の1つに、ルータが(自動で)決定しているIPアドレ スが重複しているケースがあげられます。 複数機材が同時に接 続しようとした際に、IPアドレスが重複しちゃうケースがある ようで。 IPアドレス重複が原因ならIPアドレスの決定方法を自動ではな く固定にすれば解決する場合があります。 参考までに。 休止状態が解決方法というなら、休止によって回線が切断され、 復旧にて再接続、IPアドレスが再設定されるなんてことがある のかな(他の機材との同時接続からタイミングが変わる為に重 複は避けた状態で)、と思ってみました。 Q Windows 10 Pro x64を使っており、LANカードを2枚刺して [NIC1] IPアドレス 192. 168. 11 サブネットマスク 255. 255. 255. 0 デフォルトゲートウェイ 192. 168. 1 DNSサーバー192. 168. 1 インタフェースメトリック 10 [NIC2] IPアドレス 192. 168. 11 サブネットマスク 255. 255. 255. 0 デフォルトゲートウェイ 192. 168. 1 DNSサーバー192. 168. 1 インタフェースメトリック 20 と設定しております。 192. 168. 168. 168. 1と192. 168. 1にそれぞれインターネットにつながったルーターがあります。 遠隔地に設置のPCなので、どちらかのインターネット回線やルーターに不具合があっても 確実にリモートコントロールできるようにこのような構成にしています。 それぞれのルーターにはPPTP又はL2TP接続ができるようになっている 通常はそれぞれのNICはプライベートネットワークに属していますが、192. 168. 1のルーター 不具合時に再起動をしたときに、NIC1がプライベートネットワークから、識別されていないネットワーク-パブリックネットワークに勝手に変更されてしまします。 このようになっても、NIC1経由でのインターネット接続はできていますが、以下のいずれかの手段を取らないと、再度プライベートネットワークに戻りません。 1 当該PCの再起動 2 NIC1を無効化、その後有効化 常時稼働させているサーバーのため 1 はやりたくないですし、 2 は2系統のLANを持っているからできるものの NIC1経由でリモートデスクトップ中にNICを無効化すると遠隔地までいかないと二度と接続できない 、余計なLANは保有したくなく、 2 の方法も将来的にはやりたくありません。 パブリックネットワークに変更されてしまうと、ファイアーウォール上でプライベートネットワークにのみアクセスを認めているソフトへのアクセスが出来なくなり困っています これらのソフトに対してパブリックネットワークからのアクセスを認めることはセキュリティ上やりたくありません。 上記 1 2 以外で、識別されていないネットワークを再度プライベートネットワークに戻す手段はございますでしょうか? Windows 10 Pro x64を使っており、LANカードを2枚刺して [NIC1] IPアドレス 192. 168. 11 サブネットマスク 255. 255. 255. 0 デフォルトゲートウェイ 192. 168. 1 DNSサーバー192. 168. 1 インタフェースメトリック 10 [NIC2] IPアドレス 192. 168. 11 サブネットマスク 255. 255. 255. 0 デフォルトゲートウェイ 192. 168. 1 DNSサーバー192. 168. 1 インタフェースメトリック 20 と設定しております。 192. 168. 168. 168. 1と192. 168. 1にそ... Q 有線接続しているデスクトップが急にインターネットアクセスなしとなりました。 NTT ADSLモデムとバッファローのエアーステーションをつないで、無線LAN環境を作っています。 バッファローとデスクトップPCが有線接続。 別室でノートPC,タブレットが無線接続しています。 最近はデスクトップを使用しておらず、1か月ぶりくらいにデスクトップを開いたところ、 インターネットアクセスなし。 となり、接続できません。 無線でノートPC、タブレットは問題ありません。 何が原因でしょうか?? 解決方法を教えてください。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー 特に一ヶ月間ルーターとパソコンの設定を変更していないのであれば、 IPアドレスに問題があるのではと思います。 この番号をIPアドレスといいます。 IPアドレスは、1台につき1番号、更に別のパソコンと同じ数字になってはいけません。 というわけで試しに以下の手順を行ってみてください 1 デスクトップパソコンの電源を切る。 +ルーターから有線LANを抜く。 2 ノートパソコンとタブレットの電源を切る。 3 バッファローのルーターの電源を切る。 4 モデムの電源を切る。 5 モデムの電源を入れる。 6 バッファローのルーターの電源を入れる。 7 バッファローのルーターとパソコンを有線LANで繋げる。 8 パソコンの電源を投入する。 9 ノートパソコンとタブレットの電源を入れる。 上記でパソコンやノートパソコンへ特別な設定をしていなければ、 自動的にIPアドレスが更新されますのでデスクトップもインターネットへ繋がるかと思います。 もし宜しければお試し下さい。 上記で回復しなければIPアドレス以外の設定等による問題かと思いますので、 他の回答をご参考に下さい。 特に一ヶ月間ルーターとパソコンの設定を変更していないのであれば、 IPアドレスに問題があるのではと思います。 この番号をIPアドレスといいます。 IPアドレスは、1台につき1番号、更に別のパソコンと同じ数字になってはいけません。 というわけで試しに以下の手順を行ってみてください 1 デスクトップパソコンの電源を切る。 +ルーターから有線LANを抜く。 2 ノートパソコンとタブレットの電源を切る。 3 バッフ... Q 最近新しいマシン windows7 64bitを購入しましたが、問題ありなので質問いたします。 環境は、フレッツ光プレミアム 1、CTUに、新しいPC(windows7 64bit)を接続。 (問題あり) 2、CTUと無線LANルータ(NEC ATERM WR8400N)をLANケーブルで繋ぎ、デスクトップXPマシン1台をその無線LANルータにLANケーブルで接続。 (問題なし) 3、無線LANで ノートPC(VISTA)を接続。 (問題なし) で、問題ありの1ですが、、詳細を申します。 PCを起動すると、ふつうは、自動でネット回線に接続になると思いますが、接続できません。 ネットワークと共有センターで見てみると、識別されていないネットワーク(パブリックネットワーク)が表示され、 インターネットアクセスなしと表示されます。 で、PCを再起動すれば、自動で普通にインターネットに繋がるようになります。 どのような原因が考えられるでしょうか? 教えていただけると大変助かります。 最近新しいマシン windows7 64bitを購入しましたが、問題ありなので質問いたします。 環境は、フレッツ光プレミアム 1、CTUに、新しいPC(windows7 64bit)を接続。 (問題あり) 2、CTUと無線LANルータ(NEC ATERM WR8400N)をLANケーブルで繋ぎ、デスクトップXPマシン1台をその無線LANルータにLANケーブルで接続。 (問題なし) 3、無線LANで ノートPC(VISTA)を接続。 (問題なし) で、問題ありの1ですが、、詳細を申します。 A ベストアンサー 私も同じ現象に見舞われてます。 自宅・会社ともWindows 7 PCでLANはつながるのの、インターネットに接続できないという現象が出てます。 自作PC5~6台で半分以上の確率ででてます。 フレッツサポートセンターにも相談しましたが、NTT側では把握してない模様です。 いろいろWindows上の設定を試しましたが下記の仮説にたどり着きました。 ・Windows 7 と NTT光プレミアムのCTUとの組み合わせの時、発症する。 おそらく特定のロッドのCTUのみだと思うのですが、自宅と会社かつまったく別のPCで同じ現象が出るのでそうではないかと。 最終的にわかったことは IPアドレスの自動取得の際に、デフォルトゲートウエイがうまく設定されないのでインターネットにつながらない ということです。 従って、IPアドレス(v4)で手動設定で固定IPにしてしまうことで解決します。 また、ルーターをAPとしてではなく、ルーターとして接続してルーター側でPPPoE接続すればこの問題は解消します。 Q 先月、突然パソコンがインターネットに接続出来なくなりました。 ルーターはバッファローのエアステーションです。 無線です。 OSはWindows7 64bitです。 Ipconfigをやったところ、 Dchp:はい ipv4アドレス自動構成:169. 254. xxx. xxx デフォルトゲートウェイ:なし ipv4アドレス自動構成:169. 254. xxx. xxx デフォルトゲートウェイ:なし こんな状況です。 さらに、ネットワークと共有センターを開くと、「制限付きアクセス」と表示されます。 ルーターをリセットすると消えるんですが、接続を切って再度接続するときに制限付きアクセスになってしまいます。 さらに、「識別されていないネットワーク」と表示されます。 ここで、私はipアドレスを手動設定しました。 再起動後に、「識別されていないネットワーク」が消えて、「制限付きアクセス」も消えました。 しかしネットワークにはつなげません。 Dchp:いいえ Ipv4アドレス:192. 168. 22 優先 自動構成:有効 デフォルトゲートウェイ:192. 168. 1 Dnsサーバー:192. 168. 1 できればルーターの初期化は使いたくないのですが、解決策はありますか?教えて下さい! あと、あまり詳しくは分からないので、小学生に説明するように分かりやすくしてくれるとありがたいです。 助けてください!回答お願いします 先月、突然パソコンがインターネットに接続出来なくなりました。 ルーターはバッファローのエアステーションです。 無線です。 OSはWindows7 64bitです。 Ipconfigをやったところ、 Dchp:はい ipv4アドレス自動構成:169. 254. xxx. xxx デフォルトゲートウェイ:なし ipv4アドレス自動構成:169. 254. xxx. xxx デフォルトゲートウェイ:なし こんな状況です。 さらに、ネットワークと共有センターを開くと、「制限付きアクセス」と表示されます。 ルーターをリセットすると消えるんですが、接続を切って再度接続するときに... A ベストアンサー >Aは無理でした。 全部一般エラーと出て来てしまいます。 これが機能していないから、有線、無線とルータとも通信できない状況です。 これが機能していなければインターネット接続は不可能です、これが原因だと思います。 他のPCから下記URLを開きFixitをクリックしUSBメモリなどにファイルを保存し、該当PCでファイルを実行されてみてください。 回復されなければメーカ修理になるかと。 microsoft. microsoft. 使用プロバイダーはeo光 まず、プロバイダーに接続不良の問い合わせをしました。 ケーブルにも問題なく、PC側のLANポートの何かが不具合を起こしている可能性が あるので、購入したPCサポートに連絡するように言われました。 ただし、LANポートにケーブルを差した状態でランプがついています。 もちろんルーター側もランプがついています。 購入したPCのサポートに連絡しましたところ、 まず、設定の確認、iconfigの確認、電源の抜き差し等、プロバイダーでもやったことを 一通りやったのですが、改善されなく、PCリフレッシュをしました。 PCリフレッシュでも改善がされなかったので、PCを購入状態に戻しました。 この症状はよくあることで、ルーターとPCの相性でいきなり接続不良になることが あるそうで、PCメーカーさんも対処がこれ以上できないということで、 再度、プロバイダーにモデムのリセットの仕方を 聞いて下さいと言われました。 eo光に再度連絡したところ、モデムのリセット方法はルーターの会社に 問い合せるようにといわれました。 ただ、Baffaloのサポート時間が終わっていたため、自分でリセットしました。 ルーターはBaffalo WZR-450HPを使用しております。 設定を保存しリセットしました。 リセット後設定を、保存したものを再度上書きしたのですが、 やはり、うまく接続できません。 何か、今使用しているLANポートでの接続方法はないでしょうか? WIndows8 Intel R Core TM i7-3770 CPU 3. 使用プロバイダーはeo光 まず、プロバイダーに接続不良の問い合わせをしました。 ケーブルにも問題なく、PC側のLANポートの何かが不具合を起こしている可能性が あるので、購入したPCサポートに連絡するように言われました。 ただし、LANポートにケーブルを差した状態でランプがついています。 もちろんルーター側もランプがついています。 購入したPCのサポート... A ベストアンサー 捕捉ありがとうございます。 >ipconfigの値ですが、 IPv4アドレス:196. 254. 188. 32 サブネットマスク:255. 255. 0 デフォルトゲートウェイ:記載なし >サポート曰く、PCがルーターからうまくIPアドレスを取得できていない状況で、 よくあるということでした。 そのような状況ですね。 1、回線終端装置の機器名をおしえてください。 2、回線終端装置からWZR-450HPに接続されているケーブルを取り外し、回線終端装置にPCを繋ぎ再度ipconfigの確認をお願いします。 >今使用しているLANポートでの接続方法はないでしょうか? 3、上記2の状態で下記URLを参考に設定されて確認してください。 support. ntt. html これで接続できればWZR-450HPの設定不良か製品故障と判断できます。 A ベストアンサー インターネット回線と家庭内や職場内のLANとの接続機器がデホルトゲートウェイに当たります、具体的にはブロードバンドルータがこれに該当します。 ルータからIPアドレスが正常に取得されていないものと思われます。 ちなみに、スタートからすべてのプログラム、アクセサリの中の、コマンドプロンプトをクリック。 コマンドプロンプト画面が表示されたら、ipconfigと入力し、EnterキーでIPアドレスの確認をされてみてください、接続時は192. 168で始まる数値になっていると思います。 ネットワークアイコンに黄色の三角がでているときは、169. 254とかの数値ではないでしょうか。 トラブルシューティングをされたとき、IPアドレスの再取得で接続可能になった物と推測します。 1、モデムやルータの電源を一度切り、数分してから電源投入してみてください。 2、ローカルエリア接続のアイコンを右クリックし、プロパティ、ハードウェア、デバイスマネージャとクリックし、ネットワークアダプタの項目に!印などが付いていたら、ドライバの更新なども効果があるかも知れません。 現段階での正格な原因箇所は特定できません、とりあえず2点確認してみてください。 余談ですが質問の際には、モデム、ルータ機種名、PC機種モデル名、OS名、このような現象に至った経過等も記述されたほうが的確な回答が得られますよ。 インターネット回線と家庭内や職場内のLANとの接続機器がデホルトゲートウェイに当たります、具体的にはブロードバンドルータがこれに該当します。 ルータからIPアドレスが正常に取得されていないものと思われます。 ちなみに、スタートからすべてのプログラム、アクセサリの中の、コマンドプロンプトをクリック。 コマンドプロンプト画面が表示されたら、ipconfigと入力し、EnterキーでIPアドレスの確認をされてみてください、接続時は192. 168で始まる数値になっていると思います。 ネットワークアイコンに黄色... Q windows8. 1のノートPCを無線LANでインターネット接続しようとしたところ、「制限あり」、「接続が制限されています」のエラーが出て接続できません。 blog. fc2. html 解決法を検索して引っかかったものを一通り、IP固定、DHCPサーバーの重複無しと対策しましたが接続できず。 別の方法で接続できた方いらっしゃいませんか? 解決法に心当たりのある方よろしくお願いします。 ちなみに機器のスペックは ノートPC windows8. 1 無線LAN接続 モデム J:COM dpc3000 無線ルーター WLA-G54 A ベストアンサー 私が DHCP サーバを Unix 環境で構築したときは 15 分くらいに設定していたように思います。 DHCP プロトコルの仕様については随分と忘れてしまいましたが、仮にリース期限が切れそうになっても、クライアントが継続使用のリクエストを出せば最大許容時間までは同じ IP アドレスを使用し続けることが許されるようになっていたように思います。 ただし、切断された端末は継続使用のリクエストを出さないので、その端末の IP アドレスは 15 分以内に回収される ukichon のルータでどこまで設定できるようになっているのか分かりませんが・・・ 中にはパラメータのいくつかが固定値になっていて変更できない製品もあるようなので.

次の

「制限付きアクセス」表示も大丈夫!8つの原因と解決法を徹底解説

インターネット 制限 あり

Wi-Fi(ワイファイ)の通信制限で悩んでいる人へ こんにちは。 WiFiを使ってみたいけど 通信制限があるので不安…と感じていませんか。 私も、同じ悩みに直面していました。 でも最近は制限なしのプランも登場してきて気にせずに使えています。 現在、私は「 」と、「 」の両方に契約しています。 えっ!回線を2つも契約するなんて、コスパ悪すぎ…という声が聞こえてきそうですね。 でも仕事で使うので仕方ないのです。 万が一回線が途切れると丸1日仕事ができませんので保険の意味も込めて固定と無線の2回線を使っています。 今回は、速度制限のないWi-Fiをテーマにして書いてみました。 お役に立てましたら幸いです。 まず、パソコンやスマホ、タブレットでインターネットをするのに必須なのが 回線の契約です。 序章ではそんな中から、「 通信制限を気にせずにWi-Fiでインターネットをする方法」をご紹介します。 ・一般的なインターネット回線の種類 まずはWi-Fiでインターネットをするのに必要なインターネット回線についてご説明します。 光回線 光回線は事業者に申し込んで、家まで光ケーブルを引いて通信する方法です。 マンションなど集合住宅の場合は、あらかじめ光ケーブルが引かれていて、そこから各世帯に分配する方式を取ります。 特徴は、非常に高速に通信できることですが、やや料金が高い傾向があります。 NTTのフレッツ光やauひかりなどの会社がコチラにあたります。 Wi-Fi(ワイファイ) Wi-Fiは事業者と無線で通信をしてインターネットを行います。 あらかじめ事業者に申し込み、モバイルルーターと呼ばれる端末を使って無線でインターネットができるので、家と外のどちらでも同じように通信ができます。 特徴は、設定が簡単でルーターが届いた日にすぐに使える手軽さです。 ですが無線通信であるため場所によって通信速度に差が出ることがあります。 WiMaxは契約するプランによって月間の制限がある物とない物があります。 ここで大事なことは、ギガ得プランなら制限なしですが「 直近3日間で通信量3G迄という部分規制がかかる」ということです。 ですので完全無制限にこだわる方は固定回線がお勧めとなります。 格安SIM(シム) 最後に 格安SIMと呼ばれるデータ通信カードの説明です。 SIMカードと呼ばれる小さなカードでインターネット通信を行います。 スマホであればSIMカード差し込み口にSIMカードを挿入してインターネットを利用できますし、上述のモバイルルーターという機器にSIMカードをセットすれば、スマホ以外のパソコンなどからも無線のWi-Fi通信ができます。 格安SIMですから安いものでは月額数百円から契約が出来るのですが、無制限で通信するプランを選ぶこともできます。 特徴は、プランによって「 月額制で完全無制限の通信ができる」ということです。 ・無制限でWi-Fiをするには? 光回線の場合は、回線契約だけだと有線でのインターネットになってしまうため、Wi-Fi用に無線LANの機器が必要となります。 Wi-Fiは、主にワイモバイルのポケットWiFiかWiMAXのどちらかがお勧めです。 料金の安さも含めるとお得なのは「 格安SIMの無制限プラン」の契約も良いのですが、設定が難しくかなり上級者向けです。 パソコンでもインターネットをする場合は別途モバイルルーターを用意しましょう。 格安SIMの無制限プランのサービスを提供している会社は複数あります。 ここでは一番安上りなプランと、バランス型の定番プランの2つを紹介したします。 ご利用は自己責任でお願いします。 ・一番安い格安SIM! (2016年12月29日現在)、株式会社ワイヤレスゲートの「」が最安です。 月額1680円で通信量制限はありません。 ですが最大受信速度が3Mbpsなので遅いです。 高速通信にこだわる方には向きません。 ・価格と通信速度のバランス型! 株式会社U-NEXTの「」プラン。 月額2480円で通信制限なし。 最大受信速度375Mbpsと高速です。 他にも様々なプランが各社から提供されていますので、気になる方はチェックしましょう。 超ヘビーユーザーが無制限でWi-Fiを使うにはどうする? Wi-Fi通信をする場合、気になるのが 速度制限ですよね。 使いすぎると速度制限がかかって使いものにならなくなる…一時期はこんな話で持ちきりでした。 今回は、 速度制限を起こさずに使う方法を紹介してみます。 まず知って欲しいのは Wi-Fi通信は大きく二つに分類されることです。 一つは固定回線を持たずポケットWi-FiやモバイルWi-FIルーターで無線通信を行うWi-FI、もう一つは固定回線を無線ルーターに繋ぎ無線通信するWi-FIです。 モバイルのPocket WiFi GL10P 前者はYahooの 、あとはUQの です。 固定回線は必要なく、専用モデムからWi-FI通信を行います。 回線工事もありませんし手続き後すぐに使えます。 バッテリー内臓なので持ち運び出来る上にいつでもどこでも使えるという利便性の高さもメリットの一つです。 しかし便利な反面、このWi-FIには通信量制限があります。 つまり通信量を3日3G以上にならないように使う、こうすれば速度制限にかかりません。 3日3G未満の使用量に抑えながら月7G以下に抑えることが出来る人ならノーマルプランでも速度制限にかからず使用できます。 ライトユーザーならペース配分して使えば速度制限にかからず使用できますが、ヘビーユーザーだと無理ですよね。 では、 ヘビーユーザーが無制限でWi-Fiをするにはどうすればいいのか? お勧めなのが後者の方法です。 後者は、 固定回線を無線LAN接続する方法です。 固定回線っていうのは光回線、ケーブル(jcom)、ADSL(電話回線)等を自宅に引き込み、専用モデムに接続します。 なぜ固定回線を利用するかというと、通信量制限や速度制限はないからです。 固定回線の繋ぎ方ですが、まず自宅まで固定回線を引く、固定回線を専用モデムへ接続する、専用モデムからPC等にLAN接続するのが基本的な接続方法です。 無線のWI-FI通信をしたい場合、専用モデムを無線LAN機能付専用モデムに変更すれば可能です。 この場合、毎月 無線モデムリース代金を取られるので長い目で見ると高いともいえます。 経済的にお勧めなのが固定回線をノーマルの専用モデムに接続し、 専用モデムから無線ルーターに接続しWi-FI接続する方法です。 固定回線の利用プランは通常料金ですみますし、余分にかかるのは無線ルーター代だけです。 他社製品の無線ルーターならかなり安く購入できますし(安いものなら2000円台 、一度購入しておけば追加費用はかかりません。 違う固定回線に乗り換えても無線ルーターは使えるので長期的に見るとすごく経済的です。 どちらにせよ、後者の固定回線からWi-FI通信する方法は少し手間がかかりますので、中~上級者向けです。 回線工事をしなければなりませんし、申し込んでから開通まで2週間かかるとかザラです。 しかし通信量制限はありませんし、回線の安定性もバツグンです。 通信速度も光回線と契約すれば前者のポケットWi-FIやモバイルWi-Fiルーターより格段に早くなりますよ。 自宅でガンガンインターネットをしたいって方には後者の固定回線を利用したWi-FI通信をお勧めします。 モバイル回線の完全無制限サービスってあるの? YouTubeの動画やインスタグラムの画像チェックなどを心置きなく利用したい。 でも、様々な理由で 光回線を引くことができない…そんな状況の方は多数いらっしゃるかと思います。 近年、携帯電話等のモバイル回線を利用した通信についても、必要十分な速度が出るようになってきたため、すべてを携帯電話単体で、あるいはスマートフォンのテザリングを利用したPC利用で賄おうとする方も多いです。 最近ではそういった需要を満たすため、大手3社だけではなく、MVNO業者においても、月間20GBまで高速通信が使える、といったプランが出ておりますが、それでも容量を気にしながら利用するのはあまり気分の良いものではありませんよね。 残念ながら、現在のモバイル回線業界において、「 完全な」無制限のプランを提供している会社は 正直ありません。 電波という限られた資源を利用者みんなで共有するため、短時間に大量の通信を行う、といった電波を占領してしまうような使い方にはどうしても規制がかかってしまいます。 そんな中でも、月間の容量については「 実質的に」無制限のプランを提供しているのが、UQの と、Y! Mobileの になります。 WiMaxについては、「 UQ Flatツープラス ギガ放題」というプランを契約することで月間通信量の制限が無制限になりますし、Y! Mobileについては、「 アドバンスオプション」を契約することで、アドバンスモードで使った通信量については、月間7GBのカウントから外れるようになっています。 両社とも、データ通信をメインとする会社のため、大手通信会社の20GBプランを契約するよりも安く利用できる場合が多いです。 また、短期間の大量通信についても、三日間で3GB以上使うと一時的に制限がかかる、といった、緩めの制限になっております。 技術の進歩で、光回線に頼らなくても、リッチなサービスが利用できるようになってきましたが、通信量に限らず提供エリアといったところでも、まだまだ進歩してほしいですね。 総合的に検討した結果、私の場合にはコスト削減効果がかなり大きいことと、外出時にも利用できるという機動性を重視してモバイルWi-Fiを利用しています。 もともとは有線でインターネットしていたので、Wi-Fiの利用を開始する際には、やはりモバイルWi-Fiの最大の弱点ともいうべき速度制限があることとサービス地域についてはかなり神経質に検討してきました。 それらの弱点を考慮しても、万が一 有線のネット回線が途切れた時でも繋がる安心感が大事と考えました。 そして私は、 を選択しました。 通常では7GB以上の通信量で通信制限がかかりますが、別料金でこの制限が外されるのです。 料金は少し高くなりますが、それでもメリットは大きいです。 しかし、全く無制限というわけではなく、 3日間で3GBを超えると通信制限がかかってしまうこともあります。 ヘビーユーザーには厳しいかもしれませんが、スマートフォンやタブレットでは通信制限がかかっていてもそれほど遅く感じないことが多いです。 さすがにパソコンでは遅さを感じることが多いですが、重くても繋がっていることが最重要と思います。 他のキャリアーでは通信規制がかかるとちょっと使い物にならないレベルですので、万が一規制がかかっても実用レベルで使えるWiMAXの安心感は本当に素晴らしいです。 月7GBってどのくらいの通信量? 一般的なWi-Fiはスマホと同様に、月制限の7GBや3日間3GBといった通信制限があります。 例えば月制限7GBといった条件付きのプランの場合、動画視聴なら 約33時間分となります。 一見、 なんだ33時間もあるなら十分なのでは?と思うかもしれませんが、1日に換算すると1時間程度という計算になります。 メールやweb情報のみの利用なら問題ないですが、動画をよく見る人にとってはかなり厳しい条件となっています。 ) こうした通信制限を気にせずに利用したい人に最適なのが、データ容量が無制限のプランです。 中でもオススメのプランは、 限りなく無制限に近いと言われているWiMAXです。 実は、ポケットWi-Fiは完全無制限と言えるプランは今のところありません。 容量が無制限だったとしても、3日間制限があることがほとんどです。 このWiMAXにおいても、3日間で3GBを超える通信をした場合、 翌日のお昼まで通信制限をされてしまいます。 ただし、WiMAXが限りなく無制限に近いと言われる理由は、この 通信制限がとても緩やかであることです。 私が実際に利用していて、速度制限された後でも 実質6Mbpsぐらいの速度がありましたので、Youtubeの動画は普通に見れました。 同じように3日で3GB利用した場合、Yahoo! WiFiだと 128kbpsまで制限されてしまいます。 128kbpsだと、動画どころかwebサイトを見るのにもかなりのストレスを感じます。 そうなるとやはり、速度制限された後でも十分動画も楽しめる可能性が高い、 が最善と言えるでしょう。 UQmobileの通信制限が変更されることが発表されました。 適用は 2017年2月2日からとなるものの、3日間でのデータ通信上限が 10GBまでとなり、これまでの3倍以上になります。 また、通信速度制限がされても今まで同様に、YouTubeなどの動画もストレスなく視聴することが出来ます。 現在、通信制限で困っているWiFiユーザーの方は、 を検討してみてはいかがでしょうか。 きっと改善できると思います。 お読みいただきありがとうございました。 引き続きまして、 【第3章】は、 最安値の格安ワイマックスについて書いています。 をご覧ください。

次の