ロバ の パン 屋 さん。 ろばのパン屋の歌詞 : タタ田はきもの点(仮

ロバのパン屋

ロバ の パン 屋 さん

— 日本に4店舗しかない代理店の、その1店舗がここ高知市にあります。 どのような背景があって受け継がれているのかは分かりかねますが、ガラパゴス高知に暮らしていると、この状況にも何故か頷けてしまいます。 お店の様子。 高知県内では、まだ2台の移動販売車が走っているらしいよ。 こういう昭和ローカルなものが残っているガラパゴス高知が好きやき。 他のお客さんが販売車を停めてくれたのか、近くで停車していたのでお財布を持って駆けつけました。 と比較すると随分とシンプルになっていますが、イラストやロゴなど昔っぽさが残っていてとてもカワイイです。 販売していたお兄さんは同じくらいの世代の方でした。 パンの売れ行きも好調のようで、完売してなくなったパンも多いですが…と写真を撮影させて頂けました。 いま現在、高知では2台の移動販売車で営業しているのだそうです。 『昔ながらのパン』という雰囲気が残るラインナップ。 甘い菓子パンが中心でした。 手書きのポップも、リーズナブルな料金もいい感じ。 昔からある移動販売車が近くまで来てくれたこと。 そして『その昔、ロバや馬を引いてパンを行商していた【ロバのパン屋さん】が日本各地に存在していた』というストーリーが素敵だったので、ついつい色々と買ってしまいました。 (縁や面白さを感じる体験や、素敵なストーリーのあるものに投資したくなります。 ) オススメはカレーパン お店のお兄さんのイチオシは【カレーパン】。 サクッとした、そして少し甘みのあるパンとジューシーなカレー。 間違いないです!! そして、ヨッシーが昔から食べていた【蒸しパン】。 (この日はカスタードと桃ジャムの2種類を購入。 )うちのおばあちゃんがよく作ってくれた【蒸しパン】を思い出す懐かしい味でした。 美味しかった!! ロバのパン屋情報 関連サイト 関連サイトを調べてみると、岐阜と徳島のWebページが分かりやすかったです。 (特に岐阜のロバのパン屋は素敵なページです。 ) www. robanopan-sakamoto. jp 徳島のロバのパン屋 Twitterでも。 すごい瞬発力やったと思うわ。 懐かしいなぁ〜。 当時は30円で買えたよ。 インスタも色々あがってそうですねー。 おわりに。 いつもの日常に突如現れた『ちいさな幸せ』。 パンと共に、ちいさな幸せを運んで来てくれるロバのパン屋。 高知の日常に寄り添い続ける、ローカルな魅力を感じる移動式パン屋さんでした。 高知 微住日記 日本微住計画BLOGをスタートして、初めての微住先となる高知市。 ゲストハウス『TOMARIGI HOSTEL KOCHI』のお手伝いをしながら、高知の様々な方々と関わりをもてればと思っています。 こちらの記事も是非.

次の

60年続く味、ロバのパン屋さんは元気に営業中!

ロバ の パン 屋 さん

— 日本に4店舗しかない代理店の、その1店舗がここ高知市にあります。 どのような背景があって受け継がれているのかは分かりかねますが、ガラパゴス高知に暮らしていると、この状況にも何故か頷けてしまいます。 お店の様子。 高知県内では、まだ2台の移動販売車が走っているらしいよ。 こういう昭和ローカルなものが残っているガラパゴス高知が好きやき。 他のお客さんが販売車を停めてくれたのか、近くで停車していたのでお財布を持って駆けつけました。 と比較すると随分とシンプルになっていますが、イラストやロゴなど昔っぽさが残っていてとてもカワイイです。 販売していたお兄さんは同じくらいの世代の方でした。 パンの売れ行きも好調のようで、完売してなくなったパンも多いですが…と写真を撮影させて頂けました。 いま現在、高知では2台の移動販売車で営業しているのだそうです。 『昔ながらのパン』という雰囲気が残るラインナップ。 甘い菓子パンが中心でした。 手書きのポップも、リーズナブルな料金もいい感じ。 昔からある移動販売車が近くまで来てくれたこと。 そして『その昔、ロバや馬を引いてパンを行商していた【ロバのパン屋さん】が日本各地に存在していた』というストーリーが素敵だったので、ついつい色々と買ってしまいました。 (縁や面白さを感じる体験や、素敵なストーリーのあるものに投資したくなります。 ) オススメはカレーパン お店のお兄さんのイチオシは【カレーパン】。 サクッとした、そして少し甘みのあるパンとジューシーなカレー。 間違いないです!! そして、ヨッシーが昔から食べていた【蒸しパン】。 (この日はカスタードと桃ジャムの2種類を購入。 )うちのおばあちゃんがよく作ってくれた【蒸しパン】を思い出す懐かしい味でした。 美味しかった!! ロバのパン屋情報 関連サイト 関連サイトを調べてみると、岐阜と徳島のWebページが分かりやすかったです。 (特に岐阜のロバのパン屋は素敵なページです。 ) www. robanopan-sakamoto. jp 徳島のロバのパン屋 Twitterでも。 すごい瞬発力やったと思うわ。 懐かしいなぁ〜。 当時は30円で買えたよ。 インスタも色々あがってそうですねー。 おわりに。 いつもの日常に突如現れた『ちいさな幸せ』。 パンと共に、ちいさな幸せを運んで来てくれるロバのパン屋。 高知の日常に寄り添い続ける、ローカルな魅力を感じる移動式パン屋さんでした。 高知 微住日記 日本微住計画BLOGをスタートして、初めての微住先となる高知市。 ゲストハウス『TOMARIGI HOSTEL KOCHI』のお手伝いをしながら、高知の様々な方々と関わりをもてればと思っています。 こちらの記事も是非.

次の

ロバのパン物語

ロバ の パン 屋 さん

目を向けるとそこには「ロバのパン」と書かれた軽ワゴン車が停まっていました。 これは ロバのパン屋というパンの移動販売でして、京都人の間では割と知名度があるようです。 僕も小さい頃から町で見かけて存在は知っていました。 でも今まで一度も買ったことがありませんでした。 ここで出会ったが運命ってことで、初めてロバのパン屋でパンを買ってみました。 ロバのパン屋とは? ロバのパン屋は 株式会社ビタミンパン連鎖店本部という、何やら仰々しい名前の会社が運営しているパンの移動販売です。 本社が京都市にあり、岐阜・高知・徳島の3県のみフランチャイズで活動しているとのこと。 かなりマイナーなパン屋さんではあるのですが、地元民に愛されているパン屋さんのようですね。 その昔はその名の如く馬車でパンを販売していたそうです。 馬車を引いていたのはロバではなくポニーの一種だったそうですが。 「パン売りのおじさん」の歌と一緒に現れる ロバのパン屋はクルマから歌を流しながら住宅地を巡回します。 僕が小学生の頃、 「チンコロリン」と聞こえると友だちと議論しました。 チンコロリンじゃなくてチンカラリンが正解なんですね。 チンコじゃなくてチンカか。 チンコだと思ってました。 ロバのおじさんのチンコはまずいですよね。 チンコ。 神出鬼没な移動販売 僕のイメージではありますが、ロバのパン屋はかなりの 神出鬼没です。 販売車の台数も少なく、いつどこに現れるかわからないんですよ。 予告もありませんし。 おっと、チンコってまた言っちゃいました。 チンコじゃなくてチンカですね。 チンコは間違いです。 チンコ。 「珍しいもの見たさかな?」と笑いながら言っていたので、ロバのパン屋は世間的にそんな感じなんでしょうね。 世間話をしつつ、「売れ筋はどれですか?」と聴いてみると全商品説明してくれましたw 要するに全部うまいんでしょう。 そしておっちゃんは一言「昭和の味やね」と言いました。 なるほど、昔ながらの懐かしいパンってことですな。 クルマに貼られたポップを見ると蒸しパンが看板商品っぽいので、数ある種類の中から チョコレート蒸しパンを購入。 130円でした。 近くの公園のベンチで食べます。 こんな袋に入れてくれます。 チョコレート蒸しパン。 蒸しパンにチョコレートがかかっています。 蒸しパンは生地がしっかりしていてモッチモチです。 チョコレートの食感と甘さが絶妙にマッチしております。 これはおやつにちょうどいいな〜。 また見かけたら他の商品を買ってみるのもいいですね。 そういえばおっちゃんが「10日に1回ぐらいこの辺回ってるんで〜」と言ってました。 割と定期的なようで不定期ですね。 10日周期じゃいつ来るか覚えてられないですね。 近くに住んでるわけじゃないし、次に出会うのはまた遠くなりそうです。 またチンコって言っちゃいました。 チンコじゃなくてチンカです。 チンコ。 ついでにスナップ ついでにその辺をスナップして帰りました。 松と梅です。 あと竹があったら松竹梅でしたね。 おしい。 shimehitsu14.

次の