口臭 消す 飲み物。 体臭を消す飲み物!改善効果バッチリの意外な優れモノ7選

お酒の臭いを消す 3つの方法

口臭 消す 飲み物

口臭を消す食べ物や飲み物って? 口臭を消す自然な方法の一つが食べ物。 消臭効果のある食材を使い、気になる口臭を消すことが可能です。 口臭を消す飲み物 緑茶にはカテキンと呼ばれる成分が多く含まれていますが、カテキンは抗菌作用がある成分のひとつ。 そのため口臭が気になる時は、緑茶を飲むと口内の臭い菌の繁殖を防ぐことができます。 またドライマウスで唾液の分泌量が少ない場合は、 水やレモン水で口臭予防するのもよい方法ですね。 関連記事 口臭を消す食べ物 口臭を消す食べ物として一番のおすすめは 梅干し。 梅干しには殺菌作用が高いクエン酸が多く含まれていますので、口内の臭い菌となる雑菌の繁殖を抑制する効果があります。 また酸味が強い食べ物として レモンなども唾液の分泌を活性するメリットがあります。 レモンはスライスしたものを口の中に入れるか、レモン水として飲むとよいでしょう。 関連記事 酵素を含む食べ物 口臭の原因となる、たんぱく質を抑制するのが分解酵素。 口臭を消す効果が高い酵素が含まれているのが キウイ、パセリ、パイナップル、パパイヤなど。 空腹時に口臭が強くなる時や、口の中の粘着きが気になる場合には、たんぱく質分解酵素を含んだ食べ物がおすすめ。 これらの酵素は熱に弱いため、 加熱せず生で食べるフルーツ類が良いでしょう。 関連記事 注意するポイント 口臭を消すためには食べ方にも注意が必要です。 食べ物の効果を引き出すためには、口臭が強い時間帯を選ぶことがポイント。 不快な臭いは、1日の間でも強さが変化しています。 一番口臭がきつくなるのが空腹時や食事の後2~3時間後。 このタイミングで、口臭を消す食べ物や飲み物をとることがコツです。 時間帯でいうと午前10時前後、そして午後3時前後が1日の中でも特に口臭対策に適したタイミングになります。 関連記事 また毎日の食事の中では、ニンニクやニラなど、独特の強い香りを持った食材を使うこともありますよね。 これらの食べ物が原因になる口臭には、牛乳で悪臭の元になるたんぱく質を包み込む方法が、効果的といわれています。 しかし食後に牛乳を飲んだ後は、注意しないと舌の表面に牛乳の硫黄成分が残り、放置すると臭い菌が逆に繁殖する可能性もあります。 コーヒーで食べ物の口臭を消す場合も同様。 コーヒーはミルクやお砂糖が口内に残ると同様に不快な臭いが発生する原因です。 口臭を消すつもりが、かえって逆効果になる場合もありますので、牛乳やコーヒーを飲んだ後は必ずうがいをして口内を綺麗にしておきましょう。 念のために歯磨きや舌ブラシで清潔にすることも必要ですね。 関連記事 関連記事 併行してサプリメントの活用も効果的 食べ物だけでは口臭がすぐに消えない場合もありますよね。 例えばにんにくの強い臭いは、体内で分解消化された後、血液中に残り完全に臭いが消えるまでに16時間ほどかかるともいわれています。 このような場合にも、効果があるのが口臭を消すサプリメント。 食べ物だけでは不安な場合に、併用するとさらに効き目がアップします。 口臭サプリメントは、カプセルタイプで口の中で噛みつぶすと、香りで臭い消し効果があるタイプなどがあります。 また体内で消臭成分が消化されるため、食べ物よりも効果が持続しやすいメリットもありますよね。 口臭を消すサプリメントは、携帯ができるのでいつでも摂取でき便利ですね。 食べものだと緊急の場合に対処できないことがよくあります。 梅干しやレモンなどを常に携帯することは不可能なので、口臭ケアにはサプリメントを併用したほうが安心です。 色々な種類のサプリやタブレットタイプがありますので、口臭が気になる時に上手に使い分けましょう。 サプリは体の中からできる臭いケア。 口臭以外にも加齢臭や汗の臭い対策としても大変効果があり、続けるほど臭いが少なくなるメリットもありますよ。 関連記事.

次の

口臭を消す方法まとめ 1日中「息が臭い」と思われないために

口臭 消す 飲み物

Contents• そもそも、口臭が起きる原因とは? 口臭にはいくつか種類があります。 それは生理的口臭、外因的口臭、病的口臭です。 生理的口臭というのは、このように健康な人でもしばしば起きる口臭のことで、普段の食事や生活の影響で起きるものです。 例えば、朝起きた時やお腹がすく時間帯、緊張やストレス等により、唾液が減少する事でも引き起こされます。 普段、口臭を防ぐのに、重要な役目を果たしているのが唾液による抗菌・殺菌作用です。 唾液は常に分泌され続けていて、この唾液の流れが口臭の原因となる細菌を増やさないようにコントロールしています。 生理的口臭も唾液により抑えられていますが、上記の要因で唾液が減少する事によって口の中が乾き、細菌が増殖することによって口臭が強くなるのです。 例えば、ニンニクやニラ、納豆など、ニオイが強い食べ物を口に入れることで外因的口臭が発生します。 また、喫煙や飲酒も外因的口臭の原因となります。 喫煙と飲酒は、長期的に摂取を続けることで身体の中に取り込まれた臭いが徐々に溜まっていき、それが胃から排出されるようになってしまいます。 そのため、禁煙や禁酒を実行してもすぐに外因的口臭が解消されない場合がありますので注意が必要です。 口腔内の疾患としては、虫歯や歯周病、口内の炎症等があげられます。 その他の部分の疾患としては、蓄膿症や慢性鼻炎、慢性気管支炎などの耳鼻咽喉疾患や糖尿病、胃潰瘍、肝炎などの内臓疾患が挙げられます。 このように、口臭と内臓は実は密接な関係があります。 胃の不調や便秘、肝臓や腎臓の重い病気まで、内臓が原因で口臭がきつくなる要因はいくつもあるのです。 例えば、胃の調子が悪くなると、食べた物が消化されずに消化不良を起こします。 長時間消化されずに胃に残った食べ物は悪臭を放つようになります。 この悪臭が胃の壁から血液に取り込まれて全身を巡り、肺に運ばれてくると呼吸と一緒に体の外へ漏れていくのです。 口臭対策に効く飲み物11選! 口臭が気になったらこんなものを飲んでみてください。 このカテキンとフラボノイドは口臭の大きな原因である口内の細菌を殺菌したり、細菌が発生させた悪臭を消臭してくれるので、口臭を抑えることができます。 しかし、飲みすぎると、緑茶に含まれるカフェインの利尿作用によって体の水分が奪われ、口内の唾液の分泌量が減少することで口臭もきつくなってしまうので注意が必要です。 緑茶を飲む時は、適量口の中に含み、口の中全体が湿るように飲みましょう。 また、緑茶でうがいをするのも口臭予防には効果的です。 紅茶ポリフェノールは歯周病菌の活動を抑制する効果があるので、歯周病を予防することができます。 歯周病は歯槽膿漏 しそうのうろう とも呼ばれていて、悪化すると膿 うみ が出てきます。 この膿によって、ひどくなるのが歯周病の口臭です。 歯周病を紅茶で予防することで、口臭の予防にもなるのです。 また、口臭は主に口腔内で発生しますが、これは口腔内に残った食べカス等を口腔内細菌が分解する際に悪臭のガスである「VSC(揮発性硫黄化合物)」が発生するのが原因です。 このVSCは硫化水素、メチルメルカプタン、ジメチルサルファイドという3種類のガスです。 紅茶ポリフェノールはこの内メチルメルカプタンの臭いを抑えることができるので、口臭予防に効果的なのです。 タイミングとしては、食事やおやつの間に飲むこともよいのですが、紅茶の口臭予防効果を期待するのであれば、食事と食事の間に喉を潤す感覚で飲むのがおすすめです。 また、紅茶うがいもおすすめです。 紅茶うがいは口臭予防だけでなく、風邪やインフルエンザの予防にも効果があります。 緑茶同様、カフェインが含まれているので注意が必要です。 そもそも紅茶とは緑茶、ウーロン茶と同じ茶の樹から作られるもので、この3つの原料は同じということになります。 同じ原料なのに味が変わってしまうのは製造過程が違うためです。 お茶の葉を発酵させると烏龍茶になり、完全に発酵させると紅茶に変化し、無発酵の場合は緑茶ということになります。 発酵の度合いによって、味や香りが変化していて、呼び名が変わっているだけなのです。 そのなかでも、ウーロン茶は、ニンニクや脂っこい料理が多い中国料理の後に、飲むことで脂肪分の摂取を抑える効果があったり、口臭の予防効果もあると言われています。 ちなみに、烏龍茶や紅茶にもカテキンが含まれていますが、一番カテキンを多く含むのは緑茶といわれています。 ウーロン茶同様、ニンニクなど香りの強い食材を使う中国料理などでは食後にジャスミン茶を提供するお店があります。 ウーロン茶やジャスミン茶などの中国茶は、体内の脂肪吸収を抑制させる効能や口臭予防効果が高いと言われています。 そのほかにも、ジャスミン茶には強力な抗菌効果や虫歯を予防する効能も含まれています。 また、ジャスミン茶に含有されるカテキンなどには強い消臭効果や抗菌効果があり、香りの強い食材の臭いを抑制する効能があります。 そのため、口臭同様、体臭も予防することが出来ると言われています。 では、腸が汚れると、なぜ口臭の原因になるのでしょうか? それは、善玉菌と悪玉菌が関係しています。 私たちは年齢を重ねることで善玉菌より悪玉菌が増えてしまいます。 ところが、腸が汚れることで悪玉菌がさらに増え、アンモニアなど強烈なガスが発生します。 このガスが口臭や体臭の原因となるのです。 つまり、腸内の悪玉菌を減らし善玉菌を増やすことが口臭改善につながることとなります。 悪玉菌を減らし善玉菌を増やす手助けをしてくれるのが発酵食品です。 納豆や味噌、ぬか漬けなどの発酵食品は毎食摂りたい口臭改善食品です。 そのなかでも、おすすめなのは、朝食時に味噌汁を飲むことです。 食事と一緒に味噌汁を飲むことで、腸内環境を整え、便秘や消化不良を改善することで腸から来る口臭の改善につながるのです。 この際、強く噛まずになめるように食べた方が唾液を増やせます。 また、昆布のネバネバの成分(フコイダン)は胃の中の食べ物を覆う事で臭いの発生を抑えてくれる効果があります。 ですから、水分補給をすることで、口の中の乾燥を防いでくれるのはもちろん、摂取した水分が唾液原料にもなるので、口臭の予防につながります。 この際、手軽に飲むものとしておすすめなのは、いつでもどこでもすぐに飲めるという点で水が最適です。 水は糖分など余計なものが入っていないという点など、最も手軽に行える口臭対策と言えるでしょう。 牛乳によって臭いを軽減できるのは、強い臭いの成分である「アリシン」が含まれている、ニンニクや長ネギ、あさつき、ニラ、タマネギといった食材です。 アリシンはタンパク質と結合しやすい特徴を持っていることから、アリシンを含む野菜を食べた後に牛乳を飲むと、牛乳に豊富に含まれるタンパク質がアリシンを包み込み、体内に消化吸収されにくくなり、口臭を軽減してくれるのです。 牛乳で消せない口臭として挙げられるのが、アルコールによる臭いです。 また、歯周病や虫歯、ドライマウスなど、口の中の病気が原因で発生している口臭には効き目がありません。 さらに、胃腸の疾病や糖尿病などの呼吸器系、内臓系の疾患から発生する病的口臭にも、牛乳には何の効果も期待できません。 一方、注意点として、牛乳自体も独特の臭いを持っていて、牛乳自体が口臭を発生させる原因になる場合があるという点があげられます。 牛乳を飲んだあとは、舌の表面に牛乳の成分が残ります。 牛乳は硫黄成分を含んでいるため、舌に残ったままだと悪臭の原因になります。 ですから、牛乳を飲んだりしたあとには、歯磨きや軽く口をすすぐなどの口腔ケアも忘れずに心掛けましょう。 このカカオポリフェノールですが、紅茶ポリフェノール同様、活性酸素を抑えるアンチエイジングの効果で老化を抑え、歯周病を防いでくれるので、口臭の予防につながります。 また、口腔内の菌の発生を防ぐ、強い抗菌化作用で、臭いを抑えることができるので口臭予防に効果的なのです。 レモンの酸っぱい成分のクエン酸には殺菌作用があるために、口内細菌の働きを抑える効果があります。 また、レモンなど酸っぱいものを口にすると、唾液の分泌が促されます。 レモン水はクエン酸の殺菌作用と唾液の分泌の消臭作用で、水よりもさらに口臭予防に効果があるのです。 リンゴの有効成分には、食物繊維のペクチンをはじめ、ポリフェノール、カリウム、リンゴ酸などがあります。 これらは、強力な健康・消臭成分なのです。 消臭効果については、 ポリフェノールやリンゴ酸 による効果が大きく、主に、生理的口臭を抑えるのに効果的に働きます。 また、リンゴには 食物繊維のペクチンの他にも、セルロース、リグニン などが含まれるため、強い整腸作用があります。 リンゴの持つ整腸効果は、口臭の原因となる腸の不調や、便秘などを改善する効果があるため、口臭を抑える働きがあるのです。 口臭を悪化させてしまう飲み物に注意! 一般には不快臭を感じるわけではない飲み物でも、それを多量に飲むことによって口臭が発生する、あるいは口臭が発生しやすい環境を作ってしまう飲み物もあります。 口臭予防に効果がない、逆に口臭を悪化させてしまう飲み物について紹介していこうと思います。 しかし、コーヒーには焙煎をする事で発生するコーヒー豆の微粒子が、舌に存在する細菌の増殖を助長し、独特の臭いを発生させてしまいます。 また、酸性が強いとバクテリアが増殖しやすくなり、口臭につながるといわれています。 また、お茶同様、コーヒーに含まれるカフェインは体の水分を奪って唾液の分泌量を減少させてしまうので、口臭の原因にもなります。 コーヒーを飲んだ際には、水を飲んだり、歯磨きや、舌をきれいにするなどの対策をしましょう。 糖類を含む炭酸飲料やジュースを飲むことで、口の中の細菌が繁殖しやすくなります。 口の中で細菌が増えれば、悪臭ガスが発生し、口臭もきつくなってしまいます。 ジュース類の摂取を控える事が望ましいですが、もし甘い飲み物を飲んだ場合は、コーヒー同様、歯磨きやうがいなどの対策をしましょう。 これは、アルコールの利尿作用により身体が乾燥し、唾液の分泌量が減少してしまうことや、アルコールの成分が体内に吸収されて臭気を発すること等の原因が考えらます。 また、アルコールの過剰摂取によって胃腸などの消化器系にダメージが蓄積されると、それらの臓器の機能不全に由来する病的口臭が発生する可能性もあります。 口臭を予防することはもちろんですが、全身の健康のためにも、お酒は適量を心掛けることが大切です。 それでもお酒を飲み過ぎてしまった場合には、たっぷりと水分補給し、大豆製品など肝機能を促す食品を摂取するようにしましょう。 まとめ いかがでしたでしょうか? 口臭対策に効く飲み物を紹介してきましたが、実践するのが 難しい場合には、紹介したように水などを口に含むだけでも効果があります。 持ち歩いて、こまめに口に含んで口内の水分量を保つようにしましょう。 しかし、口臭の原因は口の中だけにあるとは限りません。 そのため、口臭を防いでくれる飲み物があらゆる口臭に予防効果を発揮するわけではありません。 特に、病気が関わっている病的口臭の場合、飲み物の効果だけで口臭を予防することは難しく、効果があっても一時的なものに過ぎません。 病的口臭の場合、口臭を改善することはもちろんですが、これ以上病気を悪化させないためにも治療をする必要があります。 口臭がなかなか改善しない場合は、病的口臭の可能性も考慮して、必要に応じて病院にかかるようにしましょう。 関連記事: ライター紹介 メンズクエスト編集部 メンズクエスト編集長:アベル 2018年 日本健康マスター検定エキスパートコース合格 メンズクエスト編集長のアベルです。 体脂肪25%から9. 6%までに肉体改造をしたことをきっかけに、その時に実践した食生活、筋トレのことなどの情報をまとめようと思ったのがきっかけでメンズクエストを立ち上げました。 もともと容姿や体型にコンプレックスがあり、カッコよくなりたいという気持ちが人一倍強く、女性にモテるにはどうすればいいかという事にとても敏感。 現在は原宿に住みながら、「カッコイイ男」を目指すための、メンズ美容、ファッションや髪型についての最新情報を常にアンテナを張ってリサーチしています。 また、カッコよくなるには健康であってこそという考えから、2018年、日本健康マスター検定エキスパートコースを受験し、合格。 食生活、運動、睡眠といった正しい健康に関する情報、知識を取得しました。 最新の正しい健康情報を見極めて記事を監修しています。 カッコいい男性を日本中に増やすべく、これからも役立つ情報を発信していきます。

次の

体臭を消す飲み物!改善効果バッチリの意外な優れモノ7選

口臭 消す 飲み物

何とかしてこの口臭を消したい、改善したい。 そう思ったら、あなたならどうしますか? 時間がある時は歯磨きをするという方法もありますが、そもそもニンニクやネギなど、ニオイの強い食べ物を食べた後に歯磨きをしても、胃から立ちのぼってくるニンニク臭やネギ臭まで消すことは難しいですよね? それに、そもそも口臭にはいろいろな種類があって、その原因もさまざま。 ですから、本来ならそれぞれの口臭の種類に見合った口臭対策をするのが、それらの口臭をもっとも効率的に改善・消臭できる近道といえるはずです。 だとすれば、口臭ケア用のサプリメントを飲んだり、タブレットを舐めたり……。 はたまた、口臭消臭用のスプレーをお口の中に吹きかけてみたりと、口臭対策の方法もさまざまなら、その好みもそれぞれですよね? でも中には、口臭対策用のサプリメントや洗口液などに含まれる添加物などを気にする方もいらっしゃるかもしれません。 確かに、いくら口臭の改善や消臭、予防に効果があるとしても、そのために身体にとって良いとは言えない余分なものを取り入れたくはないですよね? 「それならもっと安全で、しかも手軽に口臭対策ができるものはないの?」 そんなふうに思った方は、ぜひ「口臭の改善・消臭・予防」に効果があるとされる飲み物を飲んでみませんか? 世の中にはもちろん、口臭を改善・消臭・予防するのに役立つ食べ物もありますが、 コンテンツ• 口臭を改善・消臭・予防してくれる 強い味方の飲み物たち 1. 水・ミネラルウォーター 口臭を改善・消臭・予防してくれる飲み物が「水」と聞いて、意外である以上に、何かの間違いでは?と思った方もいるかもしれませんね。 でもこれ、本当なんです。 ただし、水そのものに口臭を改善したり、消臭してくれる成分が入っているわけではなく、 水を飲むと唾液の分泌を促してくれる効果があるので、それが口臭対策につながるのです。 なぜなら、口臭が起こる原因の一つのとして、口腔内に生息する細菌が食べ物のカスや古くなって剥がれ落ちたお口の中の粘膜などをエサにして分解、増殖する際に発生させるガスが考えられます。 そして、これらの細菌は嫌気性(けんきせい)菌と呼ばれる酸素がない状態を好んで繁殖する細菌であるため、 口腔内を乾燥させないようにすることが、口臭を防ぐためにはとても重要なことなのです。 その点、お口の中に水分を補給することは、唾液の分泌および口腔内を潤すことにつながるため、口臭を改善・消臭するには「水」が効果的である、ということになるのです。 りんごジュース りんごジュースは、特に 玉ねぎ・長ネギ・ニラ・にんにくなど、ニオイの強い食べ物を食べた後の口臭予防に効果を発揮してくれる心強い味方です。 ちなみに、リンゴに含まれるポリフェノールはチョコレートやワインなどの成分であるポリフェノールとは異なるものですので、ご注意くださいね。 りんごが持つ成分に口臭の改善・消臭に効果があるわけですから、りんごをそのまま食べても、もちろん同じ効果が発揮されます。 ただし、りんごを食べるとなると、自宅で一人でいる場合はともかく、切ったり、剥いたりせずに丸ごとかぶりつく、というわけにはなかなかいきませんよね?その点、ジュースならお手軽かつ、簡単に飲むことができます。 朝の出勤前やランチタイムなど、何かのついでの時にスーパーやコンビニなどで買って備蓄しておけば、いざという時の口臭予防に大活躍してくれますよ。 レモンジュース・レモン水 レモンには、殺菌作用を持つクエン酸という成分が含まれており、この殺菌作用によって、口腔内に生息して口臭を引き起こす原因となるガスを発生させる雑菌の繁殖を抑制する働きを担います。 また一方で、 レモンが持つ酸味は唾液の分泌量をアップさせ、口腔内を潤してくれます。 口腔内が潤うと、嫌気性(けんきせい)と呼ばれる口腔内の酸素を嫌う菌たちは不活性化し、繁殖しにくくなるため、これが結局、口臭の改善・消臭・予防につながるのです。 ただし、いくらレモンに口臭の改善・消臭・予防の効果があるとわかってはいても、丸ごとかじるのは人目も気になるうえ、酸味が強すぎて美味しくいただくのは難しいですよね?ですから、ドリンクとして飲む場合は、やはりハチミツを加えて飲みやすくしたジュースなどが良いでしょう。 また、虫歯が気になる方などは、ミネラルウォーターにレモン果汁を絞ったものを食事と一緒に飲んだり、水の代わりの水分補給に用いれば、すっきりとした爽やかな香りと味がリフレッシュ効果も呼んでくれます。 もちろん、食後の飲み物として、ホットティーやアイスティーに入れて飲むのもオススメです。 梅干しドリンク 梅干しにはレモンと同じクエン酸が含まれているため、やはり口臭の消臭・改善・予防効果が期待できます。 また、レモンと同様に、梅干しだけを丸かじりできる状況は、特にオフィスなどにおいては難しい場合が多いでしょう。 ですから、ここはぜひ、ドリンクにして摂取することをオススメします。 ひと口に梅干しドリンクと言っても、レシピはお好み次第で各種様々。 まず、梅干しドリンクを作る際の基本の準備として、潰してペースト状にした梅干しを用意します。 これにシンプルにハチミツと水を加えたものは、ホットでもアイスでもいいですね。 サイダーで割るだけでも、簡単に爽やかな味の梅干しソーダが作れます。 また、緑茶の粉末と梅干しを混ぜて、水で割ったスッキリ系のもの。 健康ドリンクとして昨今、注目されている甘酒と割ったものなども、アイスでもホットでもおいしくいただけます。 さらに、昔ながらの梅こんぶ茶も、たまに飲むと目先が変わって良いかもかもしれませんね。 潰してペースト状にした梅干しを、ドリンク一杯分の量だけラップに包んで携帯したり、オフィスや出先でのドリンク作りが難しい場合は、自宅であらかじめ用意したものをお気に入りのボトルに入れて持ち歩いてはいかがでしょうか? 5. 「キウイ」・「パイナップル」・「パパイヤ」ジュース 口臭を発生させる原因の一つに、舌苔(ぜったい)と呼ばれる舌の上にコケ状に広がる白いヨゴレがあります。 ありがたいことに、この 舌苔を分解して除去してくれるアクチニジンという酵素を含むのが、これらのフルーツなのです。 そもそも口腔内のトラブルが原因で起こる口臭のうち、舌苔が原因で起こる口臭は約60%もの割合を占めると言われています。 ですから、口臭の改善、消臭、予防を目指すなら、虫歯や歯周炎・歯周病を大きく上回って口臭の発生源となる舌苔を除去することは、実に重要なことなのです。 ただし、舌苔のケアは非常にデリケートで、専用のブラシ使って優しく取り除くのが鉄則。 無理に除去して舌を傷つけてしまうと、そこに多くの雑菌が繁殖してしまうことになるなど、かえって口臭を悪化させてしまうリスクがあるのです。 この点、「キウイ」・「パイナップル」・「パパイヤ」などのジュースを飲むだけなら、舌を傷つける心配もなく、簡単に口臭対策ができますね。 また、それぞれのフルーツを使った手作りのフレッシュジュースも良いですが、パイナップルジュースであれば、コンビニやスーパーなどで簡単に手に入れられることも多いはず。 手間暇かけずに、口臭の改善、消臭、予防ができる方法です。 柿のドリンク 柿にはタンニンという高い殺菌・消臭効果を持つ成分が含まれています。 柿タンニンの口臭改善・消臭・予防効果は広く認められ、実際、多くの口臭対策用歯磨き粉にも用いられています。 りんごが持つポリフェノール成分と同様に、ニラやにんにくなどのニオイが強い食べ物に対しても効果を発揮してくれるそうなので、柿が手に入る季節には、そのまま食べるだけではなく、ぜひドリンクにして飲んでみると良いでしょう。 なお、「柿タンニン(柿渋の主成分)」については、以下のような研究報告がされています。 「柿タンニン(パンシル)の口臭抑制効果について」 より抜粋 ポリ フェノール化合物の1種であるタンニンは,古くから特に強い抗菌・消臭効果を発揮する ことが よ く知 られているが,なかでも,緑茶成分による消臭効果に関する研究は数多く,抗菌・殺菌作用 も報告されている.タンニンは数種類の植物より単離されるが、柿タンニンの微生物抑制効果は緑茶タンニンに比べフェノール基が多いために数倍高いとされている.このことから、 柿タンニンは短期的,即効的な消臭効果のみならず,緑茶と同様の抗菌・殺菌作用も期待できる (出典: 最終閲覧日:2019. 14) 柿のドリンクというと珍しいイメージがありますが、バナナとの相性が良いようで、豆乳や牛乳、もしくはヨーグルトなどを加えてミキサーにかけ、スムージ風のドリンクにして飲むとおいしいですね。 もう少し、あっさりとした味をお好みの方は、バナナの代わりに小松菜やサラダ菜などで作ると、すっきりと飲むことができます。 もちろん、熟れた柿のみに牛乳や豆乳を加えてミキサーで作る、シンプルな柿シェイクもおいしいですよ。 お好みで、きな粉やハチミツなどを加えて、アレンジすれば、いろいろな味が試せて楽しみながら口臭対策ができますよ。 生姜ドリンク 生姜にはジンゲロールという辛味成分が含まれており、これが唾液の成分である酵素を活性化することで口臭のもととなる嫌なニオイを分解・消臭する働きを担います。 このジンゲロールの働きと効果は、米農業・食品化学ジャーナルに論文として発表された一方、ドイツのミュンヘン工科大学ライプニッツ食品システム生物学研究所の実験では、人の唾液にジンゲロールを加えた結果、硫黄を含む嫌なニオイのもとを分解するスルフヒドリル酸化酵素と呼ばれる成分が、ほんの数秒のうちに16倍にも増加したという結果を得ています。 生姜というと一般的にはうどんや冷やっこの薬味などの脇役のイメージが強いですが、せっかくの口臭改善・消臭・予防効果を活かすなら、ぜひドリンクにして飲んでみてはいかがでしょうか? 生姜ドリンクとしては、おろし生姜にハチミツを加えて混ぜ、お湯を注いてレモン汁を落としたホット生姜ハチミツレモン(冷やしてアイスにしても、もちろんOKです)は、オーソドックスなお味。 また、おろしたフレッシュな梨と生姜に、レモン汁、ハチミツを加えてお湯を注いだホットドリンクは珍しいだけでなく、梨のほんのりとした甘みにピリッと効いた生姜がアクセントの、身体に優しいドリンクです。 生姜だけでなく、レモンにも口臭改善効果があるため、一石二鳥のドリンクですね。 他にも、すりおろした生姜にハチミツを加え、かぼす汁を絞って冷たい炭酸水で割った夏にオススメのスッキリドリングなど、さまざまなものが挙げられます。 生の生姜をおろす手間も省けるうえ、口臭を改善・予防するだけでなく、身体全体のバランスを整える効果が期待できる「生姜シロップ」を飲み物にプラスアルファするのも良いですね。 緑茶 緑茶には、その成分として含まれるカテキン・ポリフェノールが持つ殺菌効果やニオイを抑える働きが、口臭改善・消臭・予防としての効果を発揮します。 なお、このニオイを抑える働きは即効性が高いため、食事中や食後に緑茶を飲むのは、実に理にかなっている口臭対策であると言えるのです。 実際、茶カテキンをはじめとする緑茶成分の口臭抑制効果については、 茶カテキン類の口臭抑制効果とチューインガムヘの応用より抜粋 カテキン類は,口臭原因物質として注目されているCH3SHに対し,優れた消臭作用とその産生を抑制する作用を持つものと推定された. また,カテキン類を添加したチューインガムは,口臭抑制の目的で効果的であると考えられた. 出典:(最終閲覧日;2019. また我々は別途, 口臭を除去する素材の探索研究の中で, 今までに 緑茶フラボノイド, 茶 カテキン等にCH3SHに対して優れた臭効果を見いだし報告した。 また最近, 茶カテキンによる口臭および歯垢の抑制効果が報告されている。 (注)メチルメルカプタン CH3SH 出典: 1994年11月5, 6日 におい て発表 (最終閲覧日:2019. 23) などの研究報告がされており、「茶カテキン」や「緑茶フラボノイド」など、緑茶が持つ口臭抑制効果が認められています。 ただし、ポリフェノールは一方で唾液の分泌を抑制する作用もあるため、緑茶の飲み過ぎは口腔内の乾燥を招くというリスクもあります。 の水・ミネラルウォーターでも触れたとおり、口腔内が乾燥すると口腔内に生息する雑菌が増殖することにより、口臭の発生原因となります。 ですから、食中や食後以外は、口臭が気になる時だけ緑茶を飲むなり、水やミネラルウォーターに切り替えるのがオススメです。 また、ウーロン茶や紅茶も、緑茶に近い働きを持っています。 ぜひ、覚えておいてくださいね。 紅茶 キリンビバレッジ「紅茶と暮らし研究所」では、 紅茶の成分である紅茶ポリフェノールには口臭の原因となる歯周病菌を捉え、抑制する働きがあると考えています。 しかも、紅茶ポリフェノールは緑茶の成分であるカテキンよりも分子が大きい分、より歯周病菌を捉えやすいと考えているのです。 また、歯周病菌から発生し、口腔内の古くなって剥がれ落ちた角質や食べカスなどのタンパク質をエサにして分解、口臭の原因となる酵素に対しても、緑茶に比べて紅茶ポリフェノールの方が強く抑制する力が働くという実験結果を得ています。 さらに、食後の口臭を再現した実験においても、紅茶には口臭の発生源となるメチルメルカプタンと呼ばれるガスの発生量を抑える働きがあることが実証されています。 つまり、紅茶ポリフェノールの成分は、口臭の原因となるニオイに効果的に働きかけてくれる成分なのです。 ただし、緑茶同様、飲みすぎるとかえって唾液の分泌が抑制され、口腔内が乾燥することによって口臭が起きてしまうという逆効果になるリスクがあります。 ですから、食後や間食の後に飲む以外は、食間に無糖の紅茶を少しずつ、口腔内を潤す程度に飲みましょう。 最近は、コンビニなどでもさまざまなフレーバー入りの紅茶を見かけますよね。 その中から、自分のお気に入りのフレーバー入り紅茶を見つけることで、より楽しい口臭対策ができるかもしれません。 生姜とのダブルの効果で口臭の改善・消臭が期待できる「生姜紅茶」もいいですね。 コーヒー 多くのカフェインを含むブラックコーヒーには、歯周炎や歯周病など、口腔内の疾患を引き起こす原因となるプラーク(歯垢)を生じさせる菌を抑制する働きがあります。 また、 コーヒーにはポリフェノールも豊富に含まれるため、その殺菌効果によって口腔内の雑菌の繁殖を抑制するため、口臭の改善・消臭・予防に効果的なのです。 このように、口臭対策には効果が高いと考えられるコーヒーですが、コーヒーを飲む場合は、虫歯予防も兼ねてブラックコーヒーを飲むことをオススメします。 一方で、嫌気性菌と呼ばれる口臭の原因となる菌は、口腔内が酸性に傾くと活性化してしまいます。 これに対して、コーヒーが持つ酸味は、飲んだ後の口腔内を酸性にするという特徴があるのです。 つまり、コーヒーの飲み過ぎはかえって口臭を誘引するというリスクを併せ持つため、注意が必要です。 牛乳 牛乳などの乳製品は食前などに飲むことで、胃の中でタンパク質の膜を張ることにより血管内に臭い成分が流入するのを阻止。 また一方で、胃に入ってきた食べ物の臭い成分を包み込むことで、臭い成分を抑えてくれる働きをします。 つまり、牛乳には、口臭を予防する効果があるのです。 この臭いの抑制効果は、ネギやニラ、ニンニクなどの強い臭いを発する食べ物のほか、アルコールなどの臭いにも効果を発揮します。 ちなみに、牛乳そのものの臭いが気になる方は、牛乳を飲んだ後に、軽くうがいをするのがオススメです。 お酢ドリンク お酢が持つ消臭・殺菌効果によって、ニオイの成分を抑制します。 お酢のドリンクはお好み次第で変幻自在。 例えば簡単なものなら、りんごジュースにお酢大さじ1~2杯を加えて混ぜるだけのりんご酢ドリンクは、りんごの口臭改善・消臭効果も加わって、ダブルで効果的。 サイダー・コーラを始めとする炭酸飲料に、お酢大さじ1~2杯を加えて飲んでも、意外においしいものです。 また、レモン汁にお酢を加えてハチミツで味を調整すれば、すっきりとしたレモン酢ドリンクに。 やはりレモンの口臭消臭効果も相まって、口臭対策には効果的なドリンクですね。 さらに、煮出した赤紫蘇のエキスに、砂糖と酢を加えて水や炭酸水で割れば、赤紫蘇入りお酢ドリンクの完成!すっきり飲めて、夏にももってこいの口臭改善・消臭ドリンクです。 そのほか、ライムやオレンジ、イチゴ、さくらんぼなど、旬のフルーツとお酢を使えば、お好みに応じたおいしいお酢ドリンクができますよ。 また、お酢ドリンクが苦手な方は、水で薄めたお酢(水200ccに対して、酢大さじ1~2杯)で口をすすぐだけでも、口臭予防になりますので、ぜひお試しください。 最後に 日々、歯をきちんと磨いたり、マウスウォッシュや歯間ブラシを使うなどの丁寧な口臭ケアも大切ですが、時間がない時などは特に、口臭の改善・消臭・予防に効果のある飲み物を覚えておくと、いざというときにとても役立ちます。 会社での会議や大切なお客さまとの商談の時などはもちろん、やはり口臭対策は日々、忘れてはならない大切なエチケット。 たとえどれほど好きな人であっても、口臭を感じただけで、一気にさめてしまうかもしれません。 大切な人との間に、そんな悲しい距離を作らないためにも、毎日の口臭対策は欠かせませんよね。 今回ご紹介したドリンクは、コンビニやスーパーで買ってそのまま飲める物から、手軽に手作りできるものばかり。 それでも即効性があるとされるものばかりをご紹介しましたので、ぜひ参考にしてくださいね。

次の