ファスティング 回復食 1日目 メニュー。 これが肝心!1日ファスティング後の回復食メニューまとめ

ファスティング・断食の回復食のおすすめのメニュー|【

ファスティング 回復食 1日目 メニュー

回復食1日目 回復食はファスティングで空っぽの胃腸をゆっくり時間をかけて 再起動する期間であり 一度リセットされた腸内環境をキレイな状態に整える期間でもあります。 部屋の大掃除に例えるなら 大掃除でゴミや着ない服を断捨離したあと 新しい家具を搬入して室内をより快適な空間にする期間です。 ここですぐに有害物質が多く含まれた スナック菓子やファストフードを食べると キレイに掃除された部屋に土足で上がりこむようなものなので じっくりと時間をかけて元の食生活に戻すように心がけましょう^^ さて、回復食1日目の肝となる 「スッキリ大根」について作り方を簡単にご説明いたします。 この時なるべく薄くした方が食べやすく、炊いた時にシナシナになりやすいです。 しっかり火を通して腸に負担がかからないようにしましょう。 丼バチ一杯分のスッキリ大根出来上がり! 【食べ方】 スッキリ大根には食べる順番があります。 昆布出汁の旨味と大根の甘み(?)が口いっぱいに広がり 食べることへのありがたみを感じます。 まとめ スッキリ大根を食べる日は食べてから2~3時間程 トイレとお友達になります。 なので出来るだけ ファスティング期間は普通に仕事をしてもらって 回復食1日目に休みが来るように調整することが多いです。 ファスティング期間の方が仕事中に動けなくなるんじゃないか・・・ とご質問を頂く事が多いのですが ファスティングドリンクさえしっかり摂取していれば 問題ありません。 現に僕自身 ファスティング期間はバリバリ施術をしています。 なので、安心して回復食1日目を休日に当てて頂くといいと思います。 ファスティングにご興味のある方は 是非動画を見てファスティングについて知っていただければと思います。

次の

ファスティングは回復食が大切!1日目2日目のメニュー例を紹介します♪

ファスティング 回復食 1日目 メニュー

Contents ファスティング方法~1日コース 回復期間編~ 1日ファスティングの回復食のメニューや注意点など紹介します。 1日断食を終えたら胃腸にやさしいメニューから始める 断食の中でも重要なのは回復食です。 回復食とは、ファスティング終了後に通常の食事に戻すまでの食事メニューのことです。 1日だけの断食でも、前日から30時間以上も内臓を休めていることになります。 そのため回復食では、胃腸にやさしいメニューから少しづつ通常の食事に戻していきましょう。 最初は重湯や味噌汁の上澄み、具がない野菜スープなどから始め、少しづつ固形物を増やしていきます。 食材としては、 豆類、ごま、海藻、野菜、キノコ類、イモ類がおすすめです。 避けたいのは肉や魚、乳製品、卵や刺激物など。 特にいきなり油分たっぷりの物を食べるとリバウンドしてしまい、せっかくのファスティングの効果がなくなってしまいます。 1日のファスティングであれば 回復食の期間は1日で大丈夫ですが、胃腸の回復には個人差があります。 体調を見ながら少しずつ普通食に戻していきましょう。 1日ファスティング後の回復スケジュール• 朝食:重湯や、野菜スープなど栄養がある液状のもの• 昼食:おかゆ、味噌汁、野菜の煮物など• 夕食: 普通食(油ものは避ける) 回復食の期間は、濃い味、刺激物は避け、肉、魚、卵、乳製品は避けましょう。 また、タバコ・コーヒー・紅茶・甘味・刺激物なども控えましょう 1日ファスティング後の回復食におすすめメニュー ファスティングに挑戦した方の、メニュー例を紹介します。 Aさん/30代の回復食• 朝:重湯と梅干• 昼:重湯と梅干• 夜:野菜の煮物と味噌汁 Iさん/20代の回復食• 朝:玄米のおかゆ• 昼:玄米のおかゆ• 夜:カボチャのおかゆ Yさん/40代の回復食• 朝:薄味の野菜スープ• 昼:酵素ジュース• 夜:湯豆腐 Sさん/20代の回復食• 朝:春雨スープ• 昼:豆乳のおかゆ• 夜:おかゆと蒸し野菜のサラダ Kさん/30代の回復食• 朝:おかゆと豆腐の煮物、味噌汁• 昼:おじや• 夜:サツマイモのおかゆと味噌汁、野菜の煮物.

次の

ファスティング回復食の5日間メニュー!失敗しないための6つのポイント【体験記】

ファスティング 回復食 1日目 メニュー

ファスティングをする上でも重要なのが、断食後の食事。 ここで急に大量の物を食べるとリバウンドして効果が台無しに。 回復食では、まずは重湯や野菜スープなどの汁物から始めましょう。 油分や肉・魚は我慢して。 手軽に挑戦!1日ファスティングコースのやり方 ファスティング1日コースを行う上で準備しておくものは、青汁や酵素ドリンク、グリーンスムージーなどの「置き換えドリンク」と「水」です。 置き換えドリンクは好きな物で良いですが、忘れてはならないのは水。 ごはん、パン、野菜、果物など、普段の食事には、たくさんの水分が含まれています。 ファスティングの間は、これらをまるまる抜いてしまうわけですから、水を飲まなければ脱水症状に陥る危険性があります。 注意しましょう。 代謝活動を活性化させるためには、ビタミン、ミネラル、そして最低限のカロリーが必要です。 これらをバランス良く含んでいるのが、青汁や酵素などの置き換えドリンクなのです。 なお、どちらを準備しても構わないですが、お通じがよくない方なら、食物繊維が豊富に含まれた「青汁」がおすすめ。 そもそもファスティングブームを作ったとも言える「ナチュラルハイジーン」では、手作りのグリーンスムージーが推奨されていて、濃い緑の葉に含まれた食物繊維や、フィトケミカルによる働きはすばらしいものとされています。 本家は手作りですが、青汁なら、無農薬野菜を用意したり、ミキサーを使う手間もなく、同等の栄養価が摂取できて、より現実的ですね。 1日ファスティングはこんな人におすすめ• 1キロ程度、体重を落としたい• カラダをスッキリさせたい• ファスティング1日コースを行った人の中には、体重が1kg~2kg減ったという人もこれは、脂肪が1kg、2kg燃焼して体重が減るわけではなく、断食による作用で宿便の排出や水分が排出されることが主な理由です。 30時間の断食を経て、いったん身体の中から老廃物を排出してしまえば、全身の代謝が活性化されて身体が軽くなった感覚になります。 この状態になれば、身体は痩せやすくなると言われています。 きちんと準備すれば、1日断食も思ったほどつらいものではありません。 理想のボディを目指して、ぜひ頑張ってみてください。 1日ファスティングのスケジュール ファスティングの前日• 朝食:油や糖分は避け、和食中心• 昼食:油や糖分は避け、和食中心• 夕食:油や糖分は避け、和食中心、控えめに 前日の食事は普段通りで構いませんが、油や糖分は避け、もちろん食べ過ぎは禁物です。 翌日は断食をするわけですから、身体はカロリーを吸収しやすくなります。 カロリーの高い油や糖分が消化されずに体内に残っているのは、好ましくありません。 ファスティングの当日• 朝食:水と置き換えドリンク(青汁や酵素ドリンクでもOK)• 昼食:水と置き換えドリンク(青汁や酵素ドリンクでもOK)• 夕食:水と置き換えドリンク(青汁や酵素ドリンクでもOK) 断食中のドリンクの代わりの食事として、手作りの「 ロースープ」もおすすめ。 豆やキノコをたくさん使ったスープにすれば、ファスティング中に不足がちになってしまう、タンパク質や食物繊維を摂ることができます。 なお、断食当日の注意点として、アルコールは控えましょう。 消化機能を休ませるのが目的なのに、逆に消化機能に負担を与えてしまうためです。 ファスティング後の回復食 回復期の食事は、普段の食事に戻していくための練習期間のようなもの。 急激に食事量を増やすのは身体に負担がかかるため、まずは軽めの食事から入りましょう。 朝食:スープなど消化に良いもの• 昼食:おかゆやスープなど消化に良いもの• 夕食:おかゆやスープなど消化に良いもの ざるそば(8分目)や お粥、 ほうれん草などを利用した自作の「ロースープ」など、 消化の良いものをおすすめします。 回復期で避けたい食材は、糖質・脂質の多い食材、アルコールなど。 断食を通じてリセットされた体内に、一気に汚れを流し込むようなものです。 また、消化に負担をかける 肉、魚、卵も避けた方が無難でしょう。 1日ファスティングの効果を高めるために注意したいポイント• 水をたくさん飲む• お腹が空いたら青汁などの置き換えドリンクを飲む• 回復食に乳製品・卵(卵黄)は避ける 人間の身体はほとんどが水分でできているので、断食とは言っても、水分不足に陥るようなことがあってはいけません。 水、またはノンカフェインの麦茶などを、こまめに摂るようにしましょう。 どうしてもお腹が空いて挫折しそうになったら、固形物の代わりに青汁やスムージー、酵素ドリンクなどを飲みましょう。 それでも我慢できないという場合には、少量のフルーツを口にする程度なら大丈夫でしょう。

次の