ゼンリー ブロックされた。 Zenly(ゼンリー)で毎回LINEのフレンド追加が出てくる!消し方を徹底解説

『Zenly(ゼンリー)』 で友達追加する方法

ゼンリー ブロックされた

ゼンリーでブロックされているかも知れない リアルタイムで友達と位置情報を共有できるゼンリー。 しかし、リアルタイムで遣り取りができるだけに、友達にブロックされていないか気になってしまいます。 まずは、ゼンリーのブロック機能について詳しく紹介していきます。 ゼンリーでブロックに近い方法は3つ ゼンリーに於いてブロックと呼べる機能は、以下の3つになります。 ゴースト機能「フリーズ」 ゴースト機能の「フリーズ」を使うと、位置情報が停止したままになって、現在の位置が分からなくなります。 「フリーズ」を解除するまで、位置情報は停止したままになります。 ゴースト機能「あいまい」 ゴースト機能「あいまい」を使った場合も、現在の位置情報が分からなくなります。 「あいまい」を使っている場合は、位置情報が半径1キロくらいズレて表示されます。 ブロック ゼンリーにもブロック機能は存在します。 ただ、他のアプリでイメージするブロック機能とは少し違ってきます。 「ブロックをしている相手からは友達申請が届かない」というのが主なブロックになります。 ブロックされているか確かめる方法 下記では、相手がゴースト機能を使っているかどうかや、ブロックをされているかどうかを確認する方法を紹介していきます。 「フリーズ」は、ずっと同じ位置に表示される ゴースト機能の「フリーズ」を使われても、通知は届きません。 そのため、はっきりと相手が「フリーズ」を使っているかどうか確認する機能はありません。 しかし、「フリーズ」を使っている相手は、同じ場所から動かなくなります。 不自然な位に相手が動かない場合は、相手が「フリーズ」を使っている可能性が高くなります。 「あいまい」は、アイコンに矢印が表示される 相手が「あいまい」を使っている場合は、相手のアイコンの横にマークがつくので分かります。 相手との距離を検索しようとしても「~はあいまいになっています」というメッセージが出ます。 ブロックされている相手に友達申請を送る 相手にブロックされた場合、こちらに通知は届きません。 ブロックされている相手に友達の申請やチャットでメッセージを送ってみると、ブロックされているという旨のメッセージが表示されます。 友達をブロックできない ゼンリーでは、既に友達になっている人をブロックできません。 その為、 友達状態でいる場合には、相手にブロックされるということはありません。 友達を削除されると通知が来る 友達をブロックするためには、1度友達を解除してからブロックする必要があります。 相手が友達を解除した場合は、アプリを開いた時に通知が来るので分かります。 削除とブロックの違い 下記では、削除とブロックの違いを解説していきます。 「削除」は友達登録前に戻すこと 友達登録から「削除」すると、友達登録をする前の状態になります。 この状態では、友達登録前と同じように「友達登録の申請」や「1対1のトークの誘い」を行うことができます。 友達から削除すると相手に通知が行く 友達から削除すると、相手に通知が行くのでバレます。 相手が通知を読み飛ばしたとしても、地図上にあなたが表示されなくなるのでいずれバレます。 「ブロック」は友達登録申請の拒否のこと ブロックした場合は「友達登録の申請」や「1対1のトークの誘い」ができなくなります。 友達状態ではブロックができないので、友達登録を「削除」した後に「ブロック」をする流れになります。 「ブロック」の通知はいかないが、友達申請拒否のメッセージは流れる 相手をブロックしても、相手にブロックした事の通知はいきません。 しかし、 ブロックするためには友達の削除が必要であり、友達の削除の時点で通知が行くのでほぼバレるでしょう。 更に、ブロックした相手があなたに友達申請を出すと、上の画像のような拒否のメッセージが流れます。 編集後記 既に友達になっている場合は、ゴースト機能の「フリーズ」以外は分かる仕組みになっています。 「フリーズ」に関しても、待ち合わせなどの必要な時以外はずっと「フリーズ」にしているという方もいます。 そこは性格なので、あまり気にしない方が良いかも知れません。

次の

Zenly(ゼンリー)でブロックされてる!?確認する方法を徹底解説

ゼンリー ブロックされた

ゼンリーの使い方と3つの機能 ゼンリー(zenly)は、「相手が今どこにいるか知る」ために使います。 ゼンリー 足跡 フリーズ ゼンリーの主な機能として以下の3つがあります。 友だちを追加する ゼンリーでの友達追加は、アプリに「連絡先・ Zenly ID・電話番号」のどれかを登録することでできます。 また、目の前に友だちがいれば、スマホ同士を振ってゼンリーIDを交換できるBump(バンプ)機能で登録することも可能です。 ゼンリーでは友だちを3人追加すると、自分の現在地を何回見られたかが表示されるようになります。 「誰かにウォッチされたよ」の部分のロックが解除されます。 2-2. 居場所の共有とメッセージの送受信 居場所の共有は以下のようになります。 新規登録後、友だちをIDやバンプで登録すると、地図上に表示される自分の現在地をしめす青い丸以外に友だちのアカウントが表示されます。 ゼンリーのメッセージ機能では、個別の友だちやグループでのチャットも可能です。 LINEなどがありますが、位置を確認しながら話す時にはゼンリーのチャットが便利です。 知っておきたいこと: ゼンリー(Zenly)の通話はLINE電話みたいに通話無料ではない 公式サイトには以下のように書かれていました。 Zenlyのアプリ内での電話ではなく、携帯のデフォルトの通話機能が用いられます。 zen. 通話料は無料ではない点に注意しましょう。 2-3. 自分の居場所のプライバシーを守る 「常に位置情報をシェアしていると、友だちに監視されているみたいで嫌だ」という人は、ゼンリーの以下の機能を使うといいでしょう。 ゼンリーでは、「ゴーストモード(幽霊モード)」にすることで、居場所を公開しない設定にできます。 居場所を非公開といっても、完全に自分の場所がわからなくなるわけではありません。 幽霊モードには2種類あり、大まかな居場所のみ表示される「あいまい表示」と居場所をある特定の場所に固定で表示させる「フリーズ」を選べます。 ただし、ここで注意しなければならないのは、幽霊モードを使っても、完全には居場所を消すことができないという点です。 あいまい表示は、あいまいにしていることが表示されます。 フリーズ設定は地図上には表示されませんが、同じ場所から何日も動かないと「フリーズ設定にしているんだろうな」ということが友だちに簡単に伝わってしまいます。 ゼンリーには炎マークがある?表示されるマークの意味 ゼンリー Zenly 一番よく使う機能として「居場所の共有とメッセージの送受信」がありますが、地図上では友だちのアイコン以外に様々なマークが表示されます。 使い始める前にそれぞれのマークの意味を知っておくと安心です。 cnet. ゼンリーでは、登録している友だちが複数人で集まっていることを意味します。 自分だけ合流できず、探しているのに見つからない場合や、途中から遊びに参加する場合などに便利です。 しかし、「自分だけ遊びに誘われていなかったこと」などがバレてしまうこともあるので、ゼンリーでつながる人は本当に信用できる親しい人だけにするなど注意が必要です。 ゼンリーは怖い?危険性についてのまとめ ゼンリー Zenly は、相手の位置を知れて便利な反面、危険性もあります。 4-1. ゼンリーに勝手に登録されそうになったら 「ゼンリーに自分で登録していないにも関わらず、情報登録のための4桁の数字がSMSに送られてくる」ということがあります。 あなたの電話番号を使って誰かが登録しようとした可能性が高いです。 知り合いだとそれも問題ですが、中には見知らぬ人から非通知電話がかかってきたというケースもあるようなので、応答せずに無視しましょう。 chiebukuro. yahoo. 出会い系アプリとしてはどう? ゼンリーで追加申請をするとかなりの確率で、怪しまれます。 ネット上の口コミでも、ゼンリーは出会い系アプリとしては評判は良くないです。 いや謎い。 毎回追加拒否してんのに メッセージおくってくるし 迷惑ゆったらブロックされたけど笑 ゼンリーは出会い何とか?では無いですよ。 出会いどころか、ゼンリーを使ったせいで、彼氏・彼女との関係にヒビが入ってしまったという体験談も。 妹の友達は、彼氏のスマホにゼンリーを内緒で入れて、LINEでは「家にいる」って言っているのに、全然違う場所にいたら「ウソじゃん」って、浮気を発見したらしいです。 また、居場所がわかれば何をしているのかだいたいわかってしまうので、2人でしっかり同意した上でzenlyを使うことをおすすめします。 ゼンリーは居場所をシェアしていい人とだけ使うべき 今までありそうでなかった「どこにいるかわかるアプリ」のゼンリーは、メリットとデメリットをしっかり理解した上で使えば、とても便利で楽しい使い方ができます。 ゼンリーのコンセプトとして「大切な友だちと位置情報をシェア」とあるように、自分の居場所を伝えても問題ない間柄の仲間や家族とだけと使うのが良いでしょう。

次の

ゼンリーの危険性とは?ブロックできる?トラブル回避する方法とは?

ゼンリー ブロックされた

位置情報が動かない• 現在地と全く違う場所に表示されている• 移動速度が表示されない 上記のようなバグが出ています。 毎回バグが発生するわけでは無く、稀に起こったり、人によって起こったりします。 GPSで位置の特定が出来ても間違っている場合があるので、友達や恋人間の関係でトラブルも起こっているようです。 ゼンリーでバグが出た場合の原因と対処法 ゼンリーでバグが出る場合は「アプリ(運営)が原因の場合」と、「デバイス(使用者)が原因の場合」の2つがあります。 アプリ側が原因の場合はアップデート等を待つしかありませんが、デバイスが原因の場合は対処可能です。 ゼンリーでバグが出た場合の原因と対処法をご紹介します。 相手が位置を「あいまい」や「フリーズ」に設定している バグではありませんが、位置情報の正確さは設定で変更することが可能です。 設定した位置で自分の位置情報を固定する 上記の2つの機能を他の人が利用していた際、正確な位置情報がつかめなくなります。 バグではなく、 故意に位置を知られたくない場合などに利用可能です。 WiFiを使用していても、公共のWiFiや、通信速度が不安定な場合には位置の特定が難しくなります。 また、 電波が無い場合や、機内モードにして全く位置がつかめない場合は、アイコン上に「〇分前」といった表示が出ます。 これは相手のGPS通信が途切れてからどのくらい時間がたったのかを表しています。 あまりにも位置が曖昧であったり、間違った位置にアイコンが表示される場合はデバイスに問題があるかもしれません。 アプリやデバイスの電源を落とす アプリが強制終了してしまう場合や、フリーズを繰り返す場合は、アプリやデバイスの電源を落としましょう。 デバイス本体に負荷がかかっている場合はアプリが上手く機能しません。 そういった場合は一度電源を落とし、少し時間がたってから起動するようにしましょう。 特にデバイスが熱を持っている場合は、それだけ負荷がかかっているので、一度休めてから利用しましょう。 アップデートが無いか確認する アプリでバグがあまりにも多い場合はアップデートを確認しましょう。 ゼンリーは常に通信をするアプリなので、運営のサーバーに負荷がかかりやすくなっています。 そうすると不具合などが多く起きる為、アプリの更新が必要となります。 アプリのアップデートをすれば、今までの不具合等が解消される事が多いので、必ず確認するようにしましょう。 天候が悪い 位置情報の特定や、通信には天候が関係する場合があります。 大雨や強風といった場合は位置情報に大きくズレが生じる場合があるので、あまり正確な位置に期待しないようにしましょう。 強風の日にWiFiの調子が悪くなったりするのと同じ状態になります。 編集後記 恋人や家族同士でお互いの位置を確かめるのに使うと思われがちなゼンリーですが、意外とお友達同士の利用も多いようですね。 遊びに誘う際などに、どこで何をしているのかある程度分かると誘いやすいようです。 相手の位置情報が上手く表示されないと困る事もあると思うので、一度上記の手順を試してみてはいかがでしょうか。

次の