マルチ ブランド 構築。 ブランディングデザインがブランド構築に有用な理由 :: 株式会社イノーバ

マルチブランドとは?〜難しいけど成功すればメリットの大きい戦略〜│BizLabo

マルチ ブランド 構築

同社は、さかのぼること2008年にブローバを、その後、2012年にプロサーホールディング、そして2016年にはフレデリック・コンスタントを傘下に収め、現在、一大グループを構築している。 「ちょうどその頃は、ETA2010年問題(スウォッチ グループが、傘下に置くETA製のエボーシュを2010年に供給停止・削減するとアナウンスしたもので、その後、この期限は2020年の1月1日に延期されている)があり、その時期から私たちはブランドを獲得していこうという動きになりました。 ですが、この問題によって、ブランドの再グループ化が加速すると考え、シチズンとしてもマルチブランド戦略の具現化を急がなくてはならないと考えたわけです」 まずはムーブメントの製造会社のラ・ジュー・ペレを擁するプロサーホールディングスを獲得し、スイスムーブメントの供給が可能となったが、それと同時に高価格帯に位置付けられるアーノルド&サンも迎え入れることができた。 その後は、フレデリック・コンスタントを迎え入れ、高価格帯から中価格帯までのブランドポートフォリオを揃えることができた。 日本のようにいろいろなブランドをキープしていくような流通ではありませんから、必然的にシチズンやブローバは高価格帯の流通に乗せられない。 つまり、国外での販売網を拡大していくためにも、高価格帯のブランドを抱える必要があったのです。 フレデリック・コンスタントの獲得に踏み切ったのには、弊社のシナジーが出せる価格帯のブランドだという判断もありました」 もちろん、シチズンブランド自体を高価格帯にシフトすることもできたはずだし、実際、同ブランドには高額な商品もラインナップしている。 しかしながら、そこを推し進めなかった理由は何だろうか? 「やはり、シチズンは中価格帯のブランドなんですよ。 ブランドはターゲットを広げてしまったらダメだと思うのです。 ターゲットにきちんと突き刺さるような価格帯であり商品でなくてはいけない。 シチズンも、国内では20万円前後のモデルは売れていますが、アメリカではかなり厳しくなってくる。 こうした状況を踏まえ、1ブランドですべてのレンジをカバーするのは無理だろうと判断しました。 シチズンはエコ・ドライブという技術を前面に出しながらしっかりと中価格帯を維持し、高価格帯は違うブランドで展開するのが自然な形だと考えたのです」.

次の

化粧品製造販売業様 マルチブランド・マルチチャネル対応ECサイト構築事例

マルチ ブランド 構築

brand-building• 顧客の求める価値を提供できるブランドを、企業が一定の方針の下、戦略的に育成していく取り組みのこと。 企業側は、ブランドにより一定以上の品質やサービス、すなわち価値を約束し、顧客は、それを得るためにブランドに対して対価を支払う。 ブランド構築を考える際には、まず、ブランドの階層を押さえておくと良い。 ブランドには、「トヨタ」「ソニー」などの企業名がブランドとなるコーポレート・ブランド、「植物物語」「ビオレ」などいくつかの製品カテゴリーを1つのブランドの下に展開するファミリー・ブランド、「アタック」「霧ヶ峰」など個別製品をブランド化する製品ブランドなど、いくつかの階層がある。 ブランド体系には様々な形があるが、新しい製品やサービスに用いるブランドを決める際の代表的なアプローチには以下のものがある。 ・マスター・ブランド戦略: コーポレート・ブランド(アンブレラ・ブランド)の下に複数の事業や製品のカテゴリーを展開していく戦略。 1つのブランドに資源を集中投下でき、効率面でのメリットがある一方、1つのブランドに依存することによるリスク、成長の限界などのデメリットもある。 ・マルチ・ブランド戦略(個別ブランド戦略): 多数ブランドをポートフォリオに持つ戦略。 同一カテゴリーで複数ブランドを展開することによる市場シェアの獲得、ブランド間のリスク分散による安定性といったメリットがある一方、資源の分散投資により非効率になる面もある。 ・その他の戦略: 両者の折衷的なものとして、マスター・ブランドに個別ブランドを組み合わせる戦略もある。 マスター・ブランドの保証の下、個別ブランドの特徴もアピールできるが、ブランド体系が複雑になるため、管理が難しくなり、一貫性が保てなくなる恐れがある。 企業側が戦略的にブランドを構築することが重要であるが、最終的なブランドは顧客の頭の中に構築される。 従って、ブランド戦略を策定したら、それを正確に顧客の頭の中に構築する手法を決定しなければならない。 具体的には、広告、パブリシティ、ホームページ、イベント、製品、社員や店員との対話、他のユーザーの評価などの手法が考えられる。 「またブランドの構築は、ブランド・ビルディングとも言う」.

次の

ブランド戦略③(ブランドの構築と展開) その3

マルチ ブランド 構築

は、ブランド評価と自分軸というテーマで話をした。 今回は、ブランド構築・展開と自分軸というテーマでお話しする(再掲下図参照)。 その3個と自分軸の関係を示したのが、下図である。 いつものとおりだが、念のために書いておく。 大前提として、自分軸を考える• 全く埋まらない欄があれば、ブランディング活動が行われていないということのなので、方針を決め、行動計画を立てる• 埋めることはできたが不満足な欄があれば、同様に方針を決め、行動計画を立てる• 会社全体をブランドとするのか、事業別なのか、製品カテゴリ別なのか、それとも製品別なのかということである。 具体例は、上図の表内にあるので参照されたい。 自分軸も対象階層で作成する。 会社全体の自分軸を「会社軸」、事業の自分軸を「事業軸」、製品カテゴリまたは製品の自分軸を「商品軸」などと呼ぶこともある(企業に提案する際に「自分軸」では伝わりづらい傾向があるため)。 名前は違っても、「誰に・何を・なぜ」提供しているのかを言語化するということについては変わらない。 対象が変わっても同じ方法論が使えるのが「自分軸」の利点である。 コーポレート・ブランドの下に複数の事業・製品等を展開するのか、社内に複数のブランドを持つのかということである。 ブランド階層と紛らわしいが、前項は対象とするブランドがどの階層のものなのかを意識するということであり、この項では、会社に存在するブランドは1つなのか複数なのかという話である。 マスター・ブランド戦略の代表例はナイキであろう。 同社ではシューズ、ウェア、アクセサリ類すべてをナイキ・ブランドで統一している。 この戦略のメリットは、マーケティング資源(人・モノ・金・情報など)を集中投下できるため効率的であること。 逆にデメリットは1つのブランドに依存ことによりリスクや成長限界があるということ。 マルチ・ブランド戦略の代表例はネスレであろう。 「Good Food, Good Life」という企業スローガンは統一しつつも、「ネスカフェ」や「キットカット」など多数のブランドを展開している。 ネスレのHPを見たら、「えっ? これってネスレ製品なの?」と思うような商品が見つかる人が多いのではないだろうか。 この戦略のメリットは、同一カテゴリで複数ブランドを展開することでシェアが取れることと、リスク分散することで売上の安定性を享受できること。 逆にデメリットは、マーケティング資源に分散による非効率だ。 つまり、マスター・ブランド戦略とマルチ・ブランド戦略のメリット・デメリットは表裏一体になっているということである。 そこで、出てくるのが折衷案だ。 サブ・ブランド戦略と呼ばれるもので、マスター・ブランドと個別ブランドを組み合わせる。 「アサヒ・スーパードライ」や「Yahoo! BB」などが代表例だ。 マスター・ブランドのお墨付きで個別ブランドの特徴をアピールすることができる(つまり効率的)が、ブランド体系が複雑になるため管理が難しく、一貫性が保てなくおそれもある。 小規模な企業はマスター・ブランド戦略、大企業はマルチ・ブランド戦略またはサブ・ブランド戦略という傾向がありそうだが、基本的には企業のステージや市場の特性などを考慮して、ケース・バイ・ケースで決めていくべきものである。 私がコンサルティングしている小規模な製造業では、製品カテゴリが2種類しかないのにも関わらずサブ・ブランド戦略を展開している。 そうするのが、会社の歴史と市場特性に一番ふさわしいからなのだ。 ただし、拡張の是非については慎重に考えなければならない。 ブランド拡張で失敗すると、せっかく築き上げてきたブランドの価値に傷がつくからだ。 ブランド拡張の是非は、下記のポイントで検討する。 そのブランドは、新製品(カテゴリ)にも効果的で、マイナス面はないか• その新製品(カテゴリ)は、そのブランドを補強するか、マイナス面はないか• そのブランド拡張により、他の製品カテゴリへのブランド拡張機会を阻害しないか ブランドについても「ブランド軸」を作る必要があるようだ。 上記のようなことは、ブランド軸と相談して決めなければならない。 ブランド拡張のパターンは7種類ある。 上図の表に具体的なパターンを挙げている。 それぞれ具体例を挙げよう(表中の丸数字は機種依存文字につき本文中ではカッコ数字にした)。 1 「形態の拡張」は、袋麺からカップ麺への拡張のようなことである。 2 「独自の風味・原料・成分を利用」は、カルプス・ゼリーやエビアンの化粧水などが分かりやすい例である。 3 「使用シーン、カテゴリを軸とした拡張」は、たとえばゴルフウェアのメーカーが、ゴルフクラブやゴルフシューズに拡張するというようなことである。 4 「同一顧客への拡張」は、銀行のクレジット・カードや自動車ディーラーの保険販売などが当てはまる。 5 「専門技術・知識を転用」は、ホンダが芝刈り機を製造販売するようなこと。 6 「便益・属性・特徴を活用」は、スポーツジムがスポーツドリンクやサプリメントを販売するようなこと。 7 「人名などのイメージから拡張」は、飲食店などに多い。 周富徳の店などが分かりやすい例だろう。 人名そのものでなく、特定の人物を彷彿とさせる例もある。 それは、大勝軒だ。 大勝軒はフランチャイズではなく、店によって味の違いもあるが、創業者の山岸一雄氏の教えを守るラーメン職人の店だというブランディングがなされている。 上記7項目は、あくまでブランド拡張の方向性のパターンである。 ブランド拡張の検討の際には役に立つが、ブランド拡張をするかどうか自体が重要な検討項目であることを忘れず、慎重に検討して欲しい。 なお、以上の項目は「自分軸」を考える際に、いくつも考慮されているはずだ。 なので、「自分軸」(企業軸、事業軸、商品軸など)をよく見れば、ブランド拡張のヒントが出てくるはずだ。 は、「育成」と自分軸の関係について書く。

次の