怖い 話 まとめ ブログ。 ‎「【閲覧注意】怖い話・都市伝説のブログまとめニュース速報」をApp Storeで

‎「【閲覧注意】怖い話・都市伝説のブログまとめニュース速報」をApp Storeで

怖い 話 まとめ ブログ

new!! 怪談朗読のyoutubeチャンネルを開設しました! 当ブログは怖い話が大好きな管理人による怖い話のブログサイトです。 当ブログ『怖い話. com』は、2ちゃんねる、オリジナル、伝承されている怖い話、体験談などを豊富にご紹介しております。 怖い話というのは、年齢を問わず興味の魅かれるものであり、鳥肌の立つような怖い話をたくさん投稿していければと思っております。 また、ブログ内での怖い話は、短編、長編と分けており、お好みに合わせたユーザー様の読みやすさを配慮しております。 当ブログは怖い話、オカルト好きの方、好奇心を満たしたい方の暇つぶしになればと思っております。 怖い話を読んで怪奇現象が起きたなど、すべて自己責任にて購読下さい。 その他、ユーザーの方の知っている怖い話など是非管理人までお聞かせください。 当ブログでは、随時怖い話を募集しております。 よりご連絡頂ければと思います。 当ブログ掲示板に投稿されたお話で管理人が良いと感じた作品につきまして、youtubeチャンネルにて朗読紹介させて頂きます。 人気の怖い話• 愛してはいけない 私の尊敬する住職は、すでに結婚していてもおかしくない歳なのだが、まだ結婚していない。 その住... 夜中の死神 家系なのか血筋なのかわかりませんが、私の家族は代々霊感が少なからずあります。 それを踏まえてこの記... 張り紙アパート 私が大学生だった頃の話です。 私が通う大学のある街には「張り紙アパート」と呼ばれる奇妙なア... 裏S区 今から何年か前に男の子(仮にA)が一人行方不明になった。 (結局自殺してたのが見つかったけど) 俺は... 潰された足 これは私が大学2年生の時の話です。 大学の講義が終わった後、友達の家で焼肉会をすることになりました... 昔田舎で起こった怖い話 俺が小学5年の頃の話だ。 東京で生まれ育った一人っ子の俺は、ほぼ毎年夏休みを利... 田舎の大根さん 去年の秋頃だったかな 俺は時々変なものを見るようになった 明らかに人間じゃないんだけど、... ちなみに俺は今27歳。 昔のことは、ややうろ覚えの部分もある。 細かな描写はある程度、想像の部分もある... 姦姦蛇螺 かんかんだら 小中学の頃は田舎もんで世間知らずで、特に仲の良かったA、Bと三人で毎日バカやって... Y君は関西の某大手製薬企業に勤めている。 しかし仕事柄、中々女性と出会えず、彼女がいないのが悩みであった。...

次の

心霊・怖い話ランキング100【洒落怖・長編・中編・短編】

怖い 話 まとめ ブログ

超常関係の話としてはあまり恐ろしくはないけれど、不思議で強く興味を引かれる話があります。 そういう魅力的な「不思議な話」を厳選してまとめてみました。 また、この記事に載っていない不思議な話を知っている人もいると思います。 宜しければ僕に教えて下さい。 時が止まる場所 公園で楽しく鬼をしていた少年達。 しかし、「俺」とAは信じがたい超常現象に巻き込まれてしまう。 奇妙なプチ予言 「数日後の未来から、をしてきた」と言うスレ主の予言が、実際に次々と的中していく。 どうやら私はしにあったようだ 「私」とその友達が祭りの日に、科学や常識では説明のつかない不可思議な体験をする。 謎の預かり物 受験の為に東京に滞在していたAは、ホテルの従業員から不気味な茶封筒を手渡される。 気づいたら全く知らない女と結婚していた 神社の生活 あるホームレスが神社の廃墟に住着いた。 彼は様々な困難に遭うが、意外な結末を迎える事になる。 着信あり 大人しくて地味な「彼女」にまつわる不思議な話。 一度死んだことがある 入れ替わった友人 台湾に住んでいる投稿者の元に、友人が遊びに来た。 楽しく週末を過ごす彼らだったが、ある食い違いから状況がつかめなくなる。 親友の告白 同じ男性であるBに告白されたAは、相手を気遣いつつ断った。 それから数年後、口癖が「ああ、女に生まれてよかった」と言う女性が、Aの前に現れて…。 ユキからのメール ある日、知らないアドレスからメールが送られてきた。 様々な情報を知っている送り主の「ユキ」に対して、投稿者は恐怖を覚える。 毎晩見る夢がつながってたんだけど 過去が変わってるやつこの中にいるか? 2001年の秋 スロット のバイトをしていた「おれ」に、意味不明な事ばかり言うAがある宣言をする。 神様に貰ったチャンス ファン 投稿者がライオンズ対の試合を観戦していると、後ろからファンの少年に声を掛けられた。 少年の正体について、投稿者は疑問を持つが…。 5日前に俺が変な世界に行った話をする 僕のお母さんですか 中年の男性が、20歳の女性に「僕のお母さんですか? 」と声を掛けていた。 意味不明な質問に迷惑する女性だったが、事態は意外な結末を迎えることになる。 コーイチ君 恩人との再会 交通事故でを得た「俺」は、過去の状況を思い起こさせる不思議な体験をする。 妻の荷造り 右を向く 200年以上前から愛知県に伝わるカゴカキ 駕籠を担いで人を運ぶ人 の怪異。 時空のおっさん 小学生が自転車を漕いでいた。 不意に違和感が生じ周囲を観察してみると、彼は自分が巻き込まれた異変に気く。 ともだち 両親が共働きだった小学生の「僕」が、一人になる時間に話しかけていた人形。 ある日、その人形と遊んでいた僕は、不可解な体験をする。 昔、森に迷い込んだ話 子供とじいさん 投稿者が田舎でフラフラとしていた時に、着物姿の老人と子供に出会った。 投稿者は優しく接してくる二人と、奇妙な時間を過ごす。 不思議な生物を捕まえてから、妙に運が良くなった友人。 しかし、その生物に逃げられてしまったため、投稿者と再び捕まえにいく事にしたのだが…。 での出会い 謎のメモ 突如目の前に現れる不思議なメモ。 それは理解しがたい内容な上、更におかしな出来事が起きて…。 それは理解しがたい内容な上、更におかしな出来事が起きて…。 メッセージ 出張先のドイツであり得ない再会をした「俺」だったが、更に非現実的な出来事が起こり…。 たかし 投稿者の家に、血の繋がりのない謎の人物「たかし」が住んでいた。 当時、小学生だった投稿者がたかしに不満を言うと、事態が一変する。 オカンが肉屋の配達をしていた 深夜、配達中の女性が体験した奇妙な話。 大口ヨッちゃん 深夜、配達中の女性が体験した奇妙な話。 toshikoro.

次の

怖い話.com

怖い 話 まとめ ブログ

この怖い話は約 4 分で読めます。 ですから、幽霊の姿を見たことはないし、声を聞いたこともありません。 それでも、ものすごく怖い思いをたった一度だけ、中学生の時に体験しました。 その話を聞いていただきたいと思います。 14歳のころ、父を亡くした私は、母の実家に引っ越すことになりました。 母方の祖父はとうに亡くなっていたので、祖母、母、私と、女3人だけの暮らしとなります。 私は、親が死んだショックから立ち直れないまま、新しい環境に早急に馴染まなくてはいけませんでした。 不安はあったのですが、私の身の上に同情してか、転校先の級友も優しく接してくれました。 特にS子という女の子は、転校してきたばかりの私に大変親切にしてくれ、教科書を見せてくれたり、話相手になってくれたりしました。 彼女と親友になった私は、自然に周囲に心を開いてゆき、2ヶ月もたつころには、みんなでふざけあったり、楽しく笑いあったりもできるようになりました。 私は彼女に何となく心惹かれていました。 もちろん変な意味ではなく、女の子が見ても可愛いなと思えるような、小柄できゃしゃな感じの子だったので、同性として好意を持っていたのです。 (私はちょっと地黒で背も高いので、今考えると、多少の羨望もおそらくあったのだと思います) 好かれようとしていると効果はあるもので、席替えで同じ班になったことからだんだん話すようになり、彼女が母子家庭であることがわかって、余計に親しくするようになりました。 もっともF美の場合は、死に別れたのではなくて、父親が別の女性と逃げたとか、そういうことだったように聞きました。 彼女も女だけで生活しているということを知ったとき、この子と友達になってよかったな、と心底思いました。 ただそれも、彼女の家に遊びにいくまでの短い間でしたが・・・。 ずいぶん昔の話だからというのもありますが、それよりも、彼女の家で見たものがあまりに強い印象を残したので、そういった些細なことがあやふやになっているのでしょう。 その時S子もいました。 それまでも、S子はF美のことをあまり好いておらず、私が彼女と仲良くすることを好ましくは思っていないようでした。 それなのに何で彼女がついて来たのか、私には思い出せません。 しかしとにかく、学校の帰り、家が全然別の方向なのにもかかわらず、私とS子は何かの用事でF美の家に寄ったのでした。 私はちょっと驚きましたが、おばあちゃんの家も年季は入っていますし、家計が苦しいのはしょうがないだろう、と思って自分を恥ずかしく思いました。 「おかあさん」 F美が呼ぶと、少ししわは目立つものの、奥からにこやかな顔をしたきれいなおばさんが出てきて、私とS子に、こちらが恐縮するほどの、深々としたおじぎをしました。 洗濯物をとりこんでいたらしく、手にタオルや下着を下げていました。 実際、F美も「家にはあんまり人は呼ばない」と言ってましたから。 もしF美の部屋があんまり女の子らしくなくても驚くまい、と私は自分に命じました。 そんなことで優越感を持ってしまうのは嫌だったからです。 しかし、彼女の部屋の戸が開いたとき、目にとびこんできたのは、予想もつかないものでした。

次の