明智 光秀 長良川 の 戦い。 斎藤義龍 (斎藤高政) 1分でわかりやすく紹介

本能寺の変だけじゃない「明智光秀」の一生を元塾講師がわかりやすく解説!

明智 光秀 長良川 の 戦い

斎藤道三(利政)と斎藤義龍(高政)の関係を家系図から解説! 斎藤道三(利政)と斎藤義龍(高政)は親子の関係? 上記の家系図からわかるとおり、斎藤道三と斎藤 義龍 よしたつは親子の関係にあります。 ただ、斎藤義龍は実は斎藤道三の子供ではなく、美濃の守護大名で斎藤家の主君である 土岐頼芸 ときよりのりと 深芳野 みよしの との間の子供であったという噂があります。 これについては証拠がなく、本当かどうかははっきりとしていません。 ただ、道三は義龍のことをあまり良く思っていない様子で、龍重や他の弟の方を可愛がっていたようで、この噂は本当だったと信じられているのも不思議ではありませんでした。 なお、道三には義龍以外にも数多くの子供がいます。 上記の家系図にある龍重(孫四郎)は義龍の弟にあたり、正室のお見の方を母とする異母兄弟だったとされています。 しかし、道三の子供の出生については不確かで、龍重の母は深芳野だったという意見もあります。 斎藤義龍(高政)と織田信長は義理の兄弟の関係:二人の仲は悪かった? 斎藤道三はもともとは織田信秀と対立関係にありましたが、和睦して同盟関係を結ぶ為、娘の帰蝶を織田信長の妻として嫁がせました。 つまり織田信長は斎藤道三にとって義理の息子になったわけですが、道三は初めて会った時から信長のことを高く評価していたようです。 その初めての会見のエピソードは語り草になっていて、信長が登場するドラマではその様子が度々描かれています。 しかし、道三が信長を高く評価すればするほど斎藤義龍は不満を募らせ、その矛先は織田信長に向いていったようです。 斎藤道三(利政)と息子の斎藤義龍(高政)の関係が悪化し「長良川の戦い」に至った理由を解説! 斎藤道三と息子の義龍の親子の関係は次第に溝ができ悪化していったようです。 それはやがて親子で争う合戦の引き金になるのですが、なぜそこまで関係が悪化してしまったのか?考えられる要因を解説していきます。 斎藤道三(利政)が義理の息子・織田信長を高く評価するようになったから 先程ご紹介したように、道三は信長との会見のあと、その人間性に惚れ込み高く評価するようになりました。 身近に稀代の戦国武将である織田信長が存在し、道三自身も商人からのし上がり「美濃のマムシ」とまで呼ばれる存在であり、こうした戦国時代の傑物と比較すると、義龍はどうしても見劣りしてしまったに違いありません。 そしてやがては「義龍はできそこない」といったイメージを抱いてしまったのではないでしょうか。 実際に、天文22年(1553年)4月の斎藤道三と織田信長の会見以後は、息子の義龍を冷遇するようになっていったようです。 斎藤道三(利政)は義龍(高政)より弟の龍重(孫四郎)に家督を譲ろうとしたから 斎藤道三は、かねてから長男である義龍よりも弟の龍重や他の弟たちを可愛がっていたようで、それを感じていた龍重たち弟も長男の義龍を軽んじる態度をとっていたそうです。 さらに、お伝えしたように織田信長との会見以降、道三はさらに義龍を冷遇するようになり、 天文23年(1554年)には龍重を重要な地位に任命し、家督を義龍ではなく龍重に譲ろうという意図がはっきりとわかるようになります。 こうした道三の態度に義龍は不満を募らせていったわけですね。 斎藤義龍(高政)が実の息子ではないという事に真実味を帯びたから かねてから父・道三が自分よりも弟たちの方を可愛がっていたことに不満を覚えていた義龍は、家臣の日根野弘就や長井道利に相談しました。 すると二人の口から出た言葉は「それもそのはず。 貴方様は道三公の実の子供ではなく、奥方の深芳野様と土岐頼芸公の子供なのですから」という内容のものでした。 これを聞いた義龍は、驚きとともに道三の仕打ちに対して怒りがこみ上げてきました。 このことをきっかけに、義龍は道三を殺害しようと心に決めたのです。 もしかすると、義龍と同じように道三を憎く思っていた家臣達が義龍を奮起させる為の作り話だった可能性もあります。 ただ、そう信じられても不思議ではないほど、道三と義龍の仲は悪かったということですね。 斎藤道三(利政)と斎藤義龍(高政)親子の「長良川の戦い」と明智光秀や織田信長の動向を解説! 父・道三に対して怒りの感情が抑えられなくなった義龍は、ついに道三殺害に乗り出します。 そしてそれは美濃の長良川を舞台にした戦へと発展していくのです。 斎藤義龍が弟の龍重(孫四郎)と龍定(喜平次)を殺害する 義龍は、まずはじめに道三から寵愛され家督を譲られた弟の龍重と龍定を殺害することにします。 弘治元年(1555年)の秋、義龍は病気になったと偽って居間にこもるようになります。 そして長井道利(出生の秘密を打ち明けた家臣)を弟の龍重と龍定のもとに遣わし、別れのあいさつの為と称して呼び出しました。 何も知らない二人の弟は義龍のもとにやってくると、待ち伏せしていた日根野弘就(もうひとりの家臣)が二人を斬り殺しました。 対立関係にあった弟たちに不審に思われないよう、病と偽っていたことからもわかるように、義龍は着々と計画を練っていたことが伺えます。 父・斎藤道三(利政)と長良川にて対峙し、最後は道三を打ち取る 二人の弟を殺害した義龍は、そのことを父・道三に知らせたといいます。 それを聞いた道三は驚き慌てて大桑城(おおがじょう)に逃げ込み一時は膠着状態で年を越しますが、翌年(1556年)の春頃から情勢は緊迫し、ついに道三と義龍の親子による合戦が始まったのです。 お互いに兵を集めますが、事前に根回しをしていた義龍が約17,500人の兵を集めたのに対し、道三は約2,700人の兵しか集まらなかったといいます。 道三軍は最初のうちこそ持ち堪えていたものの、兵数の差を埋めることはできず、ついに道三のいる場所まで義龍軍が攻めこんできました。 すると義龍軍の兵は競い合うようにして道三に襲いかかり、最後は無残にも首を落とされてしまいました。 かつては「美濃のマムシ」と怖れられた斎藤道三も、そのやり方には息子の義龍をはじめ、家臣からも不満を抱かれていたことがわかります。 長良川の戦いで明智光秀や織田信長はどうしたか 明智光秀の動向 この「長良川の戦い」において明智家は道三に味方した為、義龍軍に囲まれた明智城は陥落し、叔父の光安はこの合戦で命を落としました。 この時、明智光秀も城にこもっており、叔父の光安と共に最後まで戦うと言いますが、光安は「お前は生き延びて必ず明智家を再興してくれ!」と言ってこれを許しませんでした。 その言葉を受けた明智光秀は、身ごもっていた妻の 煕子 ひろこを背負って逃げ延びました。 そして流浪の末に越前までたどり着き、そこで朝倉家に仕えることになるのです。 織田信長の動向 斎藤道三の義理の息子である織田信長は、道三に味方するべく自ら兵を率いて援軍を送ります。 美濃に向かう途中まで兵を進めますが、合戦には間に合いませんでした。 道三を破った義龍軍の兵は勢いに乗り、とうとう織田信長がいた場所まで攻め込んでくると両軍は河原で激突します。 この状況でようやく道三の死が信長の元に伝わると、信長はやむを得ず退却することにし、自らがしんがりを努めて尾張へと戻ったのでした。 斎藤道三と斎藤義龍の親子が争った「長良川の戦い」の経緯のまとめ 最後に、斎藤道三と斎藤義龍の親子が争うことになった「長良川の戦い」に至ってしまった理由と経緯をまとめておきます。 斎藤道三と斎藤義龍の関係が悪化した理由• 道三が息子である義龍よりも義理の息子の織田信長を評価した• 義龍よりも弟たちの方を可愛がった• 義龍は道三の実の息子ではない事がわかったから (義龍の出生については定かではない) 「長良川の戦い」の経緯:明智光秀や織田信長の動向• 義龍が弟の龍重・龍定を殺害する• それを聞いて道三は大桑城へ移り、義龍との決戦を決意する• 義龍軍17,500人vs道三軍2,700人• 義龍軍が道三の首を打ち取り、義龍の勝利に終わる• 明智光秀は道三側に味方し、逃げ延びて越前へ向かう• 織田信長も道三側に味方するも、合戦に間に合わず退却する 下剋上の代名詞として「美濃のマムシ」と怖れられた斎藤道三も、それまでの過激な行いがアダとなり、最後は息子の義龍に殺害されてしまったわけです。 これにより、美濃を追われた明智光秀や、道三の後ろ盾を得ていた織田信長の状況はガラリと一変します。 大河ドラマ「麒麟がくる」においても、この「長良川の戦い」は前半の大きなポイントになることでしょう。 はたしてどのように描かれるのか、それも見どころのひとつですね。 ちなみに、斎藤道三が「美濃のマムシ」と呼ばれるようになった理由について下記の記事でまとめています。 なぜこれほどまでに恨まれてしまったのか、それを解くヒントになると思いますので、こちらもぜひ読んでみて下さい。 さて、このブログでは他にも大河ドラマ「麒麟がくる」の時代背景を取り上げた記事を掲載しています。 登場人物の関係性など、ドラマでは描ききれなかった裏側についても書いていますので、さらに深く楽しみたいと思った人はこちらも併せて読んでもらえると嬉しいですね。

次の

【明智光秀の生涯とは】簡単にわかりやすく解説!!彼の人物像や経歴など【麒麟がくる】

明智 光秀 長良川 の 戦い

長良川の戦いとは? (長良川 出典:) 長良川の戦いとは、 1556年4月に美濃長良川付近で起きた合戦です。 詳しい出自は不明ながら、豊臣秀吉同様低い身分から成り上がり美濃の国主となった斎藤道三とその息子義龍親子による壮絶な喧嘩です! 結果的には、息子義龍の勝利となり、父道三は討ち死にと言う結末を迎えるのでした。 しかし、道三と 義龍は、折り合いが悪かったと言われています。 (子「斎藤義龍」 出典:Wikipedia) 背景としては、道三は義龍の弟にあたる孫の四郎や喜平次を溺愛していたことにあります。 斎藤道三は義龍を追いやり、孫の四郎達に家督を継がせたいと考えていたと言われています 義龍も我が子ではないかと思うかもしれませんが、実は、義龍にはある噂があったのです。 義龍の生母深芳野は、道三の側室ですが、元々美濃の国主 土岐頼芸の側室で、道三に貰い下げられた直後に懐妊したと言われており、もしや前の夫頼芸の子なのではないかと言う疑惑があったのです! DNA鑑定のないこの時代では、確かめようがありませんし、もしかしたら頼芸の子はたまた本当に道三の子であったかもしれません。 ましてや、かねてより折り合いの悪い義龍が道三の進言など聞く訳がありません。 また、この家督相続自体親子の不和により義龍を担ぎ出した家臣達に、より強行された物だともされており、道三としてはそもそもこの家督相続自体が不満だったのでしょう。 次第に道三は、義龍を無能と悪口を言い始め、幼い孫の四郎たちを家督に就ける事で自身が後見として実権を握りたいと考えるようになります。 また、道三自身本当に我が子か分からぬ義龍よりも我が子と確定していている孫の四郎たちを大切にし、本当の継承者として相応しいと考えていたのでしょう。 血を残す事を大事に考えていたこの時代、我が子か分からぬ義龍は、 道三にとっても脅威だったと言えます。 勿論義輝本人は、そのような悪巧みを聞けば面白くありませんし、道三を排除したい義龍にとって溺愛する弟たちは、自分を脅かす存在です。 長良川の戦いのはじまりと経過 孫の四郎たちの惨殺を契機に自らへの身の危険を感じた道三は、合戦へと流れ行きますが、父である道三は、圧倒的に不利な布陣となりました。 かねてより道三の遣り口に不満を持っていた家臣も多かったのです。 この一件には、家臣でもあり叔父ともされている 長井道利も関与しており、二人を誘き寄せる使者となり、対面の席でも刀を置くように諭したとされています。 信頼する身内が居たからこそ、孫の四郎達も気を緩めたのでしょう。 この惨殺事件は、義龍が用意した使者により道三にも告げられると身の危険を感じた道三は、自分の居城を後にし、城下を焼き払って 長良川の先まで逃れます。 そして、これをきっかけに合戦へと流れ行きます。 義龍側は、 1万 7500、中道三側はたったの 2700と言われており、数から見ても道三が家中では、もはや全く相手にされていない存在ともいってよかったでしょう。 ただ、道三の秘策は斎藤家の同盟相手でもあり、娘婿の 織田信長です。 (織田信長 出典:Wikipedia) 信長は、道三の娘で義龍の妹である 濃姫の夫でした。 信長を普段からかっていた道三は、信長に応援要請を出すと信長は、舅道三救援のため、出陣します。 しかし、信長の軍を含めてあまりにも道三の兵が少なく、到底義龍の数にはかないません。 しかも信長達援軍が到着するやいなや、道三が討ち取られたと言う報告がもたらされるのでした。 しかし、人数面では圧倒的に不利な道三は、義龍側が長良川を渡り、一斉に道三の本陣へとなだれ込むともはや太刀打ち出来る人数差ではありません。 道三本陣へと出撃してきた 長井道勝により生け捕りにされそうになった道三でしたが、乱戦の末、功績を急いだのかその場にいた他の家臣によって首を取られたと言われています。 道三の首がはねられた事に対し、道勝が激怒したとも言われており、当初は生け捕りにする気だったのかもしれません。 しかし、義龍側が戦に勝利した事で士気が上がっておりそのまま信長へと進軍して来るのでした。 信長としては、助けるべき道三が討たれた今、ムダな戦闘を起こす訳にはいきませんし、すでに士気が高まっている義龍相手では、勝ち目はありません。 そのため、体制を整えるべく 尾張への撤退を余儀なくされます。 その際、大将である信長は自ら殿を務め、その信長の乗る舟へ義龍軍が向かってきます。 しかし、鉄砲を撃ち込んだ事によって、これ以上義龍軍は追ってこず、無事に尾張へ逃れる事が出来ました。 殿は、本来大将や味方をスムーズに逃がすと共に自らも生きて戻ると言う大役でもあり、難役でこれをこなすと名をあげる事の出来る重要な役目でした。 ただ、当然最も敵に追われる身なので命の保証はありません。 それを大将自ら務めるのは異例とも言え、 信長にとって道三の死が衝撃的であったと推察されます。 その中には、無能と罵っていた息子義龍が思っていたよりも戦の戦法など出来る奴であったと伝えたと言われています。 道三は、義龍相手なら勝てるだろうと見くびっていましたが、思いのほか義龍は戦上手であったと言う事でしょう。 そもそも孫四郎達を溺愛していた道三は、義龍の事には興味が無く、家臣達はその力量に気付いていたのかもしれません。 しかし、義龍を疑う道三ただ一人がそれを分かっていなかったのかもしれません。 戦の中生き残った道三の末っ子 「斎藤利治」は、信長の元へ逃げ、延び信長の庇護下で暮らして行きます。 また、道三は首を討たれたとは言え、討ったのも元は道三の家臣でもあり、義龍軍によって厚く葬られました。 斎藤家のその後 (道三塚 出典:) 父道三を討った義龍は、 見事家中で自分を脅かす者を消す事に成功します。 ですが、良心の呵責がやはりあったのか、出家している事から何か思う所があったのでしょう。 この戦国の世、生きるか死ぬかそれは、自分次第と言う事ですね。 しかし、皮肉にも 35歳と言う若さで死去すると、息子である 龍興が家督を継ぐも敵対していた信長との戦で負けてしまい斎藤家は、 三代で滅びる事となるのでした。 後に道三の子孫は、藩士として仕えるなどし、家系は一部残ったとされています。

次の

明智光秀の叔父・明智光安!光秀を守り散っていた壮絶な最期とは?

明智 光秀 長良川 の 戦い

明智光秀のプロフィール 名 前:明智光秀(あけち みつひで) 幼 名:彦太郎 通 称:十兵衛 別 名:惟任日向守 生 年:不明 没 年:天正10年6月13日(1582年7月2日) 父:明智光綱 母:お牧の方 妻:煕子 子: 光慶、玉、他 明智光秀の年表 表は和暦・西暦・数え歳・主なできごとの順に並んでます。 斎藤家~放浪時代 大永2年 1522年 柴田勝家誕生。 大永8年 享禄元年 1528年 1 明智光秀誕生 天文3年 1534年 7 織田信長誕生 天文6年 1537年 10 豊臣秀吉誕生 天文11年 1543年 16 徳川家康誕生 弘治2年4月 1556年 29 長良川の戦い。 斎藤道三と斎藤義龍が戦う。 道三は討ち死に。 弘治2年 1556年 29 明智城(岐阜県可児市)が斎藤義龍の軍に攻められ落城。 光秀落ち延びる。 時期不明 越前の朝倉義景をたより保護を受ける。 称念寺(福井県坂井市)門前で暮らしたとも。 永禄6年 1563年 36 娘の玉(ガラシャ)が生まれる。 永禄8年 5月9日 1565年 38 永禄の政変:室町幕府第13代将軍 足利義輝が殺害される。 永禄9年 1566年 39 このころ足利義昭方に味方して近江高島郡田中城の籠城戦に参加。 足利義昭に仕える 永禄9年 1566年 39 足利義昭と細川藤孝が朝倉義景を頼って越前に来る。 永禄10年 1567年 40 この頃までには足利義昭の足軽衆になる。 上役は細川藤孝。 永禄8~10年? このころ、妹(義妹?)の御ツマキが織田信長の側室になる。 永禄11年 6月23日 1568年 7月17日 41 義昭が織田信長に上洛するよう要請。 光秀は使者の細川藤孝に同行。 足利義昭と織田信長の両属時代 永禄11年 9月26日 1568年 10月16日 41 織田信長が義昭を上洛させる。 光秀も同行。 11月15日 細川藤孝とともに連歌会に出席。 永禄12年 1月5日 1569年 1月21日 42 本圀寺の変:三好三人衆が義昭宿所の本圀寺を襲った。 光秀も防戦に参加。 4月 この頃から木下秀吉、丹羽長秀、中川重政とともに京都と周辺の政務を行なう。 事実上の京都奉行。 10月 信長と義昭の意見が衝突。 信長が岐阜に帰ってしまう。 元亀元年 4月28日 1570年 6月1日 43 金ヶ崎の戦い:朝倉攻めの織田信長が浅井長政の裏切りにあい撤退。 羽柴秀吉とともにしんがりを務める。 元亀元年 4月30日 1570年 6月3日 43 丹羽長秀と共に若狭へ派遣される。 武藤友益から人質を取り城館を破壊。 このころ義昭から所領として山城国久世荘(京都市南区久世)を与えられる。 元亀元年 9月 1570年 43 浅井・朝倉残党が比叡山に入る。 志賀の陣:兵力300~400を率いて参戦。 森可成の戦死後、宇佐山城を任される。 近江国志賀郡周辺の土豪の懐柔を担当。 長男 十五郎(光慶)誕生。 元亀2年 1571年 44 石山本願寺が挙兵。 義昭・信長とともに出陣。 元亀2年 9月 1571年 比叡山焼き討ち 比叡山周辺の土豪の調略を担当。 戦後処理担当。 信長から旧比叡山領の志賀郡(約5万石)を与えられる。 このころ坂本城(滋賀県大津市)の建設を始める。 元亀2年12月 1571年 義昭に暇願いを出す。 拒否される。 元亀3年4月 1572年 45 河内に出陣。 元亀3年12月 1572年 坂本城完成。 織田信長に仕える 元亀4年2月 1573年 46 義昭が挙兵。 光秀は信長に従って義昭と戦う。 元亀4年7月 信長は義昭と和睦しようとしたが松永久秀の妨害で失敗。 義昭が槇島城(京都府宇治市)で挙兵。 光秀は信長側で出陣。 義昭は降伏し京を追放される。 天正元年7月 1573年 村井貞勝が京都所司代になる。 光秀はその後も貞勝とともに代官を務める。 天正元年8月 1573年 信長の浅井・朝倉攻めに参加。 越前に向かう。 天正3年 4月 1575年 48 高屋城(大阪府羽曳野市)の戦いに参戦。 5月 長篠の戦いに参戦。 7月 惟任(これとう)の姓をもらう。 従五位下日向守に任官。 8月 越前一向一揆攻めに参戦。 信長から丹波攻略を命じられる。 10月 黒井城(兵庫県丹波市)の戦い。 波多野秀治の裏切りで敗退。 坂本城に戻る。 天正4年 4月 1576年 49 石山本願寺との天王寺(大阪市天王寺)の戦い。 5月 本願寺勢の攻撃を受け天王寺砦を囲まれ劣勢になる。 京都にいた信長が救援に駆けつけ勝利。 5月23日 過労(あるいは病気)で倒れて休養する。 11月7日 妻・煕子死亡。 天正5年2月 1577年 50 雑賀攻めに参戦。 10月 信貴山城(奈良県平群町)の戦いに参戦。 敵将・松永久秀討ち死に。 丹波攻めを再開。 亀山城を攻略。 天正6年4月 51 毛利攻めの羽柴秀吉の増援として播磨に向かう。 6月 神吉城(兵庫県加古川市)攻めに加わる。 8月 娘の玉(ガラシャ)が細川忠興と結婚。 10月 荒木村重が謀反。 有岡城の戦いに加わる。 天正7年2月 1579年 52 包囲していた八上城を落とす。 黒井城を落とす。 丹波国平定。 細川藤孝とともに丹後国も平定。 天正8年 1580年 53 丹波一国(約29万石)が加増され34万石になる。 亀山城・周山城完成 横山城(京都府福知山市)を修築して「福智山城」に改名。 丹後国の細川藤孝、大和国の筒井順慶らが配下に加わる。 天正9年 1581年 54 京都で馬揃えの責任者になる。 6月 明智家法を書いた。 8月 光秀の(義)妹で信長の側室だったオツマキ死亡。 12月 明智家中法度を作成。 天正10年3月 1582年 55 織田信忠の武田攻めに従軍。 4月 甲斐より戻る。 本能寺の変 天正10年5月 1582年 55 徳川家康饗応役を解任され羽柴秀吉の毛利攻め支援を命じられる。 6月1日 6月20日 丹波亀山城を出陣 途中、軍議をひらき重臣に信長を討つことを明かす。 6月2日未明 6月21日 京都・桂川に到着。 戦闘準備。 6月2日曙(午前4時頃) 信長の宿泊する本能寺を囲む。 6月2日辰の刻(午前8時頃) 信長自刃。 戦闘が終わる。 午の刻(正午ごろ) 信忠のいる二条の御新造を囲む。 信忠自刃。 山崎の戦い 天正10年 6月4日 1582年 6月23日 55 このころまでに近江を平定 6月5日 安土城に入り金品を奪い家臣や味方に与える 6月6日 誠仁親王の使者・吉田兼和から京都の治安維持を任される。 6月8日 安土を出発。 6月9日 宮中に参内。 6月10日 羽柴秀吉接近の報告をうけ淀城、勝龍寺城を修繕・迎撃準備を行う。 6月12日 明智軍と羽柴軍が天王山付近に布陣。 6月13日 午後4時ごろ戦闘が始まる。 光秀・勝龍寺城に退却。 坂本に向かう途中落ち武者狩りで死亡。 6月14日 明智光満が安土から坂本城に入る。 6月15日 坂本城が堀秀政に攻められ光満が防戦するが落城。 光秀の妻子、明智光満らが自害。 6月17日 斎藤利三が潜伏先の堅田で生け捕りになり処刑される。 こうしてみると意外と晩年に活躍した人なのがわかります。 もしこれが没年67歳説だとどうなるでしょうか。 50歳を越えて織田信長に仕え、50代・60代を織田軍団で過ごして戦場を駆け巡っていたことになります。 当時としては高齢での活躍です。

次の