いとおかし。 ふんわり柔らかい!It Wokashi(いと おかし)の大福が美味しい♪

【だがしかし】こうなるとコンビニ店員時代の話も気になる!…という、いとおかし感想!

いとおかし

古典文学には「いとおかし」という独特の表現があります。 「いとおかし」の「いと」は、普通より程度が高い状態を示す「非常に」「大変に」などを表し、「おかし」は、愚かなものを指す「をこ」が月日の流れと共に意味が変化した言葉だとされています。 この記事では、古典文学で使われる「いとおかし」の意味や表現、文例を通して古文の美しさをご紹介します。 「おかし」は打ち消し言葉ではないので「とても」などの意味で使われます。 この「おかし」と「をかし」は同じ意味ですが、正しい表記は「をかし」で、現代語仮名遣いにしたもが「おかし」です。 このように現代に合わせながら読み解くと、古典文学も身近に感じるのではないでしょうか。 古語での意味 古典文学などで使われている「いとおかし」は前後の文脈により意味が多少異なります。 「をかし」は感動を表わす言葉で、対象を客観的に観察することで沸き起こる知的感動を表すのに使われ、「明るい知性的な美」を表す言葉だとされています。 機知に溢れた気づきから生まれる感動には、楽しさや美しさがあり、明るい印象を与える言葉として使われています。 いとをかしの使い方と例文 「いとおかし」の意味は1つだけではなく、文脈によってさまざに変化することを前述しました。 「いとをかし」という表現に出会ったら、前後の文脈を踏まえた上で「とても美しい」のか「とても滑稽」なのか、また別の意味になるのかを判断する必要があります。 ここでは、「いとをかし」の使い方と例文について詳しくご紹介します。 「いとおかし」の使い方 「いとをかし」は「いとあはれ」と共に、平安時代における文学の基本的美的理念として使われていた表現です。 対象に入り込む「あはれ」と異なり、知的・批評的に対象を観察することで沸き上がる感動を鋭い感覚によって起こす情趣です。 5つの例文を通して「いとをかし」の使い方や異なる意味について解説します。 「いとをかし」を使う場面 「いとをかし」は枕草子などで多く見られる表現で、美に対する感嘆や称賛などを明るい印象で伝える時に用いられることが多い言葉です。 「もののあはれ」は源氏物語などで多く見られる表現で、「しみじみとした情緒の美」と伝えられるように、心に響かせる気持ちを表現する時に多く用いられています。 「いとをかし」を使った例文 「いとおかし」の意味はおおまかに理解できたでしょうか。 ここからは、例文と合わせて「いとをかし」の使い方やそれぞれの状況に合わせた意味について具体的に解説していきます。 例文4「いとをかしき琴の音」 「いとをかしき琴の音」 現代語訳:とても見事な琴の音 が聞こえてくる この文での 「いとをかし」は「とても見事に」という意味で使われています。 「美しい」「優美な」「素晴らしい」という意味に置き換えても文脈として間違っていません。 いずれも琴の音の美しさを称賛していることが伝わります。 「をかし」は美への称賛や感嘆を表す言葉ですが、「をかし」そのものが「美しい」という意味で使われることもあります。 この「古記録資料の敬語の研究」は、古記録の敬語についてまとめられた最初の書物で、敬語の実を研究対象として表題に挙げられているため、記録語の研究史上で意義のあるものだといえます。 「いとおかし」は、奈良・平安時代などの日本古典文学に用いられた表現の1つで、人物や所作、物事や自然の風景などへの称賛や感嘆を表す言葉です。 自然や景色などの趣や風流な印象、笑いを誘うような可笑しさ、強く興味を引くことや面白いと感じること、子供や女性などの人物や動植物などが綺麗であるなどと感じた気持ちを表現する言葉として使われていました。 いとおかしが使われた文学作品 狭い意味での古文とは、奈良・平安時代までに文語体で書かれた文章などのことです。 「いとおかし」が用いられている日本の古典を指し、この時代の慣習や行事など、当時の暮らしや制度を知る上で貴重な資料や記録でもある著作のことです。 この時代に多く使われた「いとおかし」ですが、「いとおかし」を広げた文学作品として最も有名なのが「枕草子」です。 枕草子について 枕草子は「おかし」の文学として知られ「いとおかし」が多く用いられています。 機転の利く対処が求められる宮廷で、細やかな感性と鋭い観察力、知識と文学的素養、ウイットに富んだ文章が周囲を惹きつけました。 同時代の源氏物語と合わせて、日本だけでなく世界中で読まれている文学作品であることから、枕草子は優れた古典随筆文学だということがわかります。 枕草子の作者 清少納言 966年~1025年頃 は平安時代中期の三十六歌仙の1人で、女流歌人・随筆家です。 代表作は「いとおかし」で有名な「枕草子」で、父は「後撰集」の撰者清原元輔、祖父の深養父も有名な歌人で三十六歌仙の1人です。 一条天皇の中宮定子に約10年間女房として仕え、藤原道隆や伊周、藤原斉信などの公家貴族との華やかな社交界に生きました。 古文に親しもう 「いとおかし」を通して古典文学の奥深さを解説しましたが、 古典文学では自然の風景や風物、人物や所作などから感じる日本人特有の細やかな感性や美意識を「いとおかし」と表現することをご理解いただけたでしょうか。 「いとおかし」の意味を文脈から汲み取るのは古典文学ならではの美しさですが、今も昔も変わらぬ人々の感性が根源にあると教えてくれます。 いとおかしが使われている文学作品を読んでみよう 「いとおかし」という美しい言葉が現代で使われることはありませんが、格調高く雅な趣のある「枕草子」や「源氏物語」などの古典文学に親しむことで、その時代を生きた人々への思いをはせることができます。 「いとおかし」が使われている文学作品を読むことで、正に美しい世界を感じることができるでしょう。

次の

「いとおかし」って 何ですか。

いとおかし

【源氏物語】若紫 原文「けづることをうるさがり給へど、 をかしの御髪や」 訳「髪をとかすことを嫌がりなさりますが、 美しい御髪ですね」 【昔物語】二八・四二 原文「妻、 をかしと思ひて、笑ひてやみにけり」 訳「妻は 滑稽だと思い、笑って終わってしまった」 【更級日記】大納言殿の姫君 原文「笛をいと をかしく吹き澄まして、過ぎぬなり」 訳「笛をたいそう 見事に吹きならして、通り過ぎていってしまったようだ」 イメージとしては最近の若い人たちが使う「 ヤバい」みたいな感じかな、と思います。 「この料理、ヤバい!マジ美味しいんだけど!」 「ヤバい!もうこんな時間?絶対遅刻だ」 「え?もう着いたの?ヤバッ!そうとう早いね」 ただ、「をかし」の代表である清少納言の「枕草子」では「 趣がある、風情がある」と訳されることが多く、現代でも同じように認識している人が多いです。 ですので、一般的には 「いとをかし」=「非常に趣がある」 と訳されます。 もう少しかみ砕いて訳すなら「とてもおもしろい」、さらに崩してしまうと「マジ最高!」みたいな感じですよ。 スポンサーリンク 枕草子 春はあけぼの の原文とわかりやすい現代語訳 それでは、清少納言の枕草子「春はあけぼの」の 原文と 超絶わかりやすい現代語訳を紹介しますね。 現代語訳は「きっちりとした訳」と「少し砕けた訳」の2つを載せていますので、参考にして下さい。 春はあけぼの 春 の原文と現代語訳 原文 春はあけぼの。 やうやう白くなりゆく山ぎは、少し明かりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。 現代語訳 春は明け方(が良い)。 だんだんと白くなっていく山ぎわが、少し明るくなって、紫がかった雲が細くたなびいている。 かみ砕いた訳 春は明け方が良いよね。 太陽が昇っていくとだんだんと空と山が接する部分が白くなっていくでしょ。 そこが少し明るくなって、紫がかった雲が細長~くたなびいている様子が良いんだよね。 春はあけぼの 夏 の原文と現代語訳 原文 夏は夜。 月の頃はさらなり。 やみもなほ、ほたるの多く飛びちがひたる。 また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光りて行くも をかし。 雨など降るも をかし。 現代語訳 夏は夜(が良い)。 月が出ている時は言うまでもない。 闇夜もやはり、蛍が多く飛び交っている(のが良い)。 また、ただ一つ、二つなど、ほのかに光って飛んで行くのも 趣がある。 雨が降るのも 風情がある。 かみ砕いた訳 夏は夜が良いよね。 お月様が出て明るい夜が素敵なのは言うまでないんだけど、お月様が出ていない真っ暗な夜に蛍がたくさん飛び交って光っている様子も好きだな。 蛍は多くなくて、一匹、二匹かすかに光って飛んでいるのも、これはこれで 綺麗だよね。 雨が降るのも 風情があって良いと思うな。 スポンサーリンク 春はあけぼの 秋 の原文と現代語訳 原文 秋は夕暮れ。 夕日のさして山の端いと近うなりたるに、烏の、寝どころへ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど飛び急ぐさへ あはれなり。 まいて、かりなどのつらねたるが、いと小さく見ゆるは、 いとをかし。 日入り果てて、風の音、虫の音など、はた言ふべきにあらず。 現代語訳 秋は夕暮れ(が良い)。 夕日がさして山の端がとても近くなっている時に、鳥がねぐらへ戻ろうとして、三羽四羽、二羽三羽と飛び急いでいるのも しみじみと感じられる。 まして、雁などが列を作っているのが、とても小さく見えるのは、 大変おもしろい。 日が沈んでしまって、風の音、虫の音など(が良いのは)、また言うまでもない。 かみ砕いた訳 秋は夕暮れが良いよね。 差し込んでくる夕陽が、山と空の境目にとても近くなっている時があるでしょ。 その時、烏が寝床の巣へ帰ろうとして、三羽四羽、二羽三羽と飛び急いでいる様子さえも、なんだか 哀愁が漂っているように感じちゃう。 まして雁なんかが並んで飛んでいるのが遠くで小さく見えるのは、とても 情緒あふれる風景だよね。 夕陽が沈んでしまった後から聞こえてくる風の音や虫の鳴き声が愛らしいってことは、言う必要はないよね。 春はあけぼの 冬 の原文と現代語訳 原文 冬はつとめて。 雪のふりたるは言ふべきにもあらず、霜のいと白きも、またさらでもいと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、 いとつきづきし。 昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、火をけの火も、白い灰がちになりて わろし。 現代語訳 冬は早朝(が良い)。 雪が降っている時は言うまでもなく、霜が非常に白い時も、またそうでなくても、とても寒い時に火を急いでおこして、 炭を持って(廊下を)渡るのも、 たいそう似つかわしい。 昼になって寒さがゆるくなると火桶の炭火も白い灰が多くなってしまい、 良くない。 かみ砕いた訳 冬は早朝が良いよね。 雪が降っている朝なんかは言うまでもなく綺麗でしょ。 霜が降りて辺り一面が真っ白になっているときも綺麗だし、そうじゃなくても、とても寒い朝に、 火を急いでおこして、部屋の炭びつまで廊下を渡って持っていく様子なんて、 まさに冬にぴったりだよね。 でも、昼になってだんだんと暖かくなってくると、火桶に入った炭が白い灰だらけになるでしょ。 あれは ダメよね。 「いとおかし」の意味は?まとめ いかがだったでしょうか?「いとをかし」は平安時代の代表的な美的理念の1つで、清少納言が書いた「枕草子」によく出てくる言葉です。

次の

【だがしかし】こうなるとコンビニ店員時代の話も気になる!…という、いとおかし感想!

いとおかし

非常に、とても、大変、実に、誠に• それほどでも、たいして (打ち消す言葉を付け加えた上で) 前者(1番)の意味は、主に「いとおかし」で使われるもの。 「おかし」に対して「とても・すごく」と、「おかし」の意味を広げる為に使われます。 後者(2番)の意味に関しては、打ち消す言葉を加えることで「それほどでもない」という表現になります。 「いと」の例 例えば 「源氏物語」の一番最初の章 「桐壷」に、次の文章があります。 いとやんごとなき際にはあらぬがすぐれて時めき給ふありけり。 現代語にすると、次のようになります。 それほど高貴でない身分の方で、特に帝の寵愛を受ける女性がおりました。 ここでの「いと」は、「いとやんごとなき」の部分。 打ち消す言葉は「際にはあらぬが」の、「あらぬが」の部分。 「それほど高貴な方ではない」と、女性の身分が低いということを表しているんですね。 このように「いと」には 2つの意味があるので、続く言葉に注意して意味を確認しましょう。 いとおかし(いとをかし)の意味は? 様々な意味があります 「いとおかし」の 「おかし」には、次の意味があります。 趣(おもむき)がある。 愛らしい。 おもしろい。 風情がある。 興味がある。 「いとおかし」には様々な意味がありますが、これは前後の文章によってニュアンスが変わるもの。 例えば 「枕草子」の中で登場する「いとおかし」には、次の一文があります。 秋は夕暮れ。 (~中略~) まいて雁などの連ねたるが、 いと小さく見ゆるは、 いとをかし。 これは「春はあけぼの」で始まる、最も有名な一文の秋の例え。 現代語にすると、次のような意味になります。 秋は夕暮れがよい。 (~中略~) ましてや雁などが隊列を組んで飛ぶ様子が、とても小さく見えるのは趣があってよい。 また枕草子には、次の一文が。 二つ三つばかりなるちごの、急ぎて這ひ(はい)くる道に、 いと小さき塵(ちり)のありけるを、目ざとに見つけて、 いとをかしげ(おかしげ)なる指(および)にとらへて、大人ごとに見せたる、 いとうつくし。 こちらは現代語にすると、次のような意味になります。 「ニ・三歳ぐらいの幼児が、急いで這い寄ってくる途中に、とても小さいゴミがあったのを目ざとく見つけ、それをとても可愛らしい指でつまみ、大人に見せている様子は、とてもかわいらしい。 前者ですと、渡り鳥が隊列を組み、それが小さく見えていく様子がしみじみと感じる• 後者ですと、ゴミを拾う子供の小さな指が、とても可愛らしい と「いとおかし」を使って表しています。 いとおかしは便利 「いとおかし」が多く使われたのは、平安時代から鎌倉時代にかけて。 枕草子の他にも、 「更級日記」や 「徒然草」などの随筆にも「いとおかし」は登場します。 また「いと」をつけず、「おかし」のみの表現も多くの文学に登場しています。 このように様々な意味があり、多く使われる「いとおかし」は便利な言葉なんですね。 「おかし」と「をかし」の違いは? 「いとおかし」の文例をみると、「いとおかし」ではなく、「いと をかし」となっていますよね? 実は「いとおかし」は、「いとをかし」を現代語仮名遣いにしたもの。 そのため正しい表記をするならば、「いとをかし」と 「を」を使うのが正しいということですね。 昔も今も感じる気持ちは同じ 【関連記事】 いとおかし(いとをかし)は古文でよく見かける言葉で、その意味は様々。 とても趣がある• とてもかわいらしい• 風情がある …など、前後の文章に合わせて使い分けられます。 その使われ方は、 今風の若者言葉で言えば、 「マジ最高!」 「マジヤバイ!」 に近いものとも言えるかもしれませんね。 そう考えると難しい古文も、なんだか身近に感じられませんか? 「いとおかし(いとをかし)」という言葉を通じて、 遠い先祖の気持ちの揺れ動きをのぞいてみませんか?.

次の