ラインモバイル 友達追加。 LINEで友達の自動追加をオフにする方法!「知り合いかも」の削除はできる?

【LINEモバイル】LINEの設定方法|新規登録方法・引き継ぎ設定を解説

ラインモバイル 友達追加

格安SIMでもLINEをインストールしてトーク、通話、スタンプ機能などの 基本的な機能は全て同等の機能が使えますが「 年齢認証」することができません。 年齢認証の目的は青少年保護 そもそも、なんで年齢認証が必要になったかといいますと、18歳未満の保護を目的とするためです。 年齢認証がない場合、見ず知らずの人を簡単に友達追加できてしまうため、青少年が事件に巻き込まれてしまうといった問題がありました。 そこで安全にLINEを使うため、通常は通信キャリアがLINEからのリクエストに応じて ユーザーの年齢情報をLINE側に開示することで 利用者が18歳以上であるという確認を行っているわけです。 年齢認証ができる条件 年齢認証のできる条件として以下の2つがありあます• mobile(ワイモバイル)• LINEモバイル 上記の通信事業者を利用している場合は格安SIMでも年齢認証ができるためLINE利用時に普段と同じように使えるため何も心配する必要はないです。 問題となるのは 上記以外の格安SIMの通信事業社を使っているケースになります。 年齢認証ができないLINE利用者のデメリット 年齢認証ができない場合に影響があることは、 友達をID検索で追加したり 自分のIDを友達が検索することができないことです。 なのでIDをそもそも持っていない人や、普段からID検索を使っていないひとの場合は格安SIMによる影響はほとんどないといえます。 でも、普段からLINEでID検索を活用している人にとってはこれって結構不便なことですよね・・・ えーー、じゃあ格安SIMだとLINE使いにくいじゃん。 と思った人も多いかと思いますが安心してください! LINEに友達を追加する代替案があるんです。 これらの方法を利用して友達に追加することで、特に不自由なくLINEライフを楽しむことができるのです!! 格安SIMでLINEの友達を追加する6つの方法 年齢認証のできない格安SIMでも友達追加の代替案として6つの方法があります。 ふるふる機能を使う ふるふる機能を使えば年齢認証に関係なく友達を追加することができます。 ただし、 位置情報がONまたは WIFIがONになっている必要があり、 相手が近くにいるとき限定の追加方法になります。 QRコードを使って友達追加 2つめの方法はQRコードをつかう方法です。 QRコードの表示画面を相手にみせて読み込むことや、相手にメールなどでQRコードを送信することで友達に追加することができます。 自分のLINEアカウントのURLを送信して追加 LINEには自分のアカウントURLが存在しており、このURLを検索することで友達に追加することができます。 使い方は簡単で、まず初めに自分のLINEアカウントURLを調べます。 このURLコピペして友達に送信したり、直接ブラウザに打ち込んで検索することで友達追加を行うことができます。 デメリットとして、URLが長く口頭で伝えることが難しかったり 覚えることが難しいことです。 (覚えようと思う人はいないかと思いますが笑) 4. 電話帳に登録して友達自動追加する LINEの「設定」画面にある「友だち自動追加」にすることで、アドレス帳に登録されていてLINEを使っている人が自動的に友達に追加されます。 なので利用するためには事前に相手の連絡先をアドレス帳に登録しておく必要があります。 また、自動で登録されるため、アドレス帳に登録されているけどLINEに 登録したくない友達も友達に追加されてしまう可能性もあるため注意が必要です。 PC版のラインを使いID検索する パソコン版のLINEを使うことでID検索をすることができます。 年齢認証ができないけれどもどうしてもID検索したい場合はパソコン版のLINEを使ってID検索することがオススメです。 残念ながら相手は自分のID検索をするこが出来ませんが、自分が相手のIDを検索することができて友達に追加することができます。 PC版のラインを使い電話番号検索をする パソコン版のLINEには ダウンロード版と GoogleChrom版の2種類があります。 ダウンロード版はパソコンのローカルにLINEアプリをダウンロードしなければいけませんが、ダウンロード版の場合、電話番号検索も使うことができます。 まとめ ほとんどの格安SIMでは年齢確認ができないため、LINEのID交換による友達追加をすることができません。 でも、代替案を使うことで友達追加をすることができるため、格安SIMに変えても特に不自由なくLINE生活を楽しむことが可能です。 どうしても年齢認証をしたい方はワイモバイルとLINEモバイルをにするのも選択肢の一つです。 通信費は毎月発生する固定費なので格安SIMを活用して節約できると長期的にかなりの効果があると思います。 ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

次の

楽天モバイルのLINEでID検索するには?友達追加の方法3選も!

ラインモバイル 友達追加

LINEで友達の輪を拡げちゃおう! LINEになれきたら、多くの人とのコミュニケーションを楽しみたくなってきませんか?LINEは様々な方法でそのコミュニケーションの輪を拡げていくことができます。 ですが友達を追加する方法が良くわかんない…。 そんな人達にわかりやすく色々なパターンでわかりやすく友達の追加方法をお伝えしていきます。 LINE 友達の自動登録 LINEのアプリをダウンロードして初期設定をすると、いきなり沢山の友達が登録されていることがあります。 これは、自分のスマートフォンの電話番号と、アドレス帳に掲載しいる電話番号を自動的に認識して、友だちに自動追加をする機能が働いているからです。 自動追加機能で追加されない相手とLINEをするためには、何らかの方法で友達に追加する必要があります。 このリストは、LINE画面の「…(その他)」の中の「友だち追加」をタップすると画面の中盤以降に表示されています。 この方法については、抑えておきたいポイントなどがいくつかあるので、以下の別ページにその詳細をまとめています。 友達を追加したいときのシチュエーション 友達を追加しようと思っても、追加したい相手の情報は相手によって異なってきます。 ・ある友達は電話番号もメールも知っているけど本人と会うことはほとんどない…。 ・またある友達は電話番号は知っているけどメールは知らない。 ・またある時は、初めて会った人と意気投合してLINE友達になりたくなった…。 etc. このように様々なパターンで友達追加したくなるシチュエーションがあるかもしれません。 LINEでは、そんな様々なシチュエーションにあわせて友達が追加できるようにいくつかの友達追加パターンを用意してあります。 招待で追加する LINEをやっていない友達を追加したい場合はこの機能を使います。 ホーム画面の「・・・」をタップします。 画面上の「友だち追加」をタップします。 画面上の「招待」をタップします。 SNSかEmailで招待できます。 設定で、連絡先がオンになっていないと招待できませんから、スマホの設定の連絡先から、LINEをオンにしてください。 連絡先から追加したい人を選んで友だちに追加して下さい。 QRコードで追加する 追加したい相手のQRコードを読み取って友だちに追加する方法です。 この場合、直接その相手のスマホにQRコードを表示してもらい、こちらがそれを読み込むパターン(自分がQRコードを表示して相手に読み取っても立ってもOK)以外にも、QRコードを撮影した画像から読み取って友だち追加するケースもあります。 ホーム画面の「・・・」をタップします。 画面上の「友だち追加」をタップします。 画面上の「QRコード」をタップします。 LINEでのカメラの設定がONになっていないと、確認画面が出てくる場合があるので、スマホの設定から、LINEのカメラをオンにしてください。 相手のQRコードを読み取ると、相手のLINEアカウントが表示されるので、間違いないか確認して、友だちに追加してください。 (自分のQRコードを出すのも、同じ手順です。 右下に「自分のQRコード表示」と出てくるので、そこをタップすると出てきます。 それを相手に読み込んでもらってもいいでしょう。 ) 「ふるふる」で追加する 「ふるふる」という相手が近くにいる時に、互いのスマホを振り合うことで友だちに追加する機能を使った友だちの追加方法です。 ホーム画面の「・・・」をタップします。 画面上の「友だち追加」をタップします。 画面上の「ふるふる」をタップします。 位置情報をオンにしていないと、確認画面が出てくる場合がありますが、その際は「OK」をタップします。 スマホの設定画面に飛ぶので、そこで位置情報をオンにしてください。 (もしも直接飛ばない場合は、スマホの設定から、位置情報をオンにしてください。 ) 6. 相手と一緒にスマホを振ると、相手のLINEアカウントが表示されるので、チェックして友だちに追加しましょう。 相手のIDや電話番号で検索する場合 LINEを始める時、IDを設定しますが、友だちに追加したい相手のIDや電話番号から友達を追加することが出来ます。 (年齢承認が必要) 1. ホーム画面の「・・・」をタップします。 画面上の「友だち追加」をタップします。 「ID」と「電話番号」のどちらかを選択します。 相手のIDや電話番号を入力すると「年齢承認」の確認画面がポップアップされますので、「年齢承認をする」をタップします。 相手のLINEアカウントが表示されるので、間違いないか確認したら「追加」をタップします。

次の

楽天モバイルでLINEの年齢認証は突破できる?

ラインモバイル 友達追加

スマホアプリの中で、無くてはならないものとなった「LINE」は、スマホを使った連絡手段として幅広い年齢層に親しまれています。 MVNOの格安SIMなどを使用中でもLINEは使えますが、実は多少の制約があります。 そこで今回は、楽天モバイル利用者がLINEを使うときの注意点などを解説します。 楽天モバイルでもLINEは可能? LINEの登録方法 LINEアプリを起動して、「新規登録」をタップすると、自分の電話番号が表示されます。 電話番号で認証するのであれば「次へ」をタップして、SMSで認証番号を受け取ります。 ただし、この場合 「通話SIM」か「SMSあり050データSIM」で契約している必要がありますので、 「SMSなしデータSIM」の契約者は、Facebookログインで認証してください。 次に、プロフィールと友だち追加の設定をして「登録」をタップします。 年齢確認の画面が表示されますが、 楽天モバイルを含めたMVNOでは年齢認証できないため「年齢を確認しない」を選択、続いてメールアドレスとパスワードの登録をしてください。 LINEOutの通話は電話番号認証が必要 LINEアプリには「LINE Out」という通話料割引サービスが組み込まれていて、国内外の固定・携帯電話に発信した際、一部地域では通話料無料 ただし通話回数と時間に制限あり 、それ以外の地域でも格安な通話料で電話することができます。 この「LINE Out」のサービス利用を開始するには 電話番号認証が必要となるため、「通話SIM」か「SMSあり050データSIM」で契約している必要があります。 「LINE Out」は無料通話が可能ですが、通話時間と通話回数、通話できる国に制限があり、通話前に 広告視聴しなければならないという制約もあります。 そのため、普段から電話をかけるときに利用するのであれば、有料プランの購入をお勧めします。 SMSプランで契約がおすすめ LINEアプリを利用すると、アカウント作成や「LINE Out」などで、電話認証が必要になる場面があります。 Facebookログインで対応する方や「LINE Out」を利用しない方でも、 他のアプリの登録認証でSMSが必要になることがあるかもしれません。 利用用途が限られている方でも、スマホを使用しているとSMSが必要になる場面は出てくることがあるため、「通話SIM」か「SMSあり050データSIM」での契約がおすすめです。 楽天モバイルのSMSに関しては、こちらの記事もご覧ください。 年齢確認は、未成年者がID検索などで 簡単に連絡先交換する行為を防ぐために行われます。 ただし 年齢確認ができるのは大手通信事業のみで、MVNO Mobile Virtual Network Operatorの略 と呼ばれている仮想移動体通信事業者は対応していません。 ID検索が使えない LINEで年齢確認ができないとID検索ができませんので、離れた所にいる人を友だち追加するときには注意してください。 ただし、LINEでは友だち追加する方法を多数用意していますので、ID検索を頻繁に使用していた人でも代替方法を知れば大丈夫でしょう。 例えば、QRコードをメール送信するかSNS共有することで対応できます。 LINEアプリの「友だち追加」で「招待」と進み、招待方法としてSMSかメールアドレスを選択する方法もあります。 友達リストやスタンプは引き継げる? 引き継ぎできるデータ スマホの機種変更をする時、LINEのアカウント情報は引き継げるデータと引き継げないデータがあり、プロフィールなどアカウント関連の登録情報は引き継がれます。 また、友だちリストや購入スタンプ、アルバムなどの情報は、 旧端末での「アカウント引継ぎ設定」を行うなどの事前準備をした上で、新しい端末でログインして認証を済ますことにより引き継げます。 引き継ぎできないデータ トークの内容に関しては、スマホ内にデータ保存されているため、アカウントの引継ぎでは対処できません。 しかし、同一OS間であれば クラウド上にバックアップした上で、新しい端末に復元することは可能です。 iOSであればiCloud、AndroidであればGoogleドライブから行います。 また、 異なるOS間ではコイン残高の引継ぎはできません。 さらに、各端末のトーク背景や通知音などの設定も新しい端末で再度行う必要があります。 年齢認証なしで友だち追加する方法 PC版のLINEを活用 LINEのアカウント作成の際に、メールアドレスとパスワードを登録しておけば PC版のLINEを活用することができます。 PC版LINEでの友だち追加は、IDか電話番号からの検索のみですが、MVNOでスマホの契約をしている人も、PC版LINEからID検索で友だち追加することができます。 どうしてもID検索が必要な場合、 PC版LINEを利用する方法であれば可能です。 スマホで年齢確認していなくても、LINE IDを検索してヒットしたら追加することができます。 ふるふるで追加 LINEアプリでの友だち追加の方法の1つが「ふるふる」機能で、複数の友だちを一気に追加できるところが便利です。 友だち追加したい方が近くに集まって、LINEを起動し「友だち追加」、そして「ふるふる」とタップしながら「ふるふる」の画面に進んだら、一緒に端末を振ります。 ちなみに、この「ふるふる」は スマホのGPS機能や加速度センサーを利用しています。 QRコードを送り承認してもらう LINEアプリでは、QRコードを使った友だち追加も可能です。 LINEアプリで表示したQRコードを読み取ったり、読み取ってもらったりすることで友だち追加ができます。 また、このQRコードは、 直接メールでの送信や、端末に一旦保存しSNSで共有するなどの方法でやり取りすることも可能です。 送ったQRコードを承認してもらえば友だち追加されます。 まとめ LINEの基本的な仕組みをお分かりいただけましたでしょうか。 MVNOである楽天モバイルは年齢認証ができないため、LINEアプリからのID検索や電話番号検索はできませんが、これは他のMVNOでも同じことです。 この検索機能が利用できなくても他の機能でLINEを十分活用できるので、ぜひ試してみてください。 こちらの記事もぜひチェックしてみてください。

次の