いい 人 ほど 早く 亡くなる。 心、優しき人間ほど早く死ぬのはなぜか?

いい人が早く亡くなるわけ: weekend_todo

いい 人 ほど 早く 亡くなる

神は、人間の生と死をも支配しており、管理しております。 人間の死期は神が定めます。 若くして亡くなった人を見て、人間は"神は残酷だ"等と嘆き悲しみます。 しかし、死が悲しいと思っているのは人間だけであり、神様にとって死は悲しみではないのです。 アダムとエバの堕落により、人は死を知り、悲しみや恐怖を味わうようになってしまったのです。 神の御心を知れば、死が必ずしも悲しいばかりではない事が解ります。 少し話がそれましたが、優しい人ほど早く死ぬ、というのは、 その人が神様にとって「良し」とされる人生を歩んだからです。 短い人生でしたが、その人は他の人が100年生きたに相当するような人生を送ったからです。 寿命云々、という薄っぺらい理由ではなく、神様の御心に沿う人生を短い間に達成してしまったからです。 長生きする人はする人で、まだまだ神様に与えられた使命を果たし終えてないのだと思います。 こんなことを言ったら、長生きしたいから神に従わない方がいいな。 とかいう人が出てきそうですが… 私たちは、一人ひとりに神様から与えられた使命があり、それを達成するまでは死ねないのだと思います。

次の

いい人ほど早く亡くなる。|栗原岳夫/accounts.healthteacher.comra|note

いい 人 ほど 早く 亡くなる

いい人が早く死ぬ理由 僕はすでに二人の友人を失っている。 一人は高校時代の一番の親友で高橋和博。 彼は小金井で八百屋をやっていたが、急性心不全とやらで逝ってしまった。 もう一人は高垣直史というカメラマンで、彼は昔スイッチという雑誌で僕のことを撮ってくれた人。 彼は癌で逝ってしまった。 二人ともすごくいい人だった。 この「いい人」という表現がふつう過ぎてもどかしく、かえって分らないだろうが、それくらいいい人だった。 そんな彼らが早く死んでしまったのをこないだDというディアボロ名人と話していたら、ミスターDは、「きっと神様が一定量いいことした人から召していくのではないか」という説を唱えた。 生きていくうえでした「いいこと」をその大きさによってポイントがあり、それを加算していって、それが2万ポイントくらいになったら、神様はその順番にもっと素晴らしい世界に連れていくのだと。 そうなのかもしれない。 僕たちはこの世でもけっこう楽しいことがあるから、忘れがちだが、仏教ではこの世は「苦」だと教えている。 そして死んでから逝くとされているうちの次の世界のうち、極楽は輪廻の世界の中で一番素晴らしい世界なのだ。 だとしたら、いいことをたくさんしてポイントがたまると、この苦の世界から抜け出すことができるのかもしれない。 まあ死んだ後は死んでみなければ分らないのでこの説も一応ありということです。 そう考えると、あのきんさんぎんさんは、なかなかポイントたまらなかったんだと思った。 生きている間はあんまりいいことしなかったのかなあと思えると少し笑えた。

次の

心、優しき人間ほど早く死ぬのはなぜか?

いい 人 ほど 早く 亡くなる

葬式、お墓、愛する人との別れ、性……。 一体どうしたら思い残すことなく最期を迎えられるのか。 92歳のいまも作家として、また僧侶として活躍する瀬戸内寂聴氏が「生」と「死」を語る。 私が見送ってあげる 私は毎朝、新聞を死亡欄から読みます。 '72年に出した祇園を舞台にした小説『』を書くために取材した祇園の女将が、「私たちは朝、新聞を開いたら、必ず死亡欄を読みます」と言うんです。 「お客さまが亡くなっていないか、チェックするためです」と教えてくれました。 もし、お得意先が亡くなっていたらすぐに弔電を打たないといけないですからって。 それを聞いて以来、私もだれか知り合いが死んでいないか、死亡欄を確認するようになりました。 驚いたのですが、この頃では70代で死んでも死因は「老衰」です。 いま、92歳の私なんかが死んだら「老老老衰」になるんじゃないのかしら 笑。 私は今年5月に93歳になります。 '13年に『死に支度』という小説の連載を『群像』で始めた時は、「この小説は死ぬまで書こう」と思っていましたが、1年経ったところで本にまとめました。 始めた時はもう91歳でしたし、「母は50歳、父は57歳、姉は66歳で死去」という短命の家系でしたから、自分がこれほど長く生きられるとは思っていなかった。 『』を書いてから、知り合いの人が死ぬこと、死ぬこと。 どんどん周りの人が死ぬんですね。 今年の1月末に、作家の河野多恵子さんが亡くなられました。 河野さんは、占いが好きで、しょっちゅう私のことを占ってくれましたよ。 私のほうが4歳年上でしたから、河野さんは「あなたのほうが先に死ぬのよ。 それに、あなたはそそっかしいから、寝床では死なずに、立ったまま歩きながら死ぬわ。 でも、死んだら私が見送りの段取りを全部してあげる」といつも言ってくれました。 そうしたら、向こうが先に死んでしまった。 驚きましたよ。 私も病気でしたから、河野さんとはしばらくお目にかかっていなかったけれど、向こうからしょっちゅう電話がかかって来ました。 しかも、あの人は耳が遠くなっていたから、こっちの言うことを何も聞かない 笑。 話す内容も、若い頃のことや、嫌いな作家の悪口だとか、いつも決まって同じ内容なんです。 それでも河野さんと話すのは楽しくて、1時間や2時間は当たり前でした。 うちの秘書が測ったら、一番長い時は、4時間半も話していたそうです。 同じことばかり話していたから、「河野さんはもしかして認知症なのかしら」と思っていたけれど、最後まで彼女の書く小説は素晴らしかった。 頭の中がどうなっているのか分かりませんが、あの人の場合は、普段と書く時とでは違うところを使っていたんでしょうね。

次の