ホンダ s600。 ホンダ S600 カブリオレ 2019年 9.5万キロ (埼玉県) アール・フリークス

ホンダ S600 カブリオレ 2019年 9.5万キロ (埼玉県) アール・フリークス

ホンダ s600

ホンダ S800 1966-70 ホンダの2シータースポーツカー「S800」は、1966年1月に「」の後継モデルとして発売が開始されました。 ボディシェルや基本骨格の他、前期型は基本的なメカニズムもS600から踏襲しながら、排気量拡大により一段と高い動力性能を実現しました。 又、後期型はドライブトレインの刷新により洗練されたドライブフィールが実現し、Sシリーズの集大成と呼ぶに相応しいモデルになりました。 ダミーのパワーバルジが外観上の特徴 ボディはS600同様カブリオレとクーペが用意され、共に基本的なプロポーションをS600から踏襲しつつ、フロントグリルのデザインが変更されると共にボンネット上にパワーバルジが設けられました。 このパワーバルジは、当初エンジンを燃料噴射化する計画があり、ボンネットフードとのクリアランスを稼ぐ為に設けられたものでした。 しかし、技術的な理由から燃料噴射化が見送られた為、結果的に実効性のないダミーとなりました。 5kgmアップの6. この変更により、チェーンドライブ特有の騒音や加減速時の癖が解消された反面、トランクスペースが狭くなる副作用が生じました。 車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握! 車の買い替えに 焦りは禁物です。 愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず 大きな損をする事に…。 まずはなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。 査定額の差は 【18万円】となる事もあります。 「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のように すぐに相場がわかります。 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。 新車ではなく未使用車という選択も 新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。 そんな方には 未使用車や低走行車もおススメ。 ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。 は、 お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。 「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

次の

旧車として人気が高いホンダs600の魅力と中古車紹介

ホンダ s600

yahoo. まずS600の製造年式を見ることになります。 この年代ですと、軽自動車の規格は360cc未満なんですね。 なんで、600ccのS600は軽自動車に該当しません。 だから普通車登録となります。 国内初度登録年ではなく製造年での判断となるのがミソです。 面白いのは、FIATの126という車で、600ccなんですが初期に販売されたモデルは軽が360か550ccの規制だったので普通車登録なんですが、マイナーチェンジして126BISというモデルになった時は軽が660ccまでOKとなっていたので国内で軽自動車として登録できるようになったという事例があります。 yahoo. >nakanofu2000さん 並行輸入車は輸入時点で判断されます。 もちろん、排ガス規制なども同様なので、そのままではおそらく車検通りませんけどね。 >h211126さん 外国でワンオフパーツでも作ってもらって、車体番号を隠ぺいしてしまえれば追えませんよね? そこまで見ているのかどうかは知りませんけど。 もちろん、そこまでやると構造計算書とかいろいろ出さないと車検通らなさそうではありますし、そこまでやるなら一度外国に持ち出さなくてもレプリカの新規作成車両扱いで国内登録できそうでもありますが… まあ、現実的に無理なのは承知の上で、制度上100%できないことはないって程度の思考実験ですけどね。 F3000の車体を車検に通すようなショップもあるくらいですので、それくらいのことをやればできないことはないって程度でしょうか。

次の

S600(ホンダ)の中古車

ホンダ s600

「ホンダ s600の特徴」 ホンダ s600の特徴 ホンダ s600はs500の後継モデルとして、1964年3月~1965年12月までの約1年半にわたって製造販売された2シータのオープンカーです。 現在販売されている軽自動車の2シーターオープンスポーツカーのs660は、このsシリーズの流れをくんでいます。 クーペスタイルのモデルも用意され、ロングノーズ、ショートデッキの典型的なスポーツカーのスタイルが魅力です。 パワフルなエンジンではありませんが、車両重量がわずか695kg、クーペでも715kgしかないので特に非力ということはなく、F1のエンジンで培われた技術が取り入れており、超高回転型で気持ちよく回るのが特徴でした。 サスペンションとs500との違い サスペンションにはフロントにはトーションバー・スプリングとダブルウイッシュボーンが組み合わせられ、リアにはコイルスプリングとトレーリングアームが組み合わせられた4輪独立懸架となっています。 また、s500との違いについては、外観上ほとんどありませんが、開口を増したメッキグリルの形状とリアバンパーの形状が若干異なります。 「エクステリア・インテリア」 ホンダ s600のエクステリア 60年代の流行ったオープンカーのスタイルをそのまま踏襲したようなエクステリアで、丸型2灯式のヘッドライトは本田宗一郎のお気に入りだったとも言われており、ヘッドライトの位置よりも、ボンネットの位置のほうが低く傾斜してくのが特徴です。 クーペのデザインはキャビンとトランクが独立しておらず一体型となっているのが特徴で、オープンに比べると、ラゲッジスペースも十分確保されました。 ホンダ s600のインテリア ホンダ s600のインテリアはスポーツカーとしての魅力が十分反映されたデザインが採用されています。 車高が低いためシートポジションが低く、シフトレバーはシートの座面よりも高い位置にきます。 内装色は、ブラックあるいはレッドのカラーを選ぶことができ、シルバーの4連丸型のメーターパネルが良いアクセントとなっていました。 「中古車価格について」 sシリーズ全体として ホンダ s600は旧車として人気がありますが、僅か1年半の間にのみ製造販売されたモデルであることと 、年式も50年以上も経過しているため、中古車を探すのは簡単ではありません。 同シリーズのs500やs800も候補として探していくのも手です。 現代のクルマであればグレードによって排気量が異なることはよくあることですので、同じような感覚で探すのも間違いではないでしょう。 排気量が異なるのが主な違いですが、走りにより余裕を求めるのであればs800のほうが有利です。 レストア済みの中古車価格相場 ホンダ s600の中古車価格はレストアされているかいないかで大きく異なります。 しっかりとレストアされている場合は、350万円前後が相場となっています。 レストアされていない格安のモデルを見つけたとしても、後からレストアのための費用が発生すると考えておく必要があります。 「レストア済みモデルがおすすめ!」 ホンダ s600を購入する場合は、ある程度レストア済みのモデルがやはりおすすめです。 レストアは外観だけを綺麗にすれば良いのではなく、内装も綺麗にレストアする必要があります。 もちろん、エンジンや足回りなど消耗品などはすべて手を入れる必要があり、エンジンに関しては完全にオーバーホールしなければならない場合もあります。 燃費性能は? ホンダ s600のエンジンは606ccと現在の軽自動車よりも小さく、車両重量も軽いために燃費に関しては悪くはありません。 ユーザーの実燃費の報告ではリッターあたり13. 現在のハイブリッドカーや軽自動車と比較すると低燃費とは言えませんが、50年以上前のクルマであることを考えると、決して悪い数値ではありませんただし、ハイオク仕様となります。 維持費について ホンダ s600を購入する場合、購入後の維持費を考慮する必要があります。 維持費の中でも特に注意が必要なのがメンテナンスに必要な費用です。 消耗部品の入手が困難な場合も少なくなく、また絶版車のメンテナンスを扱ってくれる整備工場をしっかり確保していく必要があります。 「オプションについて」 ホンダ s600のオプション装備について考える場合、現代車と同様の快適性を求めるか、それともオリジナル性を求めるかによって変わってきます。 オリジナル性を求めるのなら、変にオプションを付けないほうが良いでしょう。 しかし、快適性や安全性を求めるのなら、たとえばエアバッグ付きのステアリングやオーディオ、ナビなどを装備すると良いでしょう。 ステアリングの価格について ステアリングを交換する場合の費用については、商品によって異なりますが7~8万円前後を考えておく必要があります。 MOMO製やナルディ製などの人気メーカーで、旧車に合ったウッドを使用しているタイプはs600にも合うでしょう。 またボスや取り付け工賃も含めると10万円近くの予算を考えておく必要があります。 ナビも高性能なものは15万円以上になりますが、使いやすさや性能の面で非常に満足度が高いです。 「まとめ」 旧車には現代のクルマにはない魅力があります。 もちろん、年式相応の経年劣化があるため、お金をかけて丁寧にレストアを施し、それが中古車市場において高値で売買されています。 ホンダs600の中古車相場は350万円です。 全国でも10台前後しか出回っていないので、s500やs800なども視野に入れて探すようにするのも手です。 購入後はメンテナンスに維持費がかかることが予想され、またメンテナンスを行うことができる整備工場が必要です。

次の