スター ウォーズ 9 考察。 映画『スターウォーズ9 スカイウォーカーの夜明け』評価は?ネタバレ感想考察/レイの血統は?カイロレンの決断は?

スターウォーズ9 スカイウォーカーの夜明け ネタバレ考察 本当に完結?ディズニーウォーズの幕開け?

スター ウォーズ 9 考察

「スター・ウォーズ」で新たな主人公になったレイですが、彼女はどうして主人公になったのでしょうか。 ファンは「 レイはハン・ソロとレイアの娘」ではないか、「 ルークの娘なんじゃないか」、はたまたハン・ソロに登場した「 キーラの娘なのではないか」と様々な考察をしていました。 しかし、レイの両親は「何者でもない人」だと一旦落ち着きました。 ただよく考えてみると、何者でもない人の娘がどうしてこの超巨大映画の主人公になっているのでしょうか。 4月18日は「よい刃の日」! アナタは誰のライトセーバーが好き? — スター・ウォーズ公式 starwarsjapan この疑問がやはり払拭できません。 そこで、下記の話題が飛び込んできたので、私は改めて レイが何者なのかを考察していきます。 ダース・ベイダーのパパがひっそりと公式に明かされる — ギズモード・ジャパン gizmodojapan 目次• 「スター・ウォーズ」レイの正体は? 上記のギズモードの記事には、ダース・ベイダーことアナキン・スカイウォーカーがシーヴ・パルパティーンの息子であることがわかったと書かれています。 アナキン・スカイウォーカーの母親はシミ・スカイウォーカー・ラーズです。 今日5月12日は、。 — スター・ウォーズ公式 starwarsjapan 彼女はタトゥイーンに住む人間の女性です。 シーヴ・パルパティーンは普通の人間の女性にフォースを使用し、子どもを産ませました。 ちなみにシーヴ・パルパティーンとは、パルパティーン最高議長のことです。 彼はフォースを使用し、普通の人間に自分の子どもを産ませたのです。 ギズモードの記事を元にすると、スカイウォーカーは、パルパティーンの子孫であることがわかります。 つまり「 スカイウォーカー家=ダース・シディアスの子孫」だということです。 つまりスカイウォーカー家がどうしてこれほど不安定なのかというと、そもそも祖先がダークサイドだからなのです。 アナキン・スカイウォーカーはなるべくして、ダークサイドに墜ちたのです。 本日4月19日は、アナキン・スカイウォーカーを演じたヘイデン・クリステンセンの誕生日🎂 Happy Birthday! — スター・ウォーズ公式 starwarsjapan 「スター・ウォーズ」レイの父親はパルパティーン? となると、レイの父親がパルパティーンだという可能性もあるということです。 ここではレイの父親がパルパティーンであったらどうなるのかという視点で考察していきます。 レイの両親は自分たちの生活のためにレイを売ったのです。 レイは両親に売られた子どもだったのです。 カイロ・レンはレイの両親はすでにジャクーで死んでいると言いました。 レイもそのことに気づいていました。 レイは自分の父親をハン・ソロに重ねていたのです。 カイロ・レンはまたもや暗黒面に堕ちてしまいました。 これは祖先がそもそも暗黒面だから仕方がないことです。 カイロ・レンがそもそもすでに存在しているので、「 スカイウォーカーの復活」というは、原題としてはおかしいです。 しかし「スカイウォーカー家=ダースシディアス」、つまり「 スカイウォーカー=ダークサイド」という意味だったらどうでしょうか。 「スター・ウォーズ」のダークサイドとは? アナキン・スカイウォーカーは暗黒面のパルパティーンによって産み落とされました。 ですので、彼は完全な黒です。 ダークサイドです。 ダークサイドの素質を持つ人は、怒りや嫉妬、寂しさなど負の感情を抱いた時、暗闇に堕ちやすいものです。 だからアナキンは母親を無残に殺された時、クイーン・アミダラ(パドメ)の愛があったにも関わらず、ジェダイを滅ぼし闇の世界に堕ちていきました。 しかし、その娘・息子である、ルークとレイアはパドメの100%正義の素質が半分受け継がれているため、悪に屈することなく正義を貫くことができます。 ここで悪と正義が半分になったのですね。 レイアとルークは悪にもなるし正義にもなることができたのです。 そしてルークはヨーダに導かれ正義を貫くことができました。 ですが、カイロ・レンの父親ハン・ソロは悪でもなければ正義でもない中間的な人間です。 今日は なので、とびっきりの笑顔を😊 — スター・ウォーズ公式 starwarsjapan レイアも悪と正義を両方持っています。 そういった人物の息子であるカイロ・レンは悪にも正義にもなることができます。 カイロ・レンはハン・ソロという不真面目な父親から育ちました。 母親は大きな組織(レジスタンス)のトップです。 レジスタンスは正義ではありますが、大きな権力を持ったファーストオーダーに抵抗する反社会的組織とも捉えることができます。 (私はレジスタンスを応援しています) その組織のトップであるレイアから厳しく育てられたにも関わらず、父親は不真面目でした。 それが直接的な理由ではないにしても、両親は自分を育てるのを放棄し、叔父のルークに修行をさせます。 同じ頃当然暗黒面がカイロ・レンの心に忍び込んできます。 すでに暗黒面に落ちかけていることに気づいたルークは、カイロ・レンを葬ろうとするのですね。 それに気づいたレンは完全に暗黒面に墜ちてしまいます。 カイロ・レンがダークサイドに墜ちた直接的理由は家庭環境ではありませんが、それが間接的な原因になったことは確かです。 つまりハン・ソロが家庭を大事にしなかったことは、非常に罪深いことであり、それがレンをダークサイドに墜とした理由でもあります。 だからこそ、レンはハン・ソロが憎くて仕方がなかったのです。 ダークサイドに堕ちる理由は確率の問題 ここで何が言いたいかというと、ライトサイドとダークサイドがルークとレイアの時点で五分五分になったのに、ハン・ソロがそこに黒を少し足してしまった形になります。 スカーウォーカー家はもともと大きな黒の血筋が祖先にいるのですが、少し黒い部分が加算されればすぐに黒くなってしまいます。 それが問題なのです。 では、レイはどうなのでしょうか。 「スター・ウォーズ」レイはダークサイドに墜ちないのか? 私はレイが普通の人から生まれたジェダイではなく、パルパティーンのフォースによって生まれたジェダイなので、レイもダークサイドに堕ちる可能性が非常に高いと思います。 というかその可能性の方が大きいと思っています。 レイがパルパティーンの血を引くと考察する根拠 まず条件として、ダース・ベイダー(アナキン・スカイウォーカー)がパルパティーンの息子だったとすると、レイが「フォースの覚醒」でスカイウォーカー家のライトセーバーに触れた時、暗黒面に引き込まれてしまうような幻想を見たのをうなづけます。 アナキンが持っていたライトセーバーは暗黒面の武器だったのです。 さらに、「フォースの覚醒」でのカイロ・レンとの死闘においてスカイウォーカー家のライトセーバーがカイロ・レンの手を飛び越えて、レイの手に吸い込まれたのも、レイがパルパティーンの直下の血筋であるからだということで納得できます。 「フォースの覚醒」時レイは何の訓練も受けていないのに、カイロ・レンに勝ってしましました。 レイが勝つことができたのは、カイロ・レンが「フォース」について言及したからです。 レイはカイロ・レンからフォースの存在を思い出させてもらったのち、尋常でない力をつけて勝利しました。 例のフォースはカイロ・レンのものより優っているのです。 つまり それがパルパティーン本人の末裔だという理由だとしたらうなづけるのです。 「スター・ウォーズ」レイがダークサイドに落ちる可能性 人は常に恐怖と正義の間で揺れています。 どんな人でも恐怖と正義の間で戦っているのです。 例えば最愛の人を悪人に殺されたとしたら、例えば悪人に自分の地位や名誉を剥奪されたら、相手を恨まない人はいないのではないでしょうか。 大切な娘を殺害されたり、大切な両親を殺されたりしたら、誰だって人を憎む気持ちが生まれるはずです。 このスター・ウォーズはそういった問題と直結しているのです。 だからハン・ソロとレイアで、わざわざ家庭環境の悪さを描いたのです。 そこから生まれた不良少年がカイロ・レンなのかもしれません。 レイは何かのタイミングで最愛の人を失ったりすると、いくらでも暗黒面に堕ちてしまう可能性があります。 しかしそれは逆も言えることです。 カイロ・レンは本当に信頼できる人に諭されれば、ライトサイドに戻ることができます。 主人公のダークサイドへの転換とダークサイドからのライトサイドへの帰還は今までのスターウォーズでも描かれてきました。 だとすると、カイロ・レンはレイの愛によりライトサイドに帰還します。 ですが、ライトサイドに帰還したカイロ・レンは暗黒面によって殺される。 あるいはフィンが殺害される。 そして自分の父親がパルパティーンだと知った時、レイは暗黒面に堕ちてしまう可能性があるのです。 【】 フォースを感じ取る練習をしてみたことがある。 — スター・ウォーズ公式 starwarsjapan 脚本的にはその結末がよりファンの頭をかき回すことになるので、可能性としても高い気がします。 もちろんこれは考察なので、事実かどうかわかりませんが、この時点でダース・ベイダーがパルパティーンの息子だったと公表したことはとても意味があることだと思います。 そしてこの「ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー」という題名。 つまり、これはレイが暗黒面に堕ち、本当の意味でのスカイウォーカー家が復活したという意味なのかもしれません。 こんなダークな結末を考察しましたが、私はライトな人間です。 ここまでご読了頂き、ありがとうございました。 私は引き続き、スターウォーズ情報を配信していきます。 One More Things ここでもう1つ考えなければならないことがあります。 ジェダイの騎士というのはどのような存在であるかということです。 「スター・ウォーズ」テミリ・ブラッグ テミリ・ブラッグは勇敢なフィンとローズの影響でレジスタンスに憧れを抱くようになった子どもです。 テミリ・ブラッグはルークの死後、フォースを手に入れたように描かれていました。 いえ、もちろんその前からフォースを受け継いでいたのかもしれません。 テミリ・ブラッグの両親は特別な人間ではありません。 カントニアでフィンとローズに偶然出会った少年です。 そう考えると、ジェダイは突然変異の可能性があります。 「スター・ウォーズ」ヨーダ ではヨーダはどうなのでしょうか。 ヨーダが誰から生まれたのかは、はっきりしていません。 しかし彼は途中から自分がフォースの感知者であることに気づいたようです。 そしてジェダイマスター:ヌカタ・デル・ゴーモによってその素質を見出されます。 「スター・ウォーズ」オビ=ワン・ケノービ オビ=ワン・ケノービは、人間の子どもとして生まれ、生後6か月以内にフォース感応者と認定され、訓練を受けるためジェダイ・テンプルへと連れていかれたとされています。 つまりオビ=ワン・ケノービも突然変異なのです。 「スター・ウォーズ」ジェダイとは? このようにジェダイとは、突然変異から生まれるのではないかと思います。 しかしそれがもしも意図的に操作されて生まれているのであれば、話は変わってくると思います。 のちにダース・ベイダーとなるアナキン・スカイウォーカーがパルパティーンのフォースによって生まれたのであるとすれば、テミリ・ブラッグがルークのフォースにより、力が宿った可能性もあるのです。 となるとレイも普通の人から生まれたように見えていますが、実はパルパティーンの末裔である可能性があるのです。 ネット上では、レイがダース・ベイダーの生まれ変わりであるという説もあります。 出典: なので、レイは強力なフォースを持っているというのです。 これが本当であれば、いくつも辻褄の合うことがありますが、これでは最後のパルパティーンの笑い声には結びつきません。 あの予告の意味からしても、レイが暗黒面に堕ちてしまうというシナリオの方がしっくりくるのです。 こちらでは新たな情報が公表されたら、追記していきます。 以上です。

次の

スターウォーズ9ネタバレ徹底考察!レイの衝撃の正体と皇帝復活の理由!ハックス将軍の最後や細かい部分を考察【スカイウォーカーの夜明け感想】

スター ウォーズ 9 考察

『スカイウォーカーの夜明け』予告編映像は、息を切らした が砂漠地帯に立っている場面から始まる。 同じくJ. エイブラムス監督が手がけた新3部作序章『フォースの覚醒』(2015)予告編冒頭を彷彿とさせるようだ。 問題は、この砂漠の惑星がいずれに当たるのかということ。 スカイウォーカーを育てたタトゥイーン、レイが生きたジャクー、そしてジェダイの聖地ジェダ、そのいずれにあってもレイが訪れる妥当性はある。 レイの衣装と装備品にも注目だ。 『最後のジェダイ』(2017)で羽織っていた鼠色のジャケットはなく、『フォースの覚醒』時に近い衣装をまとっている。 腰には、亡きハン・ソロのブラスターが革のホルスターに収められている。 『最後のジェダイ』で真っ二つに割れたルークのライトセーバーは修理されたようだ。 既に『スカイウォーカーの夜明け』への(おそらく霊体での)マーク・ハミルの声は、「我々は全てを伝えた」とささやく。 「いつの時代も伝説は生まれる(Every Generation Has A Legend)」のテロップは、『エピソード1/ファントム・メナス』のものと同じ。 全9作にわたって描かれたスカイウォーカー伝説の締めくくりとして相応しい文字に続けて、 のタイ・サイレンサーがけたたましい飛行音をあげて一閃に飛んでくる。 なぜカイロはブラスターを撃たないのか?なぜレイは機体の接近をわざと待つような時間を取ったのか?タイ・サイレンサーのブラスターが故障した上でレイを追走していた可能性に加えて、ブラスターではなく機体で直接轢き殺してやりたいほどカイロが激怒していた可能性、さらに、互いに師を失ったレイとカイロが共に修行に挑んでいた可能性も挙げておきたい。 続いて、雲に覆われた岩山地帯をA-ウイングが飛んでいく。 向こうには街が広がっていて、どうやらここには文明が栄えているらしいことがわかる。 この光景がどの惑星にあたるかは不明だ。 『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016)でも起伏の多い岩山の惑星イードゥーが登場したが、そちらはもう少し鋭利で背が高く、また常に嵐に吹きさらされている惑星である。 予告編映像では、小雨または雪が舞っているようだが…。 カイロ・レンは、真っ赤な森林地帯を突進している。 あたりは戦火が広がっていて、カイロのほかに確認できるファースト・オーダー側はストーム・トルーパーわずか1人。 ただしこのトルーパーのほかに、奥側で赤色のブラスターが2発撃たれているのが見える。 カイロはお馴染みの十字型ライトセーバーを持ちながら、敵兵を斬らずに腕力で叩きつけている。 やはりここでも激昂していることは間違いないようだ。 ところで、なぜこのシーンの空は紅に染められているのか。 すぐに思い出されるのは『フォースの覚醒』スターキラー基地の恐るべきビーム砲撃だが、この星系破壊超兵器はすでに破られている。 ここは紅の惑星か、それとも新たな破壊兵器の影響か。 『最後のジェダイ』でスノークに「くだらない」と嘲られ、自らの力を見下された憤りから衝動的に破壊したカイロ・レンのマスクは、カイロまたは何者かによって修理されている。 レイのライトセーバー同様、「修復」の共通性も透けて見える。 結合部は血流のように赤く光っていて、カイロの不安定な精神性をより表しているかのようだ。 米はこれについて、日本の伝統的な修復技法「金継ぎ」からのインスパイアを指摘している。 新たな衣装に身を包んだ と は、どこかの岩山に立っている。 先に登場した岩の惑星の昼間の場面かもしれないし、ジェダを訪れていた可能性もあるだろう。 もちろん、全く別の新たな惑星かもしれない。 フィンの左手に、レイのクォータースタッフ(杖)が持たれている点も何か意味がありそうだ。 が一緒に身体を傾けているのは、新ドロイドとして登場するDio。 車輪と拡声器をつなげたようなこの小さなドロイドは、J. エイブラムス監督より「BB-8の新しい友だち」と紹介されている。 監督は登場するキャラクター名に遊び心を忍ばせるのが好みで、例えば『フォースの覚醒』に登場のエイリアンのパイロットには、ビースティー・ボーイズのアルバム『ハロー・ナスティ』をもじってエロー・アスティ(Ello Asty)と名付けた。 このDioの名を巡っては、「レインボー」や「ブラック・サバス」の元ボーカリストとして知られるロック・ミュージシャンのロニー・ジェイムス・ディオが由来ではないかとのしている。 前オーナーを失ったミレニアム・ファルコン号には、 がカムバック。 副操縦席の と共にハイパースペースを飛ぶランドは、久々の愛機に嬉しそうな笑い声を挙げている。 『帝国の逆襲』『ジェダイの帰還』でランドを演じたビリー・ディー・ウィリアムズの再演は、本作最大のお楽しみのひとつだ。 イエローの衣装は、スピンオフ『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(2018)からの再登場。 かつて深い仲にあったドロイドのL3-37が宿ったファルコン号に再び乗り込んだランドは、若い頃の無茶な冒険を思い出して何を語るのだろうか。 映像は再び砂漠地帯。 ポー、フィン、 は、古びた機体に乗って敵の追撃から必死に逃れている。 動きが速すぎてハッキリと確認はできないが、ストーム・トルーパーがジェットパックを背負って飛行しているようだ。 続けて何者かが手にとっているメダルは、『新たなる希望』でデス・スター突撃任務から帰還したルークとハン・ソロに、 が贈ったものだ。 最も、その持ち主は2人とも劇中では亡くなっている。 これはルークの遺品か、それともハン・ソロのものか。 いずれの場合も意味合いが異なってくる。 この予告編映像で最も感傷的なシーンは、レイア・オーガナの再登場だろう。 「レジェンド」組のルーク、ハン・ソロ、レイアからは、皮肉なことに劇中では唯一生存のレイア役キャリー・フィッシャーが先に逝ってしまった。 ルーカスフィルムはキャリーに敬意を払い、故人のCG蘇生は行わず、これまで撮影されていたと約束した。 涙を流すレイに合わせて、ルークの「我々は常に君と共に」という声が重なる。 Hmmmmm. — Ryan Scott Rydog レイ、フィン、ポー・ダメロン、チューバッカ、C-3PO、BB-8、DIOの7人(体)が曇りの草原に立つシーンについては、黒澤明『七人の侍』(1954)へのオマージュではないかと気付いたファンも少なくない。 彼女らの視線の先には、デス・スターの残骸がある。 ただし、「消え去っていない」のは友やジェダイだけではなかったわけである。 次の瞬間に響くのは、『エピソード6/ジェダイの帰還』(1983)で倒されたはずのシスの暗黒卿で帝国の皇帝、 / だ。 演じるイアン・マクダーミドも、この声の主が邪悪な暗黒卿であることを認めている。 The dark side is stronger than ever. 果たして『スカイウォーカーの夜明け』に登場すパルパティーンはロボットやクローンの類なのか、実は生き延びていたのか、それとも「ダース・プレイガスの秘儀」を完成させ、永遠の命を得ていたのか…。 ファンのリアクション 「冗談だろ!ノー!ノー!ノー!」米は、この予告編映像を初めて見るなり『スカイウォーカーの夜明け』のタイトルに否定的な声を挙げた。 「このタイトルは頂けない。 『スカイウォーカーの夜明け』?デイジー(レイ)がスカイウォーカーってこと?それともカイロが改心するということ?カイロが改心するにはもう遅すぎるんだよ。 」 前作『最後のジェダイ』は肯定派だというカイル氏は、本映像があえて多くを語っていない点は評価する一方で、『スカイウォーカーの夜明け』が過去作のタイトルに比べて限定的な意味になることに納得しかねているようだ。 もっとも、「スター・ウォーズ・セレブレーション」の中継を見ていたカイル氏は、感想を述べるのに必死でサプライズ登場したパルパティーン役のイアン・マクダーミドをジョン・ウィリアムズと勘違いし、お楽しみを見逃してしまっているが…。 ゲーム実況系YouTuberのは、パルパティーンの笑い声を聞くなり目を見開いたまま硬直。 「今のって、パルパティーン…?」見聞きしたものが信じられない様子のBlessiousは、サプライズ登場のイアンを見て「ヨーダだ…!違う!パルパティーン!マジかよ!パルパティーンだ!」と大喜び。 2度目の映像再生は恍惚の表情で見入った。 職場のデスクからセレブレーションの中継を観ていたは、イアン・マクダーミドの姿に思わず涙を浮かべている。 俳優としても活動する氏は、「ヒャッハァー!」とテンション高めで鑑賞。 やはりパルパティーンの声を聞くと信じられない様子で固まり、何も言葉を発さずに必死で身振り手振りを続けた。 「『スター・ウォーズ』は予告編の見せ方がうまい。 色々なものを見せて興奮させてくれるけど、実際には何も語っていないんだよね!」 The Movie Trivia Schmoedownの氏も大興奮。 「『スカイウォーカーの夜明け』って、どういう意味だろう?」「ライズってどういうことだろう?良い意味か、悪い意味か?」スター・ウォーズの話題専門のYouTubeチャンネルは映像を観て「最高すぎて笑った」と言うほど。 タイトルも気に入ったようで、やはり『スカイウォーカー』が誰を指しているかを考察している。 「もしかしたら、単なる名前ではなくてスカイウォーカーという概念かもしれないよね。 スカイウォーカーとは精神性のことで、秩序やシンボル、伝説のことを指しているのかもしれない。 ライズ・オブ・レジェンドってことかも。 」 タイトルのスカイウォーカーとは何を意味するのか J. エイブラムス監督はこのタイトルについて、「 今作にピッタリです。 挑発的で、たくさんの疑問が浮かぶタイトルではありますけど、 映画を観てもらえればその意図と意味が分かるはずです」と自信を見せる。 「これまでのタイトルの流れとして、本作には奇妙な責任があるんですね。 3部作だけでなく、9作の完結作でなければならないのです。 」 予告編映像やタイトルから伝わる謎について、公開までに一生懸命考察に勤しむのが『スター・ウォーズ』文化のひとつだ。 『フォースの覚醒』や『最後のジェダイ』時もタイトルの意味についての議論が交わされ、公開後にはファンそれぞれの解釈が語られた。 そんな習慣も、今回でしばらくの終わりになる。 米ディズニーは、このエピソード9を最後に『スター・ウォーズ』映画の製作をしばらく休止するだという。 「 これから8ヶ月、考察の日々が始まるぞ。 果たしてスカイウォーカーとはカイロのことか、レイアか、アナキンか、ルークか?それとも知られざるスカイウォーカーか?レイがスカイウォーカーなのか?」ルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミルも、こうけしかけた。 これまでスカイウォーカーの伝説を描いてきた『スター・ウォーズ』メインサーガは、『最後のジェダイ』でその呪縛からの解放に向けた動きも見せながら、最後にはやはりスカイウォーカーに戻ってきた。 果たしてスカイウォーカーは人物名なのか、それ以上の意味合いを帯びてくるのか。 同じく「ライズ」の単語も意味深である。 『エピソード3/シスの復讐』(2005)では、ダークサイドに堕ちたアナキン・スカイウォーカーに対し、パルパティーンが「Rise(立ち上がれ)」と声をかけた。 今回の「ライズ」にはどういった意味があるのか。 様々な解釈が取れる「スカイウォーカーの夜明け」のタイトルと共に、40年以上続いた『スター・ウォーズ』映画シリーズはひとまずの完結を迎えることとなる。 映画『 』は2019年12月20日(金)全国ロードショー。 さあ、公開まで長く短い月日が待っているぞ。

次の

スターウォーズエピソード9ネタバレ含みます 勝手に補足考察③エピソード8最後に出てくるテミリ・ブラッグについて

スター ウォーズ 9 考察

本当に完結したのか?まだまだ続編やスピンアウト作る気満々のディズニーはこのスカイウォーカー家のサーガ(物語)をどう終わらせたのか?公開初回に観てきました!• ネタバレ考察1:エンディングの意味は?本当に完結した?• ネタバレ考察2:レイとカイロ・レンの関係性はなんだったのか?• ネタバレ考察3:レイの正体は誰?両親は?やっぱり「何者でもなかった?」 ネタバレ満載でお送りしていきます。 未見の方はご注意ください! \スポンサーリンク/ キャスト(カッコ内は吹き替え担当声優) [レイ]デイジー・リドリー(CV. 永宝千晶) [カイロ・レン]アダム・ドライバー(CV. 津田健次郎) [フィン]ジョン・ボイエガ(CV. 杉村憲司) [ポー・ダメロン]オスカー・アイザック(CV. 小松史法) [ルーク・スカイウォーカー]マーク・ハミル(CV. 島田敏) [レイア・オーガナ]キャリー・フィッシャー(CV. 高島雅羅) [ランド・カルリジアン]ビリー・ディー・ウィリアムズ(CV. 若本規夫) [マズ・カナタ]ルピタ・ニョンゴ(CV. 杉本ゆう) [ハックス将軍]ドーナル・グリーソン(CV. 川本克彦) [ローズ・ティコ]ケリー・マリー・トラン(CV. 冠野智美) [チューバッカ]ヨーナス・スオタオ [C-3PO]アンソニー・ダニエルズ(CV. 岩崎ひろし) [コニックス]ビリー・ラード [ゾーリ・ブリス]ケリー・ラッセル(CV. 甲斐田裕子) [ジャナ]ナオミ・アッキー [プライド元帥]リチャード・E. グラント(CV. 金子由之) [パルパティーン(シスの暗黒卿]イアン・マクダーミド(CV. 青森伸) スタッフ [脚本・監督・製作]J. エイブラムス [脚本]クリス・テリオ [製作]キャスリーン・ケネディ [製作]ミシェル・レイワン [製作総指揮]カラム・グリーン [製作総指揮]ジェイソン・マクガトリン [撮影監督]ダニエル・ミンデル [共同プロダクション・デザイナー]リック・カーター [共同プロダクション・デザイナー]ケヴィン・ジェンキンス [衣裳デザイナー]マイケル・カプラン [クリーチャー&ドロイド特殊効果]ニール・スキャンラン [編集]メリアン・ブラントン [編集]ステファン・グルーブ [視覚効果スーパーバイザー]ロジャー・ガイエット [音楽]ジョン・ウィリアムズ 上映時間長いです。 142分!トイレはきちんと済ませておきましょう。 ランドとパルパティーンの復活も話題です。 ランド・カルリジアン役はビリー・ディー・ウィリアムズ、パルパティーン(シスの暗黒卿・ダース・シディアス)役はイアン・マクダーミド復帰で、ファンサービスもしっかり。 \スポンサーリンク/.

次の