軽減 税率 いつまで。 軽減税率がいつ終わるか今のところ未定!対象商品や例外もわかりやすく解説!

問題が多い軽減税率の廃止はあるのか、増税は正しかったのか

軽減 税率 いつまで

消費税の軽減税率とは?どんな意味や目的があるの? 消費税の軽減税率制度。 ニュースや麻の情報番組でも取り上げられていますね。 2019年10月1日から実施予定になっています。 でも、色々難しいことが多いと思いませんか?まず、消費税の 「軽減税率」とはなんなのかご説明します。 軽減税率とは? 特定の商品の消費税率を一般的な消費税率より低く設定する決まりのことです。 簡単に言うと、 税金の負担を軽減する事です。 そこで、一般庶民が困らないように一部対象品目に限り消費税の負担を軽減させる措置をとったということなんです。 スーパーなどでは、消費税率8%のままの商品と10%の商品が同時に並ぶということになります。 そのため軽減税率は複数税率とも呼ばれます。 ちょっとややこしいですよね。 軽減税率とは低所得者への配慮を目的としています。 消費税の軽減税率・経過措置ってどういうことなのでしょうか。 意味を見ていきましょう。 ということです。 消費税の軽減税率制度の期間はいつからいつまでなのでしょうか? 消費税の軽減税率制度の期間はいつからいつまで? それでは、消費税の軽減税率制度の期間はいつからいつまでなのでしょうか? 軽減税率が適用されるのは、2019年10月1日から未定です。 食費の増減は家計に響くものですので、なるべく長く軽減税率が適用されるといいのですが、「いつまで」かは未定になっていて今現在発表されていません。 今後の景気や経済状況、国民の反応などを経過観察して、いつまで適用にするのか決めていくのだと思います。 飲食料品は税率が8%と10%に区分されています。 【10%】 高価な容器を使った洋菓子 容器の価格が3分の1を超えていれば対象外。 合計が10,000円を超えていても対象外。 玩具付お菓子・おまけ付きお菓子はどうなる? キャッシュレスで消費者にポイント還元があるようなので、詳しく見ていきましょう。 消費税の軽減税率・キャッシュレスで消費者にポイント還元がある? 「キャッシュバック制度」は、キャッシュレスの買い物に対して一定割合を消費者に還元するものです。 還元期間は2019年10月から2020年6月の予定になっています。 還元率は、買い物をする店の区分によって決められています。 ・中小小売、飲食、宿泊 5%還元 ・コンビニ、外食、ガソリンスタンドなど大手系列のチェーン店 2%還元 ・百貨店など大企業や病院、住宅など一部の除外業種 還元なし 換金性の高い商品券や切手、債権、株式は対象外になります。 全国合計239,273店が加盟にしており、電気製品の販売店が多いようです。 対象となる決済手段は? ・クレジットカード ・電子マネー ・QRコード ・モバイル決済 上記の決済方法で買い物をすることが条件になります。 大手のクレジットカード会社やPayPay、LINEpayなど多くの企業も含まれています。 対象品と対象外、ややこしいですね。 キャッシュレスを利用する方が増えそうですね。 テイクアウトとイートインのように、提供の方法で変わる税率の区別は「外食にあたるかどうか」で判定した方がよさそうです。

次の

軽減税率はいつから適用?対象品目などわかりやすく紹介。

軽減 税率 いつまで

この増税日程については、最終決定事項としてほぼ間違いない日程となっております。 この消費税増税にあたって何かと話題に上げられるのが『軽減税率』ですが、この言葉ちょっと小難しくあまり頭に入ってこないという方も多いと思います。 「消費税の負担が軽くなるのかな?」 「何かこういうのって小難しくてよく分からない・・・」 「わかりやすく簡単に言うとどんな内容なの?」 「そもそも期間はいつからいつまでが対象?」 「対象品目は何が対象なの?」 「そもそも軽減税率制度の導入は決定・確定なの?」 って疑問が出てきてしまいます。 私自身もこの記事を書く前は軽減税率って何だかよく分かっていませんでした。 だからこそ、そんな 自分でもこの『軽減税率制度』が分かるように、必要な情報に絞ってわかりやすく簡単に説明していきたいと思います! なお、この記事は 政府発表情報や国税庁の情報をしっかり調べた上で書いていきますので、その点安心してもらえればと思います。 という事で今回は『消費税の軽減税率制度とは?期間はいつからいつまで?日程は確定か?』という内容で、結論ベースでお届けしていきます! 目次• それは政府としても認識している点で、軽減税率制度とは『 一般庶民が困らないよう、一部対象品目に限り消費税の負担を軽減させる措置』の事なんです。 そのため一般庶民 特に低所得者 が困らないよう、• 誰もが買う生活必需品である『食料品・飲み物』は税金負担を減らす制度 軽減税率 という訳です。 このように 軽減税率とは、低所得者への配慮を目的としています。 経過措置という言葉も良く聞くけれど、パッとわかりやすい言葉ではありませんよね。 しかし、その期限については未定となっており、今現在発表されておりません。 『経過措置』の項目で説明した通り、今後の景気や経済状況、国民の反応など『経過観察』を経て、最終的な期限を決定するのではないかと思われます。 しかし別記事で述べている通り 『消費税増税の延期は無い』と私は考えており、つまり軽減税率も間違いなく2019年10月1日で最終決定していると考えています。 この点についてもちゃんと調べてみると、国税庁のHPにも「平成31年10月1日から軽減税率制度が実施されます。 」とハッキリ明記されております。

次の

軽減税率とは?いつから、なぜ導入されるのか?

軽減 税率 いつまで

この記事はに基づく疑問が提出されているか、議論中です。 そのため、中立的でない偏った観点から記事が構成されているおそれがあり、場合によっては記事の修正が必要です。 議論はを参照してください。 ( 2019年1月) 軽減税率(けいげんぜいりつ、VAT relief)とは、政策的目的により税負担の軽減を図るため、より低い税率を適用すること、又は適用される税率をいう。 、、などに幅広く適用されているが、日本では(令和元年)10月以後に適用されたに係る軽減税率をさすことが多く、以下本項では、消費税の軽減税率について記述する。 物品税に変わって採用された消費税において、逆進性の緩和策として低所得者対策を目的として一部の対象品目に軽減税率を適用することでは、の煩雑さや「一部の対象品目」に係る決定経緯の不透明さ、また税収の減少自体が問題として取り上げられることが多い。 軽減税率導入に向けた課題 [ ] 課題や懸念として、標準税率のみの場合に対して、納税コストや煩雑さや、より高価なモノを買う高所得の消費者ほど払う消費税金額が減少する(税収が減る) ことで税制本来の目的でもある低所得への分配が減らされる制度という指摘があり、欧州でも軽減税率を廃止して標準税率一律にしようという動きがある。 高所得者ほど恩恵をより大きく受ける [ ] 軽減税率は「低所得者の負担の軽減」という名目で政策導入が検討されているが、実際には「高所得者ほど軽減税率の恩恵をより大きく受ける」ことになり、低所得者対策として有効でないことなどから、多くの経済学者は軽減税率の導入に反対している。 これは「すべての国民に一律で軽減措置を行うことで、高所得者も軽減措置を受ける」ためで、食品などの生活必需品とされる品物においても、高所得者は低所得者に比べ多くの金額を支出していることから、より多くのVAT軽減措置を受け、より大きく恩恵を受けることになるためだ。 また軽減税率導入の結果として本来国が得る税収を減らすことにもなる。 OECDは食料やエネルギー製品などの品目へ軽減税率を適用することは、これによって最も恩恵を得るのは高所得家計であるため「低所得家計への支援策として劣った手段である」と勧告し、さらに欠点として、不正機会の発生や、行政コスト・法順守コストの高さを挙げている。 ヨーロッパ連合は消費税を加盟国の共通税制と定めており、加盟国に導入が義務付けられている。 加盟国ではデンマークのみが軽減税率の導入をしていない。 代替措置として、広範なベーシック・インカムを設けている。 軽減税率を導入しない国は軽減税率で税収を減らすよりも 同じ税率で効率的に集めて財源確保する方が効率的とから一律税率にしている。 さらに、一度軽減税率を導入して例外をつくると me tooシンドロームと呼ばれる軽減税率適用を次から次に求める事態が起きるため、それを防ぐ効果もある。 また、が消費税率10%への引き上げ時に導入する軽減税率制度の家計への効果を試算したところ、負担軽減額は収入が多い世帯ほど大きくなり、民間試算と同様の傾向が表れた。 制度の複雑化による様々な負担 [ ] 軽減税率により消費税を複雑化することにより、税額、事務負担、税務執行による様々な仕事が増え多くの運用コストが発生することになるという指摘もある。 導入時において具体的な仕組み作りや税率可変できるシステムの導入が課題とされている。 また、事業者による仕入れ業務も変化を求められており、複数税率に対応するため「インボイス方式」(適格請求書等保存法式)が2023(令和5)年10月以後導入される予定になっている。 税収減少による財政悪化の懸念 [ ] 2014年に日本の内閣府が示した中長期財政試算では、消費税の軽減税率導入に伴う代替財源が確保されていないことが影響し赤字額が増える見込みとなっている。 消費税率10%への引き上げ時に導入する軽減税率では1兆円規模の減税となる見通しで、このうち6,000億円程度は財源のメドが立っていないため2020年度の赤字額が増える見込みとなり、軽減税率導入による財政悪化が懸念されている。 2019年2月5日、「軽減税率」導入で見込まれる歳入減をめぐり財務省がまとめた財源確保策の詳細が明らかになり、の引き上げなどで年間計1兆810億円程度を確保できると試算したが、軽減税率による減収見込みは1兆890億円程度とされ、約80億円が不足する計算となった。 新たな財政確保策は検討しない。 各国の軽減税率の区分と問題 [ ] 欧州諸国では多くの国で消費税に軽減税率が導入されている。 しかし、税制の専門家などでは欧州諸国の軽減税率は失敗の経験として、軽減税率導入は否定的に捉えられている。 欧州諸国における軽減税率は、経済困窮者への配慮などといった福祉政策的な観点によって作られた制度ではない。 1960年頃の欧州では分野により税制が大きく異なるものが多数あり、それらの統一を図ろうとしたものの各所からの抵抗や反発の結果、政治的妥協として消費税に複数の税率が適応される事態となったことがその経緯だ。 2015年、加盟国28カ国中21カ国で軽減税率が適用されている。 区分けや税率は各国で違いがある。 なお、日本で、マクドナルドやバーガーキング、ケンタッキー・フライド・チキン、牛丼の松屋・すき家などのファストフードでは、税込同額の設定をしている例がある。 同様の制度は、フランスやスペインにおいても見られる。 欧米諸国では各業界団体が軽減税率の適用を求める問題や軽減税率導入によって税収が減り、社会保障費を賄うためには予算不足なために将来的な基本消費税率が高くなっている。 日本では、軽減税率制度の導入に向けて国税庁が個別の対応事例を作成している。 軽減税率とC効率性 [ ] 日本 [ ] この節の文章は になっており、修正が必要とされています。 ( 2019年3月) 軽減税率のない国であるために消費税の優れた課税ベースの広いという性質を活かして C効率性 は世界5位を誇っている。 しかし、軽減税率の導入で将来的には標準税率は軽減税率の不足分増されていく予定なので、軽減税率と標準税率の差拡大の度のC効率性の順位下落が確実視されている。 1989年に12. 経済に対して最も中立的な付加価値税の制度を設けているので世界2位のC効率性を誇っている。 1999年にニュージーランド政府は最小のコストで安定した税収を得るためには、課税ベースの拡大と単一かつ定率の消費税だとの方針を示している。 背景として、ニュージーランドでは社会保障費の制度を中負担中福祉にすること、低所得者には消費税による軽減税率を行わないことにより増えた税収から、後で多く再分配する方が、小売店や役所の負担軽減と軽減税率計算処理による納税コスト軽減や格差是正には効率的との政府の方針を国民が受け入れたためとされている。 また、2006年に付加価値税収の総税収に占める割合は24. 1970年代に20. 2006年の対総税収比では、個人所得税負担の割合が51. デンマークは、自国企業の国際競争力や外資誘致のために法定実行税率も低く、高負担高国家として国民の手厚い社会保障の財源は基本的に高い所得税と消費税で7割以上も賄われている。 スウェーデンの付加価値税がデンマークよりもC効率性は低い理由には、軽減税率を導入していること、消費者を顧客とする小売・サービス業で発生しやすい脱税や、現金を用いない電子商取引の発達、税率の低い隣国での国境を越えた買い物による租税回避が挙げられている。 軽減税率を導入せずに消費税の税率が全て一律なため、デンマークは世界で最も課税ベースが広い国であるとされている。 日本の軽減税率導入をめぐる指摘や課題 [ ] 「」も参照 公明党が唯一の軽減税率推進政党 [ ] 2015年現在、日本では公明党が唯一の積極的軽減税率推進政党となっている。 自公与党間で軽減税率の合意はあるものの、公明党からの軽減税率の合意なしには選挙協力ができないとの条件闘争からの結果、自民党は軽減税率に合意したとされている。 しかし、与党内合意の一方で自民党は導入時期に関してはやや慎重な姿勢だ。 また、は軽減税率による毎年一兆円の税収減を懸念し、経済界は事務処理の負担増を懸念して反対している。 多くの経済学者は、軽減税率制度より給付措置の方が、低所得者対策としてより有効であると主張している。 しかし、2015年末、当時の大手紙の世論調査で軽減税率制度に多くの賛意が寄せられたなどを背景に、自民党と公明党は軽減税率制度の導入を決めた。 飲食料品への適用 [ ] 軽減税率が適用される飲食料品は、「に規定する食品」(に規定する酒類を除く)と、厳密に定義されている。 飲食料品の定義は問題にならなかったが、「外食」は従来通りの標準税率と決めたため、その線引きが問題となった。 これは、元をたどると、軽減税率導入を検討する過程で、「高級料亭での飲食も軽減税率が適用されては、低所得者対策にならない」として公明党が「外食」を適用から除外するよう要求して合意したことに起因する。 軽減税率を適用しない外食を定義する必要性が生じたため、検討の結果、軽減税率が適用されない外食を上の「飲食店営業などで、テーブル、いす等を設けて飲食させるための設備を置いた場所で、食事を提供する」ことを定義した。 すなわち飲食を提供する場所を指定して飲食すれば適用対象とはならない。 ただし、やでの食事は、生活を営む場で他の形態で食事をとることが困難なため、軽減税率の対象となったとされている。 10月15日、朝日新聞と読売新聞、毎日新聞など日本全国の新聞会社や通信、放送各社の代表らが参加した「第68回新聞大会」が主催で開かれ、消費増税に伴う新聞への軽減税率適用を求める特別決議が3年連続で採択された。 日本新聞協会会長で社長のが、を始め加盟国のほとんどが、社会政策として新聞に対しゼロ税率か軽減税率を適用しているとして、「新聞の軽減税は世界ではある程度一般的」「読者の負担を減らすことで情報、知識へのアクセスが容易となり、結果的に減税措置は社会に還元される」と軽減税率適用の意義を訴え、新聞への軽減税率適用を求める特別決議を採択した。 週2回発行される定期購入契約された新聞が軽減税率の対象で、電子版の新聞ややで販売される新聞は、軽減税率の対象外。 インボイス制度導入 [ ] 消費税率が一律の場合は、仕入れ額や売り上げ額が分かれば、それに消費税率を乗じて消費税額を簡単に計算できた。 しかし、軽減税率が導入されると商品ごとに税率が異なるため、商品ごとの税率や税額が分かる書類が必要になる。 そこで導入が決ったのがインボイス制度である。 しかし、このインボイス制度により中小企業の経営悪化が懸念される。 現在、売上高が1000万円以下の事業者のほとんどは消費税の納付の必要がない「免税事業者」になっている。 インボイス制度では、消費税率や税額が書いたインボイスを保存していることが求められるが、インボイスを交付できるのは税務署から登録を受けた課税事業者に限られ、売上高1000万円以下の免税事業者はインボイスを交付することができない。 そのため売上高1000万円以下の免税事業者は事業者間取引から排除され、経営悪化に直面することが懸念されている。 現状では2021年を目途に、商取引への影響を検証し、必要な場合には一定の措置を講ずることとされている。 今後、インボイス制度に関する議論の動向に注目する必要がある。 その他の指摘 [ ] は、「軽減税率はが特定の品目を軽減対象として認める代わりに、その関連業界の団体・企業にをさせ、ら企業や団体からの政治献金・選挙協力という見返りを得るため」と主張している。 しかし、財務省は軽減税率のために必要な財源が毎年約1兆円になることから制度には反対している。 2014年6月11日の第9回税制調査会において、特別委員が軽減税率に対する賛否を表明している。 、、などが反対の立場を表明した。 会長のは「お二人を除いてかなり強い反対があったと理解しています」「一部の方を除くと、相当強い、全面否定に近いような意見が多くの方から出ました。 」と総括している。 は2018年1月11日に、消費税増税時に日本のキャッシュレス化を進めるためにだと消費税8%に据え置いて、現金決済だと10%に増税することを提言している。 理由として、金銭的によって現金をよく好んで使う高齢者と女性が一気に電子決済するようになり、日本のキャッシュレス化が進むからだと述べている 軽減税率の実例 [ ]• www. jetro. 2019年7月3日閲覧。 日本語. 共同通信. 2019年3月1日. 2019年3月3日閲覧。 時事ドットコム. 時事通信社 2019年2月5日. 2019年2月6日閲覧。 財務省• www. nta. 2018年11月10日閲覧。 すべての国内消費に標準税率で課税された場合に得られる仮定での税収に対する実際の税収の比率• 毎日新聞. 2018年10月4日閲覧。 東洋経済ONLINE. 2016年2月22日. 2019年3月17日閲覧。 livedoorNews. 2015年12月19日. 2015年12月22日時点の [ ]よりアーカイブ。 2016年10月21日閲覧。 日本語. HuffPost Japan. 2015年10月16日. 2018年10月4日閲覧。 日本語. Yahoo! ニュース. 2018年10月4日閲覧。 大和総研グループ. 大和総研グループ 2018年12月12日. 2019年6月22日閲覧。 内閣府ホームページ. 2019年3月22日閲覧。 夏野剛公式twitterアカウント 2018年1月11日 関連項目 [ ]• (女性の生活必需品である生理用品が軽減・免除の対象にならないことを巡る抗議の動き) 外部リンク [ ]• - OECD• 国税庁•

次の