て づか 動物 病院。 アネモネ動物病院|ANEMONE ANIMAL HOSPITAL|長野県諏訪郡下諏訪町

ささづか動物病院

て づか 動物 病院

現在、ささづか動物病院では診療体制を 「予約優先」とさせていただいております。 来院前に、一度お電話にて予約をお願い致します。 (お薬やフードのみの場合も含む)• 今まで延期をお願いしていた処置も、予約にて受付致します。 ・予防接種(狂犬病ワクチン、混合ワクチン) ・去勢・避妊手術 ・健康診断 ・シャンプー、トリミング ・緊急性の低い診療や処置(爪切りや肛門腺絞りなど)• 予約のない方でも受付致しますが、お待ちいただく時間が長くなることがございます。 緊急の症例や検査・処置の状況によって順番が前後することがございますので、あらかじめご了承ください。 また、引き続き 感染予防対策として• 院内での密集を防ぐために、最小限の人数でご来院ください。 飼い主様ご自身に体調不良がある場合は、来院をお控えください。 来院時にマスクの着用、受付での手指の消毒にご協力お願い致します。 皆様にはご不便おかけいたしますが、ご理解ご協力の程、よろしくお願い致します。 緊急事態宣言が発令されたことを受けて、 ささづか動物病院では以下の対応を行います。 来院前にお電話にてご連絡ください。

次の

「動物病院でのひそかな楽しみ」 あるあるな光景にネット民「分かる」

て づか 動物 病院

現在、ささづか動物病院では診療体制を 「予約優先」とさせていただいております。 来院前に、一度お電話にて予約をお願い致します。 (お薬やフードのみの場合も含む)• 今まで延期をお願いしていた処置も、予約にて受付致します。 ・予防接種(狂犬病ワクチン、混合ワクチン) ・去勢・避妊手術 ・健康診断 ・シャンプー、トリミング ・緊急性の低い診療や処置(爪切りや肛門腺絞りなど)• 予約のない方でも受付致しますが、お待ちいただく時間が長くなることがございます。 緊急の症例や検査・処置の状況によって順番が前後することがございますので、あらかじめご了承ください。 また、引き続き 感染予防対策として• 院内での密集を防ぐために、最小限の人数でご来院ください。 飼い主様ご自身に体調不良がある場合は、来院をお控えください。 来院時にマスクの着用、受付での手指の消毒にご協力お願い致します。 皆様にはご不便おかけいたしますが、ご理解ご協力の程、よろしくお願い致します。 緊急事態宣言が発令されたことを受けて、 ささづか動物病院では以下の対応を行います。 来院前にお電話にてご連絡ください。

次の

アネモネ動物病院|ANEMONE ANIMAL HOSPITAL|長野県諏訪郡下諏訪町

て づか 動物 病院

インターネット この漫画、トイプードルの飼い主であり漫画家である、道雪 葵さんがツイッターに投稿したもの。 「動物病院での私のひそかな楽しみ」という1ページ漫画に、そのちょっとした楽しみを描いています。 動物病院での私のひそかな楽しみ — 道雪 葵 michiyukiaporo 動物病院では、受付窓口で飼い主の名前とともに、獣医さんに診てもらうペットの名前を書く必要があります。 で、多くの動物病院ではファミレスの順番待ちの様に表に名前を書いていく方式が取り入れられています。 その名前を書く時に、どうしても一覧となっている受付用紙のペットの名前が目に入ってしまうんですよね。 たまに、「どうしてその名前に!?」といったペットの名前があったりして、ついどの子がその名前の持ち主なのか、ひそかに待合室にいるペットたちをチラチラ見てしまったり。 そして、病院慣れっこな子だと、呼ばれても嫌がらずに堂々と診察室へ入っていく姿も見られたり。 「ハイ、私を呼びましたね(キリッ)」な表情とともに飼い主さんと診察室に入っていくワンコに、ついふふっとなるものです。 この漫画を見た人たちからは「分かる」のコメントが続々。 そして自分の家のペットの名前にまつわる話、自分の名前なのにペットの名前と勘違いされて呼ばれた事があるという人、ペットの名前欄にうっかり自分の名前を書いてしまって終始「ちゃん」付けになってしまった人などなど……。 ペットの具合が悪い時は心配でたまらないので、なかなかそんな余裕もない時もあるのですが、予防接種や定期健診の時など、自分のうちの子が元気な時はつい、よそ様のペットも気になってしまいがちですよね。 筆者の場合はずっと猫を飼っているので、同じ柄の猫と隣り合わせた時には、つい「この子と同じ柄ですね~」なんて話しかけてしまいがち……。 そして、人懐っこい犬がこちらを目をキラキラしながら見上げてきた日には、つい構ってしまいがち。 漫画を描いた道雪さんも、他のワンコが構って欲しそうにしていると、つい構ってしまうそう。 犬って、「この人は構ってくれる」という直感がすごくあるような気がします……。 道を歩いていても、散歩中の見知らぬ犬に寄られてくる事が多い筆者。 飼い主さんは気を使って「ダメよ」と言いながら犬を引き寄せて「ごめんなさいね~」などと通り過ぎていこうとするのですが……「むしろ私が構って欲しい!」となってしまう筆者。 たまに犬のナンパに成功され、飼い主さんともおしゃべりしてしまったりなどって、動物好きあるある、ですよね?犬の心理に上手い事引っかかってしまう、人間のサガというか。 そんな犬の気持ちや本音が分かる、「いぬほん 犬のほんねがわかる本」(西東社)で、道雪さんが漫画を担当しています。 「犬のなぜなにがわかる」本、犬を飼っている人には「あー!そうなのか!」「それ分かる!」な内容が詰まっていますよ。 <記事化協力> 道雪 葵さん( michiyukiaporo) (梓川みいな).

次の