ゴーヤ の 栽培 方法。 ゴーヤの育て方|種や苗での栽培、摘心、肥料の方法は?

ゴーヤ栽培は摘心が必須、栽培の時期とプランターでの上手な育て方とは?

ゴーヤ の 栽培 方法

ゴーヤのコンパニオンプランツ「つるありインゲン」 ゴーヤとつるありインゲンはどちらもツル性の野菜です。 支柱やネットを共用して、同じ空間で有効に栽培する方法をご紹介いたします。 マメ科のつるありインゲンは土を肥沃にします つるありインゲンはマメ科の野菜で、根っこに根粒菌が共生し空気中の窒素を取り込み周囲の土を肥沃にします。 その結果、ゴーヤはその養分を利用しながらよく育ちます。 ゴーヤの香りで害虫忌避効果が高まります ゴーヤはウリ科の野菜で独特の香りを漂わせるため、害虫がほとんど付きません。 そのためインゲンに付きやすいカメムシ、アブラムシ、アズキノメイガ(フキノメイガ)などの害虫が付きにくくなります。 きれいなグリーンカーテンが出来上がります ゴーヤは斜めにツルを伸ばし、つるありインゲンはほぼ垂直にツルを伸ばします。 そのため お互いのツルがうまく絡みながら伸び、きれいなグリーンカーテンが出来上がります。 栽培のポイント ウリ科、マメ科はネコブセンチュウの被害に遭いやすく、一緒に栽培すると被害が増大してしまいます。 そのためネコブセンツウの発生がみられる場所での混植は避けましょう。 センチュウについては、別の記事にてご紹介しておりますのでご参考になさってください。 [詳細] 品種選び ゴーヤ、つるありインゲンともに品種は何でもOKです。 種まきと植え付け ゴーヤはポリポットに2粒まいて、本葉2枚で1株にします。 本葉が3~4枚になりましたら植え付けのタイミングです。 このとき同時に、つるありインゲンの種もまきます。 ポイント ゴーヤ ポリポットの2粒まき。 本葉2枚で1株にします。 本葉3~4枚で植え付けます。 つるありインゲン 1か所に3粒まき。 本葉1. 5枚で間引いて1~2本にします。 種まき直後から間引きまでネットや寒冷紗などで覆って鳥に食べられないようにします。 追肥 肥料は基本的に施しません。 収穫 ゴーヤ 果実が肥大したら収穫します。 つるありインゲン サヤがかたくならないうちに早めに収穫します。 ゴーヤのコンパニオンプランツ「長ネギ」 病気予防に効果的な「長ネギ」 農学博士の木嶋利男先生によりますと、長ネギの根に共生する細菌は抗生物質を出して、土の中の病原菌を減らす効果があることが最近の研究でわかってきたそうです。 ウリ科と長ネギの混植は古くから知られた伝承農法で、栃木県ではユウガオ(カンピョウの原料)の株元に長ネギ植えて栽培しています。 長ネギを混植すると つる割病などの病気が発生しないため、科学的に分析してみたところ、病気予防に効果がある菌(バークホーデリア・グラジオリー)が抗生物質を出して、ユウガオの病気を防いでいることが実証されました。 ウリ科と相性が良い「長ネギ」 今回はゴーヤと長ネギの組み合わせをご紹介しておりますが、その他のウリ科の作物でも同様の効果が得られます。 応用できるウリ科と長ネギ 🌱 キュウリ 🌱 ヘチマ 🌱 カボチャ 🌱 スイカ 🌱 メロンなど ゴーヤと長ネギの栽培ポイント ゴーヤの種まき ゴーヤの根と長ネギの根が絡まるように植えるのがポイントです。 そのためゴーヤの種は直まきしないでポリポット等で育苗するのがおすすめです。 苗の植え付け ゴーヤの芽が出て本葉3~4枚になりましたら、元気の良さそうな苗を選び、長ネギと一緒に植え付けます。 ゴーヤ1苗に対して長ネギは2本植え付けます。 まとめ 農学博士の木嶋利男先生がご紹介されています、ゴーヤのコンパニオンプランツと栽培方法をご案内いたしました。 土を肥沃にする効果のある「つるありインゲン」は、同じネットで空間を有効に使って栽培することが出来ますし、「長ネギ」は根っこに共生する根粒菌でゴーヤの病気を防ぐ効果が期待できます。 ゴーヤを単独で栽培するより 他の野菜も収穫できるメリットもありますので、ご参考になさってください。 [参考文献].

次の

ゴーヤの育て方と摘心のやり方【プランター栽培】

ゴーヤ の 栽培 方法

プランター栽培でも、美味なゴーヤが1株で数十本収穫できます。 わかりやすいプランターでの育て方をご紹介します。 pavel 形態 つる性一年草 原産地 熱帯アジア、日本 草丈/樹高 400cm~500cm 開花期 6月~9月 結実期 7月~10月上旬 花色 黄色 栽培難易度 1~5 2 比較的易しい 耐寒性 弱い 耐暑性 強い 特性・用途 耐暑性が強い、初心者向け ゴーヤは繁殖力が旺盛で、プランター栽培でも、 日当たりのよい場所であればどんどん大きく育ちます。 ベランダを見事なゴーヤのカーテンで、 覆っている家庭も増えてきましたね。 緑のカーテンに仕立てると、葉が直射日光を遮り、 夏場のエアコン代の節約にも役立ってくれます。 関東を基準にすると、3月下旬から5月上旬ごろになります。 ゴーヤの殻は固く、そのまま植えると発芽まで時間がかかります。 ペットボトルに種と水を入れ、 シャカシャカとよく振って殻に傷をつけ一晩おきます。 とがった部分を切ります 種の先端のとがった部分を爪切りなどで切り落とすと、 さらに発芽しやすくなります。 腐葉土に砂を1:1の割合で混ぜたものを用土として用意します。 ポリポットに用土を入れ、2粒ずつ種を播き、1㎝程用土を被せます。 気温が低い時は、ホットキャップやビニールハウスで覆うとよいでしょう。 水切れに注意しながら育てます。 10日ほどで発芽してきます。 本葉が2~3枚生えてきたら、 株間の詰まった元気のよい苗を残して間引きます。 ・苗を選ぶ場合 苗は、葉がしっかりとした緑色をしていて、節間の詰まったものを選びます。 葉に病害虫が付いていないかもよく見ましょう。 活き活きしていて、双葉、初生葉(しょせいよう)が残っており、 本葉が2枚ほどついているものが良いでしょう。 ・植え場所 ゴーヤが元気に育つためには、日当たりはとても大切です。 プランターを置く場所は、できるだけ日当たりのよい場所を選びましょう。 これでは、間株が狭すぎます 大きく育つよう、大きめのプランターに植え付けます ・プランターの準備 ゴーヤは一夏で大変大きく育ちます。 大きく育つ分、根もしっかりと張るので、 プランターは大きなものを選ぶ必要があります。 1~2株植えるのであれば、深さは30㎝、横幅は60~90㎝、 縦幅30㎝くらいのものが最低限必要です。 ジャンボプランターに1株が理想的です。 プランターは、プラスチック製のものが良いでしょう。 ゴーヤは、土の準備も重要です。 夏に一気に大きくなるゴーヤはその分栄養分が必要で、 できれば、植え付け1か月前に用土を配合し、熟成しておきたいものです。 市販の野菜栽培用の土でも良いのですし、 自分で配合するときは赤玉土小粒7に、腐葉土を3の割合が良いです。 土の割合 ・植え付け 植え付けは、遅くても6月上旬までには終わらせます。 プランターの底に網または鉢底石を敷き、用土を入れます。 ゴーヤの苗は30㎝程間隔を置いて植え付けます。 植えた後はしっかりを土を押さえます。 支柱の組み方例、これに園芸ネットを固定します ・支柱 植え付けと同時に、どのように仕立てるのかを考えて支柱を用意します。 つるを伸ばして伸びて行くので、園芸ネットを利用すると良いでしょう。 ・水やり ゴーヤはつるを伸ばしながら育っていく植物です。 たくさんの葉から水分が蒸発していくので、水やりはとても重要になります。 水分が不足すると雌花が咲かなくなり、収穫量が少なくなってしまいます。 葉も縮れてしまうので、緑のカーテンの見栄えも悪くなってしまいます。 水やりは毎日必ず必要です。 夏の高温時期は、土をよく観察し、必要であれば朝と夕方の2回水を与えます。 ・追肥 ゴーヤは追肥を行わないと、 収穫量が減り、葉も黄色く変色してきます。 追肥は収穫が始まったころから、 2週間に1回を目安に液体肥料を水やりを兼ねて与えます。 ・剪定・摘心 ゴーヤは摘芯を行うことで子蔓を伸ばし、葉の数を増やします。 また、実が成る雌花は子蔓につきやすい性質があります。 元気なゴーヤのカーテンを仕立てるためにも、 収穫量を増やすためにも、摘芯は大変重要です。 本葉が5~6枚になったら、茎の先端を切り落とします。 スクリーン仕立ての誘因方法 ・誘引 ゴーヤはつるを伸ばしながら生長していきます。 つるが張っていくために、ネットなどを用意します。 ネットを上手くつたっていくために、誘引してやる必要があります。 子づるから巻きひげが出てきたら、ネットに巻ひげを巻き付けてやります。 ・仕立て方 ゴーヤは緑のカーテンやスクリーンなど、 好みの形やスペースに合わせて仕立てることができます。 支柱や園芸用のネットを利用したり、 物干しざおやベランダの手すりを利用することもできます。 ・収穫 ゴーヤは実が緑色の間に収穫を行います。 収穫時期は気温に左右され、交配後、12日~35日と差があります。 気温が高いほど、交配から収穫までの期間が短くなります。 実が濃い緑色になり、全体が艶やかになったら収穫時期です。 最盛期は、1株からこんなに収穫できます ・種取り ゴーヤは種を取っておいて、翌年の栽培に利用することができます。 ただ、苗が固定種ではない場合は、 翌年に生えてくる品種にばらつきが出る場合があります。 ゴーヤの種を取りたいときは、収穫を行わず黄色く熟していくのを待ちます。 やがて実が割れて、赤い種が顔を出します。 赤い部分をきれいに洗い、種を陰干ししたら、紙袋などで保存します。 ・病害虫 ゴーヤは病害虫に強い野菜ですが、時には害虫が発生することがあります。 ・うどんこ病 葉や茎に白い粉をまぶしたようなカビが発生します。 病気になったところを取り除き、風通しを良くし、窒素肥料を控えましょう。 ・アザミウマ 葉の裏を食害します。 被害にあったところを取り除きます。 雑草をこまめに取り除くことで予防ができます。 ・アブラムシ 群生して葉や茎の汁を吸います。 薬剤を散布して退治します。 ・オンシツコナジラミ 白い羽虫が群生し、葉や茎の汁を吸います。 オンシツコナジラミを退治する専用のITシートが売っています。 ・ハダニ 葉の裏に群生し、汁を吸います。 弱った葉を取り除き、水で洗い流します。 苗は病気の無い、節間の詰まった元気なものを選びましょう。 プランターは大きなものを選び、良い用土で生育を促します。 日当たりのよいところで育て、水やりと追肥を忘れずに。 摘芯を行い好みの形に仕立て誘引しましょう。 鮮やかな緑色になったら実を収穫し、採り忘れのないようにします。

次の

ゴーヤの育て方 脇芽の摘心や栽培方法の図解とおすすめの支柱

ゴーヤ の 栽培 方法

【チャンネル登録はこちら】 【再生リスト】 ジャンルごとに動画をまとめました。 家庭菜園の野菜の育て方 2. イチゴの育て方 3. トマトの育て方 4. 再生栽培 5. 水耕栽培 6. 観葉植物と苔 ベランダ菜園向けのゴーヤの育て方を説明します。 ゴーヤはグリーンカーテンとして日除けに使えます。 ゴーヤの苗は5月頃に植え付けましょう。 庭や畑に植える場合には畝を作ってマルチを張ります。 植木鉢やプランターを使う場合には、大きめの容器の方が楽なので初心者向けです。 仕立て方は園芸用の支柱を立てて、そこにネットを張る方法が一般です。 私はベランダにある物干し竿にヒモを縛って、そこに誘引しました。 これから物干し竿にネットを張って、グリーンカーテンにします。 ゴーヤの種 野菜用のプランター 園芸培土 ベランダでのゴーヤ栽培については、ベランダゴーヤ研究所のウェブサイトが詳しいのでぜひ見てみてください。 【ベランダゴーヤ研究所】 【関連動画】 きゅうりの育て方!植え付けから支柱立て、ネット張りを教えます トマトを植木鉢プランターで育てる方法!家庭菜園で簡単にミニトマトも栽培できる 【チャンネルの紹介】 家庭菜園や農業、野菜やいちごの育て方に関係した動画を主に投稿しています。 ベランダ菜園を始めてみたい方や水耕栽培やLED栽培に挑戦したい方は、ぜひチャンネル登録をしてください。 実家は長野県で果樹と野菜が中心の農家です。 2007年から信州大学農学部と信州大学大学院農学研究科で、イチゴの研究をして農学修士号を取りました。 2013年からJICA青年海外協力隊の野菜栽培の指導者として、中米パナマ共和国で2年間活動しました。 2015年から個人事業主として独立し、イチゴや野菜ビジネスの農業コンサルタントとして日本と海外(アジア、南米、東アフリカ)で働きました。 2019年に事業を法人化し、今は農業コンサル企業を経営しています。 詳しいプロフィールはブログを読んでください。 リアルタイムな情報はTwitterで発信しています。 ぜひ、チャンネル登録をよろしくお願いします!.

次の