沼津 まるや。 【海上釣り堀まるや】アジやブリも釣れる…沼津の海上釣り堀!!

伊豆半島初の本格海上釣り堀『まるや』に行ってみた

沼津 まるや

魅惑の海上釣り堀へ【静岡沼津足保/海上つり堀まるや】 仲間で行って釣り方も工夫すれば、釣果も楽しさも倍増! 9月に静岡沼津足保の海上つり堀まるやへ出かけたが釣るためのコツを紹介しよう。 放流タイム前は魚の活性を見るためにマダイを狙うといい。 風の弱い時間は、エサをくわえる「前アタリ」を明確にとらえるために棒ウキ仕掛けを使おう。 エサは真鯛スペシャルで、よく練り込み2個をハリに付ける。 前日まで水温低下で潮が澄んでおり活性は低め。 こんな時、ハリはマダイ8号、チヌ1号まで落とし、ハリス4号前後を選ぶ。 食い渋る厳しい状況ながらイサキ交じりで、同店ならではの美型のマダイが釣れた。 澄み潮で食い渋りなら、感度を優先しオモリ負荷2号前後のチヌウキを。 釣り座から必要以上に影を海面に映し出さないように、数歩下がった場所からサオを出そう。 練りエサへの反応が悪くなったら、エビやエビのむき身でローテーションを。 当たりエサを軸に、飽きられるのを防ぐ。 食紅(黄色や赤、青)でむき身に着色するのも一手。 サンマやイカの切り身など重めの付けエサを使う時は、オモリ負荷3号の棒ウキを使う。 マダイやシマアジを専門にしたオキアミ、練りエサのみの付けエサなら1・5~2号のチヌ用棒ウキ。 風が強い時は海面下にウキを漂わせられるように1~1・5号のメジナやクロダイ用の高感度のドングリウキが効果的。 同店恒例の青物放流タイムは、5キロ前後のカンパチやブリ、シマアジが追加放流される。 この際、事前に泳がせ仕掛けをセットしエサのアジをスタンバイしておこう。 仕掛けは活きアジの回遊幅をコントロールするためにもオモリ8号以上を使う。 これ以下だとアジがイケスの網をくぐり根掛かりしたり、ほかの人とオマツリしやすい。 活性が上がり1尾また1尾と青物が取り込まれていくと、やがて活性が落ちてくる。 エサ釣りに戻す人が多くなるが、仲間内で釣りをしている時は、1人は泳がせで狙っていたい。 継続的に活きエサを泳がせておくと、掛かった時にイケス内の青物の活性を高められることがある。 また、太めの青イソメの房掛けも思わぬ好釣果を上げられることがある。 付けエサのローテーションとそれに合わせたウキの選択。

次の

海上つり堀まるや

沼津 まるや

魅惑の海上釣り堀へ【静岡沼津足保/海上つり堀まるや】 仲間で行って釣り方も工夫すれば、釣果も楽しさも倍増! 9月に静岡沼津足保の海上つり堀まるやへ出かけたが釣るためのコツを紹介しよう。 放流タイム前は魚の活性を見るためにマダイを狙うといい。 風の弱い時間は、エサをくわえる「前アタリ」を明確にとらえるために棒ウキ仕掛けを使おう。 エサは真鯛スペシャルで、よく練り込み2個をハリに付ける。 前日まで水温低下で潮が澄んでおり活性は低め。 こんな時、ハリはマダイ8号、チヌ1号まで落とし、ハリス4号前後を選ぶ。 食い渋る厳しい状況ながらイサキ交じりで、同店ならではの美型のマダイが釣れた。 澄み潮で食い渋りなら、感度を優先しオモリ負荷2号前後のチヌウキを。 釣り座から必要以上に影を海面に映し出さないように、数歩下がった場所からサオを出そう。 練りエサへの反応が悪くなったら、エビやエビのむき身でローテーションを。 当たりエサを軸に、飽きられるのを防ぐ。 食紅(黄色や赤、青)でむき身に着色するのも一手。 サンマやイカの切り身など重めの付けエサを使う時は、オモリ負荷3号の棒ウキを使う。 マダイやシマアジを専門にしたオキアミ、練りエサのみの付けエサなら1・5~2号のチヌ用棒ウキ。 風が強い時は海面下にウキを漂わせられるように1~1・5号のメジナやクロダイ用の高感度のドングリウキが効果的。 同店恒例の青物放流タイムは、5キロ前後のカンパチやブリ、シマアジが追加放流される。 この際、事前に泳がせ仕掛けをセットしエサのアジをスタンバイしておこう。 仕掛けは活きアジの回遊幅をコントロールするためにもオモリ8号以上を使う。 これ以下だとアジがイケスの網をくぐり根掛かりしたり、ほかの人とオマツリしやすい。 活性が上がり1尾また1尾と青物が取り込まれていくと、やがて活性が落ちてくる。 エサ釣りに戻す人が多くなるが、仲間内で釣りをしている時は、1人は泳がせで狙っていたい。 継続的に活きエサを泳がせておくと、掛かった時にイケス内の青物の活性を高められることがある。 また、太めの青イソメの房掛けも思わぬ好釣果を上げられることがある。 付けエサのローテーションとそれに合わせたウキの選択。

次の

大人気の海上釣り堀でアジ・マダイ・シマアジ!【沼津/まるや】

沼津 まるや

魅惑の海上釣り堀へ【静岡沼津足保/海上つり堀まるや】 仲間で行って釣り方も工夫すれば、釣果も楽しさも倍増! 9月に静岡沼津足保の海上つり堀まるやへ出かけたが釣るためのコツを紹介しよう。 放流タイム前は魚の活性を見るためにマダイを狙うといい。 風の弱い時間は、エサをくわえる「前アタリ」を明確にとらえるために棒ウキ仕掛けを使おう。 エサは真鯛スペシャルで、よく練り込み2個をハリに付ける。 前日まで水温低下で潮が澄んでおり活性は低め。 こんな時、ハリはマダイ8号、チヌ1号まで落とし、ハリス4号前後を選ぶ。 食い渋る厳しい状況ながらイサキ交じりで、同店ならではの美型のマダイが釣れた。 澄み潮で食い渋りなら、感度を優先しオモリ負荷2号前後のチヌウキを。 釣り座から必要以上に影を海面に映し出さないように、数歩下がった場所からサオを出そう。 練りエサへの反応が悪くなったら、エビやエビのむき身でローテーションを。 当たりエサを軸に、飽きられるのを防ぐ。 食紅(黄色や赤、青)でむき身に着色するのも一手。 サンマやイカの切り身など重めの付けエサを使う時は、オモリ負荷3号の棒ウキを使う。 マダイやシマアジを専門にしたオキアミ、練りエサのみの付けエサなら1・5~2号のチヌ用棒ウキ。 風が強い時は海面下にウキを漂わせられるように1~1・5号のメジナやクロダイ用の高感度のドングリウキが効果的。 同店恒例の青物放流タイムは、5キロ前後のカンパチやブリ、シマアジが追加放流される。 この際、事前に泳がせ仕掛けをセットしエサのアジをスタンバイしておこう。 仕掛けは活きアジの回遊幅をコントロールするためにもオモリ8号以上を使う。 これ以下だとアジがイケスの網をくぐり根掛かりしたり、ほかの人とオマツリしやすい。 活性が上がり1尾また1尾と青物が取り込まれていくと、やがて活性が落ちてくる。 エサ釣りに戻す人が多くなるが、仲間内で釣りをしている時は、1人は泳がせで狙っていたい。 継続的に活きエサを泳がせておくと、掛かった時にイケス内の青物の活性を高められることがある。 また、太めの青イソメの房掛けも思わぬ好釣果を上げられることがある。 付けエサのローテーションとそれに合わせたウキの選択。

次の