ダイハツ 新型 タフト。 ダイハツ 新型 タフト ガラスルーフ標準採用 軽クロスオーバー 2020年6月10日発売

独走ハスラーに仇敵出現 SUV界の超新星 新型タフトの長所と短所

ダイハツ 新型 タフト

ダイハツが、軽自動車クロスオーバーとなる「タフト(TAFT)」の発売を発表しました。 最新の軽オフロードモデルとなるダイハツ新型タフトのスペックなどをご紹介します。 ダイハツ・タフトは東京モーターショー2019にて展示されていた「WakuWakuコンセプト」の市販バージョンとされ、車名の由来は「Tough & Almighty Fun Tool」の頭文字からとなっています。 ダイハツ新型タフトは、ダイハツ初となる機能や標準装備アイテムを充実することで、魅力がアップされています。 「タント」「ロッキー」に続く最新プラットフォーム「DNGA」採用車第3弾として制作• パワートレーンに最新の660ccターボ、「D-CVT」を採用• 大型ガラスルーフ「スカイフィールトップ」を全車標準採用し、開放感を向上• ダイハツとして初めて「電動パーキングブレーキ」を全車標準装備• X(660cc自然吸気エンジン) FF:135万3000円、4WD:147万9500円• G(660cc自然吸気エンジン) FF:148万5000円、4WD:161万1500円• X 15インチスチールホイール• G 15インチアルミホイール 助手席シートアンダートレイ 前席シートヒーター フロントシートアームレスト&収納ボックス 全車速追従型クルーズコントロール+レーンキーピングアシスト(オプション)• Gターボ 全車速追従型クルーズコントロール+レーンキーピングアシスト(標準) 新型タフトの価格は、軽クロスオーバーとして選びやすい設定とされています。 2019年末に生産を終了した実質的前モデル「キャストアクティバ」では124万8500円からとされていましたが、 新型タフトでは安全装備などをアップデートしながら135万3000円からラインナップ。 ターボエンジングレードの「Gターボ」を160万6000円とすることで、上位SUVとなるロッキーの下位グレードとも比較できる設定とされ、ユーザーのニーズにあわせた選択ができるようになっています。 キャストアクティバ(2019年末生産終了) 124万8500円~174万3500円• ヘッドライトには、フルLEDライトを全車標準装備。 「G」「Gターボ」グレードでは、新型タントで軽自動車初採用された「アダプティブ ドライビング ビーム(ADB)」機能を搭載し、カメラセンサーが対向車を検知し部分的に遮光することで、対向車の乗員を幻惑させること無く遠くまで視界を確保することができるようになっています。 サイドではホイールアーチや車体下部がブラックとされ、素材も傷に強いプラスチックとすることで悪路への耐久性をアップ。 新型タフトではその他、大型ガラスルーフ「スカイフィールトップ」も全車標準採用され、装備されるシェードをあけることで、レジャーやアウトドアで開放感を楽しむことができるようになっています。 しかし、ヘッドライトとリアランプ内に採用される三本のアクセントラインは引き継がれ、新型タフトの特徴となっています。 レイクブルーメタリック• フォレストカーキメタリック• サンドベージュメタリック• レモンスカッシュクリスタルメタリック• スプラッシュブルーメタリック• ブラックマイカメタリック• シャイニングホワイトパール(オプション)• コンパーノレッド(オプション)• ブライトシルバーメタリック ダイハツ新型タフトのボディカラーには、全9色がラインナップされています。 ボディカラーはモノトーンのみとなっていますが、全車標準採用される大型ガラスルーフ「スカイフィールトップ」により、ルーフとボディカラーのコントラストを楽しむことができるようになっています。 ホイールベース:2580mm• 最低地上高:190mm• 全高はライバルとなるスズキ「ハスラー」より50mm低くなっていますが、悪路走破性能を上げるために最低地上高を190mmまで高め、クロスオーバーワゴンとしてのスタイルがつくられています。 新型タフトのメーターには中央にカラーディスプレイが装備され、各種情報の表示に対応。 シートは、長時間のドライブでも疲れにくくフィットするものとされ、オレンジの差し色とカモフラージュ柄で個性もアップされています。 装備には、ダイハツとして初めて電動パーキングブレーキを全車標準装備。 インフォテインメントシステムには9インチと6. 8インチのスマホ連携ディスプレイオーディオが設定され、SmartDriveLinkやApple CarPlay、Android Auto対応のスマホがディスプレイ上で操作できるように。 収納には、太めのボトルも入る掘り込み式の「カップホルダー」やボックスティッシュも入る「大型インパネトレイ」が装備され、上段にはETC、ドライブレコーダー本体、Wi-Fiルーターといったオプション品を収められる「2層構造グローブボックス」も採用。 ラゲッジは、傷や汚れに強い背面を持つ後席を倒すことによりフルフラットとなり、荷室を重視するバンのような利用も可能に。 ドアパネルとの隙間を無くすことで、小物が落下しにくいようになっています。 1kgm• 2kgm• トランスミッション CVT(自然吸気エンジン) or D-CVT(ターボエンジン)• 新世代エンジンは、全ての部品を見直し、エンジン性能の根幹となる燃焼素性を改善することで、燃費性能や走行性能に加え、環境性能などすべての要素で性能を向上。 日本初となる「マルチスパーク(複数回点火)」を採用することで、シリンダー内での燃焼速度を早め、ノッキングを抑制することで燃費性能をアップ。 その他、噴射する燃料の形状を粒状から霧状に変更することでポート内や燃焼室内への燃料付着を低減し、シリンダー内への燃料直入率を向上。 また高タンブルストレートポートにより、燃焼室内での混合気の縦方向回転をより強化し、燃焼速度アップが実現されています。 高速域では「ベルト+ギヤ駆動」となり、伝達効率を約8%アップ。 変速比幅をロー側、ハイ側ともに広げ、従来の5. 3から7. 3まで拡大することで、低速域でのパワフルでスムーズな加速と、高速域での低燃費で静かな走りが実現されています。 新型タフトではその他、空転したタイヤにブレーキをかけることで駆動力の逃げをなくしスタックからの脱出を用意にする「グリップサポート制御」を採用することで、悪路でも安心して走行が可能となっています。 WLTCモード(新燃費規格) ・自然吸気エンジン FF:20. JC08モード(前燃費規格) ・自然吸気エンジン FF:25. この数値は、同じパワートレインを採用するダイハツの軽自動車ミニバン「タント」より0. ターボ車には新開発トランスミッション「D-CVT」が採用されていることで、自然吸気エンジン車との燃費差が小さくなっています。 660cc自然吸気エンジン ・JC08モード値 FF:27. 660ccターボエンジン ・JC08モード値 FF:25. 新世代スマートアシストには、全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール)」のほか、左右のカメラが駐車枠の白線を検知し、音声と画面ガイドに加えてステアリング操作をアシストする「スマートパノラマパーキングアシスト」を搭載。 歩行者や車両を検知対象とした「衝突警報機能および衝突回避支援ブレーキ機能」、 駐車場などでのアクセルとブレーキの踏み間違い時における衝突被害軽減に寄与する「ブレーキ制御付誤発進抑制機能(前方・後方)」も採用することで、運転がアシストされます。 全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール) 先行車の車速や距離をステレオカメラが検知し、車間距離や車速を維持、先行車に追従し停車まで制御• 駐車支援機能「スマートパノラマパーキングアシスト」 左右のカメラが駐車枠の白線を検知し、音声と画面ガイドに加えて、ステアリング操作をアシスト。 また、並列駐車・縦列駐車ともに対応可能• 「LKC(レーンキープコントロール)」 車線をステレオカメラが検知し、車線の中央を走行するよう、ステアリング操作をアシスト• 「車線逸脱抑制制御機能」 クルマが車線をはみ出しそうになると、メーター内表示とともに、車線内に戻すようステアリング操作をアシスト• 「ADB(アダプティブドライビングビーム)」 ハイビームで走行中に対向車を検知すると、対向車の部分のみ自動で遮光• 「標識認識機能(進入禁止)」 進入禁止の標識をステレオカメラが検知すると、メーター内表示でお知らせ• 「ブレーキ制御付誤発進抑制機能(前方・後方)」 従来のエンジン出力抑制に加え、ブレーキ制御を付加することで、急発進を防止• DNGAは「Daihatsu New Global Architecture(ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」の頭文字となっており、トヨタで採用されていた「TNGA」のダイハツバージョンとして制作。 ダイハツの新しい車づくりの進め方を示すものとされ、特徴は下記の通りです。 【軽自動車を基点に小型車まで、設計思想を共通化した「一括企画開発」を採用】 エンジンやサスペンションの取付位置、骨格配置、着座位置など、共通化できるサイズや位置をあらかじめ設定し、性能や仕様まで含め一括で企画し、良品廉価と開発の効率化を両立• 【「車両の進化」「パワートレーンの進化」「先進安全の進化」の3つの進化を実現】 新開発アンダーボディや新開発エンジン、全車速追従機能付ACC対応安全システムなどを採用• 【将来の電動化やコネクトサービスの実現など「CASE対応を見据えた設計構想」を織込み】 将来の電動化を見据えた諸元設定、スマートアシストの進化やコネクトサービスの提供を見据えた電子プラットフォームの設定など、「先進技術をみんなのものに」すべく今後さらに開発を加速 ダイハツは、幅広い新世代車に対応できるDNGAプラットフォームを採用することで、走行性能や燃費性能をアップ。 一括企画開発の効果により新型車の投入ペースを約1. 5倍とし、新プラットフォームをベースに、2025年までに15ボディタイプ・21車種を展開する予定です。 ダイハツ新型タフトの発売日は? ダイハツ新型タフトは、2020年4月1日に事前予約受付を、5月20日から正式受付を開始し、6月10日に発売されました。 ダイハツは新型タフトを、2019年末まで販売されていた「キャストアクティバ」の後継軽クロスオーバーモデルとして設定することで、ブランドのSUVラインナップを強化します。 初代は、ラダーフレームや副変速機を持つパートタイム4WDを採用したクロスカントリー車として制作。 それまで四輪駆動車として販売されていたトヨタ「ランドクルーザー」と三菱「ジープ」、軽自動車のスズキ「ジムニー」の中間に位置する車種とされ、エンジンには当初1Lのガソリンエンジンを搭載。 トヨタにも「ブリザード」のモデル名でOEM供給されました。 後に、エンジンには2. 5Lのディーゼルとトヨタとの業務提携により1. 6Lのガソリンが搭載され、最終モデルではディーゼルエンジンの排気量を2. 8Lにまで拡大。 1984年に後継車となる「ラガー」が発売されたことで販売が終了されましたが、その後もアジアでは「タフト」、欧州では新世代モデルも登場した「ロッキー」のモデル名で販売されました。 新型ダイハツ・タフトについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに! carislife.

次の

大注目の新型軽SUV「タフト」。価格やスペックを先取り解説!

ダイハツ 新型 タフト

リヤフェンダーのプロテクターを延長させたり、ドアハンドルを隠して2ドア風の仕立てとなっている。 またルーフサイドの形状でリヤエリアを小さく見せるなど、面白いトライがなされた。 まさに道具箱。 ビルトイン型のルーフボックスなど、多くのアイデアが提案された。 新型タフトのコンセプトをよく知るためには、2019年の東京モーターショーに出品されたコンセプトカー、WakuWaku(ワクワク)を見るとわかりやすい。 デザインを造る時には、最初は発想となるアイデアスケッチをどんどん描いていくのだが、コンセプトカーは方向性の見えてきた立体のアイデアスケッチともいえる。 それもタフトについては、WakuWakuがすでに実車に近い形で登場したので、タフトの狙いが見えてくる。 WakuWakuは4ドアなのだが、後席エリアはマルチユーススペースとして、乗ることもできるがさまざまなスポーツギアの積載場所として使いやすいものとなっている。 そのアイデアはルーフにも及び、フロント席側は大きなグラスルーフ、リヤ側は一体型のルーフボックスとなっている。 後席以降は、人も荷物も心置きなく載せられる自由スペースという考え方だ。 ハイラックスサーフの北米モデル4Runnerは1984年の登場。 ベースのピックアップトラックから、全天候型の荷台とするべくFRPでカバーし荷物だけでなくを積める考え方が最初の発想。 言ってみるならば、コンセプト的には初代のハイラックスサーフ。 北米でいう4Runner フォーランナー の考え方に近いように思う。 サーフはピックアップトラックの荷台を樹脂のルーフで覆うイメージから始まっている。 ピックアップの利便性をオールウエザー化して、さらに人も乗れるようにしたというものだった。 WakuWakuはそうした機能を表現するために、デザインも極めて個性的。 プロポーションとしては、フロントドア以降のリヤドアやルーフラインも小さく見えるようにして、運転席部分以下にユーティリティ部分を合体したような形となっている。 あえて荷室部分を小さく見せることで、まったくこれまでに見たこともない、2シーター(に見える)スポーツギアを生み出している。 WakuWakuから生産型・新型タフトが誕生 タフトではリヤドアの存在感を強めるが、リヤウインドウは小さめ。 グラスルーフは標準装備。 まるでサンルームだ。 ここから生まれた新型タフトだが、やはり特徴となるのがリヤウインドウを小さくしていることだ。 これによって、フロント席とちょっと違うリヤエリアをイメージさせる。 また全車標準装備でグラスルーフを採用するなど、前席はサンルームのような明るさに満たされる。 さらにインテリアカラーも前席と後席で分けられていて、後席側の機能が前席とは異なることが主張されている。 残念ながら、ビルトイン型のルーフボックスは装備されなかったが、そのぶん頭上空間はたっぷりととられた。 前後でカラーの異なるインテリア。 ダイハツでは、前席をクルースペース、後席以降をフレキシブルスペースと表現している。 ボディは直線基調というだけでは、言葉が足りなそうだ。 凝縮したかたまり感を示すのに、インゴット=鋳造からの削り出しという表現が使われることがある。 しかし、それともちょっと違う印象だ。 むしろ、押出し材のような硬さを感じたりする。 そのベースボディに機能部品を組み付けることで仕立て上げられたような形だ。 面質は極めてフラットに近いながらも、薄い鉄板のペナっとした感じがなく、しっかりとした厚みが感じられる。 新型タフトはかつてのネイキッドとよく比較されるが、本来の目的や質感などはまったく異なると感じられる。 リヤドアの印象を消すようなコンセプチュアルなスタイルだ。 新型タフトでは、この後席以降のコンパクト感がなくなり、ある程度明確な4座感も打ち出された。 …とは、残念な思いにはなるが、遊びの単位として4人が均等に快適なエリアを確保できるのは、決して悪くない。 ちなみにハイラックスサーフも2代目以降は、ルーフもスチールの一体型となり、ドアも4ドアとなっている。 それでもサーフとしての立ち位置を明確にし続けている。

次の

ダイハツ 新型 タフト ガラスルーフ標準採用 軽クロスオーバー 2020年6月10日発売

ダイハツ 新型 タフト

インテリアも遊び心あるインテリアデザインとしながらも機能に優れたレイアウト、収納装備を充実。 ラゲッジの高さを2段階に変えられる「 フレキシブルボード」を採用。 リアシートバックを倒せばフラットで広いスペースができる、更に汚れにくい樹脂製「 シートバック加工」を施している。 汚れた荷物を載せても気になりません。 前席上に設置した大きなガラスルーフ「スカイフィールトップ」を全車標準装備。 軽自動車では現在ない「サンルーフ」をタフトに採用となる。 「 9インチスマホ連動ディスプレイオーディオ」を採用。 SmartDeviceLinkとApple CarPlayに対応したアプリをディスプレイ上で操作することが可能。 カーナビゲーションとスマートフォンを接続するサービス「」を採用している。 新型「」「」に続く「 DNGA」第3弾。 サスペンションアレンジ最優先の設計と、曲げ剛性の向上やハイテン材の活用・構造合理化によりボディ構造全体の軽量化が図られた新プラットフォーム「 DNGA-Aプラットフォーム」である。 「マルチスパーク(複数回点火)」を採用。 トランスミッションには 世界初の「パワースプリット技術」を採用した、新開発の「 DCVT(Dual mode CVT)」更に先進技術「」を採用する。 約3年半振りにステレオカメラを一新し知性能向上や夜間歩行者へ対応。 更に「全車速追従機能付ACC」(上位グレードのみオプション)などの機能を追加した「次世代スマートアシスト」を搭載する。 ステレオカメラを採用、歩行者対応や従来より作動速度域を拡大。 「セーフティ・サポートカーS〈ワイド〉」(サポカーS〈ワイド〉対象車対象車となる。 車体前後各二つのコーナーセンサー装備 さらに進化した「次世代スマートアシスト」が、運転中の「ヒヤッ」とするシーンで事故の回避を図り、あなたの安全運転を支援します。 ソナーセンサーに加え、ドライバーの視界や頭上空間を妨げない、世界最小ステレオカメラを新搭載。 歩行者や先行車、障害物などの様々な情報を的確に捉え、運転者に注意を促したり、緊急ブレーキを作動させます。 衝突を回避したり、被害を軽減します。 車線逸脱抑制制御機能 走行中、ウインカーなしで車線からはみ出しそうになると、ブザー音とメーター内表示でドライバーに警告し、操作を促す。 更に車線内に戻すようステアリン グ操作をアシスト。 先行車発進お知らせ機能 停止時に先行車が発進したことに気づかず、発進しなかった場合にブザー音とメーター内表示でお知らせ。 更にブレーキ制御を付加した。 オートハイビーム ステレオカメラが対向車のヘッドランプなどの明るさを検知し、自動でハイビームとロービームを切り替えます。 これにより、切り替え操作なくハイビームでの走行が可能になり、街灯の少ない道路でも安心して夜間の走行ができます。 [Xに標準装備] アダプティブドライビングビーム ハイビームで走行中に、対向車を検知すると、対向車の部分のみ自動で遮光。 [Gターボ、Gに標準装備][Xにメーカーオプション] 新型タフト 先進技術「スマートアシストプラス」 全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール)先行車の車速や距離をステレオカメラが検知し、車間距離や車速を維持、先行車に追従し停車 まで制御。 [Gターボに標準装備、Gにメーカーオプション] レーンキープコントロール 車線をステレオカメラが検知し、車線の中央を走行するよう、ステアリング操作をアシスト。 [Gターボに標準装備、Gにメーカーオプション] 駐車支援機能「スマートパノラマパーキングアシスト」 左右のカメ ラが駐車枠の白線を検知し、音声と画面ガイドに加えて、ステアリング操作をアシスト。 [全グレードにメーカーオプション] サイドビューランプ 夜間の右左折時、通常のヘッドランプに加え、左右方向を照らす補助灯を追加点灯させること で、ステアリングを切った方向を明るく照射。 パノラマモニター 車両の前後左右に搭載した4つのカメラにより、クルマを真上から見ているような映像を表示。 運転席から確認しにくい車両周囲の状況を把握できます。 障害物までの距離に応じて警告音を変えてお知らせ。 縦列駐車時や駐車場・車庫などでの取り回しをサポート。 新型タフト ガラスルーフ「スカイフィールトップ」標準装備 前席上に設置した大きなガラスルーフ「スカイフィールトップ」を全車標準装備。 広大 な視界による開放感と非日常感を実現。 ダイハツコネクトアプリを インストールすることで、もしもの時の安全・安心を提供する「つないでサポート」、クルマとドライバ ーを見守る「見えるドライブ」、クルマの状況をスマートフォンから確認できる「見えるマイカー」、クルマのメンテナンス管理をサポートする「つないでケア」の4つのサポートを使用可能となる。 9kW(2. 3kW(3. ダイハツニュースリリース タフト.

次の