二重 評判。 東京中央美容外科「埋没二重の整形」口コミやメリット、デメリットまとめ!カウンセリングの様子も公開♡

共立美容外科「埋没二重術」の口コミ・評判まとめ♡メリット・デメリットも徹底紹介!

二重 評判

名医がいると評判の二重整形クリニックを厳選 切らない、痛くない、そして仕上がりの精度も高い二重整形の施術が可能になっている現在。 とはいっても、どのくらい綺麗なまぶたになるか、やはり 医者のテクニックや蓄積された経験で変わってきます。 こちらのサイトで取り上げているのは、名医がいると評判の二重整形クリニック。 まずは、その中でも特に口コミ評価が高い5院をセレクトして、施術の特長や費用、口コミなどを比べてみました。 各クリニックの名医のプロフィールも紹介していますので、こちらも要チェックですよ。 と、その前にクリニック選びで見るべきポイント 二重の整形を施術している美容外科はたくさんあり、費用もピンキリ、評判を調べると良い口コミも悪い口コミも見受けられるので、選ぶ基準が難しいですよね。 良いクリニックに出会うために、チェックすべきポイントは3つあります。 医者の経験と技術 医者の技術力が低いと術後の腫れが強くなる可能性があります。• クリニックの特徴 口コミや公式HPの情報公開をチェックするのも手です。 医者がたくさん在籍しているクリニックは、ウェブ上で評判の良い医者に施術してもらえない可能性もあるため注意が必要です。• カウンセリング方法 自分の希望をしっかり聞いてくれた上で、その希望が叶えられるか良い事も悪い事も伝えてくれるか確認しましょう。 営利目的の美容外科が世の中にはたくさんあり、カウンセラーにノルマが課せられているところもあります。 自分にその施術が本当にあっているか、冷静に考えましょう。 真崎 信行 】 美容外科歴25年以上、日本美容外科学会の学会長歴もあるドクター。 眼瞼下垂や脂肪吸引においては自ら「痛くない」「腫れない」治療法を考案し、海外での学会発表、海外メディアへの出演なども行う。 世界の名医の一人に選ばれるなど、国内外から高い評価を獲得している。 【 真崎式埋没法 】 Dr. 真崎が考案した、 切らない、腫れない、痛みのない二重整形の施術法。 まぶたを開けているときだけ持ち上げる挙筋法(きょきんほう)をベースにしていて、 美しく、自然に近い見栄えの二重まぶたに仕上げることができる。 時間が経っても戻りにくいのも特徴。 「トライアルシステム」というサポートを取り入れており、万が一仕上がりが気に入らなければ、 手術費を返済のうえで元の状態に戻してもらえる。 傷跡やダウンタイムの不安もなく、治療の翌日からメイクができたという口コミも多く見られる。 施術の評判を聞いて、海外から受けにくるケースも多数とのこと。 クリニックの特徴 切らない二重整形を考案したDr. 真崎の施術を受けられる。 施術の評判を聞いて、著名人や海外の患者から施術を依頼されたケースも多数。 画像を送ればネットでの無料カウンセリングも受けられる。 公式サイトURL 真崎医院で二重整形した人たちの口コミ集 先生の丁寧な治療のおかげで、アイプチなしじゃ外に出れない重たい目がキレイな二重になって感激です。 (19歳女性) スタッフの方の丁寧な対応が安心感を与えてくれます。 他のお客さんに会う事のないよう完璧な配慮があったり、手術後の状態に気を配ってくれたりとパーフェクトな治療を受けることができました。 (25歳男性) 二重整形が切らなくてもできる、と噂の真崎医院で治療をしていただきました。 整形というと痛いイメージがあったのですが、痛みが少なく術後はすぐにまぶたが上がってビックリ。 (50歳女性) 手術直後なのに、以前他院で受けた時の2ヶ月後くらいの落ち着き方でびっくりしました。 先生の信念ある治療と間違いない術後の仕上がりに大満足でした。 福田 慶三 】 日本形成外科学会、日本美容外科学会の専門医を取得するドクター。 アメリカで世界的に有名な形成外科医のもと、コンピューターシミュレーションを用いた全顔整形の補佐を2年間手がける。 帰国後、大手美容外科での勤務を経てヴェリテクリニック銀座院院長に就任。 【 全切開法 】 皮膚が厚い場合もキレイな二重にできる切開手術が評判。 カウンセリングでは、まぶたの厚みから眉毛の高さまでを考慮して、最も美しく見えるデザインを提案してくれる。 治療法は皮膚切除あり、なし、脂肪切除の3種類から選ぶことができ、高度な施術を受けられる。 クリニックの特徴 日本形成外科学会専門医であるDr. 福田の施術が受けられる。 アメリカで行われている美容医療を学ぶなど、最新の治療を実践している。 最先端のシミュレーション画像、完全個室によるカウンセリングも好評。 公式サイトURL ヴェリテクリニックで二重整形した人たちの口コミ集 福田先生の腕前は評判どおり。 憧れの優しいたれ目を手に入れることができました。 (20代女性) 施術後は目元に深みが出て、別人のように若返りました。 憧れのちょい悪おやじを実践中です。 (60代男性) 希望通りの目になるように何回も頭の中でイメージすることができたので、治療は不安もなく落ち着いて受けることができました。 飯田 秀雄 】 患者の声や要望にこまめに耳を傾け、学び向上することをモットーにしている東京院の院長。 美容外科で15年の経験があり、特に目の整形手術には定評がある。 【 SMK(スクエア・マルチプル・ノット)埋没法 】 3点、あるいは6点でまぶたを固定する二重手術。 片方5分ずつで終わるスピーディな施術ながら、二重の定着率は99%(6点固定の場合)と効果は高い。 通常は切開が必要な幅広の二重にも対応している。 クリニックの特徴 サーマクール認定医などの数々の資格を取得する飯田医師の治療を受けられる。 高度な医療技術をベースにした独自の施術方法を実践している。 公式サイトURL リッツ美容外科で二重整形した人たちの口コミ集 数日のあいだ腫れが残ったものの、落ち着いたら理想通りのラインになっていて良かったです。 (20歳女性) 先生や看護婦さんの対応がとても丁寧で、全力を尽くしてくれていると感じました。 (40歳女性) クリニック内で他の患者さんと顔を合わせないよう気遣ってくれるのがありがたいです。 伊藤 康平 】 聖心美容外科・東京院の院長を務めるドクター。 日本美容外科学会専門医、レスチレン認定医などの数々の資格を取得している。 海外での学会活動や美容雑誌・メディア出演も精力的に行っている。 【 マイクロメソッド埋没法 】 ミニ切開、全切開、目頭切開、目尻切開の4つの手法で行うデザイン自由度の高い切開手術が好評。 優しい印象のナチュラル二重から、西洋人顔のくっきり型まで、なりたい二重のイメージに合わせて施術を行ってもらえる。 クリニックの特徴 日本美容外科学会専門医・Dr. 伊藤の治療が受けられる。 似合わないものは似合わないとハッキリ伝える親身なカウンセリングが好評。 公式サイトURL 聖心美容外科で二重整形した人たちの口コミ集 先生のデザインセンスのおかげで、誰にも気付かれることなく程よく二重に変化することができました。 (42歳女性) カウンセリングでゆっくり丁寧に話してくれて分かりやすかったです。 (20歳女性) 腫れはかなりひどかったですが、眼鏡をかければあまり目立たず、二重のラインも思った通りになりとても嬉しいです。 岩田 浩嗣 】 日本形成外科学会専門医であり、20年以上の実績を誇るベテランドクター。 アイデザイナー、美容皮膚科、物資内科が一丸となって治療を行う目元専門医院・アイビューティークリニックの院長をつとめる。 【 ナチュラルアイビュー 】 二重埋没法と一緒に美容皮膚科での目元のスキンケア治療が受けられる。 事前に目元のむくみやたるみをケアしておくことで、数年後もバランスの良い二重をキープすることが可能。 クリニックの特徴 日本形成外科学会専門医・Dr. 岩田が院長をつとめる目元専門の美容クリニック。 医師、アイデザイナー、美容皮膚科が一丸となった目元のトータルケアを受けられる。 公式サイトURL アイビューティークリニックで二重整形した人たちの口コミ集 他院のプチ整形が取れてしまいこちらに通ったところ、理想の形の二重になることができました。 (20代女性) 手術日は緊張していたのですが、先生が笑わせてくれたり、スタッフの方が気配りしてくれて緊張がほぐれました。 痛みが少ない手術で、口コミや評判通りのクリニックでした。 (30代女性) モデルのようなはっきりした二重にしようと思っていたのですが、先生にオススメされた幅が狭い二重にすることにしました。 友達に「自然でいい感じだよ」と言われ、素直に聞いて良かったです。 (20代女性) 安心&確実な二重整形なら「真崎医院」がおすすめ 二重整形の名医がいるクリニックの中で、当サイトがいちおしするのは代官山にある「真崎医院」です。 体験者の口コミを見てみると…。 アイプチなしじゃ外に出れないほどの重たい目がキレイな二重になって感激!• 手術直後なのに他院で受けた時の2ヶ月後くらいの仕上がりの安定感でした。 術後の腫れの少なさにビックリ。 痛みもほとんどなくて安心できた。 二重整形を検討している人にとっては、二重にしたらどんな表情になるのかも気になるところ。 豊富な画像を閲覧すれば、施術後の状態を具体的にイメージできます。 治療前、治療中、治療直後…とリアルな写真を公開しているクリニックはなかなかないですよね。 治療直後の写真を見ても、技術の高さが感じられます。 仕上がりの評判を聞いて、著名人や海外の人から施術を依頼されるケースも多いとのことです。 人気の施術!埋没法とは? 施術中や施術後の痛み・腫れが少なく、メイクをするように短時間で二重になれる施術です。 低料金で目の印象を気軽に変えられる『埋没法』は、美容整形のなかでも最もポピュラーな二重整形手術です。 髪より細い特殊な糸を使用し、二重のラインに沿って数か所留めるだけの簡単な施術で、両目を合わせて10分程度で終了します。 麻酔をするため施術中の痛みも少なく、当日から洗顔やシャワーをすることも可能です。 縫い留めているだけなので、万が一のやり直しや、元に戻す施術も簡単におこなえます。 埋没が向いているのはこんな人!• メスを入れずに二重にしたい方 まぶたを切開せずに、糸の力で二重にする埋没法。 メスを入れないため術後の腫れや痛みも少ないことが利点です。• 元の目に戻す可能性がある方 糸で縫い留める施術法の埋没法は、糸を外せば元の形に戻すことができます。 切開法は元の形に戻すことができないため、ちょっと試してみたいという方の場合は埋没法がおすすめです。• ダウンタイムをなるべく短くしたい方 切開法は術後の腫れが1週間程度続きますが、埋没法はほとんど腫れず、腫れたとしても1~2日程度でおさまります。 そのため、ちょっとした連休を使って、仕事などに支障をきたさない施術が可能です。 予算や当日の過ごし方、施術方法の詳しい内容など、疑問に思うことや不安に感じることは何でも相談しましょう。 笑気麻酔をほどこすクリニックもあります。 メスを使用せずに医療用の特殊な細い糸で留めるため、施術はおよそ20~30分で終了します。 術後の過ごし方などを確認し、医師の指示に従いましょう。 ぶっちゃけ ダウンタイムはどのくらい? 多くの美容クリニックHP等で、二重まぶた埋没法のダウンタイムは「2日~1週間」程度と記載されています。 術後や翌日は腫れや糸で留めた箇所が目立つ場合が多く、施術当日の帰宅時などはサングラスなどを持参しておくことがおすすめです。 2~3日も経てばアイメイクをすることができますので、多少の腫れや糸で留めた箇所などをある程度ごまかすことが可能です。 しかし、元の顔を良く知る方から見えれば、まぶたの変化などがすぐにわかってしまうことも。 腫れが完全に引き、予定していたイメージの二重まぶたになるにはだいたい2~3ヶ月かかる場合が多いです。 どうしても整形したことが周りにばれるのが嫌だ!という方は、腫れがある程度落ち着く最低でも1週間程度は休みを取る方が無難です。 腫れにくくするためには? 埋没法の施術後は多少の腫れが生じますが、人によっては腫れが長引くことがあります。 ダウンタイムが長く取れないなど、早く腫れを引かせたい場合はちょっとした工夫が必要です。 まず、施術前はアイプチやアイテープの使用を控え、まぶたに炎症を起こさないようにしましょう。 そしてできる限りまぶたに負担をかけない施術にするためにも、無理のない自然な二重幅を希望することが大切です。 施術中は目をギュッとつぶるなどして力を入れないようにすると、内出血や腫れが起こりにくくなります。 できるだけリラックスした状態で、目に力を入れないようにしましょう。 施術後は熱いお湯での入浴や激しい運動、アルコールなどの摂取を控えておきましょう。 保冷剤をタオルやガーゼでくるみ、患部を冷やすことも効果的です。 費用の相場 二重まぶた埋没法の費用相場は、だいたい5万円~13万円ほど。 平均すると8万円程度です。 何点留めにするか、麻酔はどうするかの施術方法や、保証期間はどうするかなどのアフターケアの内容によって、価格が大きく異なってきます。 価格が安いところは一点留めのみであったり、麻酔などのオプション料金が発生したりする場合もあります。 カウンセリングなどで料金体系をしっかりと確認し、納得したうえで施術を受けるようにしましょう。 糸はとれてしまうの? 埋没法は糸でまぶたを留める施術法のため、時間が経つにつれて糸の緩みが生じたり、取れてしまったりすることは避けられません。 まぶたの皮膚は人体のなかでもかなり薄い箇所のため、まばたきをしたりメイクや洗顔をしたりという日常生活の行動でどうしても糸にダメージが生じてしまいます。 二重が取れてしまう前には、「二重の線がぼやけてくる」、「二重の幅が狭くなる」などの前兆が起こる場合があります。 だいたい数年は二重が持続しますが、糸が取れてしまう前兆を感じたら取れると思った方がいいです。 手術後に糸が取れてしまった場合は修正をしてくれるクリニックもありますが、同じリスクを背負わないためにもさらに腕の良い医者に修正してもらう「他院修正」も検討したほうがいいでしょう。 埋没法のメリット・デメリット メスを使わない施術のため、施術時間が短く施術中の痛みや術後の腫れなどが少なく、患者の負担が軽いことがメリットです。 周囲に気付かれにくい、美容整形のなかでは安価に施術が受けられる、ということも大きな利点だと言えます。 デメリットは切開法と比べ永久的な施術方法ではないため、数年で二重まぶたの効果が消失します。 人によっては長く二重が持続しますが、幅が狭くなったり線がぼやけたりと、ピーク時の美しさを保持することが難しいです。 また、糸についた色が透けて見えたり、施術箇所から菌が入って炎症を起こしたりというトラブルが生じることがあります。 クリニックに行く前に知識をつけよう! 二重まぶた埋没法は美容界では手軽な施術のため、商業目的化されているケースがほとんどです。 そのため、予備知識を持ってクリニックを選ばなければ、必要のない手術を勧められてしまうことがあります。 例えば、まぶたの脂肪除去手術を同時に勧められるケースが挙げられます。 まぶたの脂肪を除去すると腫れぼったい印象が解消される、というイメージを利用しているパターンです。 一般的には埋没法だけで十分に変化を感じられますし、まぶたの腫れぼったさは皮膚や皮下組織の厚みが原因であることが多いため、脂肪除去にはあまり意味がないことがあります。 また、「特別な針」や「特別な糸」を利用するため価格が上がる、というケースにも注意が必要です。 一般的な埋没法に利用する針や糸などは通常で十分細く丈夫なため、効果を持続させるという目的などでない場合は特殊なものは必要ありません。 このように、商売目的で不要な施術やオプションをつけられることのないよう、クリニック選びは慎重におこないましょう。 あなたのなりたい目を明確にしていきましょう。 末広な二重 日本人に似合いやすい二重です。 自然で綺麗な二重なので、どなたにも好かれやすい目元になります。• ナチュラルな奥二重 一重まぶたよりも全体的に目が大きく、丸く見えます。 印象を大きく変えたくないという人におすすめです。• 平行二重(幅広・幅狭) 平行二重はくっきりした二重が特徴的です。 幅広はハーフのような印象のはっきりした二重で、濃いめのアイメイクなどを好む人に向いています。 幅狭は大人っぽく穏やかな印象の二重になります。• とにかく大きい目 黒目が90~100%見えている目の形は、お人形のようにクリっとした目が特徴です。 埋没法だけでは作りにくい場合、別の手術も要するパターンもあります。 自然で綺麗に見える二重ラインの決め方 二重のラインは、その人の黒目の大きさに合わせて決めると自然になります。 黒目に対してだいたい20~30%以下の太さでラインを取ると綺麗に見えます。 何点止めがベスト? 二重まぶた埋没法について調べていると、一点留め、二点留めなどの糸を留める数を目にすることがあるかと思います。 安価なものでは一点留めの施術が多いため、「点数が多いほど施術のグレードが高い」という錯覚を起こしそうになりますが、たくさん留めるほど綺麗な二重が出るというのは大きな間違いです。 埋没法は抜糸しない限り糸がまぶたのなかに残ったままになるため、留める数が多いほど違和感や炎症などのトラブルが起こる確率が高くなります。 希望の二重ラインによっては三点留めが必要となる場合がありますが、たいていの場合は二点留めで十分理想の二重ラインが作れます。 のちのちのことを考えると、あまり留める数が多数にならない方がよいでしょう。 埋没?切開?施術別特徴をまとめました!• 埋没法 メスを使わず、糸でまぶたを縫い留める施術法です。 術中や術後の痛みが少なく、大きな腫れも数日程度でおさまります。 費用も安価であるため、他の施術よりも気軽に受けられます。 術後2~3日後にはアイメイクも可能になるため、ちょっとした連休などを利用してダウンタイムを過ごすことができます。 半永久的に効果が続く切開法とは異なり、数年程度で効果が消えてしまうというデメリットがあります。 何度も受け直したりするのが嫌な場合や、まぶたの厚みなどで埋没法が向かない場合など、切開法を選択した方がいいケースも。• 部分切開法 まぶたの厚さなどが原因で、埋没法では希望通りの二重にならない場合、部分切開法を使用します。 局所麻酔をほどこし、まぶたの表面に1~2cmほどメスを入れ、まぶたの厚みなどを整えて縫合します。 吸収されるタイプの糸を使用していない場合は、1週間後くらいに抜糸処理をおこないます。• 全切開法 まぶたが厚く腫れぼったい、太い幅の二重ラインを作りたいなどの場合は、全切開法を使用します。 希望の二重ラインに沿ってメスを入れ、内部の組織や筋を切り、眼窩脂肪を除去する処理をしたのち、縫合します。 希望する二重のラインにあわせてメスで施術するため、くっきりとした理想の二重になります。 また、まぶたの腫れぼったさも解消されるため、目元全体の印象を大きく変えることが可能です。 部分切開と同じく、1週間後くらいに抜糸処理をおこないます。 当サイトに掲載している情報は、すべて管理人が独自に調査したものです。 二重整形のクリニックに相談するときには、公式サイトで必ず最新のデータを確認してください。

次の

【名古屋】二重整形でおすすめのクリニック7選!安くて評判のいいところは?

二重 評判

韓国の「id美容外科」の分院となるid美容クリニック。 日本にいながら、 韓国で人気のある美容施術を受けることができます。 二重整形に関しては、通常の埋没法よりも二重がもとに戻りにくい、「セブンロック埋没法」を行っています。 クリニック一覧• 銀座院 セブンロック埋没法の内容• セブンロック埋没法 上眼瞼挙筋と皮膚を7点留めで癒着させ、固定するのが特徴の埋没法。 通常の埋没法だと、あくまで糸で留める施術のため、年月が経つことで糸が取れてしまい、二重が戻ってしまう可能性がありますが、セブンロック埋没法だと、上眼瞼挙筋と皮膚を7点留めで癒着させるため、より二重が戻りにくく、自然な二重を保つことができます。 カウンセリングの充実度• 事前に問診票でアレルギーや病歴などを確認• 先生が適切な治療法をわかりやすく説明• 施術後のアフターケアでも美容整形に関するカウンセリングが可能 全国的に広く展開している湘南美容外科は、二重まぶたの治療に関しても多数のメニューを取り揃えており、要望や個人差によって使い分けています。 クリニック一覧• 北海道から沖縄まで、全国に66院を展開 埋没法2点留めの内容• 湘南二重術 クリニック名を冠する代表的メニュー。 丈夫な糸を使った2点留め形式の埋没法です。 極力痛みを感じさせない工夫が嬉しい施術法となっています。 カウンセリングの充実度• WEBと対面の両面でカウンセリングを実施• 症例豊富なドクターが的確なアドバイスをしてくれる• その人の生活習慣などからじっくりヒアリング 日本の美容外科治療の先駆者ともいえる高須クリニックでも、二重まぶたの埋没法として2点留めの施術をメインで行っています。 クリニック一覧• 東京院、横浜院、名古屋院、栄院、大阪院(2017年8月現在) 埋没法2点留めの内容• 二重まぶた埋没法 高須クリニック独自の術式により、特殊な技術を使用した取れにくいとされる埋没法を行っています。 埋没法は一般的に留める箇所によって「1点留め」「2点留め」と呼ばれますが、高須式は点ではなく線で固定する為「二針固定」とされています。 高須クリニックオリジナルの埋没法で、高い保持力が期待できるそうです。 カウンセリングの充実度• 経験豊富なドクターがカウンセリングしてくれる• 希望を聞きながらその場でシミュレーションする 埋没法の施術法を複数用意している大塚美容形成外科ですが、特にナチュラル埋没法が人気とのこと。 1点留めタイプのイージースクエア埋没法という方法も用意されています。 クリニック一覧• 大塚本院、札幌院、大宮院、横浜院、金沢院、京都院(2017年8月現在) 埋没法2点留めの内容• ナチュラル埋没法 2点留めと3点留めの2種類があるナチュラル埋没法が人気。 大塚美容形成外科の数ある埋没法施術の中でも最も標準的でありながら、圧倒的な支持率を誇ります。 平行型、末広型どちらの二重にも適しているとされ、より自然な仕上がりが期待できるようです。 2年間の保証付きで、傷口が目立たないよう特殊に加工された針を使用しているのも他との違いと言えるでしょう。 カウンセリングの充実度• 徹底的な話し合いをモットーにしている• 希望の二重があったとしてもカウンセリングのなかで新しい二重の提案も• 何度もシミュレーションしてくれる リッツ美容外科は埋没法の実績が多数あり、6点留めにおいては2,000例を超える症例を持っています。 クリニック一覧• 東京院、大阪院(2017年8月現在) 埋没法2点留めの内容• SMK法 埋没法には個人差や施術する医師の技術によって、一重に戻ってしまうというリスクがあります。 そこに着目して生まれたのがSMK スクエア・マルチプル・ノット 法です。 SMK法は、リッツ美容外科オリジナルの埋没法。 糸のかけ方に工夫があり、固定する場所を増やす事によってより長持ちするようになっているそうです。 カウンセリングの充実度• 専門のカウンセラーとドクターがじっくり悩みを聞いてくれる• 1人ひとりに合わせた二重の提案をしてくれる• s-b-c. アジアで一番多くの二重手術を行っている湘南美容外科では、経験豊富な医師がカウンセリングにあたり、希望を聞き、症例写真やシミュレーションをもとに、最適な施術方法を提案してくれるそうです。 カウンセリングは、時間を気にすることなく納得のいくまで相談できるように、1時間以上かけているそうです。 施術方法、麻酔方法などを詳しく説明してくれるので、納得したうえで安心して施術をうけることができます。 2017年からは、3年間の保証期間を設け、笑気麻酔つきの二重術をリーズナブルな価格で用意しています。 多様なニーズに対応するため、常に向上心や探究心を持ち続けているクリニックです。 takasu. 30年以上の実績を持ち豊富な症例・経験、蓄積されたノウハウを駆使して、華やかで洗練された二重を作り出しています。 高須式クイック二重術と呼ばれる埋没法の特徴は取れにくいこと。 特殊な技術と特許取得の極細専用手術糸を使うため、一般的に行われている埋没法に比べて非常に取れにくいのだそうです。 そして、もう一つ、目を閉じても施術の跡が目立たないという特徴もあります。 ループ状に糸を埋め込んで、皮膚の表面で糸を結び、糸玉を埋め込むので、目を閉じた状態で、糸玉が透けて見えたり、浮き出て見えたりしないのだそうです。 otsuka-biyo. 目ヂカラをつけたい、パッチリした二重まぶたにしたいという若い方から、まぶたのたるみや二重まぶたの形を修正したいという50代、60代の方まで男女問わず多くの相談があるそうです。 大塚美容形成外科では、一人ひとりの目や施術前の診察とカウンセリングのうえで手術法を決めているということで、最大のこだわりは、手術前に徹底的に良く話し合うこと、納得が得られてから手術を決めるそうです。 オリジナルの二重術だけでなく、一人ひとりの目の形、希望のラインにあわせてベストな施術法を提案し、それぞれにメリットだけでなく、デメリットについてもきちんと説明しているそうなので安心できますね。 ritz-cs. 特徴は、なんといってもライン消失率1パーセントという数値。 埋没法の施術後、数年で35~50パーセントと言われるラインの消失を克服した画期的な埋没法のようです。 従来の埋没法とは大きく異なるところは、糸の掛け方の工夫と固定点数を増やすことなんだそうです。 また、特殊麻酔法により痛みをほとんど感じずに行うことができるため、腫れも一般的埋没法と比較できないほど小さいというメリットがあるそうです。 24時間無料の相談受付があるのも安心ですね。 埋没法を行う際に知っておきたいこと 埋没法を受けようと決めた方のお役に立てるような情報をまとめています。 初めて埋没法を受ける人でも理解しやすいように、具体的な事例を取り上げて紹介していきます。 つくられた二重まぶたは実際どれくらいもつのか、その持続性や、もとに戻ってしまう原因について説明します。 かなり個人差があるので、様々なケースを取り上げていますが、不注意から、せっかく手に入れた二重を守る日常のちょっとした扱いなどにも触れています。 腫れない二重埋没法を実現する名医の条件 二重埋没法の技術力がある医師なら、失敗のリスクが少なくて腫れにくいとされています。 ですから、なるべく腕のいい医師にやってもらいたいですよね。 では、どうすれば埋没法の名医を見つけることができるのでしょうか。 そこで、クリニックのホームページやドクターが書いているブログなどを参考に、名医と呼ぶことができる条件を探ってみました。 松木医師は表参道スキンクリニックの美容皮膚科医として、二重整形をはじめとした幅広い美容医療に携わっています。 皮膚科医療ではボトックス注入やAGA治療などで臨床試験や新しい治療方法の提案をしてきたスペシャリストとしても有名です。 二重整形では大学病院や大手美容外科で培った豊富な経験を活かし、腫れや内出血の少ない施術を行なってくれます。 長く形成外科医療に携わってきた経験を持つ福田医師。 その技術力の高さから、二重整形だけでなく鼻整形も高く評価されています。 大手美容外科での経験をもとに、質の高い美容医療を実施。 「二重にしたい」といった大まかな要望にもベストな治療法を提案してくれます。 現在は国内の主要都市に医院を構え、訪れた人に満足してもらえる美容医療を目指して施術を行なっています。 理事長として各院で治療をするかたわらセミナーに参加する、最新医療の学習も欠かさないドクターです。 聖心美容クリニックの院長を務める伊藤医師は、日本美容外科学会や日本外科学会などの専門医資格を持つ実力派ドクター。 二重整形や目のくま・シワ改善などの治療を得意としており、10年以上の豊富な経験から一人ひとりに合った治療を提供しています。 患者さんが満足できる治療を行うため、カウンセリングで悩みや相談に向き合ったうえで治療を実施。 アフターケアまで丁寧に行ってくれる誠実さが人気を集めています。 リッツ美容外科の開設者、広比医師は9つもの学会に所属する美容外科ドクターです。 ハワイ大学医学部客員教授や警察病院・総合病院での勤務など多数の経歴を持ち、学会での論文発表も多く美容形成・整形分野で大きな功績を残しています。 専門的な医学書の執筆にも関わっており、非常に優秀な医師といえるでしょう。 本来の専門分野は顎矯正や口腔外科、審美外科ですが、その繊細な技術は二重術でも健在。 丁寧な施術で、患者の要望を踏まえた仕上がりを実現してくれると評判です。 美容医療を行うにあたり、麻酔科学を学ぶところから始めたという竹江医師。 現代医療の根幹ともいえる麻酔管理の学習からスタートすることで、人体への深い知識や患者側の目線を追求した施術を行っています。 竹江医師が総医院長を務める水の森美容外科では、訪れた人に正しい知識が身につく治療を心がけています。 そのため、メリットやデメリットをきちんと説明したうえでピッタリの施術を勧めているとのこと。 患者のことを第一に考えているからこその治療といえるでしょう。 美容外科医歴25年という経歴を持つ真崎医師は、長年の経験を活かした丁寧な施術が評判の医師。 医師が開設した真崎医院では十分なカウンセリングを提供し、これまで培ってきた高い技術力で治療に取り組んでいます。 医療機器の開発にも関わっており、脂肪吸引時の摩擦を軽減するスキンプロテクターを開発。 今までに5,000以上にのぼる症例数があります。 その手腕は国内のみならず世界から評価されており、海外のドクターが研修に来るほどです。 井田医師はカウンセリングで患者の悩みを聞き、一人ひとりに最適な施術方法を提案してくれるドクターです。 施術のメリット・デメリットを詳しく説明してくれるため、納得したうえで施術できると評判。 事前に施術方法や麻酔についてレクチャーし、訪れた人がなるべくリラックスして施術できるようにしています。 不安になりがちな二重まぶた手術もしっかり相談できるので安心。 術後に気になる点や不安な点があれば、緊急連絡先に連絡すれば24時間対応してくれます。 宮内医師は目形成のあらゆる施術を網羅しており、二重埋没法や傷のない目頭切開など仕上がりにこだわった二重まぶた手術を行ってくれます。 元麻酔科医の経験から、安心・安全な施術を提案してくれるのが魅力。 二重整形では埋没法二重術を得意としており、患者の希望に沿って理想の目元になるような施術を実施。 満足できる目元にすることをモットーに、「理想の幅を叶えたい」「周りにバレたくない」など色々な要望に応えてくれます。 日本形成外科学会・日本美容外科学会の専門医資格を持つ金田医師は、大学病院や一般病院での勤務を経てきた経験豊富なドクター。 もともと腕の良い医師ですが、より患者の希望に応えられるように研さんを積んでいます。 患者とのコミュニケーションを第一に考えており、長めのカウンセリングを実施。 そのため、よりイメージ通りの二重を手に入れやすくなっています。 女性ならではのこまやかな気配りや配慮があり、治療を受けやすいのも魅力です。 永嶋医師は東京中央美容外科の宇都宮院で院長を務める医師です。 大手美容外科での経験を活かし、二重手術やレーザー治療などを実施しています。 院長を務めるほどの技術力を持っているため、安心して施術を受けられます。 また、患者一人ひとりがリラックスして施術を受けられるような配慮をしているのが特徴。 待合室は院内で患者同士が鉢合わせしないように個室にするといった工夫も。 施術以外でも患者を気遣ってくれるドクターだといえるでしょう。

次の

二重整形の名医がいるクリニック比較サイト

二重 評判

切らない二重術「二重P-PL挙筋法」 共立美容外科では、切らない二重術「二重P-PL挙筋法」を取り入れています。 二重P-PL挙筋法では、血管の手術にも使用される超極細の糸を使用しており、点(Point)と点 Point を効率的に結ぶことで、二重の幅、ラインを自由に設定することが可能です。 共立美容外科では、切らない二重術「二重P-PL挙筋法」によって、切開を必要とせず、くっきりとした二重ラインを長期間維持することが可能です。 それは超極細の麻酔針を採用していることです。 外径が0. 2mmという34Gの超極細の針を使用することで、麻酔量も少量で済むものです。 針が細いので、回復までの期間も短く済みますので、手術後の外出やお仕事も可能です。 また、二重P-PL挙筋法では眼瞼挙筋の働きを高める固定法ができるため、自然な二重の状態を作り出すことができます。 手術時間は約10分程度と短時間で、通院回数も1回で済むのです。 ミニ切開法でパッチリ二重に! 共立美容外科ではミニ切開法と全切開法のという、2種類の切開法から自分の目に合った方法を選択できます。 もともと目の周囲の脂肪が多く、厚ぼったい瞼の方や、加齢とともに目の上にたるんだ脂肪が増えてしまった方などにはミニ切開法がおすすめです。 脂肪の除去に重点を置いた二重整形術で、埋没法よりもくっきりとした強固な二重ラインを形成できます。 傷もそれほど目立ちませんので、気軽に受けられるメリットがあります。 手術時間は40分から50分程、入院の必要性はなく、カウンセリング当日の施術も可能です。 また全切開法については、さらに目の上のたるみが強く、視野が狭くなってしまっている方におすすめの切開法になります。 余分な皮膚や脂肪を取り除くことによって、二重の幅が広くパッチリとした大きな目が実現できます。 手術後に抜糸が必要となりますが、腫れはおよそ一週間ほどで落ち着いてきます。 カウンセリング・アフターケアも丁寧に行う 手術前に行う無料カウンセリングでは、患者さんの希望を叶えるために、専門医自らが診療プランの決定をサポートし、手術当日は担当医による詳細の事前説明の後、清潔な手術室でリラックスした状態で手術が受けられます。 術後のアフターケアも、術後トラブルが起きないよう細心の注意を払いながら、仕上がりを長期的に維持できるようサポートを行います。

次の