桑子真帆 ニュース。 NHKアナ 朝夜チェンジの理由が判明!和久田麻由子と桑子真帆がなぜ?

桑子真帆アナ、ニュースウォッチ9の衣装のせいで内容が入ってこないと話題騒然!画像

桑子真帆 ニュース

彼女は、今年3月末より『おはよう日本』のキャスターとして出演中。 月曜から金曜の朝6時〜8時を担当している。 【関連】ほか 「NHKはお役所みたいなところですから、早い出社を美徳としているところがある。 念入りメークなら、早朝3時出社というところでしょう。 1時間メークで4時から打ち合わせ。 民放のように番組途中で芸能人を入れて息継ぎしませんから、朝からギッチリですよ」(NHK関係者) 桑子アナは3月まで『ニュースウオッチ9』のキャスターを担当。 それ以前は『ニュース7』『首都圏ニュース845』などを担当し、「NHKの夜の顔」として人気を誇っていた。 「ニュース7とニュース9はNHKの看板。 桑子アナは不動のエースだったと言っても過言ではない。 アイドルのようなルックスで、バスト85センチ超えのDカップ級。 男性週刊誌ではNHKアナとして一番人気、民放を合わせても5本の指に入る高い支持を獲得していました。 まだまだ夜ニュースで見たいというファンも多かったはずです」(同・関係者) 元夫のルートを使ってTBS入り!? 桑子アナは朝に異動し、代わって『ニュースウオッチ9』に登場したのが和久田麻由子アナ。 桑子アナの1年後輩だ。 「和久田アナは、東大卒で美少女系。 一時期脚光を浴びましたが、クールな表情が不評でブレークしなかった。 昨年に結婚しましたし、男性人気は下り坂ですよ」(女子アナライター) 桑子アナは「朝の顔」になったが、正直、降格的な印象を受けてしまう。 「後輩にエースの座を取って代わられたようなものですから、桑子アナだって悔しいでしょう。 桑子アナが、今後どんな行動に出るか見ものです」(同・ライター) 桑子アナはバツイチ。 夫はキー局のアナウンサーだったが、わずか1年で離婚。 しかし民放とのパイプは強く、今はフリー転身説も囁かれている。 「元夫の民放ルートで、TBS入りがウワサされています。 TBSはもともとNHK組が他局に比べ圧倒的に多い。 視聴率不振の『NEWS23』が間もなく産休入り。 出産後、年内に復帰して育児専念を宣言し、来年3月で辞めて桑子アナに交代する。 そんな感じで、非常にスムーズなバトンタッチになると思いますよ」(TBS関係者) 果たしてファンの願い通り、夜のニュースで桑子アナを見ることはできるのだろうか。

次の

和久田麻由子アナが笑って桑子真帆アナが泣く? NHKで大型トレード!

桑子真帆 ニュース

気になるトピックをClick!• 桑子真帆アナ、ニュースウォッチ9の衣装のせいで内容が入ってこないと話題騒然!画像 JCUSTニュースが報じ、桑子真帆の衣装に話題集中【画像】 2019年6月17日に放送された「ニュースウォッチ9」(NHK総合)に出演していた 桑子真帆アナウンサーの衣装が特徴的だったと視聴者の間で話題だ。 この日、 桑子アナが着ていたのはドレス風の2ピース。 黒のスカート部分に灰色の上半身というシックな衣装だが、注目すべきは肩の部分。 シースルー状になっており、本人の肩が透けているため、何とも涼し気な雰囲気を漂わせているのが特徴だ。 放送中、桑子アナはこの日の衣装を特段強調することはなかったが、それでも、桑子アナの衣装に対しては、放送中から視聴者からの絶賛が殺到。 ツイッターなどには「今日の桑子アナの衣装が刺激的で全然内容が入って来ないやで」と、その奇抜さが良いとする声が上がったほか、「桑子アナ〜〜〜!! お召し物とっても素敵だった どこのブランドのお洋服か知りたい!」と、製品情報を知りたいとする声も。 また、「桑子アナ、脅威の胸囲」と、驚きを隠せないとするツイートも見られた。 桑子真帆アナは鉄道旅行が大好きなんだそうです。 2017年にはフジテレビアナウンサーの谷岡慎一と結婚するもわずか一年で離婚。

次の

紅白の総合司会から外れた桑子真帆アナ「致命的なミス」が原因?

桑子真帆 ニュース

人気と実力を兼ね備えた和久田麻由子アナと桑子真帆アナ。 現在、和久田アナは「NHKニュース おはよう日本」、桑子アナは「ニュースウオッチ9」のキャスターとして活躍。 しかし、2月6日の「サンケイスポーツ」が、3月30日の放送から両アナウンサーが番組を入れ替わることを伝えた。 和久田アナが夜、桑子アナが朝のニュース番組の顔になる。 和久田アナは2019年2月、大学時代に箱根駅伝で活躍した一般男性と入籍。 同年8月31日、都内の高級ホテルで結婚式を挙げた。 一方、桑子アナは17年にフジテレビの谷岡慎一アナと結婚するも、わずか1年で離婚。 現在はバツイチのシングルだ。 「この異動で新婚の和久田アナは喜んでいると思います。 ニュース番組としては『ニュースウオッチ9』のほうが格上の感がありますし、そのキャスターの座を1年先輩の桑子アナから奪取するわけですからね。 また、新婚の和久田アナにとっては、夫婦の時間を取れるのもうれしいはず。 朝の番組が担当では、夜も早く寝なければいけませんでしたから」(女子アナウォッチャー) 一方の桑子アナは複雑な心境ではないかと女子アナウォッチャーは推測する。 「わずか1年でバツイチになった桑子アナが、朝のニュース番組で支持されるのか、本人も不安だと思います。 特に主婦層の反応が気がかりなはず。 また、酒好きで知られる桑子アナですが、朝の番組を担当すると深酒ができません。 酒が飲めないばかりか、恋のチャンスも少なくなるでしょう。 18年6月7日発売の『週刊新潮』で、飲みの席で若い男性2人に声をかけられた桑子アナが、嬉しくなったのか、うっかりついて行きそうになったことを報じています。 でも、その時は桑子アナの同僚が慌てて引き離したそう。 酒の席は出会いの場でもあるので、シングルの桑子アナはがっかりなのでは?」 夜がダメなら昼酒で出会いをつかんでほしいものだ。 (石田英明).

次の